« ピリカラで行こう | トップページ | 雪の鉄人再び »

2011.01.05

演奏を禁ず

とある家電量販店の電子楽器コーナーにてひと際目立つ赤いヤツ。


011B1A18-219F-4376-97C5-4AD7EDC4874F

猫ふんじゃった演奏禁止


何があった。
何があったのだやってみますのミドリちゃん。

|

« ピリカラで行こう | トップページ | 雪の鉄人再び »

コメント

そう書かれると弾きたくなります。…というか、とっさにはそれくらいしか弾けない(苦笑)

投稿: petit | 2011.01.05 13:35

>petitさん

>>そう書かれると弾きたくなります。

むしろ逆効果(笑)。

>>…というか、とっさにはそれくらいしか弾けない(苦笑)

とっさに弾くことを求められているコーナーじゃないので、振り絞って弾かなくてもいいんだと思います(笑)。

投稿: ANCHOR | 2011.01.05 14:03

あけましておめでとうございます。
昨年はウチのquarkがたいへんお世話になりました。
本年もquarkと愉快な仲間たちをよろしくお願い申し上げます。

さて、今回の記事を読みまして、小学校にて音楽に思い入れの強い厳しいタイプのひとりの女性教諭をふと思い出しました。
彼女は音楽室に並んでいるオルガンで、児童が『猫ふんじゃった』を弾くことをかたく禁止しておりました。
理由を問うと(細かい部分は忘れましたが)「あれは音楽とは言えない」といった内容の返答が。

子供心に「一教諭であるあなたにそこまで言う権利がどこにあるのか」と思ったものでした。

しかし、販売店で禁じるというのなら何か特別な訳でもあったのでしょうね。
実は楽器のコンディションが狂いやすい曲調だとか…そんなばかな…

投稿: ひろすけ | 2011.01.06 01:08

>ひろすけさん

明けましておめでとうございます。

>>昨年はウチのquarkがたいへんお世話になりました。
>>本年もquarkと愉快な仲間たちをよろしくお願い申し上げます。

いえいえ、こちらこそ毎年、また日々大変お世話になっております。
引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。

>>彼女は音楽室に並んでいるオルガンで、児童が『猫ふんじゃった』を弾くことをかたく禁止しておりました。
>>理由を問うと(細かい部分は忘れましたが)「あれは音楽とは言えない」といった内容の返答が。

なんとー!

>>子供心に「一教諭であるあなたにそこまで言う権利がどこにあるのか」と思ったものでした。

音楽には変わりないと思いますが、何かそう言いたくなるようなできごとでもあったのかと、先生の半生に思いを馳せてしまいます。

ちなみに、何か児童に対して本当に禁止したほうがよい理由があるのかとGoogleってみたところ、とある質問サイトでピアノを習っているとき「手や指の形が崩れる」から「禁止令」がピアノ教師から下された、というような記述がありました。ほかに同様の例は見当たらないので、関係者各位が広くそういう影響があると認識しているのかどうかは不明です。

>>しかし、販売店で禁じるというのなら何か特別な訳でもあったのでしょうね。
>>実は楽器のコンディションが狂いやすい曲調だとか…そんなばかな…

ピアノ線の張ってあるホントのピアノなら、あまり乱暴に扱われると調律が狂いがちなんてこともあると思うのですが、電子ピアノだとどうなんでしょう。

「猫ふんじゃった」を最も得意とするレベルの奏者(おもに子供さんと思われる)に頻繁に弾かれて鍵盤が物理的に傷んだとか、売り場担当者がかつて猫を踏んづけたトラウマを思い出してノイローゼになったとか、売り場担当者は弾けないので悔しくてたまらない気持ちを抑えられないとか、なにか実害があるのかもしれませんなあ。

こちらのブログでは、かつてピアノ販売店にいらした方が当時の心境を吐露されています。

♪e-PIANO スタッフブログ♪
「ねこふんじゃった♪」
http://plaza.rakuten.co.jp/ejps1/diary/200510290000/

ずーっとあれを聴かされるのがツライみたいです(笑)

投稿: ANCHOR | 2011.01.06 17:34

坂本龍一が弾いていても
「お客さん、困ります」
って言えたらスバラシイ。

投稿: ぶいち | 2011.01.07 22:54

>ぶいちさん

>>坂本龍一が弾いていても
>>「お客さん、困ります」

坂田明が弾いていたら、
なぜか速攻で言われそうな気がします。

投稿: ANCHOR | 2011.01.08 19:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6416/50499353

この記事へのトラックバック一覧です: 演奏を禁ず:

« ピリカラで行こう | トップページ | 雪の鉄人再び »