« 戦慄のスクリプター #00 予告編 | トップページ | 産地明記 »

2009.11.12

戦慄のスクリプター #01 振り向いたクルー

信じられない観測データを示す謎の現象に直面したUSSケルヴィン。そのブリッジに颯爽と現われたロバウ船長が、船長席に腰を下ろすシーン。


20091112a


ロバウさんから見て左後方にある通信士の席には、青い服(コマンド系なのだろう)のクルーが座っている。

後頭部がぽっこりした特徴のあるうしろ姿だ。

空間の歪みから姿を現わす、とげとげの構造物を持った変な船。思わず「なんだ?」とつぶやくロバウさん。


20091112b


この台詞に合わせて、ぽっこり後頭部の青服がスクリーンのほうへ顔を向けようとする。振り向かないうちに画面が切り替わり、穴から徐々に出てくる変な船が映し出される。

このあと、問答無用で魚雷を撃たれ、いきなり息も絶え絶えになるUSSケルヴィン。

報告の声が飛び交うブリッジ。

2度目の魚雷を喰らってシールドが37%まで下がったという報告を受けたロバウさんが、通信席を振り返りながら脱出の用意を指示したそのとき……

驚きの表情でスクリーンに目が釘付けの通信士。


20091112c


誰?

こっちが驚くわ

ちなみに、最初のふたつの画像ではまだ非常警報が発令されておらずブリッジの照明は正常。この画像では赤い照明に変わっているので、ロバウさんの青い制服は赤く見える。

ひょっとしたらこの方の制服も色が変わって見えているだけかも……。

ひょっとしたらこの方の後頭部はぽっこりしているのかも……。

しかし、船長を拝命してブリッジに戻ってきたジョージ・カークが船長席に座ったとき、淡い期待は打ち破られた。


20091112d


少なくとも青い服じゃない……。

顔の角度から判断すれば、後頭部もぽっこりしてない……。


ぽっこりさん、どこ行った!?

こんな頭した人、どこ!


こんな頭
20091112f


ちなみに、この一件で伝説となったらしいケルヴィンのブリッジは、ほぼ同じデザインで(メインスクリーン上あたりのパイプの有無が違う)、コバヤシマルに受け継がれている。もう少し平たく言うと、うまいこと使い回されている。


20091112e


ウフーラはぽっこりさんの、マッコイはジョージさんの席にそれぞれ座っていた。

戦慄のスクリプター #01 振り向いたクルー
 超現象度★★☆
 わかりやすい度★☆☆

※ 低:★☆☆<★★☆<★★★:高

|

« 戦慄のスクリプター #00 予告編 | トップページ | 産地明記 »

コメント

おお、さっそくJJ版STの戦慄のスクリプターですね、待ってました。(笑)

それにしてもUSSケルヴィンのこの場面て、冒頭も冒頭ですやん。
ここから既にやってもうてるスクリプターって。
まさしく、先が思いやられますなぁ(まあ、実際思いやられてるわけですが)。

たぶん、後頭部ぽっこりさんは、最初の魚雷がはなたれた辺りで勤務時間終了だったのでしょう。
まさに、公務員並の定時退社(退席?)なのかも知れません。
スターフリート、意外に勤めやすい職場なのか?(笑)

投稿: snow white | 2009.11.12 21:21

最初の画像が、、、ハナタレにみえてしまう。。。。。sweat01

投稿: イメカ | 2009.11.13 00:49

実は私も先の文の『魚雷が…』の後の部分を
敢えてひらがなにして、
その点を暗に突っ込んで見ました。(笑)

投稿: snow white | 2009.11.13 08:31

>snow whiteさん

>>それにしてもUSSケルヴィンのこの場面て、冒頭も冒頭ですやん。

さすがにのっけからやらかさんやろ、と思ってまだ観客が油断している隙にズバッと。

>>たぶん、後頭部ぽっこりさんは、最初の魚雷がはなたれた辺りで勤務時間終了だったのでしょう。

非常警報の出ていないうちに「じゃ、みなさんお先に」と(笑)。

>>スターフリート、意外に勤めやすい職場なのか?(笑)

勤務シフトを何よりも優先する組織なのでしょうか(笑)。


>イメカさん

>>最初の画像が、、、ハナタレにみえてしまう。。。。。

……見えますね(笑)。タレてますね……。
ああっ、袖で拭いちゃダメです船長。


>再びsnow whiteさん

>>敢えてひらがなにして、

難易度高っ!

魚雷まで洟タレているように思えてきました。

投稿: ANCHOR | 2009.11.13 12:19

おお!最初の47分ならSPA!のDVDで確認できるぞ!

投稿: quark | 2009.11.14 00:22

>quarkさん

はい、SPA!版だけでも充分楽しめますよ!

ていうか、持ってらっしゃるんじゃないんですかフルサイズ。

投稿: ANCHOR | 2009.11.14 00:49

そらあれですよ。

オドーこっそり登場(笑)

もしくは、

こんなところにQ登場(笑)

どちらのお方も自由自在な方ですから・・・

投稿: ぶいち | 2009.11.18 22:24

>ぶいちさん

>>オドーこっそり登場(笑)
>>こんなところにQ登場(笑)

まさかの反則技(笑)。しかも使いどころが渋すぎます(笑)。

投稿: ANCHOR | 2009.11.20 01:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6416/46693572

この記事へのトラックバック一覧です: 戦慄のスクリプター #01 振り向いたクルー:

« 戦慄のスクリプター #00 予告編 | トップページ | 産地明記 »