« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010.07.27

フィギュアどうでしょう 其の2試作品

発売日未定の水曜どうでしょうフィギュア其の2。

其の1と異なり、ややヴィネット寄りのフィギュア構成となっている。

いかにも試作品然とした、色塗りされていない状態での展示だが、雰囲気は充分伝わってくる。


20100727a


高崎の達磨とその配偶者である豊後竹田市の姫達磨が、カブの荷台にくくりつけられている様子を再現したフィギュア。


20100727b


試作品フィギュアではなんのこっちゃよくわからないだろうが、こちらが大泉さんの荷台に。


20100727c


こちらがミスターの荷台に積載され、仲睦まじく運ばれた。
わたいとしては、以前HTB本社社屋内で拝見して以来の懐かしい再開であった。


20100727d


ギアいじったっけ ロー入っちゃって もうウィリーさ」でおなじみのだるま屋ウィリー事件が再現されている。だるま屋とは、「原付東日本縦断ラリー」における達磨を積んだ大泉さんの別称。
映像で見られるのはうしろ姿だけなので、事件の瞬間をほかの角度から拝めるのはフィギュアならでは。


20100727e


そのうしろ姿。
この試作品では映像本編で大泉さんが背負っている毘沙門天の旗が省略されているが、販売時にはどうなるのか不明。


20100727f


原付西日本制覇」より、鬼の洗濯岩(板)にて「汚れ物は ねぇかぁ ためるなって 言ってんだろォ」と凄む大泉さんのなまはげ。ピンぼけ御免。


20100727g


うしろ姿。またピンぼけ御免。「これで全部かぁ!


20100727h


原付東日本縦断ラリー」最終夜で、この日限りのオープニング映像を飾ったなまはげ。躍動感あふれる大泉さんの演技に泣ける。


20100727i


うしろ姿。またまたピンぼけ御免。


20100727j


東北2泊3日生き地獄ツアー」、1998年12月20日、13時20分。前沢ガーデンにてミスターと大泉さんが扮した牛。


20100727k


うしろ姿。またまたまたピンぼけ御免。


20100727l


一致団結! リヤカーで喜界島一周」の放映されていないシーンより、リヤカーに乗せてもらいながらふてぶてしい態度を見せる藤村D。写真集に掲載されている姿に題材を採ったもの。


20100727m


原型制作者によればこの藤村Dはデフォルメなしで、「今回唯一のリアル頭身」とのこと。
リヤカーはムラマツ車輛の組立式。その名も山田くん。


20100727n


マレーシアジャングル探検」より、動物観察小屋ブンブンブラウ。


20100727o


夜、嬉野Dが小屋のそばにトラを発見。大騒ぎの末、見間違えていたことを告白。
その台詞「シカでした」は、出演者のみならず視聴者にも大きなインパクトを与えた。

小屋のほかに、木陰に佇むシカもフィギュア化されている。暗い場所に置いて遠くから眺めれば、あなたもシカ事件のうれしー気分に浸れること間違いなし(推測)

以上、全5種。昨夜筋金入りのどうラーに「いらん(笑)」と一蹴されたこのシリーズだが、ちょっと買ってもいいかも、と思った人はいつになるわからない発売日を刮目して待て!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010.07.26

フィギュアどうでしょう

悪い子はいねがーっ

20100726a


2010年9月22日(水)は水曜どうでしょうDVD全集第14弾(「クイズ! 試験に出るどうでしょう」「四国八十八ヵ所」「釣りバカ対決 氷上わかさぎ釣り対決」収録)の発売日として有名だが、加えて水曜どうでしょうフィギュア其の1の発売日となったことも、みなさんきっと既にご存じだろう。


20100726b


フィギュア其の1は全5種(後述のチラシには5種+1種と書かれているので、シークレットがあるらしい)。税込368円。


20100726c


まずはonちゃん。もちろん安田さん演じるonちゃんだが、少しでも動きやすいよう空気を抜いた状態が再現されている。中の人をモロに感じさせるonちゃんフィギュア正規品は本邦初。


20100726d


背中はこう。「門別沖釣りバカ対決!」より。


20100726e


“雪原の飛び魚”と讃えられる大泉さんの父上の私物。既に父上の下を離れHTBの管理下にある。「サイコロ3 ~自律神経完全破壊~」より。


20100726f


これらすべて「原付東日本縦断ラリー」より。


20100726g


原付東日本縦断ラリー」で大泉さんが背負って運んだ。映像の大半がバイクに乗って走る鈴井さん大泉さんの背中ばかりという偏りがちな企画ゆえ、正面向きで映っているなまはげは一躍主役級に。その存在感は日に日に増し最終夜では特別なオープニング映像を撮影するまでに至った。その後「原付西日本制覇」にもゲスト出演。


