« ついに待望のTASサントラが市場に舞い降りる! | トップページ | エンタープライズ乗組員採用試験 答え合わせ(私家版) »

2017.01.16

2017年(平成29年)お年玉年賀はがき

昨日1月15日は、泣く子も黙る年賀はがきのお年玉抽選日だった。

2017年の賞品は昨年の路線を継承。1等が10万円相当の品や旅行などから選ぶか現ナマでもらうかの二択、2等はふるさと小包など、3等はおなじみの切手シートだ。

昨年同時期には私用の年賀状について「来たる2017年は印刷枚数を一定数削減」などと申していたのだが、事情により削減どころか1枚たりとも刷らなかった。

にもかかわらず何枚かは頂戴するもので、恐縮だ。

さあ、早速いただいた賀状を調べてみよう。

郵便年賀.jp>お年玉賞品のご案内

当たり判定は安心、安定の「大当たり」 by 株式会社イーストを予定していたが、なんと2016年7月20日をもってサービスを終了したとのこと。残念だ。

チェックサイトを使うほどの数もないので、目検でささっと確認する。

では仕事場の賀状から。

枚数:44   当り:1

3等に1通当選!

ありがとう!

続いて家の賀状。

枚数:10   当り:0

当選なし!

さもありなん!

54枚に1枚が切手シート当選という、状況を鑑みれば十分な戦果。
正月朔日に上御霊神社で引いたおみくじが小吉だっただけのことはある。

さあ、お手元の年賀状をみなさんも確認しよう。総計63,116,140枚の切手シートがあなたの引き換えを今か今かと待っているのだ!

|

« ついに待望のTASサントラが市場に舞い降りる! | トップページ | エンタープライズ乗組員採用試験 答え合わせ(私家版) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6416/64737445

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年(平成29年)お年玉年賀はがき:

« ついに待望のTASサントラが市場に舞い降りる! | トップページ | エンタープライズ乗組員採用試験 答え合わせ(私家版) »