« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009.03.31

吹けば飛ぶよな

通りの向こうに見えた店。


20090331a

中村碁盤店


黄色いオブジェが気になって近づいてみると……


20090331b

王将


……碁盤……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.29

あらあらあらあら まーまーまー

30年ぶりくらいに週刊少年チャンピオンを買った。


20090329a


鴨川つばめによる『マカロニほうれん荘』の描き下ろしポスターが付いているというではないか。たまりませんわん。


20090329b


んー、なんだー。


そうじ……面影もない! その鼻、どうした。


48ページにも直筆イラストが載っている。きんどーさんとトシちゃん以外はきっとそうじなんだろうが、そうじに見えず。

オー! ノーーッ! 何があったんだ、そうじ!

でも、本人が描いているのだからこれでいいのよ、というきんどーさんの台詞が聞こえてきて納得。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.03.28

噂の旭山動物園を見た

札幌駅8時26分発の旭山動物園号で旭川へ。

4分後の8時30分に出る特急にどこかで抜かれて、旭川駅に着くのは16分遅れになる。動物園行きバスも1本遅れの便になるので、お急ぎの方は8時30分発に乗ろう。
(ちなみに、10時30分の開園に間に合う便は札幌駅8時00分発。前日朝の段階で既に満席だった)

列車外装はイラストで飾られ、内装も動物三昧。車内で配布されるポストカードに記念スタンプも押させてくれる。


20090327a


が、車両自体は古く、帰りに乗った特急の設備と比べると乗り心地はイマイチ。わたいのように乗ったらすぐ寝ちゃうダメな大人はスタンプタイムも逃してしまう体たらくなので、猫に小判。札幌駅のホームから気分を盛り上げたいみなさんや元気なちびっ子はぜひ。

朝の札幌は晴れていたが、旭川は雪が舞っていた。動物園に着いたときは軽い吹雪で、正門から100メートルも歩かないうちに体に雪が積もる。午後になって晴れ間が出てきて、帰る頃にはすっかり晴れていた。一日中降り続かなかったのは幸いだ。

さて、動物園の説明は一切省いて、今日見た動物の一部を羅列。


■ペンギン館
えらい近くで4種のペンギンを見られる。


20090327b


イワトビペンギン(左)とフンボルトペンギン(右)


20090327c


いずれも皇帝ペンギンで、左が雛。雛といっても毛が抜けてないだけで、大きさは成鳥とほぼ同じ。

建物の中に入ると、プールの下に通したチューブから、泳ぐペンギンを見上げることができる。


20090327d


画像はジェンツーペンギン。食玩のペンギンズランチを買ったら、ジェンツーばかりひたすらダブった苦い思い出が蘇る。


チューブを抜けると、プールを横から見られる位置に。


20090327e


ノートリミングで、この近さ。


20090327f


パンフレットには3月中旬までと書かれていたペンギンの散歩が、3月末の今日も見られた。14時30分スタートに合わせて、30分くらい前からコースの両脇に見学者が陣取る様は、ネズミーランドのパレードを待つ方々のようだ。


散歩が始まってから出向き、三重、四重に並ぶ人垣の一番後ろにぼんやり佇むわたいの目線からはペンギンたちの姿は見えていない(ペンギンに付き添う飼育員のみなさんの頭さえ見えない)。コンデジを高く掲げて適当にシャッターを押し、右上に写っていたのをトリミング。

20090327g


これが終わるとツアーのみなさんの多くが帰り始めるので、園内はかなり空く。


■アザラシ館
ゴマフアザラシを7頭数えたが、小さくて茶色いやつは違う種類かもしれない。


20090327h


日向ぼっこしている2頭は、近づいてくるほかのアザラシを威嚇して上がってこないようにしている。体を横に回して、自由になる片手で腹を「パンッ」と叩くのが威嚇らしい。制限時間いっぱいの朝青龍か。


20090327i


建物の中はプールの底。「海豹丸」の船尾が見えている。


20090327j


部屋の真ん中を上下に通る透明の筒の中を、たまにアザラシが通っていく。みなさん、それを目当てのみなさんが筒の周りにびっしりと張り付いている。


20090327k


プールもチューブも見える位置に立つと、プール側の底にアザラシが入るのを見て、チューブを下から上に抜けていくタイミングでシャッターチャンスを待つことができる。チューブだけを見ていたら、上から来るアザラシ以外を撮るのは難しい。


■シロクマ館
建物の中に入ると、シロクマが水中を泳ぐ姿を拝める。わたいは2度入ったが、2度とも泳いでいなかった。時の運だ。


20090327l


建物の2階には網やアクリル板を通さず、直接シロクマを見られる場所がある。
かゆいのかなんだかわからないが、あおむけになって背中を雪にこすりつけていた。


20090327m


外にはもう1頭のシロクマが行ったり来たり歩いている。捕食される側のアザラシ気分で海上を覗くという設定で透明のドームから頭を出したときに見かけるのが、ここを歩いているシロクマだ(事前に動きのパターンを覚えておくと見られる可能性が上がる)。


20090327n


ずいぶん高いところの端を歩いている。シロクマのPTAやライオンズクラブは柵を作れとか落ちたのは柵がないからだとか言わないらしい。


ペンギン館、アザラシ館、シロクマ館はツアー客のみなさんが続々と到着する午前中はダダ混みで、入館を待つ列がプチ・ネズミーランド状態だった。13時前後になると一気に人が減って、並ばなくても入れるようになった。


エゾシカ。奈良公園の鹿せんべいは食べないそうだ。


20090327o


キリン。足を滑らせて転ぶと大変なので、この時期は特に気を遣うそうだ。隣にはサイがいた。いずれも昔見た『野生の王国』のイメージでサバンナの動物だと思っていたが、今日のように気温0度の場所にいても平気なのだろうか。


20090327p


カナダから来たというオオカミ。


20090327q


トラ。近すぎる。目がマジ。


20090327r


ほかにも、丹頂鶴、シロフクロウ、レッサーパンダ、アライグマ、クモザル、ニホンザル、ダチョウ、猛禽類(ひとまとめか)などを見た。冬はお休みの方々もいるようなので、夏に行けば別の楽しみがあるだろう。


■旭山動物園
http://www5.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/
 ※JR北海道の旭山動物園アクセス切符を利用。座席指定料金片道510円は別途支払い

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.03.26

北で食べる

ちょうど、本日3月26日にリニューアルオープンしたというラフィラに入ってみた。

HTBではないTV局の方々が生放送と称して地下2階のそこかしこを紹介して歩いていた。

入口では、わたいの知らない歌手の方がミニコンサートをされるらしく、人垣ができていた。

地下1階に入るイトーヨーカ堂では、東京でやっていたWBC優勝おめでとうキャッシュバックなどどこ吹く風で、2000円買ったらガラガラくじを引いてくださいという別口のイベントを行なっていた。

地下へ潜ったついでに、飲食店街にあった魚一心に入って昼ご飯(16時回ってたけど)

回転寿司らしいが、お好みを板前さんに伝えればその場で握ってくれるので、実質回転不要。


20090326g


〆鯖、鯵、中トロ、サーモン(撮影を忘れて1貫食べた)、炙り鯖、〆秋刀魚。


20090326h


活かんぱち、ヅケ鮪、銀鯛、活シマアジ、鮪赤身、ウニ。


20090326i


大トロ、最後の〆にカッパ巻き。

宿に帰ってきたら、18時30分から19時30分まで、カレーを無料サービスしていますのでどうぞと言われ、食べなきゃいいのに食べた。


20090326j


普通においしかった。お腹ぱんぱんで、口に残っていた魚の余韻がインド亜大陸風になった。

ごちそうさまでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

突然札幌

20090326a


天気予報では、今日から土曜日まで曇りのち雪。気温も上がらないようなのでそれなりに覚悟して、先週洗ってタンスに収めていた手袋とウォッチキャップを持参していたが、人が歩くところの雪はきれいに取り除かれていて、体感温度もここ2日の東京と大差なかった。ありがたい。


画像は午後の大通り公園。公園の敷地内にだけ、未処理の雪が残っている。


20090326b


大通公園まで来たら、地下のHTBコーナーに詣でておくのはデフォルト。


20090326c


時間は戻って、朝駅について明日の手配をしたらやることがなくなったので、駅前のヨドバシを覗いてみた。


20090326d


こんなところまで来てヨドバシか。でも、平日の午前中だけあってガラ空き。1フロア1時間、計3時間みっちり見た。

映像と音楽メディア売り場の隅で、売り場とは逆の方向を向いてひっそりと立っていたのは7 of 9。


20090326e


ST劇場版とTOSのブルーレイBOXを宣伝するチラシは、ブルーレイコーナーではなくDVDコーナーに。同じく積まれた他作品のチラシの様子から見て、結構な数が持ち去られているようだ。

書籍売り場には「ロボット・スタートレック関連」という棚まである。かなりのST好きと見たぞ、道民のみなさん。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009.03.24

もう一度奪った

○中国、○韓国、●韓国、○キューバ、●韓国、○キューバ、○韓国、○米国、○韓国と9試合を行なった日本野球が一等賞。


20090324b

イチロー選手(マリナーズ)5-3で韓国を下し

イチローが5点で韓国が3点だったみたいだ。


20090324

大ヒットホームラン

居酒屋のメニューも意味不明。


おめでとう、ニッポン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.22

トロ箱にぴったり

3月21日、鮭とシューアイスを収めたトロ箱を持ち運んだ際に見つけた、もってこいの袋。


20090322


採寸したのかのような収まりっぷり。肩からも提げられて、至便このうえなし。

お届け先に袋ごと置いてきた。ありがとう、今はなきHD DVD規格。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.21

冷凍庫に詰めろ

業務用のシューアイス20個送料込み1000円、という触れ込みに惹かれて、3箱買ってみた。


20090321a


味は、マンゴ&ココナッツ、巨峰、ストロベリー。表示によれば、種別は一応アイスクリームらしい。


20090321b


朝9時に届いた箱を開けたらこんな様子。うーん、いやな予感がする。


20090321c


予感的中。満杯だ。

もうどれがストロベリーだか巨峰だか、わからない。

下に座って、転がり落ちてくるのを頭で受けたら、カーク船長のできあがりだ。


20090321d

入り切らなかったシューは、仕方がないので朝ご飯としていただく。腹が冷える。なんか気持ち悪い。ごちそうさま。ごめんなさい。


今日の夕方行なわれる集いに持って行くつもりだったが、片道1時間も溶かさずに運ぶのは難しそうだ。だからといって、このまま冷凍庫を占拠させておくわけにもいかない。どろどろになるのを承知で無理矢理運ぶか。

そこに別の荷物が届いた。

大きな保冷箱に入った……


20090321e


鮭の半身(1kgちょい)


20090321f


この箱に詰めて持って行こう。そうだそうだそうしよう。

主催者は甘いものを口にされない方だが(アカンやん)、鮭と酒も持って行くし、まあいいか。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009.03.20

揚げたり跳ねたり喰らったり

昨年末に仕事先の人と、大阪の串カツをちょっとハイカラにしたところへ行こうという話の流れから流れ着いたのが、平八という店だった。

テーブルの真ん中で油が煮えていて、客は自分で注文した串を自ら揚げる。


20090320a


溶き卵をからめパン粉を付けるところから始めるというあたり、セルフ中のセルフ。

各自、自分の好きな串を好きなタイミングで投入し、好きなタイミングで油から上げて好きなように食べる。自我の独立した客であることを求められる方式だ。


20090320b


揚げ時間はおよそ2分程度(串によって多少異なる)。

目安として砂時計が用意されているが、2分計れと言われているのに1分計だし、各自好きなタイミングで油に入れるのに4人掛けテーブルにひとつしかないので、実際のところ「いただきます」を言って揚げ始めた直後の一度くらいにしか使い途がない。時間にこだわる本格派は、マイストップウォッチを携えて臨むのがよいだろう。

まあ、それほど難しく考えなくとも、適当に揚げて適当に食べればなんとかなる。揚げ具合を判断するのも自分なら、お腹を壊すのも自分だ。

衣を付けて揚げながら食べるというのはなかなかおもしろい趣向なので、3月13日にも大学の頃の先輩後輩と連れ立って行ってみた。

画像はそのとき頼んだ盛り合わせで、多分「平八お気楽10本」。好みの串を1本ずつ頼んでもかまわない。このあと穴子やらチーズなんとかやらも追加注文した。

追加のとき、メニューに「ばくだん」という品を発見。頼んでみたところ、切らしていて今日はないとおっしゃる。それは残念。

ばくだん」の発注を諦めて歓談に戻ったところ、突然、わたいが使っている隣の油で後輩が揚げていた何かが爆発した。


既に発注済みだったのか!?


爆発で散ったすべての油は、どういう風の吹き回しなのか正確にわたいの座る方角にだけ飛来し、左眼のそばと右手の肘から下と服の上下そこかしこに着弾。

さすがは熱せられた油、宙を飛ぶ短い間にやや温度を下げたとはいえまだまだしっかり熱いではないか。皮がめくれて痛いぞ。

しかしここは揚げるのも食べるのも自分で行なう店。店員さんの唯一のフォローは、新しいおしぼりを、何も言わずにそっと1枚くれるだけだ。あとは自分でなんとかしなければならない。おしぼりで叩いたくらいでは油シミは落ちないが、シミ抜きなどは用意されていない。すぐさまシミに対処したい向きは、マイシミ抜きを携えて臨むのがよいだろう。

爆発の主は、つぶ貝だった。

串スタート時に店員さんから、衣を付けすぎると油跳ねすることがあるので気を付けろと口頭注意を受けていたが、この破裂っぷりは衣の問題ではなく、つぶ貝そのものにあるだろう。おそらくつぶ貝が体のどこかにまとまった量の水を隠し持っていたと思われる。

それにしても被害者がひとりで済んだのは幸いだった。帰宅直後の服の様子から着弾はわりと広範囲にわたっているのがわかる。


20090320c


急いだほうがいいだろうと思い、翌朝早速近所のクリーニング屋さんに走ってシミ抜きを依頼。それを今日回収してきた。


20090320d

専門家がいろいろ試みましたが……
このシミはとれませんでした。
これ以上しみぬきをしますと、生地を傷けたり色があせたりするおそれがあります。
★シミが付いたらお早目にお持ちください。


おっしゃるとおり、ほとんど落ちていないようだ。でき得る限りの早さで持ち込んだとうぬぼれていたが、時既に遅かったか。

これではもう前線には出せない。今日限りで退役させても食事代よりは安いのが不幸中の幸いだ。さらば、西洋のどこかの国のサープラスだった古着シャツとユニクロのカーゴパンツ。

さて、この給仕以外は何もかも自分でやる店は、夜は暗くてちょっと寂しげな場所にありながら結構流行っているため、できれば予約が望ましい。マイシミ抜きが必要になる場合もあるので、気になるあなたは必携してGO!


■くしあげや 平八
104-0042
東京都中央区入船2-2-15
スイートワンコート1F
Tel.(03)3206-7065
東京メトロ有楽町線「新富町」駅下車、徒歩3分
東京メトロ日比谷線「八丁堀」駅下車、徒歩4分
グルメぴあ「くしあげや 平八」店舗データ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009.03.19

ワイルドな職場

神奈川県の交番前で見かけたポスター。

陽に焼けてやや色褪せているが、望月三起也(神奈川県出身)の手になるものだ。


20090319a


県警のサイトにPDFがあった。元の色がよくわかる。

飛葉大陸風の警察官が白バイにまたがりグローブをはめ、さあ行きまっせ、という図。

別バージョンも。

がったは、さないッ!!」と言いながら道を曲がる図。

その体重移動と後輪の滑りっぷりにしてはフロントがインに切り込みすぎなんじゃないかと思うが、そこは飛葉大陸風ならではのテクニック。

もし募集に応えて神奈川県警の職員になれば、白バイ隊員として活躍できそうな幻想を抱かせる。

しかし、交番の横に停めてあるバイクはこれ。


20090319b


実際募集に応えて神奈川県警の職員になると、どちらかというとこれに乗ることになる可能性が高い。

せめて気持ちだけでもワイルドで行け。チャーシューにならないよう気を付けろ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009.03.17

メイン商品を売れ

スッポン堂。カラッカラに乾かしたすっぽんをこなごなにする様を店頭で見せつけるパフォーマンス系店舗。


20090317a


自社サイトでも、おすすめ商品や人気売上ランキングに並ぶ文字列は、すっぽん、すっぽん、赤まむし、すっぽん、サメ軟骨、すっぽん――と、ほぼ全面的にすっぽん祭りだ。

スッポン堂


しかし蒲田ではすっぽんを後衛に下げ、前衛に別部隊を投入。


20090317b

 炭


これではなんとなく流行りの健康ショップではないか。スッポン堂ならではの独特な近づきがたい雰囲気で貫き通して欲しいのだが……。

ガンバロウ!能登・がんばっています能登

突然の自問自答。

防虫(窓枠のクモの巣他)に最適

! なんというピンポイントな適性。

消臭や浄水なんて生ぬるい使い方ではなかった。窓枠のクモの巣を防ぐために一番効果的だというのだ。

いつも窓枠にクモが巣を張ってお悩みのあなた、スッポン堂に走れ!

気持ちを新たに検索し直してみたら、.co.jpではなく.comにグループ会社紹介サイトがあり、能登炭というページが用意されているではないか。


能登炭

トップページ……黒炭の魅力……里山への取り組み……オブジェとしての菊炭……能登菊炭の取扱店……

……。


「クモの巣」のクの字もない

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.16

もしかして:

このページ右下の検索ワード最上位に「zagindego@ezweb.ne.jp」が入っていたので、自らも検索してみた。


20090316a

zagindego@ezweb.ne.jpの検索結果 1 件中 1 - 1 件目 (0.24 秒)


本日現在1件のみ。

最も的確な結果を表示するために、上の1件と似たページは除外されています。 検索結果をすべて表示するには、ここから再検索してください。

ここから」をクリックしても、「zagindego@ezweb.ne.jpの検索結果 2 件中 1 - 2 件目 (0.27 秒) 」で、その2件ともホらデッキの同じエントリーだ。

なんだ、つまらない。

いや待て。

もしかして: zaginego@ezweb.ne.jp

もしかして、「もしかして」を押したらどっかんどっかんヒットするのか!?

ポチッ。


20090316b


zaginego@ezweb.ne.jp に一致する情報は見つかりませんでした。


Google先生の、いかにもひらめいたみたいな「もしかして」と「見つかりませんでした」コンボ、最強。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.15

鰻一本

鰻を買った。

自己申告国内産。真空パックしてから冷凍してある。


20090315a


袋の裏側の指南によれば、解凍後、熱湯で4分温めるか、レンジでチンするか、火で炙って食べろとのことだ。

もちろん火だ。人類の夜明けだ。

アルミホイルに包んで炙るとふっくら仕上がるそうなので、言われるとおりにしてみた。

真ん中からばっさりとふたつに分ける。丼によそった米の上にそのまま置いてみるとこうなる。


20090315b


いいぞ! 贅沢だ!

ふっくらふわふわ、でもしっかり脂がのってうまい!
すごいぞアルミホイル!(そこか)

鰻の下半身だけで米1.5合終了。

思い切りよく、米に対する鰻の割合をいつもよりかなり多目にして食べ進めたつもりだったが、自分の性根はとことん貧乏くさかった。

残った上半身を、お代わりした米の上に移設。


20090315c


1.5合と下半身でもバランスを取れなかったのに、0.5合と上半身ではまったく勝負にならず。誰だ、たった2合しか炊かなかった不見識な輩は!


米、足りねーっ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.03.14

さきか のんの/ ともきち

mixiのメッセージにスパムが来た。


20090314


わかりやす過ぎる

3通とも内容まで同じだ。もっとよく作戦を練って、落ち着いて考えてから送れ。

はじめましてハート達(複数ハート) なんとなく気になってしまったのでメッセージを送っちゃいました。よかったらお話しませんかるんるんmixiはもうやめちゃうのでメール教えます。 zagindego@ezweb.ne.jp です。メールくださぃですわーい(嬉しい顔)


なんとなく気になってしまったので迷惑メール通報しちゃいましたですわーい(嬉しい顔)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009.03.13

待てばカイロの土産

別に待っていなかったけれど、エジプト帰りの人からお土産をいただいた。

カイロで買ったお茶、という触れ込み。


20090313a


どこかで見たことのあるデザイン 。 画像は JAL DFS


20090313c


上と下にも何かあちらの言語で書いてあるが、わからない。
そもそも上下の向きが合っているのかさえ自信がない。


20090313b


側面には英語で何やら書いてある。

DUST BLACK KENYAN TEA


ケニヤ産の紅茶を輸入して詰めた商品らしい。

正面の英語面。やっぱりどこかで見たことのあるデザイン。サイズもほぼ同じ。


20090313d


サイトを探して見に行ったら、そのまんまだった。

■EL AROSA TEA
http://www.elarosatea.com/


いいのか、フィリップ モリス。

まあ、フィリップ モリスがそう言うならいいとして(言ってない)、箱を開けると白い化学製品でできた袋。


20090313e


封を切ってそっと中を覗くと、「DUST」だけあってとても細かい茶葉が入っている。


20090313f


普通の茶漉しではじゃんじゃか流れてしまいそう。市販のお茶パックを活用しよう。こぼしたらきっと掃除が大変だ。

そう思いつつ、試飲しようと茶器に移していたら……


20090313g


早速こぼした……。


ちなみにこの紅茶、染色する力がとても強い。白い陶磁器が1杯だけであっという間に茶色くなった。ステインが気になる方は、飲んだらすぐうがいをして歯磨きをしたほうがいい。そんじょそこらのコーヒーやお茶の比じゃない染め力。染料を直飲みしているような勢いだ。

味は、普通。

ストレートだと濃いので、あちら風にたっぷりミルクと砂糖を入れてチャーイっぽくしよう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.03.11

引っ越しのカサイはおとくやかさい

引っ越しシーズンらしい。

引っ越しや粗大ゴミ回収およびリサイクル業者のみなさんは顧客開拓に余念がなく、その容赦ないチラシの配りっぷりに、うちのポストもたじたじだ。

そのなかの1枚。


20090311

カサイ引越センター


似て非なるものか。


サカイロゴ


飾りのないロゴがなんとなく似てる。似せてるのか……?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.03.10

ほやほや

20090310

焼きたて

焼かないで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.09

いいお部屋といいなめこ

神戸日独協会というところに用事があって行ってみた。

神戸国際会館ビルの17階。


20090309a


1701の部屋、借りたい。


でも借りられないので、なめこのみそ汁で我慢だ。


20090309b


(1701ならなんでもいいのか)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009.03.07

ご立腹

とあるひなびた商店街にて。


20090307


怒りすぎてよくわからなくなってしまわれた


置きませんからご安心を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

24本の骨を誇る傘

今朝は大雨だった。

最寄り駅から仕事場の間には激しいビル風が吹いていて、雨の日は傘がたいていお猪口になる。

お猪口になるだけならいいが、あっさり破壊されることもあり油断できない。

そこで昨年から導入したのが骨の多い傘。

一般の傘は骨が8本なのに対し、なんと3倍の24本。


20090306a


いかにも強靱そうで頼り甲斐がある。ビル風にも真っ向勝負だ。

そんなわけで今日も戦いに勝ち、バックパックの肩掛け紐に持ち手をぶら下げて威風堂々と出勤したところ、背後で何やら音がした。

かしゃーーん。


20090306b


弱っ!

そこがそれかっ!

軸の先にちょろっとボンドが付けてあるだけで、それが早くも劣化してパサパサになり、抜け落ちたのだった。

まったく、どこの製品だ。


20090306d


Made in ……。ガス充填式椅子のように爆発しなかっただけマシか……。


20090306c


ottostyle.jp


昨年買ってすぐにアクセスしたときは 404 Not Found だったが、今はどうだろう。


20090306e


なぜ時計。

ページが存在すると思ったらこれか。意味不明だぞ、有限会社リツコさん。社内の連絡板代わりにでもしているのだろうか。

傘の柄は、仕事場に常備している万能ボンドでくっつけた。多分しばらくはいける、はず。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.05

ケイミンが来たりて笛を吹く

ココログニュースさんがスタートレックのネタを配信してくださるなんてそんなもうなんていうか、どうもすみません。

元記事は「ロケットニュース24」。

『スタートレック』最強のストーリーはこれ

最強」……ロケットニュース24さんってば、なんだかいきなり眉唾な始まり方でいらっしゃる。油断せずに読み進もう。

いよいよ、映画版『スター・トレック』が公開される。

タイトルと本文でナカグロ(・)があったりなかったりするのは、プロのライターさんでもしばしばあることだ。ただ、プロにも程度があって、こういうのはどちらかというと残念なほうに属する。さらにいうと、原稿を預かって掲載する側の担当者にも程度があって、こういうのをスルーしちゃうのは(以下同文)。

「目標は、大アドベンチャーと親密なヒューマンストーリーの2つを描くことだった」と、 J.J.エイブラムス監督は語っている。

これまでのST映画でそれに成功した作品は、『ギャラクシー・クエスト』だけだ(違)。

ファンならば絶対に興奮間違いなしのこの作品、期待で胸が膨らみそうだ!

まだ膨らんでないのかよ!

予感じゃなくて、膨らませましょうよ、期待。

秋葉原にて「すさまじく泣ける『スタートレック』最強のストーリーはどれ?」というアンケートをとってみたぞ!

いや待て。監督は「大アドベンチャーと親密なヒューマンストーリー」が目標だとおっしゃっているのになぜ「すさまじく泣ける」話をお尋ねになる。

そう、テレビシリーズの『スタートレック』には数多くの感動的なストーリーか※原文ママ存在するのである。

そう」じゃなくて。

『超時空惑星カターン(原題: The inner light)』というストーリーが、感動するストーリーとして “神回” といわれるほど素晴らしいものだということが判明した!

……ああ。

カターンですかそうですか。
人気あるんですよね、カターン

『超時空惑星カターン』のストーリーは、これから観る人のために詳しくは書かないが、少しだけ触れておこう。(中略)そんななか、偶然、正体不明の宇宙船を発見したエンタープライズ号。(後略)

宇宙船」じゃなくてプローブ(探査機)でしたですよロケットニュース24さん。そこはこれから観る人のためにしっかりしましょうよ。

このストーリーでは、この回を象徴するような代表的な音楽を聴くことができる。

象徴するような代表的な」はくどいので、象徴する音楽でいいんじゃないでしょうか、ロケットニュース24さん。

一度でもこの『超時空惑星カターン』を観た人ならば、その演奏を聴いただけで感動し、涙を流すことだろう。

ごめんなさい。流しませんでした、涙。カターンで泣いたことがないんです。ごめんなさい。

最後まで記事を読んでも、なぜ新作映画の宣伝記事でTNGのカターンを延々と語るのかが謎だ。ただ、ライターさんがカターンと言いたかっただけなのではないか。ホントに秋葉原でアンケート取ったのか。

さらに、元記事のamazonアフィリエイトが、VGRのDVD。この支離滅裂なしっちゃかめっちゃかさが、新作映画の内容につながる巧みな伏線なのだろうか。

それならそれで、楽しみだ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009.03.04

わかりません

20090304

魚介ステーキの店
ズッキーニ

魚介をステーキにするところまでは把握した。

それをひとことで言うとすれば……ズッキーニ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.03

日本で食べるパラグアイ

昨夜、パラグアイの料理を食べた。

パラグアイとは多分南米にある国で、おそらくスペイン語圏だと思う。

以上がわたいのパラグアイ知識のすべてで、国旗の色も形も知らない。すまん、パラグアイの人たち。

おそらく日本で唯一のパラグアイ料理屋として大田区の平和島に君臨する、その名もアスンシオン。

アスンシオンとは、パラグアイの首都の名前らしい。人から聞いてパラグアイの知識がひとつ増えた。

旧東海道沿いにあるアスンシオンの入口は、パラグアイ料理屋とは思えない和の雰囲気満点だ。画像には写っていないが、鉄板焼きだのお好み焼きだのといった幟が店先で躍っている。


20090303a


本当は鉄板焼き系がメインの店らしい。予約をした選ばれし者たちだけが、パラグアイ料理にありつけるのだという。

連れてきてくれた人がばっちり予約しておいてくれたおかげで、奥座敷に通されたわたいたちの前には、パラグアイ料理のコースが次々と現われた。

まずは目の前の鉄板で、パラグアイご出身のおかあさんがパラグアイ風お好み焼きを作ってくれた。

トルティリャ・デ・パパ
(薄く切ったジャガイモを敷いた上にチーズと万能ネギと玉子をよく混ぜたお好み焼きの生地を載せ、適当に両面を焼いたらできあがり。あまり辛くないパラグアイの塩をかけて食べる。お好みでマヨネーズや鰹節をかけてもよし)

ソースを所望した同行の者は、「ソースや醤油をかけたら天麩羅になるからダメ」と店のおかあさんにダメ出しされていた。でもソースは出てくる。厳しいがやさしいぞ、おかあさん。

トウモロコシの粉を練って焼いた何か
(名前失念。よく油の染みた固めのパウンドケーキのようなもの)

4つに分解された小さな鶏1羽
(ローストチキンのようなもの。ある程度焼いてあるが、さらに鉄板の上で火を通してから食べる)

エンパナダ・デ・カルネ
(豚肉のそぼろを粉ものを練って伸ばした皮に包んで揚げたもの。揚げ餃子のような形だが、パラグアイ的にはミートパイの一種らしい。鉄板で温めよという指示はなかったが、温めて食べた)

マンディオカ
(芋らしい。繊維質たっぷりでさきいかのように裂ける。茹でてあるのだが、どうやって食べていいのかわからず、そのまま食べる)

サラダ
(いわゆる普通の野菜サラダ)

これらを、おすすめワイン(これしかない)を傾けつつ、食べ進む。

サンタ・アナ・マルベック
(パラグアイ産ではなくアルゼンチン産。ボトル2000円)

メインイベントは肉だった。


20090303b


アサド・デ・なんちゃら
(名前不明。分厚い牛ロース肉をいきなり焼いて、塩コショウだけで味付けし、ざっくり切って食べる)

鉄板焼きならではの大胆さで、分厚い牛肉をそのまま焼く。レア状態になったところで、包丁を手にしたおかあさんがおもむろに登場。


20090303c


手早く切り分けられる肉。切り分けられてもなお大きい。

これがまた軟らかくて、ほどよく脂がのっていてうまい。肉に付けるソースもあるそうだが、言わないと食卓に届かないところをみると、おすすめではないらしい。確かに塩コショウだけで充分だ。

さらに肉が続く。

アサド・デ・コステリア
(骨付きカルビ。薄めに切ったものを焼いて、適当にちぎって食べる)

箸休めなのか、主食の一種なのか、何かが配膳された。

一見スイートポテトのようなもの
(名前失念。もさもさした食感で口の中の水分をすべて持っていく、パンとクッキーのあいのこのような何か)

そしてもういっちょ、肉。


20090303d


スープ
(豚肉の固まりがごろっと入ったトマト風味のスープ。辛くない。ミネストローネというやつか)


これでひととおり終了したらしく、お茶が届く。

マテ茶
(ミントの利いたマテ茶)


この日、一緒に行ったなかに2月28日に誕生日を迎えた人がいた。お店に相談したらケーキを用意してくれたので、ろうそくでライトアップ。


20090303e


ひとり分がこれ。


20090303f


ケーキにピントが合わず、油でぎとぎとの鉄板がくっきり。

最後にアスンシオンのメニューの表紙を。

20090303g

OPEN PM4:30 ~ CLOSE PM11:30
ラストオーダー 11:30まで


注文は、閉店ぎりぎりまで受け付ける

受け付けるが、閉店なので食べられるかはどうかわからない。気になる向きは、自己責任でお試しを。


■鉄板焼 アスンシオン
※残念ながら閉店した模様です(2012年12月現在)……
143-0011
東京都大田区大森本町2-1-6
Tel.(03)3765-3027
京浜急行「平和島」駅下車、徒歩3分
Google Map - Street View

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009.03.01

炊飯器が来た

メーカーはSANYO、型番はECJ-JG10。

20090301a


今気付いたが、箱を開けたのは偶然にも「1701」時だったようだ。

1991年から使い続けてきたSANYO GENKIが新旧交代の日を迎えた。


20090301b


いつのころからか内釜のテフロン加工がハゲハゲになっていて意図せぬお焦げを作り出し、電源コードが巻き戻らず、炊いているとき吹きこぼれた湯を受ける器が行方不明なだけで、ほかにはなんの問題もないGENKI。親子丼の具ができあがったのに蓋がちゃんと閉じていなくて生炊けだったり、そもそもスイッチを入れ忘れていたり、むしろ使用者のほうに問題山積だったGENKI。さらば、GENKI。捨てるのもったいないから置いておくけど、さらば。


JG10は、銅の釜を持つ炊飯器。全部銅ではなくコートなので、SANYOの同シリーズのなかでは一番しょぼいスペックらしいが、GENKIから見れば神の領域だ。


20090301c


早速「無洗米/ふつう/30分浸水後炊飯」で炊いてみた。

炊飯が佳境に入ると、プッシューとか、パタパタとか、いかにも圧力をコントロールしていますというアピールタイムが続く。


20090301d


うまい。米、見えないけど。

何も載せないで、そのままでも試してみた。


20090301e


いける。今どきの炊飯器の実力の一端を見た。

気になるお値段は、amazonでは昨年末21,800円→年明け23,400円→数週間前から21,420円と価格が上下している。

amazon21,800円時代は、他店では23,000円強だった。amazon21,420円時代の今は他店も同じ値段で揃っている。ここ数ヵ月では底値だが、どうやらまだ値段は下がりそうだ。送料無料でカード払いできる点で、今のところはamazonがわずかにお得。

さあ、次はお手軽な高速炊飯コース、その次は無圧力で炊くというカレー用ご飯コースで試してみよう。待ってろよ、米。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »