« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011.02.15

宇宙の怪! 惑星を喰う!?

ワンフェスに出品されていたてくてく堂 造型部さんの「ドームズデイマシン」またの名を「プラネットキラー」は、そのサンドワームのような容姿で宇宙を彷徨い、やかんづるのような能力で行く先々の惑星をぺろりと平らげる最終破壊兵器としてとみに有名だ。

いや、有名は言い過ぎたかもしれないが、吹替版では『宇宙の巨大怪獣』と題され、『惑星M113の吸血獣』『怪獣ゴーンとの対決』『地底怪獣ホルタ』『復讐! ガス怪獣』と並び、TOS吹替五大獣の一翼を担っている大物と言える。

おそらく吹替五大獣のなかでもピカイチの実力を持つと推測され、オリジナル小説ではあるが、『新・宇宙大作戦 ヴェンデッタ(上/下)(ハヤカワ文庫SF1276/1277)では、TNGのボーグシップを壊滅させる活躍を見せた。スカウターで戦闘力を測ればジェインウェイさんといい勝負だろう。

そんなドームズデイマシンのキットが見事に組み上げられた完成品を撮影する機会に恵まれたので、調子にのって合成してみた。


一番最初に、切り抜いた宇宙の巨大怪獣を適当な背景と組み合わせてみた。これを見たキット制作者より「尻尾がないのが残念」と講評をいただいた。


Doomsday_0s


確かに気になるところなので、尻尾の写っている画像を切り抜いて別の背景と組み合わせた。同時に、キット制作者のリクエストを受け、惑星連邦コンスティテューションクラス宇宙船を、やや距離を置いてあしらってみた。


Doomsday_2s


でも開口部がどーんと写ってるほうが迫力あるような気もして、一応こちらにも船を配してみる。


Doomsday_3s


ついでなのでもう1枚。ちなみにこのドームズデイマシンは1/5000スケールという想定でキット化したとのこと。


Doomsday_1s


開口部奥に設置された光源は、赤、青、緑の点滅をめまぐるしく繰り返しているが、緑のタイミングではうまく写らなかった。これはたまたま青だが、姫さまを前に攻撃色を緩めているわけではない。

競演の連邦宇宙船はエフトイズのフリートコレクション。ドームズデイマシンとは別の環境で撮影したら光の回りがイマイチで、むしろいかにもTOSのプロップっぽい甘い感じになった。パッと見では全然わからないが、一応3枚とも角度が違う。

さあ、これを見てやっぱりドームズデイマシンを欲しくなったあなたは、今すぐワンフェスへGO!(やってない)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011.02.10

ワンフェス2011冬の水曜どうでしょうフィギュア「其の2」

ワンダーフェスティバルの企業コーナーには、2010夏に続いて水曜どうでしょうフィギュアの見本展示ブースが設営されていた。


20110211a_dou01


フィギュア「其の1」のときのような“小屋”ではなく、ただ壁1面だけを使い、小さなショーウィンドウに3月発売のフィギュア「其の2」の試作色塗り見本と、参考出品として未塗装フィギュア類が飾られていた。チラシ配布もなく張り付いているスタッフもおらず、やや規模縮小の印象は否めない。


20110211b_dou02


それでもウィンドウの前には、ひと目見て写真に収めようというみなさんが鈴なり。


20110211c_dou03


なまはげの舞」。ちょっとイっちゃった視線もよく再現されている。


20110211d_dou04


荷台の姫だるま」。姫だるまをくくりつけているカブの荷台まで造り込んである。もっとも、かけてあるゴム網と荷台がなければただの姫だるまだ。


20110211e_dou05


ウイリー」。2枚目の画像でご確認いただけると思うが、ちゃんとうしろ向きで展示してある。馴染みのある大泉さんの背中から、ヘルメットの中の表情まで伝わってくるようだ。毘沙門天の旗は省略されている。


20110211f_dou06


ショーウィンドウ左のほうには未塗装な参考出品の数々。


20110211g_dou07


姫だるまと対になる、「荷台の高崎だるま」。こちらには毘沙門天の旗が立っている。ワンフェス2010夏に出品されていたときより完成度が高い。


20110211h_dou08


手前はワンフェス2010夏にも出ていた「汚れ物は ねぇかぁ ためるなって 言ってんだろォ」。奥はフィギュア「其の2」のラインナップのひとつ「ブンブンブラウ」。


20110211i_dou09


シェフ大泉の夏野菜スペシャル」から、中の人のアピールが強烈な簡易型onちゃん風。安田さんの肉体美を堪能できる逸品に仕上がるのだろう。奥は、「お前のパイ生地菊練りしてやろうか」でお馴染みの半角斎先生による「藤村」と、く斎先生による「on」。実物を3Dスキャンして造ってみたとのこと。


20110211j_dou10


シェフ大泉の名を天下に轟かせたのが、「北極圏突入 ~アラスカ半島620マイル~北極圏突入 第3夜)」で食卓に供された「ドーム型パスタ」。あくまでも「えびとブロッコリーのスパゲッティー オーロラ風」であり決してパイ包み焼きではないこの料理こそオーロラ見物には欠かせない。


20110211k_dou11


ショーウィンドウ右のほうに唐突に置かれていた1/6サイズ程度のリアルフィギュア。冒頭の「なまはげの舞」で出刃を握る大泉さんの姿が写実的に再現され、「原付東日本縦断ラリー」最終夜オープニングが瞼の裏に甦る(ここにきて目閉じるなよ)


20110211l_dou12


なまはげの面の下には大泉さんの表情も彫り込まれていそうな様子。

ひととおり眺めて撮影させてもらい、満足してブースを離れ立ち去ろうとしたそのとき、視界の端を白いものが横切った。


20110211m_dou13


お遍路さん。……そこにいてもあんまり違和感ない。


さて、これら画像のうち着色済みフィギュアは、3月23日(水)に水曜どうでしょうフィギュア「其の2」(公式サイト)として発売される。画像の4点に「東北2泊3日生き地獄ツアー」の「ウシ」を含めた5点にシークレットを加えた全6点。税込630円。

フィギュア「其の1」は、たまたま滞在した淡路島という地の利と車で走り回ってくれた仲間たちに恵まれて、ローソン店頭で現物を手にすることができたが、都内に戻ってきたあと見かけることはついになかった。淡路で編み出した『ANCHORメソッド』(箱の中から小箱を振ったり触ったりせず瞬時にシークレットのみを抜き出す一子相伝の究極奥義)を店員相手に披露してその度肝を抜く機会のなかったのは残念至極。

店頭で買おうにも今回もまた商品が並んでさえいないんだろうなと諦め顔の貴兄は、取り寄せを試されてはいかがだろう。3月30日(水)からロッピーで予約受付が始まり、HTBオンラインショップでは通販で買えるようになる模様。箱売りのみ、8個入りで税込5040円。ロッピーの予約は4月12日(火)まで、引渡し予定日は4月20日(水)。HTBオンラインショップでは送料が別途かかる代わりに注文から1週間で届く予定。

いざ、ウイリー!(ダメだろそれ)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011.02.09

ワンフェスへ行ってきたぞー! その参

艦船モノ後半、行ってみよう。

3-30-02 アルバクリエイツ/らいとすたっふさんの「1/900 ロミュラン バードオブプレイ(TOS)」。


20110208m_rbop1


渋い写真のパッケージにはウォーバードが3機写っているが、ちゃんと右下にひとつしか入っていない旨の注意書きが添えてある。


20110208n_rbop2


ああ、これこれ! これこそ“ロムラン船”ですよね、と言いたくなるシルエット。


20110208o_rbop3


箱を開けて見せてくださった。展示用の台座も付いている。


20110208p_rbop4


猛禽の水デカールはアルバクリエイツさんにも予備がないそうなので、真剣勝負で臨もう。


2-05-04 てくてく堂 造型部さんの「ドームズデイマシン」。


20110208q_ddm1


吹いて音を出す道具ではないこの姿。


20110208r_ddm2


言わずと知れたドームズデイマシンだ。最後の審判を下す日にふさわしい異様なフォルムはTOSに出てきたゲスト構造物のなかでも印象深い。
開口部以外(しっぽのほう)は中空ではなくレジンキャストの塊。


20110208s_ddm3


セロファンにボタン電池付きLEDライトをくるんで詰め込むという新発想で、不気味な電飾を簡便に再現してあるが、それらはキットには含まれず。


4-08-01 怪物屋さんの「1/350 U.S.S. エンタープライズ(ST2009)」。


20110208t_ep09


レジンキャストでこの大きさ、この雰囲気。


20110208u_ep09


この画像では伝わらなさそうなので捕捉すると、円盤部はちょっと大きめの北京鍋と同じくらいの直径だ。2009年の映画公開時、一部映画館のロビーに飾られていたアーティスティックな塗装を施されたエンタープライズを見かけた方は、あれくらいの大きさだと思っていただければ。

お値段(伍萬圓也)もすばらしいが、重量感も半端じゃない。一見の価値あり。

以上、ワンダーフェスティバル2001冬のST当日版権モノの全貌をお送り……げふっ! 3-04-02 AK.NORENさんの「・U.S.S. ファラガット(NCC-60597)/U.S.S. エンタープライズD(NCC-1701D:再販)」を見逃してのうのうと帰ってきたのに今気付いた……。なにやってんだわたい。無念(ばったり)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.02.08

ワンフェスへ行ってきたぞー! その弐

続いて艦船モノ、行ってみよう。

1-05-06 セカンドスタイルさんの「バッセン断層の決戦セット(STX:シミター&エンタープライズE:再販)」。


20110208a_se


エンタープライズEは衝突後のぶっ壊れた艦首が再現されている。このセットは午後早い時間には完売。

同じく「惑星連邦宇宙艦隊コミュニケーター5点セット(TNGおよびVGRと、ST2009のコマンド、サイエンス、エンジニア)」。


20110208b_com

2-06-12 港303さんの「U.S.S. ヴォイジャー(装甲版)」。


20110208c_vgrs


最終回のやりたい放題状態を再現。これは無敵だ。


クラフトウオさんの「ヴォイジャー」。


20110208d_vgrmini


リストには反映できなかったクラフトウオさんのかわいらしくデフォルメされたヴォイジャー。船体分離も可能なにくいヤツ。


もうひとつヴォイジャー。1-16-12 くま牧場さんの「ペーパークラフト U.S.S. ヴォイジャー」。


20110208e_pcvgr


これは大きい。いやでかい。否、巨大。設定ではイントレピッド級だけどこの大きさは超弩級。


20110208f_pcvgr2


自分でプリントアウトして組み上げるので、プリントするときの紙選びからもう勝負は始まっている。

それにしてもヴォイジャー、流行ってるのか。


5-16-13 金儲けの秘訣 第19条&Trick Star Monkey'sさんの「1/2500 U.S.S. エクセルシオール(再販)」。


20110208g_ex


スタイルズさんが指揮していると思いながら見るこの船とスールーさんが指揮していると思いながら見るこの船では、なぜかっこよさが違うのか不思議なこのエクセルシオールだが、どちらであってもやっぱり電飾はいい。


6-02-02 プラッツ/エフトイズさんの「1/2500 I.S.S. エンタープライズ(再販)」。

レジ横にひっそり置いてあるのを見かけたが、前回のような大々的アピールはなかったような。


20110208i_tngep


ワゴンセールにエフトイズさんのフリートコレクションが投げ込まれていたので、思うところあってエンタープライズDをふたつ回収。ワゴンの中にはこれとNX-01とディファイアントしか見当たらなかった。とりわけディファイアントは大量に入っていて、なぜ人気がないのだろうという疑問とともに思わず目頭が熱くなる。


3-16-03 HKKさんの「U.S.S. グリソム(再販)」。


20110208j_glsm


前回は横から撮ってピンぼけ、今回は斜め前から撮ってピンぼけだ。すまなんだエステバン艦長。


同じく新作は「U.S.S. エンタープライズ クラシック版10cmサイズ」。


20110208k_tosep1


敢えて「デジタルリマスター版でCG化される前の雰囲気を再現」とHHKさんがおっしゃっていたとおり、モノクロの甘い画像を結ぶブラウン管で観ていた雰囲気を彷彿とさせてくれる、味のあるエンタープライズに仕上がっている。


20110208l_tosep2


部品構成。手前の四角いのは銘板ではなく、コピーライト表示。

思いのほか長くなったのでその参に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.07

ワンフェスへ行ってきたぞー! その壱

薄曇りながら気温はそれほど下がらずむしろ快適な2011年2月6日の日曜日、遥か彼方(に思える)幕張メッセへ鋭意進軍し、奇跡のST当日版権モノを巡礼してきた。

以下、順不同で奇跡のST当日版権モノ(何度も言うな)のお参り成果を記録。

艦船は長くなりそうなので先にその周辺から。

1-11-06 BF商会さんの「TOSエンタープライズ少女(再販)」。


20110207a_epgirl


今回は展示のみで、次回販売予定とのことだった。

TOSのエンタープライズを擬人化した繋がりで、4-10-08 吉村報恩堂物販部さんの「・エンタープライズたん(TOS)」。


20110207b_eptan


上から見ると普通にエンタープライズ。


20110207c_eptan2


横から見るとエンタープライズたん。
早々に完売し悔し涙を飲んだ人多数。

Pinky:st. 繋がりで、2-15-10 PINEBIRDさんの「Qジャッジメントローブ(右)と惑星連邦士官制服(左)」。


20110207d_pinky


連邦士官は前回も用意されていたものの、申請名称を「士官」止まりにされていたら「士官の誰かに模した顔も作るのでは?」と誤解され通らなかったとのこと。その無念を乗り越え、今回「士官制服」と明記されることで申請をクリア。よかった。


20110207e_pinky2


エンタープライズたんもそうだが、頭は自分で用意して装着するというお約束。

3-21-18 ヒロヤマウントさんの「「ハイポスプレー Ver.2.0」組立キット」。


20110207f_hs


科学士官をイメージさせる青と、鶯色の布に原色の薬液が入ったカートリッジが映える(キットに含まれるカートリッジはひとつだけ)。


20110207g_hs2


無断で触れないでの案内もさり気なく長寿と繁栄を祈る。すぐに気付かなくてすみません。もちろん決してLLAP禁止ではない。


20110207h_hs3


パッケージアートにも凝られていて楽しい。ハイポの第二弾も準備されているとのことで、既に原型はできているという早業。いずれ販売される日が待ち遠しい。


5-10-05 PINK PANDERSさんの「1/6 バトラフ(TNG)」。


20110207i_bat


わたいの買ったのが最後のバトラフだった。ぎりぎり間に合った形。


20110207j_bat2


1/6サイズとはいえ想像以上に大きく、存在感あり。色を塗って持ち運んでいたら任意同行を求められるレベル。


5-16-11 K.K.S/urabekatsumi creating art studioさんの「・トートバッグMサイズ、Lサイズ各1種」。


20110207k_tb


Mサイズは、黒地に歴代エンタープライズ号の同スケールシルエットが配置された渋いデザイン。「ぶらさげるとエンタープライズが自分に向かってくる、アゲアゲのデザイン」とうらべさんがおっしゃっていたとおり、運気の上がりそうな雰囲気。


20110207l_tb2


今回初登場のLサイズはヴォイジャーのLCARSを全面に配したデザイン。大きさは、Mサイズのタグと比べてみるとなんとなくわかっていただけるだろう。というかなんとなくわかってほしい。これさえあれば週末にがっつり食料品を買い込んでも大丈夫。

いずれも午後の早い時間には完売の模様。前回は比較的遅い時間まで購入できたので油断していた方は次回早めのご来場を。

なお、3-02-18 クワークのガラクタ市さんは蚤の市で当日版権ディーラーではなかった。エフトイズのフリートコレクション「NX-01」をひとつ、ワゴンセールのカゴの中で見かけた。

というわけで次回、艦船編。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011.02.05

ワンフェスへ行きたいぞー!

熟読に熟読を重ねたつもりが漏れ漏れの甘甘だったことで関係各位にご迷惑をおかけしてしまったST関連卓リスト。

温かいコメントで3卓を教えていただき、もう一度気合いを入れ直して読んでみたところさらに2卓の見落としを発見。合わせて5卓を加えた改訂版リストを作成した。わかる範囲で出品予定の品とURLも添えてみたところ、これはテンション上がる!


1-05-06 セカンドスタイル
惑星連邦宇宙艦隊コミュニケーター5点セット(ST2009の3種、TNG、VGR)/バッセン断層の決戦セット(STX:シミター&エンタープライズE:再販)
  Second_Style

1-11-06 BF商会
TOSエンタープライズ少女(再販)

1-16-12 くま牧場
ペーパークラフト ヴォイジャー
  ペーパークラフトフィギュア くま牧場

2-05-04 てくてく堂 造型部
TOSから新作1品

2-06-12 港303

2-15-10 PINEBIRD
ST関連ピンキー

3-02-18 クワークのガラクタ市

3-04-02 AK.NOREN
U.S.S. ファラガット(NCC-60597)/U.S.S. エンタープライズD(NCC-1701D:再販)
  AK.NOREN

3-16-03 HKK
U.S.S. エンタープライズ クラシック版10cmサイズ/U.S.S. グリソム(再販)
  寝ぼけ眼の気まぐれ話

3-21-18 ヒロヤマウント
「ハイポスプレー Ver.2.0」組立キット
  S.0435年 宇宙大作戦

3-30-02 アルバクリエイツ/らいとすたっふ
ロミュラン バードオブプレイ(TOS)
  造型工房アルバクリエイツ

4-08-01 怪物屋
1/350 U.S.S. エンタープライズ(ST2009)
  怪物屋

4-10-08 吉村報恩堂物販部
エンタープライズたん(TOS)
  報恩堂物販部

5-10-05 PINK PANDERS
1/6 バトラフ(TNG)
  ぱんだうさぎ陸海の模型日記

5-16-11 K.K.S/urabekatsumi creating art studio
トートバッグMサイズ、Lサイズ各1種(全3種かも?)
  うらべかつみ造形工房

5-16-13 金儲けの秘訣 第19条&Trick Star Monkey's
1/2500 U.S.S. エクセルシオール(再販)
  TrickStar's

6-02-02 プラッツ/エフトイズ
1/2500 I.S.S. エンタープライズ(再販)
  有限会社プラッツ

                     敬称略


まだ漏れてるかも。
でもこれだけ回れれば結構シアワセ。


2011/02/05 10:00補足。メールでさらに教えていただいたのでリストに追記。みなさんに非常感謝!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »