« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011.07.29

ガラスの仮面 第47巻

またも油断していた。『ガラスの仮面』47巻が前巻から1年を待たずして発行された。

昨年の2ヵ月連続刊行を強行して以来壊れ気味の“ガラスの仮面公式サイト”ではもうやけくそに等しい色モノ広告であなたのご機嫌を伺っている(於2011年7月29日)。真澄さん、鼻の下長っ!

……さて、リストを更新しておこう。

■ガラスの仮面(新書判)リスト
1(ISBN:4592110919) 1976/03/20
2(ISBN:4592110927) 1976/06/19
3(ISBN:4592110935) 1977/01/20
4(ISBN:4592110943) 1977/04/20
5(ISBN:4592110951) 1977/07/20
6(ISBN:459211096X) 1977/09/20

7(ISBN:4592110978) 1978/01/20
8(ISBN:4592110986) 1978/05/20
9(ISBN:4592110994) 1978/08/19
10(ISBN:4592111001) 1978/12/20
11(ISBN:459211101X) 1979/03/20
12(ISBN:4592111028) 1979/07/20
13(ISBN:4592111036) 1979/11/20

14(ISBN:4592111044) 1980/04/19
15(ISBN:4592111052) 1980/06/20
16(ISBN:4592111060) 1980/08/20
17(ISBN:4592111079) 1980/11/20
18(ISBN:4592111087) 1981/02/20
19(ISBN:4592111095) 1981/05/20
20(ISBN:4592111109) 1981/09/19
21(ISBN:4592111117) 1981/12/16

22(ISBN:4592111125) 1982/03/20
23(ISBN:4592111133) 1982/07/20
24(ISBN:4592111141) 1982/10/20
25(ISBN:459211115X) 1983/04/20
26(ISBN:4592111168) 1983/06/18
27(ISBN:4592111176) 1983/11/19

28(ISBN:4592111184) 1984/03/19
29(ISBN:4592111192) 1984/08/17
30(ISBN:4592111206) 1985/02/19
31(ISBN:4592111214) 1985/08/19

32(ISBN:4592111222) 1986/06/19
33(ISBN:4592111230) 1987/03/19
34(ISBN:4592111249) 1987/11/19

35(ISBN:4592111257) 1988/08/26
36(ISBN:4592111265) 1989/09/26
37(ISBN:4592111273) 1990/10/19
38(ISBN:4592111281) 1992/03/30
39(ISBN:459211129X) 1992/10/19

40(ISBN:4592111303) 1993/09/17
41(ISBN:4592170016) 1998/12/22
42(ISBN:4592170024) 2004/12/16
43(ISBN:9784592170037) 2009/1/30
44(ISBN:9784592170044) 2009/8/30

45(ISBN:9784592170051) 2010/9/30
46(ISBN:9784592170068) 2010/10/29
47(ISBN:9784592170068) 2011/7/26


帯の裏表にも見返しにもすべて実写版の真澄さんが登場し、47巻は真澄さん大会だ。それもそのはず、この巻ではとうとう真澄さんが動く。

今回の最新47巻あらすじ

クルーズ船の中で出会った北島マヤと速水真澄。阿古夜を演じるマヤを見た真澄は、本心を抑えられずマヤを抱きしめて…。 2011年7月刊。


あらすじ短っ!


新章「めぐりあう魂」突入にふさわしい展開。暗黒紫織さんが打った三文芝居は、渋滞という都会の日常にあっさりと崩され、むしろご親切なキューピッドの役回りに。どうする紫織さん!

前回出番なしの桜小路くんが中盤でようやく登場するものの急展開についていけずかわいそうな羽目に。気に病むな桜小路くん!

そしてしばらく出てこなかったためその存在をすっかり忘れていたが、47巻の最後の最後で亜弓さん登場。えーと、目はどうなってたんでしたっけ、亜弓さん。

暗黒面に堕ちた紫織さんが、長らく膠着状態にあったストーリー展開を大きく動かした。彼女には功労賞を贈っていいだろう。そして相変わらず『紅天女』の試演はいつ行なわれるのやらイマイチわからないまま48巻へ続く。

次巻、48巻は今のところ発売期日の予告なし。

いいテンポになってきましたよ、この調子でお願いします、美内先生!


ガラスの仮面 47巻
第14章 めぐりあう魂(1)
美内すずえ
花とゆめCOMICS
400円+税
白泉社

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011.07.25

間に合った2011年(平成23年)お年玉切手

数年続けて交換に失敗してきたお年玉切手。


20110725


今年は間に合って見事交換した。
応援(笑)してくださったみなさん、ありがとう!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.07.22

角度を変えていこう

ちょっと前に集団で新鮮な魚を売り物にした和風居酒屋へ行ったときのこと、お品書きは布張りの表紙でこじゃれた意匠が散りばめられていた。


20110722a


お品書きというものは飲み会の間、人の手から手へ何度も行き来するものだ。

表紙が目に触れる回数も高く、多くの人が同時にさまざまな角度から目にすることにもなる。


ある人が気付いた。

角度を変えてみよう。


20110722b


カラ~ン コロ~ン カランカラン コロン……

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011.07.07

外来さん、終了から1年

2008年5月26日に初めて出合った外来さんは、翌2009年7月5日にはまだそこにいた

昨年、2010年の8月初旬に、とある筋から「こないだ外来さんが捕まっていたが知っているか」とお知らせをいただいた。まったく把握していなかった。

わたしの知っている外来さんたちが捕まったのだろうか。


大田区呑川で怪魚アリゲーターガー目撃される 〔すごい一体感〕2010年7月3日

アリゲーターガー 3匹釣り上げ 〔FISH!〕2010年7月21日

大田区呑川でのアリゲーターガー捕獲 〔密放流について考える会Blog〕2008年8月1日


どうやら都合4匹駆除された模様。


その後通るたびになんとなく川を眺めているが、今日までガーのみなさんとは再会に至っていない。

3メートルまで放置して町の顔にする計画はどうなったのかね大田区長!(そんな計画ないよ)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011.07.04

選ぼう、組み合わせよう

2009年の同月同日。


20110704a

<組み合わせ自由>
よりどり2コ 300円


おお、いろいろ選べたうえにお安くなるとはうれしいではないか。
まずはできたて風味豆腐と……


20110704b


できたて風味豆腐と……


20110704c


……できたて風味豆腐だけか


こんなに枠がガチガチに決められた組み合わせよりどりも初めてだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »