« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016.01.17

2016年(平成28年)お年玉年賀はがき

本日1月17日は、泣く子も黙る年賀はがきのお年玉抽選日だ。

大晦日に印刷を発注し、7日午後に受け取り、その週末からおもむろに新年を寿ぎつつ賀状をしたためて五月雨式に投函する方式にしてから、やり取りする数がじわりと減ってきたため、来たる2017年は印刷枚数を一定数削減することとした。

そうこうしているうちにお年玉抽選日だ。昨日、「発表は明日ですよ! 当然準備はできてらっしゃるでしょうが」とお声がけをいただいた。

あ、ええ、そうですね、いやもうそれはもちろん、できてましたとも、はい。

2015年は1等が下5桁の抽選で「お年玉10000円」と、ギャンブラーの射幸心をあまり煽らない控えめな額の代わりに当たり数多目だった。しかし世の中には高額当選を謳う宝くじに手持ち現金をぶち込んでただただ目減りさせる自傷行為に興じる方々が大勢いることを鑑みたのか、この2016年は下6桁の抽選に戻し、賞品も家電や旅行、現金10万円などに上方修正されている。

さあ、早速いただいた賀状を調べてみよう。

<平成28年用お年玉付>年賀はがき・年賀切手(くじ付) お年玉賞品 当せん番号発表

当たり判定は安心、安定の「大当たり」 by 株式会社イースト
黙って下二桁を入れれば当たっていそうなのかいそうにもないのか教えてくれる。

まずは仕事場の賀状から。

入力:40   当り:2   当りかも:2

2015年に引き続き、1/20の高い確率で3等に2通当選!

ありがとう! ありがとう!

続いて家の賀状。

入力:62   当り:4   当りかも:0

こちらはさらに高確率のほぼ1/15で、3等に4通当選!

ありがとう! ありがとう!
ありがとう! ありがとう!

加えて、使わなかった賀状21枚から、3等に1通当選!

ありがとう!

総じて18枚に1枚が切手シート当選という、期待をはるかに超えた大戦果に大本営も戦慄。
正月朔日に穴守稲荷神社で引いたおみくじが大吉だっただけのことはある。

さあ、忘れないうちにみなさんも確認しよう。切手シートがあなたを待っている!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »