« スタートレックの「ヒゲ」と言えば | トップページ | 赤い疑惑もかすむ疑惑 »

2011.06.10

スタートレックで「トロイ」と言えば

ヒゲの異名に驚かされたことで異名シリーズを思い出した。忘れないうちに記しておこう。


20110610a_gth


1998年9月に発行された『GET The HERO』No.003。1997年に創刊されたワールドフォトプレスの『フィギュア王』の後追いで世に出たムック。ここに、見開きでスタートレックフィギュアが紹介されている。


20110610b_7677


サンディエゴで行なわれたコミックコンベンションを取材してきた模様だ。


20110610c_lead

読者からたびたび、『スター・トレック』も載せろっ、とリクエストされるのだけど、どこに電話すりゃ『スター・トレック』借りられるのかわからずいつも断念。で、今回プレイメイツ社のブースを細かく撮影して、夢のスター・トレック、キャラクター紹介


というわけでキャラクターが紹介されている。

紹介と言っても写真に名前が添えてあるだけで、劇中での役割や人となり、あるいは登場エピソードやその背景などには一切触れない潔さが見事だ。

では順番に見ていこう。まずはTNGのレギュラークルー。
上半身や腕の動くギミックが仕込まれている Combat Action SeriesWarp Factor Series 1 から、Stock No.16251と16252。


20110610d_picard

ライカー副長
ピカール艦長


うむ、まあ、フランス系だし、母国ではそう呼ばれていてもおかしくはない。

……えーと、あ、右のページにカウンセラーの名前があるぞ。


20110610e_troi

トロイ


この白いのがか。木馬か。

故パーシス・カンバータさん、しかもヴィージャーのプローブ状態で、他人のカウンセリングをするほどの余裕はなかった。Warp Factor Series 2 Stock No.65102の『Ilia Probe』。


おや、自称トロイさんの斜め上にはウェスリーのお母さんがいらっしゃるようだ。


20110610f_chapel

チャペル


丘の上か。先祖返りか。

突然のTOS。まあ、医療に従事する人ではある。

自称トロイさんと同じアソートのStock No.65112『Captain Beverly Picard』、TNG第7シーズン最終回「永遠への旅 All Good Things...」に出てきた、U.S.S.パスツール艦長としてのビヴァリーさんだ。

おっと、その下にはTOSの科学系ユニフォームを着た……


20110610g_mccoy

マッコイ


あなたは医者だ。医者には違いない。

DS9第5シーズン「伝説の時空へ Trials and Tribble-ations」で過去のエンタープライズに潜入した『Dr. Julian Bashir』、Warp Factor Series 1 Stock No.65110。


気を取り直してVGRの登場人物を見てみよう。おお、いたいた。左のページのど真ん中に……


20110610h_voyger

ヴォイジャー


斬新すぎる。

人の名前になってしまった。しかもこの人物、記事執筆者にはもしかしたらジェインウェイ艦長に見えたのかもしれないが、実は違う。胸の記章をよく見れば、TNGのキャラクターだということがおわかりいただけるだろう。

ただ、この姿は劇中には出てこないプレイメイツ社さんの想像の産物なので、雰囲気でジェインウェイさんと見誤ったのも無理はない。Warp Factor Series 3 Stock No.65115のこのフィギュアは、先行してピカード、ライカー、ウォーフの3体が出ていた“宇宙艦隊士官候補生シリーズ(妄想)”の続きとして発売された、『Cadet Deanna Troi』だ。

同じアソートにStock No.65117『Cadet Beverly Howard Crusher』やStock No.65116『Cadet Data』も含まれている。データ候補生の画像はないが、ビヴァリー・ハワード・クラッシャー候補生はこれだ。


20110610i_cadet


うーむ、誰。

さて、自称ヴォイジャーさんの斜め下には、見慣れたおじさんが立っているぞ。


20110610j_klingon

クリンゴン


直球。

そのとおりだ。誤りではない。

でも怪獣ゴーンじゃないのだからちゃんと名前を呼んであげてほしい。
上述の自称マッコイさんと同じアソートのStock No.65111、『Captain Koloth』だ。TAS/MUD(まんが宇宙大作戦)にもこの顔で登場する由緒正しいクリンゴン人として覚えておきたい。

その右隣には映画TMP以降の姿をしたクリンゴン人が立っている。


20110610kkahn

カーン


カァァァァァァァァァァァァァアアアアアアアアアアンンッッ!!


どのカーンだよ。ウォーフの弟かよ。“チャペル”、“マッコイ”、“ヴォイジャー”なのにウォーフの弟カーンをご存じだとすればそれはそれですごい。

こちらは自称トロイさんと同じアソートに含まれるStock No.65101、『Sisko as a Klingon』。DS9第5シーズン最初のエピソードにあたる「可変種の脅威 第二幕(後編)Apocalypes Rising」で見せたシスコ司令官のコスプレ姿だ(コスプレって言うな)


見開きの右下にひときわ大きく配置されているのは、ヴァルカンサリュートを繰り出すとんがり耳のおかっぱさん。


20110610l_vulcanlearder


映画「ファースト・コンタクト」をご覧になった方は、そのオチとして登場した彼の姿が瞼に焼き付いていることだろう。そう、その名は……


20110610m_vulcanlearder2

スポック船長


この緑色の血の悪魔奴がっ!


しかも船長って、いつ。

関節固定のオブジェとして、プレイメイツ社さんが自信を持って市場に投入したコールドキャスト製12インチ豪華フィギュア The Playmates Latinum EditionVulcan Leader from First Contact』(Stock No.65023)さまであらせられるぞ! って、あの人スタートレックではわりと重要な歴史的人物なのに固有名詞付けてもらってないのがモロバレ。

そうか、見開きの左上でネタ振りをしてあったのは、最後にスポック船長と書きたかったためか。


20110610n_sfs

ところで、ミスタースポックは
どこに?


いますとも、あなたがキャプションを付けたまさにその写真の下から二段目にほら。


20110610o_spok_mm


自称ヴォイジャーさんと同じアソートのStock No.65105、 鏡像世界の『Mr. Spock(小さっ)


当時なぜか微妙に盛り上がり始めていた国内外フィギュア市場を専門に扱う意欲的なムックが、全身の力を抜いてゆる~く取り上げたスタートレック特集、いかがだっただろうか。

ここで紹介した以外にも――

【4.5インチフィギュア】
・『Intendant Kira』(Stock No.65124)
 鏡像世界のキラ・ネリスさん
・『Captain Benjamin Sisko』(Stock No.65107)
・『Constable Odo』(Stock No.65109)
 いずれもDS9第5シーズン「伝説の時空へ Trials and Tribble-ations」より
・『Leeta the Dabo Girl』(Stock No.65103)
 何の変哲もないダボガール姿のリータさん
・『Edith Keeler』(Stock No.65114)
 TOS第1シーズン「危険な過去への旅 The City On The Edge of Forever」においてパンとスープを振る舞うことで有名な女史
・『Geordi Laforge As Tarchannen III Alien
 TNG第4シーズン「アイデンティティー・クライシス Identity Crisis」でひどい目に遭っている最中のジョーディ。雑誌 ToyFare でのみ購入できる限定品

20110610p


【6インチフィギュア】
・『Lt. Commander Worf』(Stock No.16253)
・『Borg』(Stock No.16254)
・『Q』(Stock No.16255)
 いずれもちょっとだけ動く Combat Action Series。Borg のキャプションには「ザ・ボーグ」と定冠詞が付いているので、数あるボーグの中でもホントのボーグと呼べるのはこのフィギュアだけなのか
・『Jem 'Hadar Soldier』(Stock No.16257)
・『Captain Benjamin Sisko』(Stock No.16258)
  Combat Action Series の続きになるアソートだが、アクションギミックがなくなって、代わりにコンソールやキャプテンズ・チェアがおまけに付いてきた(画像の時点ではまだ用意されていなかったようだ)


20110610q


【12インチフィギュア】
・『Captain Jean-Luc Picard from First Contact』(Stock No.65022 )
 ほかにも映画FCでブラックジャック状態になったデータ、鏡像世界のカーク、映画ST2:TWOKのカーンらの姿を確認できるが、商品化されたのかどうかわたいは知らない

――などの写真が掲載されているが、名前のよくわからないものには決してキャプションを添えずにスルーする割り切りのよさが、この特集(夢のキャラクター紹介)の魅力だ。


この『GET The HERO No.003』では、編集後記で編集者が、濃い目のコレクター相手にこっそり悪態をついて切り捨てて見せるなどなかなか芳ばしい独特の雰囲気を醸し出していたのだが、残念ながらその志とは裏腹に長くは続かず、多分この次のNo.004を最後に休刊している。


GET The HERO No.003
ワニマガジン社
571円+税


古本ならamazonマーケットプレイスでただいま破格の1円にてご奉仕中!
この貴重な見開きを、さあ、あなたも GET The HERO!

|

« スタートレックの「ヒゲ」と言えば | トップページ | 赤い疑惑もかすむ疑惑 »

コメント

いやあ、久しぶりに大笑いさせていただきました。さすがにツッコミどころ満載で、このページだけで2時間は語れそうです。
まあ、それはまた別の機会に‥‥。(笑)

投稿: snow white | 2011.06.10 23:18

すみませんが、これはゆるせませんとも!w
> この緑色の血の悪魔奴がっ!

しかもスポックさんをですと!?w

投稿: 通りがかりのおばさん | 2011.06.11 02:15

思い起こせば私が初めてスタートレックなる単語に触れたのは、カーンの逆襲の公開時でした。
しかし、ううむ、なんでしょう、この感覚。どこかでみたような。70年代のりっぽい気もしますが、どうも思い出せないです。
ナカグロが入ってる時点で既にダメな空気がぷんぷんと…映画最新作を予言してるとすればそれはそれですごいですが。
ボイジャーさんとクラッシャーさんは浅学故存じません…無粋を承知でどなたかご教授願います。

投稿: LAY | 2011.06.11 14:09

>snow whiteさん

>>さすがにツッコミどころ満載で、このページだけで2時間は語れそうです。

お楽しみいただけてよかったです。どうです、今なら送料込み251円で販売されていますよ(笑)。

>>まあ、それはまた別の機会に‥‥。(笑)

ではいずれまたゆっくりと(笑)。


>通りがかりのおばさんさん

マッコイ的な物言いで大変失礼いたしました。

>>しかもスポックさんをですと!?w

いやいや、スポックさんじゃないです、その人はただ地球のそばにいてコクレーン博士のワープ航法をチラ見しただけのヴァルカン人です(笑)。ご寛容くださいませ。


>LAYさん

>>思い起こせば私が初めてスタートレックなる単語に触れたのは、カーンの逆襲の公開時でした。

おお、地底からカーンを呼ぶ叫びが耳について離れないあの名作で!

>>しかし、ううむ、なんでしょう、この感覚。どこかでみたような。70年代のりっぽい気もしますが、どうも思い出せないです。

もやもやが晴れましたらぜひその要因をお教えください。

>>ナカグロが入ってる時点で既にダメな空気がぷんぷんと…映画最新作を予言してるとすればそれはそれですごいですが。

ナカグロは、日本のパラマウントさんのこだわりでお付けになったと聞いたことがあります。どういうこだわりなのかはちょっとよく存じませんが、スター・ウォーズを意識したのではないかと。

>>ボイジャーさんとクラッシャーさんは浅学故存じません…無粋を承知でどなたかご教授願います。

士官候補生シリーズは、当時少年少女向けジュブナイル小説で展開されていたように記憶しています。おそらくそれら小説の風潮に合わせて企画されたフィギュアじゃないかと思います。
ヴォイジャーさんことトロイ候補生、ビヴァリー・ハワード・クラッシャーさん、そしてここには画像のない、データ、ピカード、ライカー、ウォーフ、ジョーディといったTNGレギュラークルーの面々が、士官候補生時代に何をどうしていたのか知りませんが、少なくともピカードさんは髪の毛ふさふさでした(http://www.stufforsale.com/007%20ac.JPG)。

投稿: ANCHOR | 2011.06.12 00:07

これは…
間違いを探せではなく、正解を探せというゲームでしょうか(^^;)
さあさあ、ツッコンでくださいよ〜あなたならどうツッコミますかゲームともいえましょう(笑)

知らない人が調べもせずに書くとこうなる、みたいなある意味レアなページです。これほしいです(笑)

投稿: selameh | 2011.06.12 20:17

>selamehさん

>>間違いを探せではなく、正解を探せというゲームでしょうか(^^;)

キビシイゲームです(笑)。

>>さあさあ、ツッコンでくださいよ~あなたならどうツッコミますかゲームともいえましょう(笑)

それぞれの観点からそれぞれの楽しみを見つけていただいて(笑)。

>>知らない人が調べもせずに書くとこうなる、みたいなある意味レアなページです。これほしいです(笑)

調べる気は最初からなさそうですね。潔さだけが際だっております(笑)。
amazonのマーケットプレイスで送料込み251円でお買い求めいただけます(笑)。

投稿: ANCHOR | 2011.06.13 22:22

なんとゆーか。
あまりの潔い間違いっぷりが、むしろ「アッパレ」と言いたくなる感じです。
昔、文芸春秋の「SF特集」の別冊で、「フラッシュ・ゴードン」が「フレッシュ・ゴードン」になっていて、思わず失笑してしまったことを懐かしく思い出してしまいました(笑)

投稿: TamilAsano | 2011.06.14 02:02

最初の「ピカール」で腹筋崩壊(笑)
以下地獄。

投稿: ぶいち | 2011.06.14 20:34

>TamilAsanoさん

>>あまりの潔い間違いっぷりが、むしろ「アッパレ」と言いたくなる感じです。

豪快です(笑)。
記事を書かれた人なりに、知識を総動員して名前をマッチングさせていった結果だと思われますが、取材先のプレイメイツ社ブースに一切名前やら由来やらが表示されていなかった様子なのが最大の誤算だったことでしょう。

>>昔、文芸春秋の「SF特集」の別冊で、「フラッシュ・ゴードン」が「フレッシュ・ゴードン」になっていて、思わず失笑してしまったことを懐かしく思い出してしまいました(笑)

肌色ゴードン(笑)。
♪フレッシュ! ア・アー!(歌うな(笑))


>ぶいちさん

>>最初の「ピカール」で腹筋崩壊(笑)
>>以下地獄。

容赦のない連続ボケに、ツッコむほうが疲弊(笑)。

投稿: ANCHOR | 2011.06.16 12:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6416/51906568

この記事へのトラックバック一覧です: スタートレックで「トロイ」と言えば:

« スタートレックの「ヒゲ」と言えば | トップページ | 赤い疑惑もかすむ疑惑 »