« 惑星連邦宇宙艦隊の標準輸送船 | トップページ | お買い忘れはありませんか? »

2009.10.13

セミドロ現る

かつてリトラクタブルライト、フォグランプやフラッシャーなどを装備したギミック満載の自転車が、少年たちのハートを鷲掴みにしていた時代があった。

落ち着いて考えればまるで無駄でただ重たくなるだけなのに、あまりにもスペシャルでゴージャスな感じがツボにはまったのか、めちゃめちゃに流行った。

そのスペシャルさをより一層演出するため、そして子供用に造られた凡百の自転車とは一線を画する存在であることを誇示するため、特別に与えられたのが、セミドロップハンドル、略称セミドロと呼ばれるハンドルだった。

大雑把に言えば、アップハンドルを上下ひっくり返して装着したもので、持ち手の位置がステムの頂点よりも下になる(フレームのトップチューブと同じか下になることが多い)という代物だ。

本家ドロップハンドルは、走行姿勢や状況に応じて持つところを変えることで、より楽に長く乗る、あるいは力を込めて早く漕ぐことができるように設計されている。各ポジションで前後のブレーキを操作することも可能で、実にいろいろと理に適ったパーツなのだが、PTA的にはぐにゃりと曲がりくねる妙なハンドルは悪であり、危険であると断定されていた。

無知とは怖ろしいものだ。それでもPTA様は自称正義であると同時に財布の紐を握る実力者なので、敵に回してまでドロップハンドルを装着しても勝ち目はない。とはいえ高性能フラッシャーにアップハンドルでは画竜点睛を欠く。妥協と葛藤がセミドロを産んだ。

学校によっては、とにかく下に向かって曲がっているハンドルは許すまじ、と方針を掲げていたので、「ひっくり返せばホラ元どおりアップハンドルなんですよ」とアピールできるセミドロは、かっちょいいカタログで少年たちを釣りながら、大人の事情に合わせた運用もできるという点で優れていた。

結果として多くの少年たちは泣く泣くセミドロをひっくり返して通学することになった。そして気付くのだ、自転車のハンドルとしての性能はセミドロよりアップのほうが格段に上であることを。ブレーキレバーを操作しようとすればポジションが中途半端な前傾姿勢ただひとつに限られ、うっかりするとバーエンドが膝に当たり、ちょっと身体を起こして楽に乗ろうとするとブレーキ操作を諦めざるを得ないセミドロは、PTAの攻撃を受けるまでもなくイマイチなのであった。

見た目だけで中身のない、時代の徒花のようなハンドル。その後豪華装備とともに急速に廃れ、長きにわたり見ることはなかった。

が、しかし。

とあるこじゃれたブティックの一角に飾られた自転車が……


20091013


セミドロ!


復権を果たしているのか?

ハンドルバーの開き具合から見て、正確には当時のセミドロップハンドルではなく、アップハンドルを上下逆さまにしているようだ。人の好みはさまざまとはいえ、道具としては見た目優先の改悪だ。

この店の服のデザインも見た目優先なのかなーと思い、足早に売り場を去ったのであった。

|

« 惑星連邦宇宙艦隊の標準輸送船 | トップページ | お買い忘れはありませんか? »

コメント

せみどろ・・・。力も入らず、腰も痛くなりそうな角度ですよね。おしゃれ自転車雑誌の、おしゃれカスタムパーツ紹介とかで、最近見かけるような・・・。僕は、一文字も結構乗りにくかったですね。最近は、ブルホーンがカッコよく見え始めました~。

投稿: Ka | 2009.10.14 23:35

>Kaさん

>>せみどろ・・・。力も入らず、腰も痛くなりそうな角度ですよね。

長い距離を乗れば乗るほど自分との闘いになりそうです。

>>おしゃれ自転車雑誌の、おしゃれカスタムパーツ紹介とかで、最近見かけるような・・・。

おお、やはり現代のセミドロはおしゃれ系のおしゃれ式でおしゃれ風なんですかなあ。

>>僕は、一文字も結構乗りにくかったですね。

一文字はグリップが鉄棒を握るみたいな感じになるので、違和感ありますね。うちにある一台が一文字なのですが、今だに慣れません。

>>最近は、ブルホーンがカッコよく見え始めました~。

ブルホーン、いいですね。小径車に似合いそうです。

投稿: ANCHOR | 2009.10.15 13:01

セミドロを調べていたら辿りつきました。

いや~懐かしいですね。
私は、小学校ではママチャリ、中学校では軽快車(これ以外禁止だった)、高校ではドロップハンドル仕様のスポルティーフをアップハンドルに変えられたものに乗っていましたので、セミドロには乗った事がありません。

周辺地域の中学校ではセミドロOKだったようですが、例外なく上下ひっくり返して「アップハンドル風」にしていました。

投稿: ぽんすけ | 2011.08.22 09:12

>ぽんすけさん、ようこそいらっしゃいませ

>>いや~懐かしいですね。

いやあ、本当に懐かしいですなあ、セミドロという響きもその時代も。

>>私は、小学校ではママチャリ、中学校では軽快車(これ以外禁止だった)、高校ではドロップハンドル仕様のスポルティーフをアップハンドルに変えられたものに乗っていましたので、セミドロには乗った事がありません。

おお、実によく似た歴史です。
小学生のときは母親のよくわからないミニサイクル、中学は黒くてごつい実用車(父親にそれ以外は買ってやらんと言われました(笑))、高校でも引き続き実用車に乗っていましたが、3年生からはこつこつ貯めた小遣いで買ったスポルティフ(ナショナルのLA SCORSA ヌーボ)に乗りました(学校からはアップハンドルへの変更は要求されませんでした)。
やっぱりセミドロを所有したことはなく、小学生の頃、友人の超フラッシャー仕様に乗せてもらって「なにこれ乗りにくっ!」と思ったのが最後です。

>>周辺地域の中学校ではセミドロOKだったようですが、例外なく上下ひっくり返して「アップハンドル風」にしていました。

アップハンドル風への変更は自転車屋さんの自主規制だったのか、そっちのほうが多少でも乗りやすいからなのか、いずれにしても不思議なブームだったなあ、と思います。

投稿: ANCHOR | 2011.08.22 18:05

また来ました。

周辺中学の自転車について。
当時、地元ではなく隣町の塾に通っていましたが、周囲の男子は全員セミドロでした。

上下さかさまのセミドロ、トップチューブには自動車のATセレクタ風のシフトレバー、前輪は油圧ディスクブレーキと、豪華装備の自転車たちがうらやましかったものです。

それ以上に、私の中学校では禁止だった「変速式」をみんなが乗っていることが驚きでもあり、私も「高校へ進んだら変速式に乗りたい」と切に願っていました。

悲願叶い、高校では12段変速の自転車に乗りました。
ただ、販売店の都合なのか大多数の希望なのか、事前に見せられたカタログではドロップハンドルだったのに、いざ納車されるとアップハンドルに換装されていました。

これについては、2年の時に一時期だけですがドロップハンドルに付け替えて乗っていました。

あれから30年近く過ぎ、今の高校生にとってセミドロは死語の感があります。

但し、今も昔も変わらないこととして(田舎だけだと思いますが)、アップハンドルの角度を前に倒したものが多く、高校生の不思議な美学に感心(?)します。

投稿: ぽんすけ | 2011.08.22 22:11

>ぽんすけさん

お隣の町はセミドロOKな風土だったんですね。

>>トップチューブには自動車のATセレクタ風のシフトレバー、前輪は油圧ディスクブレーキと、豪華装備の自転車たちがうらやましかったものです。

この豪華装備てんこ盛りはうらやましいですなあ。ディスクブレーキとか、子供の自転車に奢り過ぎな本格装備(笑)。

>>悲願叶い、高校では12段変速の自転車に乗りました。

おお! よかったです。前2段、うしろ6段でしょうか。初めて変速機を使ったときはその踏み込む感触の変化に感動しました。

>>ただ、販売店の都合なのか大多数の希望なのか、事前に見せられたカタログではドロップハンドルだったのに、いざ納車されるとアップハンドルに換装されていました。

なんと! 事前通告なしの換装とは地域の暗黙の圧力恐るべし。

>>これについては、2年の時に一時期だけですがドロップハンドルに付け替えて乗っていました。

せっかくオリジナルに戻せたのに、またアップハンドルにされてしまったんですか。キビシイですなあ。

>>あれから30年近く過ぎ、今の高校生にとってセミドロは死語の感があります。

セミドロと聞いて何を思い浮かべるんでしょうなあ。

>>但し、今も昔も変わらないこととして(田舎だけだと思いますが)、アップハンドルの角度を前に倒したものが多く、高校生の不思議な美学に感心(?)します。

うちの近所でもそのアレンジで颯爽と走ってらっしゃる方々を見かけます(笑)。あれは道具としては明らかに改悪ですが、一定の層のみなさんにはかっこよいと認識される姿なのでしょうなあ。

そしてそれと同じような様子のハンドルをインドだったかカンボジアだったかの町角で見かけて写真を撮ったはず、と思って昨日からHDDの中を探し回っているのですが、見付けられず無念であります。

投稿: ANCHOR | 2011.08.24 19:47

またまた来ました。

>お隣の町はセミドロOK

中学校が通学自転車の条件を決めるようで、うちの場合「ミッション付きは危険だからダメ」という見解が出されていました。変速時に、ハンドルから手を離す事を危険とみなされたようです。

結局、男女とも「バックミラー付きの軽快車」しか認められていませんでした。

>前2段、うしろ6段でしょうか。

そうです。

買う店にもよりましたが、周囲では「前3段、うしろ6段」を選ぶ連中が多かったようです。
ついでに、今もあるのかどうか、ペダル側が「楕円ギア」になっているものもありました。

>せっかくオリジナルに戻せたのに、またアップハンドルに

これについては、自分で決断しました。
ドロップハンドルに換装してもらった時、純正のハンドルではなかったのか、店いわく「ハンドルが入らなかったからステムを削った」そうで、よく見りゃ左右の取り付け角度がずれていました。ブレーキレバーも、左右で取りつけ角度が合っていないし・・・

さらに、ハンドルに巻かれたテープが所謂テーピングのような白い綿製だったので、乗れば乗るほど垢で汚れてしまい、そこまでしてドロップハンドルにこだわっていなかった事に気付いたのでした。

>一定の層のみなさんにはかっこよいと認識される姿

今は都市部に住んでいるのですが、こういう自転車の高校生はめったに見ません。

逆に、生まれ育った土地では「男子の殆ど」が、そういうスタイルです。

知人いわく「今時こんな自転車に乗る高校生がいるのか」「天然記念物だ」と、驚いていました。

投稿: ぽんすけ | 2011.08.27 08:29

>ぽんすけさん

>>変速時に、ハンドルから手を離す事を危険とみなされたようです。

なるほど。そうすると、昨今主流のグリップ回転式が当時存在していたら、許可されたのかもしれませんね。あるいは現在はもう「変速機不可」は解除されているのかも。

>>結局、男女とも「バックミラー付きの軽快車」しか認められていませんでした。

バックミラーはあればあったで便利だと思います。
ドロップハンドルのグリップエンドに装着するバックミラーがありましたが、あれを装備して、ギアを前後固定に換装したダイヤモンドフレームのロードレーサーだと、今度はどこに禁止条件が付くのでしょうなあ。はっ、泥除けの有無か!?

