« 微妙なPOP | トップページ | 洋酒屋の特選 »

2010.03.10

光線銃で戦闘中

仕事をしていたら同僚が雑誌をくれた。


20100310a

MODEL Art ( モデルアート ) 2010年 04月号 [雑誌]
MODEL Art ( モデルアート ) 2010年 04月号 [雑誌]
モデルアート社 2010-02-26
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
※アフィリエイト付きにつき注意


ありがとう。でもどうして?

まったく仕事に直結しないこの雑誌を、うしろのほうからぺらぺらとめくっていたら、思いがけずST関連の記事を見つけた。

当時のUSSエンタープライズがブリキ缶入りで限定発売され、その後、色替えしたパッケージで再発売されるという噂を聞いた。同じ流れで出てきた品なのだろうか。

20100310b

光線銃で戦闘中のMr. スポックを再現している

光線銃!……(まあ、初期のハヤカワでは位相光線銃と訳されていたからなあ)

戦闘中!……(撃退中とか威嚇中とかではなく戦闘中。「交戦中」などと韻を踏まれなくてまだよかったのかなあ)

再現している!……(こんなシーン、劇中のどこにもなかったけど何をどう再現しているのかなあ)

そんなことより、このキット、映画『スタートレック:TMP』公開時に、TMPユニフォームに改修されて発売されていた。金型をいじっちゃったからオリジナルはもう出せない――と当時誰かに聞いたようなどこかで読んだような気がしてならないが、オリジナル状態で出るんだ。

どういうからくり? 教えて、岸川さん!(名指しかよ)

|

« 微妙なPOP | トップページ | 洋酒屋の特選 »

コメント

毎度です。
なるほど、確かにこのミステリーを解けるのはあの人しかいませんね。
私もちょっと気になります。教えて、岸川さん(いいのか、名指ししても)。

投稿: snow white | 2010.03.11 00:38

>snow whiteさん

>>なるほど、確かにこのミステリーを解けるのはあの人しかいませんね。

お手持ちの現物から型を取らせて「再現」させたのではないかと思われるほどあの方しかいませんね。お願い、岸川さん!(だから名指ししていいのかと)

投稿: ANCHOR | 2010.03.11 12:38

おおうっ!震電!!
「震電と日本海軍の試作機」
なんとひかれるタイトルでありましょう!
震電のあのバックで飛んでいくような斬新なスタイル。
きっとアメリカのパイロットが見たら「オーマイガ!ジーザス!」と言い、スポックが見たら「論理的でない」と一蹴されたでありましょう。
明日は本屋だ、岸川さん(笑)

投稿: ぶいち | 2010.03.11 22:25

>ぶいちさん

>>おおうっ!震電!!

震電、いいですよね。ATOK2005は変換候補に出してくれませんけど。

>>震電のあのバックで飛んでいくような斬新なスタイル。

ジェット推進なら不思議じゃないですが、レシプロ機で押されて飛ぶ様子は斬新。

>>きっとアメリカのパイロットが見たら「オーマイガ!ジーザス!」と言い、スポックが見たら「論理的でない」と一蹴されたでありましょう。

スポックさん、「魅惑的だ」とは言ってくれないんですね(笑)。
そこんとこどうなんでしょうか、岸川さん(片っ端から尋ね過ぎ)

投稿: ANCHOR | 2010.03.12 19:45

>明日は本屋だ、岸川さん(笑)
モデルアートはここ40年、定期購読しています(笑)

さて、お尋ねのキットはユニバーサルモンスターのシリーズで有名な米国オーロラ社が金型を作ったのですが AMT社がSTキット化独占権を主張して 同社に金型移譲され、 スタトレキット第三期発売分として発売されました。

その後、TMP公開時に新制服姿に金型を改造されたのです。

この復刻キットは オーロラ社のコレクターであり メビウスモデルのオーナーである デヴィッド・メッツナー氏が 手持ちのオリジナルキットを型取りして 新たに型を起こした物です。

ですからオリジナルと比較すると 若干 甘く かつ少し縮んでます。

なお、メビウスモデルは AMT/ERTL社のキット販売権を同社を所有するCR2から委託されており、ブランドこそAMT/ERTLですが、販売はメビウスが行っているのです。

というとこで いいすか(笑)?

