« "watakushi-wa anata-wo ai shimasu" | トップページ | すっとんきょ○ »

2010.02.19

信じる奴が正義(Justice)

夢を見続けることが 店のファンタジー

20100219

|

« "watakushi-wa anata-wo ai shimasu" | トップページ | すっとんきょ○ »

コメント

「明治(パッケージのBLACKの文字が)ホワイト(色で書かれてます)チョコレート」…かな?

投稿: ひろすけ | 2010.02.20 13:42

こ、これはΣ( ̄ロ ̄lll)
「包み紙が黒で中身が白」の逃亡者!

「包み紙が白で中身が黒」だと追跡者だそうです(* ̄・ ̄*)…

長寿と繁栄を・・・( ̄Д ̄)v

投稿: とら | 2010.02.20 21:35

昨日アバター見に行って食べてみました、明治ブラック。
やっぱりホワイトじゃありませんでした。

ちなみに彼等は緑色でした。

エンドロールでゾーイ・サルダナが出てることを知ってびっくりでした。
スタートレックでは緑色の友人がいたのに、今度は彼女が緑色(笑)

投稿: ぶいち | 2010.02.21 13:55

>ひろすけさん

>>「明治(パッケージのBLACKの文字が)ホワイト(色で書かれてます)チョコレート」…かな?

ふ、深い(笑)。
敢えてパッケージの文字色を商品名に据えるメーカーの姿勢がすばらしいです(笑)。


>とらさん

>>「包み紙が黒で中身が白」の逃亡者!
>>「包み紙が白で中身が黒」だと追跡者だそうです(* ̄・ ̄*)…

なんとそんな読み解きが!
ふと、惑星セロンのみなさんを思い出してしまいました(ちょっと違いますけど)。


>ぶいちさん

>>昨日アバター見に行って食べてみました、明治ブラック。
>>やっぱりホワイトじゃありませんでした。

中身がホワイトならまだ納得でしたのになあ。

>>エンドロールでゾーイ・サルダナが出てることを知ってびっくりでした。

ヒロインがそうなんですって? わたしはまだ本編を観てないのですが、何かでメイキングを読んで知りました。

>>スタートレックでは緑色の友人がいたのに、今度は彼女が緑色(笑)

緑は天下の回り物(笑)。

投稿: ANCHOR | 2010.02.21 21:58

アバター、けっこうオススメです。
ぜひ3Dで。
できればIMAXで。
スタートレックも次作は3D希望。

投稿: ぶいち | 2010.02.22 21:51

>ぶいちさん

オススメですか。
決めました。明日(火曜日)行きます。
いざ、IMAXへ!

投稿: ANCHOR | 2010.02.23 00:20

アバターどうでした?
ひょろっとした青緑の女の子が途中から可愛く見えてくるから不思議(笑)
これがホントのアバターもえくぼ・・・

ところで!
映画「誰かが私にキスをした」
堀北真希
松山ケンイチ
手越祐也
アントン・イェルチン

チェコフ!なにやってるんすか!
ロシア訛りでやるんすか?(笑)

投稿: ぶいち | 2010.02.25 21:30

>ぶいちさん

観ましたよ、アバター!
109シネマズ川崎のシアター7、IMAXにて!

あのですね、話の筋は逆西部劇で散りばめられたSF的なネタはアレとアレとアレですかみたいで新鮮さはないんですけど、とにかく3D映像がきれい(笑)。

上映前の注意事項やらコマーシャルも3Dっぽい処理がされていたんですが、これがひどい(笑)。昭和かっ、とツッコミたくなる立体もどきっぷりに、この調子で「IMAXでござい」なんて言われた日には……と警戒を高めておりましたが、すべて杞憂。

本気を出したIMAXはかなりの実力者でした。ご忠告どおりIMAXで観てよかった。

本編前に『Alice in Wonderland』の予告が流れまして、その後『アバター』を観て思ったんですが、前者の3D表現が従来どおりの“前へ前へ”と出てきて観客をのけぞらせようとするびっくり系であるのに対し、後者のそれは、滅多に前へ出てこようとはせず、むしろ“奥へ奥へ”と引っ込んでいって奥行き感を出そうとしているようでしたね。それが、あのナントカという星(覚えとけよ)の景色をリアルに見せるのにうまく機能していたんじゃないかと思います。

>>ひょろっとした青緑の女の子が途中から可愛く見えてくるから不思議(笑)
>>これがホントのアバターもえくぼ・・・

海兵隊員の恋は盲目(笑)。
ゾーイさん、そう思って観ていたら、なるほどあの声はゾーイさんでしたなあ。

ゾーイさんは、一度リンクしたら一生仕え続けるというナントカという飛びトカゲみたいなやつ(覚えとけよ)がお亡くなりになってさめざめ泣きはらしてらっしゃいましたが、わたしは主人公のナントカさん(覚えとけよ)がナントカいう赤くて通常の3倍でかいやつ(全然覚えてないやん)に選ばれて乗り換えたあと、主人公に利用され乗り捨てられた哀れな飛びトカゲは仕えるべき相手を失ったあとの激戦をどう乗り越えていったのか、その後どうなってどこへ行ってしまったのか、気になって気になってクライマックスの流れに没頭できませんでした(笑)。

>>ところで!
>>映画「誰かが私にキスをした」
>>(中略)
>>アントン・イェルチン

……はい!?

>>チェコフ!なにやってるんすか!
>>ロシア訛りでやるんすか?(笑)

堀北相手にロシア自慢すか!(笑)

投稿: ANCHOR | 2010.02.26 12:07

IMAXは映写機2台で3D映像作ってるんで明るくてコントラストもいいんですよね。
みたいなぁIMAX。

全然覚えられなくても大丈夫。
言いたいことは分かりました。
ワタシも全然憶えてないんで、かえって固有名詞を使われるとさっぱり(笑)

主人公のナントカさんは、アバター出演前は車中生活してた俳優さんらしく、キャメロンの目にとまり・・・てなことをネットニュースで見ましたよ。
アメリカンドリームってすごいなぁと・・・

投稿: ぶいち | 2010.02.27 19:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6416/47612503

この記事へのトラックバック一覧です: 信じる奴が正義(Justice):

« "watakushi-wa anata-wo ai shimasu" | トップページ | すっとんきょ○ »