« 2016年(平成28年)お年玉年賀はがき | トップページ | ミッシングリンクの促進 »

2016.02.01

「星艦隊一七零一」の「SUPOKKU」

以前、Tシャツやらマグカップやらにデザインされ、一部の物好きの間でブームを呼んだスタートレックのダメな意匠がまたもやしでかした。

まず、袖がイケてる。
20160201f









正面はにぎやか。
20160201a

スポック




SUPOKKU




お互いに背中を預けて身を守る上級士官ふたり。
20160201b


安心しきったカークをうしろからガスッ。
20160201c


裏面は裏切られたカーク。
……アップ扱いなのに名前は記してもらえず、ただぽつりとつぶやいてみる。
20160201d

エンタープライズ
ENTAPURAIZU


副長に裏切られ名前も呼ばれず、世をはかなんだカークは武力で船長席を奪い、航宙士にフェイザーを向ける。
20160201e


ほかにもぴっちぴちのTOSユニフォーム柄(コマンド系、サイエンス系、エンジニア系)、TNG初期ユニフォーム柄(コマンド系、エンジニア系)やボーグ柄なども用意されている。身体の線に自信のある方、身体の線は置くとして欲しい方、サーファーの方、丘サーファーの方はぜひどうぞ。本格格闘派の方には、謎のブラジリアン柔道用道着がきっと似合うだろう。2016年2月1日現在、いずれも20ドル割引でおよそ60ドルほどだ(送料別)。

Shop Fusion FG(Amazon.com)

|

« 2016年(平成28年)お年玉年賀はがき | トップページ | ミッシングリンクの促進 »

コメント

身体の線は置くとしても欲しくない方に、1票。

投稿: アンクル | 2016.02.01 22:04

>アンクルさん

ああ、残念。袖のところがイケてますのに。

投稿: ANCHOR | 2016.02.02 12:48

な、な、な、なんですかぁこりゃあぁぁあああ!!!
丸ゴシック体って使い方によってここまでイケてナイものになるのかという見本の様なデザインに衝撃です!
しかし、こんなサマに成り果ててもやっぱり船長の扱いはヒドイままなんて、なんて"わかった"作りなんでしょう。
そして、SPOCKもSUPOKKUのヘボン式?ステキ☆

投稿: TamilAsano | 2016.04.01 05:07

>TamilAsanoさん

>>丸ゴシック体って使い方によってここまでイケてナイものになるのかという見本の様なデザインに衝撃です!

文豪、書院、キャノワード全盛期の公民館のチラシか、というフォント使いですなあ。

>>しかし、こんなサマに成り果ててもやっぱり船長の扱いはヒドイままなんて、なんて"わかった"作りなんでしょう。

彼が「エンタープライズ」とつぶやく様は、あたかも乗り遅れて置いていかれたかのようにも見えます。

>>そして、SPOCKもSUPOKKUのヘボン式?ステキ☆

「ENTAPURAIZU」の長音「ター」を表わす「A」にサーカムフレックス(字の上に添える山みたいな記号)が付いていないので、日本式や訓令式ではなくヘボン式と見て間違いないでしょう。
となると、もしスポックが日本人なら、パスポートには「SUPOKKU」と打ち込まれているのではないでしょうか(笑)。

投稿: ANCHOR | 2016.04.01 12:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6416/63151759

この記事へのトラックバック一覧です: 「星艦隊一七零一」の「SUPOKKU」:

« 2016年(平成28年)お年玉年賀はがき | トップページ | ミッシングリンクの促進 »