20100726h


原付東日本縦断ラリー」で大泉さんが被っていたフルフェイス。頭頂部のこけしは、今回の展示のためにまたくっつけた模様(一時期外れていた)。原形制作者のメモによれば、こけしは「実寸だと判断不可なので拡大」とのこと。


20100726z

※ピントの合った画像を発見したので追加(2010.07.27)


20100726i


元は原付の荷台を飾った高崎の達磨。その後「原付西日本制覇」にて結婚。「プチ復活! 思い出のロケ地を訪ねる小さな旅」では四つ子を儲ける。


20100726j


配布されていたチラシ。「いざ!! 討ち入り」のキャッチが、どうラーに課せられた新たな年貢の重さを、なにやら高い志をもって自ら勝ち取りに行くかのような錯覚に転化させている。

しかし9月22日は国内放浪中。帰宅してからの討ち入りではもうすっかり祭りが終わっている可能性も。出先で果たして討ち入れるのか。いや、出先でまでいちいち討ち入るのか。

商品の問い合わせはローソンではなく下記へ。
ユニオンクリエイティブインターナショナル株式会社

フィギュア其の2は、長くなるのでまた追って。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010.07.25

ペットのお店

対オンディーヌ取材時に道端から尋ねられた。


20100726

ホイス?


いえ、存じ上げませんが……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.07.23

打倒、オンディーヌ

先週金曜日に拙エントリ「予告:ガラスの仮面 第45巻」を上げた途端、亜空間通信が入電した。

簡潔なメッセージと添付画像だが、受け手を驚愕させるに充分な内容だった。

月影先生が学園を経営!?

なんてことでしょう! 劇団オンディーヌに対抗した英才教育の前線基地が!?
月影先生、いつの間に。

場所は神奈川県川崎市」だという。

川崎市……源造! すぐに車を用意なさい!

辿り着いたのは東急東横線「元住吉」駅。線路の東側に出るとそこにはにぎやかな商店街が真っ直ぐ走っている。なぜかブレーメンの音楽隊に町興しを頼っているらしく、そこかしこにロバ、イヌ、ネコ、ニワトリが積み上がっている。

商店街の途中で北へ上がると、ぐっと落ち着いた住宅街に。

落ち着きすぎている建造物もある。


20100723a


周辺家屋の時代考証まで連載開始当時に揃えてくるとはさすが月影先生、凝っていらっしゃる。

落ち着きすぎの建物から30メートル地点で目標に到達。


20100723b


期待を裏切らない、いかにも先生らしいエレガントさに満ちあふれた建物だ。


20100723c


季節感を大切にした掲示板には「1948」の文字が。先生、そんなにお若い頃から大志をもって後継者を育ててらしたとは。


20100723d


看板の文字は月影先生自らの揮毫であろうか。ちょこんと座るアイコンを敢えて世界で一番美しい方に譲り、紅天女にしていないところが先生の奥床しさを表していると言えよう。


20100723e


ガレージのシャッターまでもがありがたい。他の者が容易に近づけない厳かな雰囲気は月影先生譲りだ。

才気溢れる年少のご子息ご令嬢をお持ちの親御さんは、ぜひ未来の紅天女育成機関に預けてみてはどうだろう。小野寺理事の鼻をあかすチャンスだ!


さて、その「ガラスの仮面 第45巻」は、本日からamazonでの予約受付が再開された。気になる発売日は2010年12月! ということは越年か?(おいおい、美内先生に失礼だろ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.07.16

予告:ガラスの仮面 第45巻

2009年9月のエントリで「次巻、45巻は今回同様7ヵ月で出るとすれば2010年3月末頃か」と予想し、「今度は油断しないで待ってるよ、美内先生!」と宣言しておきながら、まったくノーマークで油断していた。

来たる8月19日に、『ガラスの仮面』の45巻が出る予定だったらしい。

ところが白泉社ウェブサイトのガラスの仮面専用情報ページによれば、美内先生が入院されたため発売延期になったという。

花とゆめコミックス 『ガラスの仮面』45巻 花とゆめコミックススペシャル 『「ガラスの仮面」コミック・ファンブック』 発売延期のお知らせ

8月19日(木)発売と告知しておりました
花とゆめコミックス『ガラスの仮面』45巻 及び
花とゆめコミックス『「ガラスの仮面」コミック・ファンブック』は
美内すずえ先生が体調不良で入院されたため、
発売日を延期させていただきます


大丈夫ですか、美内先生!

