« 戦慄のスクリプター #02 シートベルトがくるくるり | トップページ | タイムショック »

2009.11.28

115円で買う、スポックの通信機

苦節2ヵ月!(短いよ)

iPhoneとiPod touchのアプリ『Kirk's Communicator』を買い逃して男泣きに泣いた(泣くなよ)あの日の無念を晴らすときが来た。
※リンクをクリックするとiTunesに飛びますが、買えません

Spock's Communicator』の登場だ。

今度は買える。今なら買える。

欲しい人なら安い、欲しくない人には缶コーヒーのほうがマシに思える115円。

さあ、こちらからどうぞ。

Spock's Communicator
※リンクをクリックするとiTunesに飛びます

“スポックの通信機”と銘打たれているが、おそらくTOS第1シーズン「タロス星の幻怪人 The Menagerie」前後編のうち、パイロットフィルム「The Cage」流用部分で使われているコミュニケーターのデザインを踏襲しているようだ。


20091129a


劇中のように手首を返すと、音を発しながらフリップが開く。逆の動作でフリップが閉じる。

ただのジョークアプリかと思ったら、それだけではなかった。

いやいや、「もしもし? わたしスポック」「バルカンピーンチッ!」「また通信してね」といったようなランダム音声を発する機能は、ない。

こいつには実用性があるのだ。

フリップが開いたら、連絡先から取得された連絡先リストが表示されている。リストの名前をタップすると電話番号が表示され、電話をかけられる。


20091129b
 右端の BUZZ をタップすると開閉音が鳴る

電話番号を複数登録してある人の場合は、名前をタップしてからかけたい番号を選ぶ。


20091129c
 連絡先リストに戻りたいときは真ん中の STARFLEET MEMBERS をタップ


電話をかけてしまうとコントロールが電話アプリに移るので、通話後にフリップを閉じて通信を終了し、ひとり悦に入る――ということはできない。ちょっと残念だが、シングルタスクであるiPhoneの仕様だろうから仕方がない。

フリップを開いたとき、わりと大きな文字の日本語で名前が並んでいるのも、やや興醒めな点ではある。今後アップデートされるなら、開いたときにはコミュニケーターの画像が表示され、スクリーンのどこかをタッチしたら連絡先リストが表示されるようにしてもらえると、もっと雰囲気が出ると思う。

それでも、STファンとしては、わざわざこれを起動してから電話をかけたくなるアプリ。

Kirk's Communicator』は劇中の動作と音をシミュレートするアプリだったが、こちらは通話メインなのがミソ。当然ながらiPhone専用なのでiPod touchユーザの方、ごめんなさい。

|

« 戦慄のスクリプター #02 シートベルトがくるくるり | トップページ | タイムショック »

コメント

iphone、買わなきゃかなぁ・・・・
( ̄Д ̄;;

投稿: イメカ | 2009.11.28 02:55

touch 使いだけど買った!

投稿: quark | 2009.11.28 19:10

評価欄の某Z氏のコメントにひかれて落としましたよ。
実用に使えるけど、ホンマに実用的か?と問われれば二の句を飲んでしまいますが、ネタとしてはこういうの好きです。(笑)
某Z氏に電話をする時はこのアプリでかけますね。

投稿: snow white | 2009.11.29 16:55

>イメカさん

>>iphone、買わなきゃかなぁ・・・・

キラーアプリでありますなあ。


>quarkさん

>>touch 使いだけど買った!

決意! 闘い!


>snow whiteさん

>>評価欄の某Z氏のコメントにひかれて落としましたよ。

もう反映されたんですか。早い。

>>実用に使えるけど、ホンマに実用的か?と問われれば二の句を飲んでしまいますが、ネタとしてはこういうの好きです。(笑)

落ち着いて考えたらこの機械を電話としては使ってないのに、思わず使ってしまいそうになります(笑)。

>>某Z氏に電話をする時はこのアプリでかけますね。

はい、ぜひ音量最大でフリップ音を響かせながら。

投稿: ANCHOR | 2009.11.30 00:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 115円で買う、スポックの通信機:

« 戦慄のスクリプター #02 シートベルトがくるくるり | トップページ | タイムショック »