« ヨード卵・光の国 | トップページ | 続・なめらかなり YASUDA PEN »

2008.01.21

なめらかなり YASUDA PEN

ホワイトストーン区から郵便が届いた。

20080121a


中に入っていたのはホワイトストーン区ゆかりの品。

20080121b


YASUDA PEN

安田ペンって……。

でも本人がそう言っている。しかもデンマーク製。

20080121d


なぜデンマーク。日本のデンマークっちゃー安城だがね。山本正之御大もそう言っとったて。

そんなことはどこ吹く風の安田さん。

20080121c


なぜかバラに囲まれている安田さんの下には、筆記体でなにやらさらさらと書かれた文字が。サインかと思ったら、それも「Yasuda Pen」。あくなき主張。

送ってくださった方からは、仕事で使いなさいよ、と暖かいメッセージをいただいた。
デスクワークの多いわたいを慮っていただき、ありがたいことだ。

YASUDA PEN は、先端をつまんで回すと芯の先が現われたり格納されたりする仕組み。

20080121e


早速実戦に投入しよう。

20080121f


うろ覚えで暗黒方面の鬼太郎を描いてみた。インクのダマも落ちず、いい感じ。

しまった。仕事に使えと言われていたのに。

|

« ヨード卵・光の国 | トップページ | 続・なめらかなり YASUDA PEN »

コメント

とりあえず、絵の上手さに嫉妬(w

投稿: 佐藤@スケーター | 2008.01.21 21:56

このフローティングペン、デンマークのESKESENという会社が確か世界の90%ぐらいのシェア持ってるんですよ。

日本のイナカの温泉で売られているようなお土産のフローティングペンも、ほとんどがデンマーク製のはず。

投稿: ずんころ | 2008.01.21 22:14

でもね、ANCHORはん

そのペン、開けてみたらわかりますけど、インクの部分がものすごく少ないですよね。(^◇^;
仕事で使ったら、すぐインク無くなっちゃいそう…。
それに合うインクの替えって売ってるんでしょうかねぇ。

……かなり不安。(v◇v;

投稿: エゾフクロウ | 2008.01.22 00:15

美川憲一みたいな安田さんが、マイクに小指を絡ませて・・・・ぐふ。
へぇ、ホワイトストーン区で売っているんですか?(笑)
ダーク鬼太郎、似てます~!

投稿: イメカ | 2008.01.22 01:05

>佐藤@スケーターさん

痛み入ります。
書き味抜群ですよお父さん。ケケケケケ……


>ずんころさん

>>このフローティングペン、デンマークのESKESENという会社が確か世界の90%ぐらいのシェア持ってるんですよ。

なんですと。

おおお! 検索したらいきなり出ました。
http://www.eskesen.com/
http://www.floataction.com/

「Model F14534」ですね。

フローティングとな。アクションとな。
えええ。
ちょっと待って。
へえええ。
ほぉー(何やってんだ)。

ありがとうございます。


>エゾフクロウさん

このたびはと申しますかいつもどうもありがとうございます。

>>仕事で使ったら、すぐインク無くなっちゃいそう…。

いやあ、実は真っ先に開けました。
というか分解しようとしました……。

>>それに合うインクの替えって売ってるんでしょうかねぇ。

こんなときこそGoogle先生。
「フローティングペン 替え芯」で教えてプリーズ!

http://www.retrobank.co.jp/shopink.html
売ってます!


>イメカさん

>>美川憲一みたいな安田さんが、マイクに小指を絡ませて・・・・ぐふ。

安田さんの秘密はこれだけに留まらなかった!
というわけで、今晩続きをアップします。

>>へぇ、ホワイトストーン区で売っているんですか?(笑)

地元だけあって入荷一番、品揃え抜群。

>>ダーク鬼太郎、似てます~!

ありがとうございます。
第2話も救いのない感じで、恩を仇で返す鬼太郎親子でしたなあ。

投稿: ANCHOR | 2008.01.22 12:48

おー鬼太郎お見事ですね
こちらのBLOGをRSSリーダーの「ART」に分類していた私の目に狂いはなかった!

投稿: けん | 2008.01.23 23:46

>けんさん

恐れ入ります。

>>こちらのBLOGをRSSリーダーの「ART」に分類

ええええ。
いやあ、そんな芸術的なことはできてないですが、
A ANCHORが
R 理屈っぽく
T ツッコんでる
という路線ならなんとか。

投稿: ANCHOR | 2008.01.24 21:42

>エゾフクロウさん

>>ヤスケンの赤ふん姿に一切触れていなかったので不思議に思っておりましたが、まさかお気付きになっていなかったとは!('◇';(笑)

いや、まったくもってわたしの不徳のいたすところでお恥ずかしい限りです。あー、もう、赤ふんがあったら履いてみたい(そのほうが恥ずかしい)。

>>昨日今日と、安田ペンに関する記事を母に見せたところ

いやいや、お母さんにお見せしちゃったんですか。あー、もう、YASUDA PEN があったら書いてみたい……。

>>“大系充領“なんて、まるで2ちゃんねるの書き込みみたい。(笑)

しかも「糸」じゃなくて「系」になってるところなんて憎いほど芸が細かいですよね。
あえて「令頁」と分けてないあたりにも深いこだわりがあるのかないのか。

投稿: ANCHOR | 2008.01.24 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6416/17773050

この記事へのトラックバック一覧です: なめらかなり YASUDA PEN:

« ヨード卵・光の国 | トップページ | 続・なめらかなり YASUDA PEN »