« 2012年9月 | トップページ | 2013年1月 »

2012.12.07

いんとぅ だーくねす

JJ版スタトレ第2作の公開が、日本だけ来年9月に決まったことは大変喜ばしい。

日本だけ9月に公開される新作の副題は『STAR TREK INTO DARKNESS』。9月に日本だけ公開される邦題はそのまんまカタカナ読みで『スター・トレック イントゥ・ダークネス』となった。

日本だけ9月公開の当作品には、イギリス人俳優ベネディクト・カンバーバッチ氏が“悪役”で出演。その悪役がTOSで言うところの誰なのか憶測が飛び交っているが、昨夜公開された日本だけ10秒ほど長いティザートレーラーを観る限り――

連邦の制服(オブザーバー:ST2009で謹慎中のカークが着ていた、どの部署にも属さない黒いもの)をお召しになっていることから、一応連邦の中の人だろう

青い科学系の制服を着たショートカットの金髪女性が、いかにもエリザベス・デイナー博士(TOS第2パイロット版『光るめだま Where no man has gone before』)風。これが別人ならわざと似せたのを今見せておいて、客を引っかけてやろうという魂胆だろう

「復讐してやる」とおっしゃる以上、少なくともカークを以前から知っている人物であろう

わざわざ、二番煎じになるカーン・ヌエニン・シンを出してくる意味はないだろう

――といったあたりから、アカデミー時代のご友人という触れ込みのゲーリー・ミッチェルさん(TOS登場時は少佐)が有力候補。

さて、9月公開は特別に日本だけという本作のトレーラーでは、《エンタープライズ号》が宇宙戦艦ヤマトよろしく海へ突っ込んでみたりするシーンもチラ見せされており、艦までが身体を張った海洋アクション映画の様相を呈している。

また、日本語字幕入りだけ10秒長いトレーラーではカークとスポックが手の皺と皺を合わせる共同作業を行なっている。日本だけの9月公開時には、上映前にお仏壇のはせがわのCMを堪能できるに違いない。

もっとも、このような些細な疑問や謎は、日本だけ9月に公開されるときにはすべて明らかになっているから安心だ。ともすれば列強諸国では既に各種メディアが発売されているかもしれず、そうなれば9月に公開される日本に居ながらにしてamazon.comや.ukで安価に買ってから劇場に足を運ぶことも可能になる。

ああ、日本だけが9月公開、なんてステキなんだろう!

“You think your world is safe, it is an illusion, a comforting lie told to protect you.
Enjoy these final moments of peace, for I have returned... to have MY VENGEANCE!”

世界同時公開だとでも思っていたか――それは錯覚だ――己を偽るための心地よい嘘だ。
9月の公開をせいぜい楽しみに待つがいい。俺が戻るまで……Blu-rayを携えてな!


くーーーッ!(半泣き)


公式トレーラー一式
Star Trek Into Darkness - Movie Trailers - iTunes

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2013年1月 »