« 亡霊ファンクラブ STARFLEET FAR EAST | トップページ | 好評発売中のクリンゴンD7クルーザー »

2010.05.10

クジャクの飛んだ日

今朝テレビで、どこからか逃げてきたクジャクの捕獲について報じていた。

そんなことよりほかに報じることあんだろ、と批判的に構えつつ見ていたら、司会を務める局アナが「クジャクはあんまり飛べない。グライダーのように滑空する」という主旨の言葉を述べた。

画面には2階建ての民家の屋根にぽつんと佇むクジャクの姿が映し出されていた。

パネラーの芸能人がそこに食いついて、「ではどうやって屋根に登ったのか」と問い質した。

局アナは慌てて、「少し飛べる。低いところから、こう、段階的に……(登ったのだろう)」という主旨の言葉で憶測を交えつつ返した。

少し飛べる?


話変わってインド亜大陸の南端の町、カニャークマリ。ここにはヴィヴェーカーナンダという宗教改革者にちなんだ村がある。


20100510a


ヴィヴェーカーナンダプラム。その中にずかずかと入っていくと、奥のほうに「クジャク保護区」があった。


20100510b


保護区というくらいだからそれはもう丁重に保護されていて、クジャクも思うさまそのあたりをうろついている。


20100510c


威風堂々。


20100510d


で、保護区の森を抜けてちょっと開けたところに出た途端、聞いたことのない奇声とともに何やらバタバタバタと激しい音がした。

音のするほうに目をやると……


20100510e


飛んだ。

え、わからない? では撮影した画像のそこだけを等倍で切り出してみよう。


20100510f


やや助走を付けて踏み切ると、ばっさばっさ飛んでいる。

このまま遥か先の木を越えて、そのまた先の森へと消えていった。

少し飛べる?

クジャクご本人やら南印クジャク連盟やら世界孔雀教会やら孔雀王からクレームの来ないうちに、フジテレビの『知りたがり!』はクジャクの飛翔能力について早めに訂正しておいたほうがいい。

|

« 亡霊ファンクラブ STARFLEET FAR EAST | トップページ | 好評発売中のクリンゴンD7クルーザー »

コメント

某三河湾の猿島に野良孔雀が、まだいるはず。
無人になってから久しいんだけど、本土をうろついてたっていう話も聞かないから、何キロも飛べるわけではなさそう。

投稿: すーぱ(ry | 2010.05.11 19:52

>すーぱ(ryさん

>>某三河湾の猿島に野良孔雀が、まだいるはず。

野良(笑)。元が飼われたので野生じゃなくて野良なのですね(笑)。

>>何キロも飛べるわけではなさそう。

なるほど、航続距離が短いのかもしれないですな。
海を渡る孔雀の編隊などがいたら、壮観でしょうなあ。

投稿: ANCHOR | 2010.05.11 23:08

なにおぅ!
1メートルも飛べもしない局アナ風情が偉そうに語るんじゃねぇ!
こちとら腐っても鳥だ!

               孔雀 談

投稿: ぶいち | 2010.05.12 19:43

>孔雀さん

>>1メートルも飛べもしない局アナ風情が偉そうに語るんじゃねぇ!

ああ、そんなにやさぐれて。

>>こちとら腐っても鳥だ!

腐らないで!

投稿: ANCHOR | 2010.05.12 23:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6416/48326242

この記事へのトラックバック一覧です: クジャクの飛んだ日:

« 亡霊ファンクラブ STARFLEET FAR EAST | トップページ | 好評発売中のクリンゴンD7クルーザー »