« 歴史を駆け抜けろ! | トップページ | 赤いメガネの憎いヤツ »

2011.01.11

生としての矜恃

とある居酒屋の壁の奥の上のほうにそっと貼られたお品書きに目を奪われた。


20110111a


角の一番上に貼られたそれはなんだ。


20110111b

車海老さし(ボイル) 350


ボイルってなんだよ、スーザン


生ビール(加熱) とか 生八つ橋(焼き) とか 生放送(録画) とか 生歌(口パク) とか 生暖かい(氷点下) とか 生返事(真剣) とか 生足(タイツ) とか 生乾き(ふかふか) とか 生麦生米(ゆで卵) とか 生麦事件(イギリスにっこり) とかあっていいのか。

|

« 歴史を駆け抜けろ! | トップページ | 赤いメガネの憎いヤツ »

コメント

>生暖かい(氷点下) とか 生返事(真剣) とか 生足(タイツ) とか 生乾き(ふかふか) とか 生麦生米(ゆで卵) とか 生麦事件(イギリスにっこり) とか

この辺りのコメントがほくそ笑みを誘う素晴らしさです!!
目のつけどころが違いますwww
そういえば、
奈良にあるインドカレー屋さんの天井近くの壁に
「辛い・食べられない」と書かれたメニューが
貼られていたのを思い出しました。

投稿: TamilAsano | 2011.01.18 11:09

>TamilAsanoさん

>>「辛い・食べられない」と書かれたメニューが
>>貼られていたのを思い出しました。

なぜそうとわかっていて出す(笑)、と店長に問い質したいくらい謎めいたメニューですなあ(笑)。
いや、思い余った客が書いたのでしょうか(笑)。

投稿: ANCHOR | 2011.01.19 02:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6416/50566174

この記事へのトラックバック一覧です: 生としての矜恃:

« 歴史を駆け抜けろ! | トップページ | 赤いメガネの憎いヤツ »