早く元気になられて、暗黒面に落ちた速水さんの婚約者が繰り出すそら怖ろしい事件の数々をわたしたちに見せてください!

というわけで、発売日に確実に手に入れたい向きはネット書店で予約だ!

楽天ブックスで買う「ガラスの仮面 45巻」
↑アフィリエイトなし
amazon.co.jpで買う「ガラスの仮面 45巻」
↑アフィリエイトあり
第13章 ふたりの阿古夜(4)←多分
美内すずえ
花とゆめCOMICS
400円+税
白泉社

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.07.15

新しい革袋には新しい酒を

日本のスター(・)トレック公式ファンクラブ「STERFLEET FAR EAST(以下もし略記することがあればSFE)が本日2010年7月15日付で配信したニュースによれば、本国公式ファンクラブのウェブサイトがリニューアルしたとのこと。

うれしい話ではないか。では一応、TAS(THE ANIMATED SERIES)の様子をざっと押さえておこう。

その前にトップページ右にあるアンケート「Tell Us」で、先方の望みどおり教えておかねばなるまい。


20100715a


さあ、みなさんも迷わず、Submit!

本国公式ファンクラブサイトのTASご担当者は、比較的ざっくりしたデータを掲載し、利用者を混乱させる傾向が強い。過去にはシリーズ名を偽造して「THE ANIMATED ADVENTURE」と全世界へ案内していた前科さえあるくらいだ。

リニューアルを機に、心を入れ替えてくれただろうか。入れ替えていてほしい。心じゃなくて担当者の入れ替えでもかまわない。


Star Trek: The Animated Series

20100715b

Nullam sed eros orci. Aliquam fringilla luctus porta. Mauris risus sem; ultrices quis eleifend et, molestie eget nunc. Lorem ipsum dolor sit amet, ......


のっけからなにがなんだか。

これはいわゆる“ダミーテキスト”で、デザインラフを作成するとき、フォントの見え方や流し込まれた文字の様子を確認するための“とりあえず入れてみた文章”だ。本当に意味がある文章だと校正時に見逃してそのまま仕上げてしまったりするおそれがあるので、敢えて意味のない文章を使う。写植時代の日本では、裏焼きした活字を貼り込んでいたこともある。ここではラテン語が入っている。「Lorem ipsum」はその筋では有名なダミーテキストの呼び名だ。

って、ダミーかよっ

手ぇ抜いてんじゃないの、TAS担当さん!
いかにβ版とはいえ、実写優先、アニメ後回しの感は否めない。


気を取り直して、このトップページは、登場人物、異星人、そして制作スタッフそれぞれについておすすめ記事を表示してくれる。

昼間はスールー(加藤)だった「Featured Character」が夜はマッコイに変わった。


20100715c


画像入れてあげて!


さて、一番下の「Featured Creative Staff」は昼も夜もウォルター・ケーニッグだ。


20100715d


キャラクターとして参加できなかったケーニッグを最初にフィーチャーするとは、さすがはTAS担当、わかってらっしゃる。


20100715e

Koenig, Walter
Episode: TAS - Lorelei Signal, The

むむむ! ケーニッグに関連するエピソードが「The Lorelei Signal 女だけの星」だと!? それは初耳だ。詳細を知らねば!

Read More!


20100715f

Walter Koenig played Pavel Chekov on the original Star Trek series and in six feature films.
He also wrote an episode of the "Star Trek: The Animated Adventures" series.
For his biography, click here.


詳細、書かれてねーっ!


「Read More」をクリックしても、さっきまで見えてた以上の情報ナシ!

ケーニッグがからんだ作品はみなさんご存じのとおり、脚本を担当した「The Infinite Vulcan 惑星ファイロスの巨人」だ。彼は本編に呼ばれなかった憂さを晴らすためなのか、作中に自分の名をもじった植物(Retlaw Plant)を登場させ、あまつさえその毒針で無防備だった加藤を刺し、瀕死の目に遭わせて溜飲を下げるという小さい男なのだ。

そんな器の小さいケーニッグではあるが、この紹介文の内容はいかがなものか。

Walter Koenig played Pavel Chekov on the original Star Trek series and in six feature films.

6本じゃない。『ジェネレーションズ』への出演をすっかり忘れられているではないか。そんなに影が薄いのか、チェコフ!

He also wrote an episode of the "Star Trek: The Animated Adventures" series.

出たっ、「The Animated Adventures」! おまえか、まだおまえが担当だったのか!

新しい革袋に、古い酒を入れちゃダメ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »