« 親子丼のつもりが親子 | トップページ | 閉まる前に入れ »

2009.01.30

デジカメ機長 2態

エアーニッポンの機長が操縦席からデジカメで写真を撮った件で叩かれているニュースを見た。

あきれた機長!離着陸時デジカメ撮影、写真をネット掲載  YOMIURI ONLINE

YOMIURI ONLINEの論調からすると、離着陸のときに、航空法で使用が禁じられている電子機器を使っていたことが咎められているらしい。

アジア方面の飛行機に乗ると、みなさん携帯電話もデジカメも電源入りまくりで、アテンダントの方々も少々のことには動じてらっしゃらないが、さすがに飛行機の中で一番偉い機長が堂々とそれをやって公表していたのはよろしくないだろう。

と思いつつ、産経のizaで同じ件を扱った記事も読んでみた。

機長が運航中に写真撮影 国交省厳重注意  iza β版

こちらの記事には、機長が撮ってネットで公開していた画像として、YOMIURI ONLINEが触れていない「佐渡島上空飛行中の機内計器を撮影」が含まれている。

そして機長が叱られた理由について、YOMIURI ONLINEが

国土交通省東京航空局は同日、航空法違反(安全阻害行為等の禁止)にあたるとして同社を文書で厳重注意した。

とし、記事を

 離着陸時に機内でデジタルカメラを使うと、航空機の電子機器が誤作動を起こす恐れがあるため、航空法で使用が禁止されている。

と〆ることで、「離着陸時にデジカメ撮影するのはアウト」という印象が残るように構成しているのに対し、izaは

航空局では運航中の機長が操縦室で私的目的で写真撮影をする行為は「航空機の安全を害する行為にあたる」として航空法違反にあたると判断、厳重注意とした。

と書いて、「デジカメとかなんとかじゃなくて、飛んでるときに私用の撮影すること自体がそもそもアウト」という趣旨で航空局見解を紹介しつつ、記事の〆は

全日空ではグループ会社を含め、すべての便で乗客に離着陸時の電子機器の使用禁止する機内アナウンスをしており、その中にデジタルカメラも含まれている。

と、電子機器使用不可は全日空のお客さんに対するお願いレベルのようにも取れる書き方で終えている。そのため、読後感はYOMIURI ONLINEと異なり、操縦席で私用写真を撮る機長はとにかくアカンのね、という印象を持った。

どちらが航空局の見解を正しく伝えているのかは知らないが、「機長が操縦席から写真を撮った」と言えば、去年だか一昨年だかに、空から撮った写真で地球温暖化を伝える機長のインタビューをテレビで観たなあ……。

探して見たら、次のような記事があった。

史上最小の北極海海氷、上空1万メートルから機長撮影  YOMIURI ONLINE

この機長は叱られた様子がない。なぜなのか。

今回は「あきれた機長!」と呆れて見せたYOMIURI ONLINEだが、2007年の11月には好意的な記事運びで、国土交通省の支援コメントも付記してある。

 小林機長は広報部付の機長で、フライト時にPR活動などで使う写真を撮影している。国土交通省は「運航の安全を十分に確認している限り、撮影に問題はない」としている。

なるほど広報も仕事の内ならこの扱いもうなずける。さらに広報活動であることを裏付けるように、オリンパスのサイトにはJALのロゴとともに写真と記事が紹介されていた。

高度1万mからの目撃者-日本航空 機長 小林 宏之氏

写真は、小林機長が巡行中に安全を確認しながら運航上支障のない範囲で撮影したものです。

冒頭にエクスキューズが添えられているものの、誰も小林機長にダメ出しをしている様子はない。巡航中で機体が安定しているときに写真撮るくらい別にいいじゃないの、ということだろう。わたいもそう思う。むしろもっと撮って見せてほしい。

JALの小林機長と米国籍だというエアーニッポン男性機長の差は、撮影のタイミング公用/私用の違いだった。

これから空で写真を撮ろうと思っている全国の機長のみなさんは充分に気を付けよう。

|

« 親子丼のつもりが親子 | トップページ | 閉まる前に入れ »

コメント

まっことご無沙汰しております。
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
あかん、1日だけど2月や・・・

昨年末はST新作トレーラーに狂喜乱舞しておりましたら年が明けてしまいましたorz

正月はおみくじ代わりにコンビニで買ったST食玩でD型が出たので満足でした。
以前出たバイオシップと並べております。

休み中はなにやら流行のSSDなるものを2台購入してシステム再セットアップに明け暮れていました。

飛行機で写真といえば、9.11以前は海外出張のときコクピットに入れてもらうのが友人の楽しみでしたw
そして機長と2ショットとか撮っておりました。
ついでに意気投合した機長のはからいで、コクピット内で着陸まで体験したこともあったそうです。

おおらかな時代でした・・・

投稿: ぶいち | 2009.02.01 22:23

>ぶいちさん

いやいや、こちらこそというかほぼこちらがご無沙汰しておりました。すみません。
あけましておめでとうございました。

>>あかん、1日だけど2月や・・・

さらにわたしが亀レス失礼しているうちに節分も越えて暦の上では春に……。

>>昨年末はST新作トレーラーに狂喜乱舞しておりましたら年が明けてしまいましたorz

日本公開期間は短そうなので、逃さないよう映画館に日参せねばと思っております。

>>正月はおみくじ代わりにコンビニで買ったST食玩でD型が出たので満足でした。
>>以前出たバイオシップと並べております。

おお、あれのD型はボリュームたっぷりでいいですな。
わたしはTOS無印を仕事場のHDDの上にマトリョーシカ人形と並べて飾っております。

>>休み中はなにやら流行のSSDなるものを2台購入してシステム再セットアップに明け暮れていました。

SSD! ソリッドステイトなんちゃらと言えばYMOを思い起こしてしまいますが、今流行っているのはクラッシュ知らずの高速ストレージですな。2台も導入されたんですか。さすが。

>>飛行機で写真といえば、9.11以前は海外出張のときコクピットに入れてもらうのが友人の楽しみでしたw
>>そして機長と2ショットとか撮っておりました。
>>ついでに意気投合した機長のはからいで、コクピット内で着陸まで体験したこともあったそうです。

写真撮った方は大勢いらっしゃるでしょうけど、着陸体験とは(笑)。
それはかなりの意気投合っぷりでありますな(笑)。
わたしも10年近く前に一度だけ入れてもらったことがありますけど、夜だったんで外が全然見えなくて、なんだかわかりませんでした。
おまけに、寝てるところを起こされて連れて行かれたため、早々に席に戻って眠りたかったという記憶が残っています。

>>おおらかな時代でした・・・

もうそういうのほほんとしたいい時代は巡ってこないんですかなあ。

投稿: ANCHOR | 2009.02.04 01:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6416/43904122

この記事へのトラックバック一覧です: デジカメ機長 2態:

« 親子丼のつもりが親子 | トップページ | 閉まる前に入れ »