« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010.04.25

「巨大な違い」という名の小差

上海万博開催直前になってPR曲のパクリがバレるあたり、中華人民共和国も脇が甘い。

このニュースを聞いて、以前書いたエントリを思い出した。

成吉思汗? ジェネレーションズ?

今聴いても、やっぱり見事なパクリだ。すごいぞ張千一はん。

万博のPR曲ということで注目されて集中砲火を浴びている『2010等[ni]来/2010年はあなたを待っている』だが、この手のパクリは、よい悪いは別にして、自称クリエーターのいるところでは国を問わず一種の自然現象だと思う。パクってない人はいないと言えば言い過ぎだが、いわゆる“オマージュ”“リスペクト”“インスピレーション”といった横文字で“着想を得た”旨を表現すれば、それは単純なパクリではなく、むしろなにかよいことをした風になるくらいだ。

日本や他国の歌謡曲をはじめとする著作物も、順番に叩いていけば埃が出る。『アルプスの少女ハイジ』の原作でさえ、今になってパクリの指摘を受けるのだから油断ならない。クリエーターと呼ばれるみなさんがこの件にあまり積極的なコメントを出さないのは、下手をすれば自分に飛び火しかねないのをよくわかっているからだろう。

さて、渦中の繆森はんは、4月22日に『2010年はあなたを待っている』のメロディは岡本真夜はんの『そのままの君でいて』と比べ、「巨大な違い」があると主張されているそうだ。
盗作疑惑の万博ソング、作曲者が盗作を否定し著作権保護を呼びかけ by Searchina

あれほどそっくりなメロディが「巨大な違い」なら、微妙に音をずらして巧みにパクった成吉思汗とジェネレーションズなど赤色巨星級に違っていて、似ても似つかないことになる。

繆森はんも、張千一はんレベルの技術を駆使してパクっていれば、もっともっと強弁できたことだろう。

ほかにもパクリを指摘され始めた繆森はんが、これからもパクリ人生を送るのであれば、張千一はんに師事して音の外し方を学んではどうか。あるいはほかにもうまいことやっている作曲家仲間から、曲そのものではなく、パクリの技術をパクったほうがいい。

がんばれ繆森はん。パクリで国際的な有名人となったあなたはもう、パクってパクってパクリまくったうえで、パクってないもん!と叫ぶしかないのだ。応援しないし見守ってもいないけど、やるなら徹底的にやれ。

ちなみに張千一はんのすばらしい楽曲が使われている『成吉思汗』、わたいはその後台湾でDVDボックスを見つけて買ってきた。


20100425


売り場のおっさんに「これ、中国大陸でやってたやつだよね?」と尋ねてもピンとこない様子だったので、箱の表裏をじっくり眺めて、きっとコレはアレに違いないと見当をつけ、えいやっで買ったのだが、正解だった。

冒頭のテーマ曲を聴いてすっかり満足し、ドラマ部分は全然観ていない。

ひょっとしたら、BGMにもジェネレーションズからのパクリがあるかもしれないので、老後の楽しみにとっておこう。興味のある向きは、数十年後に老人会でご一緒にぜひ。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010.04.23

2010年のMotoGPカレンダー

2010年のMotoGPカレンダー掲載をサボっていたら、第2戦日本(もてぎ)が延期になった。

金曜からもてぎツインリンクへ行くつもりだったが、この天候で震えながら観るくらいなら、秋のほうがいい。元来もてぎは秋の開催だったのを昨年F1開催のあおりで春に移したわけだから、元に戻って結果オーライだ。ありがとう、アイスランドの火山帯。お礼にできるだけアイスランド産品(ラム肉しか思い浮かばない)の消費を心がけたい。

2010 WGP カレンダー
Round 01  4/11 カタール:ロサイリ
Round 02  5/ 2 スペイン:へレス
Round 03  5/23 フランス:ル・マン
Round 04  6/ 6 イタリア:ムジェロ
Round 05  6/20 イギリス:シルバーストーン
Round 06  6/26 オランダ:アッセン
Round 07  7/ 7 スペイン:カタルーニャ
Round 08  7/18 ドイツ:ザクセンリンク
Round 09  7/25 アメリカ:ラグナセカ
Round 10  8/15 チェコ:ブルノ
Round 11  8/29 アメリカ:インディアナポリス
Round 12  9/ 5 サン・マリノ&リビエラ・ディ・リミニ:ミサノ
Round 13  9/19 スペイン:モーターランド・アラゴン
Round 14 10/ 3 日本:ツインリンクもてぎ
Round 15 10/10 マレーシア:セパン
Round 16 10/17 オーストラリア:フィリップアイランド
Round 17 10/31 ポルトガル:エストリル
Round 18 11/ 7 スペイン:バレンシア
決勝=土曜日
MotoGPクラスのみの開催
元ネタ:motogp.com


イギリスは昨年のドニントンパークから今年はシルバーストーンに変更。

昨年登場のインディアナポリス継続に加えご新規さまでアラゴン(2009年秋新設)が登場。そのため昨年より1戦増えてMotoGPクラスは全18戦、スペインではなんと4回の開催となる。

年4回も興業が成立するとは、スパニッシュたちのモーター熱、侮れず。

というわけでこの週末の現地観戦は消滅。仕事と飲み会に転用の予定。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.04.16

確かにパトさん

quarkさんのblog "quark's"に、「ナウシカ Blu-ray に英語音声!」なるエントリがアップされていた。


トレッキーは買いだ。なぜか?それはユパの声をアテているのが、Patrick Stewart 氏だからである!


なんですと!


興味が出たでしょう?


出た出た出ました。出ましたともさ!(誰)


そうとなれば外国の人が編纂するWikipediaを読まざるを得まい。

Nausicaa" of the Valley of the Wind (film)

うーむ、キャストの項にはっきりと「Master Yupa is voiced by Goro Naya in Japanese and Patrick Stewart in English.」とある。

ここでふと思い出した。そういえば以前、Amazon.ukさんで格安の攻殻機動隊DVD-BOXを買うついでに激安のナウシカとラピュタのDVDも買っていたことを。

そうだそうだ、持ってるぞ、多分。


20100416


あった。例によって未開封。

ばりばりばりとシュリンク包装を破って、早速再生してみた。冒頭からユパさま登場。この作品で最初に発せられるセリフは、確かにパトリック・スチュワートの声によるものだった。

quarkさんのエントリを読まなかったら、いつまでも寝かせっ放しで朽ち果てるところだった。ありがとう、quarkさん。せっかくなので、こんな時間だけど最後まで観よう(ただいまユパさまが、バーサク状態のナウシカの突き出す剣を、身を挺して止めたところ)。


Nausicaa of the Valley of the Wind
 Optimum Asia / 2005年9月26日発売(イギリス)
 ノーカット版 / リージョン2 / PAL
 音声:日本語、英語 / 字幕:英語

Amazon.ukの販売状況

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2010.04.07

1996年にスタートレ…

TV画面で番組表を見ていて、はっとした。


20100407

THE世界遺産 19
96年にスタートし…


なんでも「スタートレック」に見えてしまうのは、一種の病気か。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010.04.05

その後の「こまめにチェックしてください」

思いがけずアカデミー賞で部門受賞までしてしまった2009年の映画『スター・トレック』。みなさんははっきりと覚えていることだろう、昨年のこの時期に前売り券が売り出されていたことを。

そしてまた、はっきりと覚えていることだろう、おまけのネックホルダーに書かれたURLからアクセスすると、特別なウェブサイトで特別な壁紙をダウンロードできるという特典が得られたことを。

前回、「こまめにチェックしてください」では、わたいが前売りを入手してから公開前の5月22日まで、特典サイトがどのように更新されているかを簡単にご報告差し上げた。

このサイトには、2010年4月に入った今でもアクセスできる。


20090522e

コンテンツは随時更新されますので、こまめにチェックしてください。
※更新は不定期で、期間限定で配信されるものもあります。


わたいは公開前後も含め本日まで、できるだけこまめにチェックするように心がけ、その都度スクリーンショットを〈ST2009前売サイト〉というフォルダに残してきた。


20100405a


改めて158枚のスクリーンショットを眺めてみても……


20100405b


ずっと、同じだった


20090522g

※当サイトの運営は映画上映開始と共に閉鎖されます。


公開とともに運営をやめちゃうところだけ、有言実行


もし、「期間限定で配信され」たコンテンツをゲットされたこまめな方がいらっしゃいましたら、ぜひその内容をお教えください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »