« インディアンスター | トップページ | 描いてはいけないあの人 »

2011.12.29

砲艦外交で大接待

塗装済みNCC-1701D〈U.S.S. エンタープライズ〉の発売が遅れに遅れて、全国数百人のコレクター兼STファンをやきもきさせた青島文化教材社さんは、社の柱のひとつである1/700ウォーターラインシリーズとして、まさかの砲艦を市場に投入している。


20111229a


こんな超ニッチな商品をマスプロ大手メーカーが作ったら弱小メーカーの市場を食っちゃうんじゃないのか。いや、ひょっとしたら既にアオシマさんが弱小メーカーなのか。

それはそれとして商品紹介を読んでみよう。


日本海軍砲艦 勢多/比良
 税込2100円
 アオシマWW情報(魚拓)

戦前揚子江流域には各国の河川専用艦船いわゆる「砲艦」が多く群雄割拠していました。「砲艦外交」と呼ばれるように当時の砲艦には領事館なみの内装を持つ船もありました。勢多 比良は菊花紋章を供えた正式海軍艦船です。キットは限りなく精密に再現されており、二隻同梱です。


ん? 待て待て。どういうことだ。箱にはなんて書いてある。


20111229b

さらに、長期の警備行動に備え、上部構造物が大きく、「砲艦外交」といわれるように、領事館なみの内装を持つものもありました。


えーと、つまり砲艦の持つ領事館なみの内装を活かして行なう外交=砲艦外交ってことなのか、アオシマさんのおっしゃりたいのは。


違う! 断じて違う!


豪華応接間にご招待して艦内厨房の一流コックが腕によりをかけた食事を振る舞い、ワインなど飲み交わしながら今後の国交のあれやこれやを朗らかに語り合う、そんな設備を持った艦を砲艦と呼び、極めて複雑な外交諸問題が、この艦の上で次々と解決されていくのであった……。


なわけないだろ。


やくざが懐から匕首をチラつかせながら、相手をビビらせて有利に話を進めるのと同じように、沿岸に居座った軍艦がいつでも攻めるよ攻めるよそちらの出方次第で撃っちゃってもいいんだよほーら撃っちゃうよ、と剣呑な雰囲気を漂わせることで相手を言いなりにさせようという、まさに日本がペリーに喰らったアレが砲艦外交ではないか。

ビビらせた相手を艦に呼び寄せて豪奢な応接で説伏、という線はあったとしても、まずは圧倒的な武力の差で優位な立場を占めようというのが前提だ。

いつから専用艦船による接待尽くしにその意を変えたのか。

そんな Gunboat diplomacy なら受けてみたい。トンカツと生玉子、ご飯お代わりし放題でお願いします。

|

« インディアンスター | トップページ | 描いてはいけないあの人 »

コメント

きっとペリーを敵に回したくなかったんですな・・・
それにしても過去から未来(仮定)まで幅広いご趣味ですなぁ。
戦艦プラモは小学生の頃の長門と大和がせいぜいですわ。
いつかはエンタープライズ(宇宙版)も作ってみたいものですなぁ、暇がないけど(T_T)

今日も朝6時から始まって19時帰宅する間、昼ごはんで30分休んだのみで現場間を移動しては仕事、移動しては仕事で今年最終日を終えましたがな。
休みに突入するがはたして正月は来るのか(笑)実感ないなぁ・・・

良いお年を、そして長寿と繁栄を。

また来年もよろしくお願いします。

投稿: 青影ぶいち | 2011.12.29 21:33

今で言う豪華客船並の装飾とサービスがあったのでしょうか?w

上部構造物が大きいとバランスが悪くてひっくり返りそう。
だから太平洋戦争中には軍艦籍を除籍されたとか?w

長旅で生玉子だと鶏も船内で飼わないとww

投稿: 通りすがりのおばさん | 2011.12.30 00:37

>青影ぶいちさん

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

>>それにしても過去から未来(仮定)まで幅広いご趣味ですなぁ。

いえいえ、弊社には艦船模型魔がおりまして(魔かよ)、しばしば新作を持参して見せてくれるのです。したがいましてこの画像も仕事の休み時間に撮ってます(何やってんだよ)。

>>戦艦プラモは小学生の頃の長門と大和がせいぜいですわ。

今どきの大和は1/350スケールで艦底も完全再現のフルハルモデルらしいですよ。どこで作ってどこで塗ってどこに飾るんだ、と思いますが需要あるんでしょうか……(笑)。

>>いつかはエンタープライズ(宇宙版)も作ってみたいものですなぁ、暇がないけど(T_T)

わたしもこれに関しましてはバンダイの塗装済みエンタープライズ(映画版無印)を最後にかれこれ10年近く作っておりませぬ……。

>>今日も朝6時から始まって19時帰宅する間、昼ごはんで30分休んだのみで現場間を移動しては仕事、移動しては仕事で今年最終日を終えましたがな。
>>休みに突入するがはたして正月は来るのか(笑)実感ないなぁ・・・

それでも正月はやってきたことと思います(笑)。
ご実感のほどはいかがでしょうか(笑)。

当家ではいきなりこの時間に三平方の定理(ピタゴラスの定理)の応用問題を解かされたりして、まるで正月の実感が湧きません(笑)。


>通りすがりのおばさんさん

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

>>今で言う豪華客船並の装飾とサービスがあったのでしょうか?w

保存艦「三笠」の様子から想像するに、豪華には違いありませんが豪華客船並みとまではいかないのではないかと思われます(笑)。

>>上部構造物が大きいとバランスが悪くてひっくり返りそう。

まあそこは、見えていない水中のほうでうまいことバランス取っているのでしょうなあ(笑)。

>>だから太平洋戦争中には軍艦籍を除籍されたとか?w

古くて小さくて時代遅れで、前線に送るには不適だったのではないでしょうか。大艦巨砲主義の時代に砲艦はそぐわなかったのではないかと(笑)。
まだまだ使えそうな改装後のNCC-1701無印エンタープライズでさえ退役させられる例もありますし(笑)。

>>長旅で生玉子だと鶏も船内で飼わないとww

もはや砲艦改め畜産農業船(笑)。

投稿: ANCHOR | 2012.01.01 02:41

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 接待の基本 | 2012.03.02 20:07

>接待の基本さま ようこそいらっしゃいませ

>>とても魅力的な記事でした!!

ほ、ほんとうですか!?
どうもありがとうございます。
ほかに接待系の記事は書いていないのであまりお役に立てずすみません。

投稿: ANCHOR | 2012.03.05 12:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6416/52662438

この記事へのトラックバック一覧です: 砲艦外交で大接待:

« インディアンスター | トップページ | 描いてはいけないあの人 »