投稿: 岸川 靖 | 2010.03.15 19:33

>岸川さん

おお、おいでくださいましてありがとうございます。

>>この復刻キットは オーロラ社のコレクターであり メビウスモデルのオーナーである デヴィッド・メッツナー氏が 手持ちのオリジナルキットを型取りして 新たに型を起こした物です。

なるほど。今回のキットは現物からの複製なんですね。

>>ですからオリジナルと比較すると 若干 甘く かつ少し縮んでます。

となると、これはもう見事なまでのコレクターズアイテムですなあ。
しかしオリジナルをお持ちの方は、無理して買われる必要はない……あるいは、モデラーの方はむしろ買い求めてこっちを作ったほうがいいのかな(笑)。

>>なお、メビウスモデルは AMT/ERTL社のキット販売権を同社を所有するCR2から委託されており、ブランドこそAMT/ERTLですが、販売はメビウスが行っているのです。

一見複雑ですが、流通経路をまとめて効率を求めたほうがいいのかもしれないですね。
それだけどの業界も弱っているのかなあ、とも思いますが。

>>というとこで いいすか(笑)?

はい、おかげさまですっきりしました。今晩からぐっすり眠れそうです。
お呼びだてしてすみませんでした(笑)

投稿: ANCHOR | 2010.03.16 01:57

>オリジナルをお持ちの方は、無理して買われる必要はない……

わたしの場合

オーロラ版発売前のテストショット(成形色違い)。

初版(初版しかないけど)

英国版(箱が違う)

を所有しているので 今回の再版も2種類買いましたよ ええ。

ちなみに他のスタトレキットも同じように積んであります。

>それだけどの業界も弱っているのかなあ、とも思いますが。

昨年 日本のプラモ50周年でしたが 100周年は無いと思います。

模型店見つけたら教えて下さい。

>お呼びだてしてすみませんでした
いいえ。
分からない話題だったらどうしようと思いました(笑)

今度からは私信にしてくださいね。
今回は某氏からメールが来て「呼ばれてます」と呼び出されました(笑)。

投稿: 岸川 靖 | 2010.03.16 13:19

岸川さんキター!

投稿: quark | 2010.03.16 22:58

>岸川さん

>>を所有しているので 今回の再版も2種類買いましたよ ええ。

コンプリート(笑)。さすがです。
わたしは初版ひとつだけです。

>>ちなみに他のスタトレキットも同じように積んであります。

今さら売れるかどうか微妙ですが、同シリーズのシャトルやブリッジはパッケージを替えて再販されていたのに、「エクスプロレーション・セット」は一向に姿を見せず、シーンとしているのが寂しい限りです。

>>昨年 日本のプラモ50周年でしたが 100周年は無いと思います。
>>模型店見つけたら教えて下さい。

100周年、ないですか。模型店も滅多に見かけないですね。それらしい店に入ってみると主力はガンプラとラジコン。
大手メーカーが1/350でフルハルの艦船を張り切って出してらっしゃいますが、赤色巨星のような危うさを感じます。

>>分からない話題だったらどうしようと思いました(笑)

岸川さんしか明快に説明できない話題じゃないかと思いまして(笑)。

>>今回は某氏からメールが来て「呼ばれてます」と呼び出されました(笑)。

すみません、お手数をおかけしました。
メールでお知らせくださった方、どうもありがとうございました。
次回より私信でお尋ね差し上げます(笑)。


>quarkさん

>>岸川さんキター!

お陰でワカッター!

投稿: ANCHOR | 2010.03.17 23:08

すごいです!本当にいらしてますね。岸川さん。
(親しげにすみません)

男の子?の話題にはついていけなかったのですが、オチがおもしろくて読んでおりました。

いやぁ、ネットって怖いですね。(笑)

投稿: イメカ | 2010.03.18 01:17

>イメカさん

>>すごいです!本当にいらしてますね。岸川さん。
>>(親しげにすみません)

ありがたいことでした。

>>男の子?の話題にはついていけなかったのですが、オチがおもしろくて読んでおりました。

呼び過ぎ(笑)。

>>いやぁ、ネットって怖いですね。(笑)

ビバ、ネット!(笑)

投稿: ANCHOR | 2010.03.18 23:38

そういえば「まんが宇宙大作戦」者は必携のキットが再版されました。

マット・ジェフリーズがTAS用にデザインし、模型化進行中だったのに打ちきりで未登場の宇宙船のキットです。
是非

http://www.platz-hobby.com/products/1989.html

投稿: 岸川 靖 | 2010.03.21 13:09

>岸川さん

急にカンボジアへ行っていてお返事遅くなりました。すみません。

>>マット・ジェフリーズがTAS用にデザインし、模型化進行中だったのに打ちきりで未登場の宇宙船のキットです。

こ、これは……。STキットのパッケージ横に箱絵が描かれているものの、まったく見覚えがなくて小首を傾げるばかりだった「U.F.O.」。

TASに出てくる予定の宇宙船だったんですね。今初めて知り、自分の不明を恥じながら即発注を決めました。とりあえず、2個(笑)。

投稿: ANCHOR | 2010.03.25 19:07

まれにしか来ませんので、このような過去のネタに食いつきます。

光線銃といえば、フォトンというのがその昔、南町田にあったといいます。若いころの私はプレイしてみたいと思っていたもののかなわず閉鎖となってしまいました。


>レシプロ機で押されて飛ぶ様子は斬新。
そうはおっしゃいますが、実はライトフライヤーから続く由緒正しい形式ですよ。

投稿: あいざわひろし | 2010.05.03 09:56

>あいざわひろしさん

>>まれにしか来ませんので、このような過去のネタに食いつきます。

いつでも、いつのネタにでもコメント歓迎です。

>>光線銃といえば、フォトンというのがその昔、南町田にあったといいます。若いころの私はプレイしてみたいと思っていたもののかなわず閉鎖となってしまいました。

検索してみたところ、熱心なファンのみなさんの記録がそこかしこに残っていました。閉鎖後にはボルティモアの同施設まで遠征してらっしゃる方々もいらっしゃったようですね。

この手の対戦施設、ずいぶん昔に一度入ったことがあります。どこでなんというものに入ったのか覚えてないのですが、南町田のフォトンでないことだけは確か。フォトンファンの記録によれば、フォトン後の類似施設には物足りなさを感じたとのことで、そう言われると、全盛期のフォトンを体験してみたかったような気もします。

>>そうはおっしゃいますが、実はライトフライヤーから続く由緒正しい形式ですよ。

そうか! ライトフライヤー、後ろから押してます。気が付きませんでした。

投稿: ANCHOR | 2010.05.06 00:15

ふと思い立って英辞郎 on the WEBで phaser をしらべると・・・

phaser
【名】
フェイザー銃◆SF作品やビデオゲームで用いられる光線銃の一種。
表現パターンphaser (gun)

投稿: あいざわひろし | 2010.06.17 00:08

>あいざわひろしさん

>>ふと思い立って英辞郎 on the WEBで phaser をしらべると・・・

さすが英辞郎、きっちり掲載されていますなあ。

しかしこれ、普通名詞扱いなんですね。
「フェイザー」ってST以前から使われていた名称なんでしょうか。
初期のハヤカワ文庫ではわざわざ「位相光線銃」と訳していたくらいですから、特有のものかと思ってました。

投稿: ANCHOR | 2010.06.17 18:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6416/47767127

この記事へのトラックバック一覧です: 光線銃で戦闘中:

« 微妙なPOP | トップページ | 洋酒屋の特選 »