>>買う店にもよりましたが、周囲では「前3段、うしろ6段」を選ぶ連中が多かったようです。

おお、前3段はフロントディレーラーの調整が難しそうです。

>>ついでに、今もあるのかどうか、ペダル側が「楕円ギア」になっているものもありました。

まだあるみたいですよ。乗ったことはありませんが、速さを求める方には有利なパーツだと伺います。チェーンが外れやすかったりしないんでしょうか。よくわかりません。

>>店いわく「ハンドルが入らなかったからステムを削った」そうで、よく見りゃ左右の取り付け角度がずれていました。ブレーキレバーも、左右で取りつけ角度が合っていないし・・・

なんということでしょう。
それはちょっとぞんざいな工作ではないでしょうか、お店の匠(^^;)。

>>さらに、ハンドルに巻かれたテープが所謂テーピングのような白い綿製だったので、乗れば乗るほど垢で汚れてしまい、そこまでしてドロップハンドルにこだわっていなかった事に気付いたのでした。

そういえばわたしのハンドルに巻かれていたのも白かったので、やがて黒ずんで哀しい様子になっておりました。

>>知人いわく「今時こんな自転車に乗る高校生がいるのか」「天然記念物だ」と、驚いていました。

天然記念物だからと総力を挙げて保護すると一般社会を脅かすほど増殖したりするので、遠くからやんわりと見守って参りたいと思います。

投稿: ANCHOR | 2011.08.29 20:15

ご無沙汰です。

>現在はもう「変速機不可」は解除されているのかも。

この春、私が卒業した中学校に甥が入学しました。
通学自転車は、ハンドルを捻って変速する「内装式」が許可されているようです。

変速が外から見えるタイプのものは、今も許可されてなさそうです。

昔よりは緩和されたとはいえ、「変速機禁止」の路線を完全撤廃したわけでもなさそうですね。


>ぞんざいな工作

これには「やられた」と思いました。


>遠くからやんわりと

昔は、アップハンドルを前に倒した上、グリップを「さらに内側に折り曲げる」無茶な輩もいましたが、思うにオートバイのハンドル(しかも暴走族仕様)を真似ていたようです。

囃し立てると増長するのが彼らの習性なので、当時から相手にしていません。

投稿: ぽんすけ | 2011.09.03 14:18

>ぽんすけさん

>>この春、私が卒業した中学校に甥が入学しました。

おお、遅まきながら、おめでとうございます。

>>通学自転車は、ハンドルを捻って変速する「内装式」が許可されているようです。
>>変速が外から見えるタイプのものは、今も許可されてなさそうです。

なるほど、「片手をハンドルバーから離すのが危険」という禁止の趣旨に沿えば、一貫して理屈の通った規制のようですね。

>>昔よりは緩和されたとはいえ、「変速機禁止」の路線を完全撤廃したわけでもなさそうですね。

禁止したいのは変速する機能そのものではなくて、やはりハンドル周りにからむ諸事なんでしょうかなあ。

>>これには「やられた」と思いました。

がっくりですよね。
しばらく寝かせていたラ・スコルサを社会人になってから修理に出したことがあります。輪行時に前後のブレーキワイヤーを外しやすいようにと、オリジナルではブレーキレバーのワイヤー取り付け部がクイックレリーズになっていたのですが、店のおっちゃん曰く、この手のレバーはもう手に入らないので、普通の(クイックレリーズが付いてない)やつを付けといたから! いいよね! と引き渡し時に通告されたときは、ちょっと遠い目になりました。
それでもバーそのものがずれていたりステムを削られたりしたわけではないので、ぽんすけさんの当時の失望感は計り知れませんなあ。

>>思うにオートバイのハンドル(しかも暴走族仕様)を真似ていたようです。

その族使用のハンドルも超アレンジですからなあ(笑)。自転車よりもさらに操作しにくそう(クラッチがありますし)なんですが、あれを乗りこなすのはある意味曲芸のセンスがあると思います。

投稿: ANCHOR | 2011.09.05 20:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6416/46477095

この記事へのトラックバック一覧です: セミドロ現る:

« 惑星連邦宇宙艦隊の標準輸送船 | トップページ | お買い忘れはありませんか? »