« 昭和の鬼太郎 | トップページ | ヨード卵・光の国 »

2008.01.15

年賀状を送った

まだ年賀状の話かよ、と思っておられる方も多かったり少なかったりするだろうなあ、と思いながらまだ年賀状の話。

遅くとも松の内が終わるまでには送らねば、という強迫観念に突き動かされて気力を振り絞り、1月13日の大安に全数を投函できた。祝日を挟むとはいえ、今日にはぼちぼち届いていることだろう。いや、届いていて欲しいと切望する。

思えば、今できるんだったら、3~4週間前に気力を振り絞って背水の陣を敷いていればできたんじゃないだろうか。いやいや、そう考えては負けだ。

この戦訓をぜひ来年に活かしたい(今年やろ)

おかげさまで、お年玉年賀はがきの当選発表後に賀状が到着するような失態だけは免れたわい、と思いつつ、毎年恒例となっているウェブでの当選発表を探しに行ったところ……

まだ発表されてない


えー。


20080115

抽せん日1月27日


延びてる。しかも中途半端に12日延びてる。


これが民営化というやつか


ニュースを検索してみたら、なんと今週金曜日の18日まで年賀状を売っているのだそうだ。ご存じでした? ご存じですよね。

いやいや、だからといって来年はもっとのんびりやればいいやなんて思ってもいない。断じて。


 そもそも新年のあいさつである年賀状は、いつまでに出したり受け取ったりするのか。「京の儀式作法入門」などの著書がある儀式作法研究家の岩上力さんは「年賀状は松の内までに出すのがマナーだ。松の内は関東地方は7日、京都など関西圏では15日なので、販売期限が15日までならまだおかしくないかもしれない」と指摘する。

 岩上さんによると、16日から節分(2月初旬)までは「寒中見舞い」になる。「年賀状という日本の伝統を後世にきちんと伝えるためにも、18日までの販売は根拠が分からないし、いかがなものか」と苦言を呈する。
毎日新聞 2008年1月14日 東京朝刊


関東の松の内は7日までなのか……。

16日からが寒中見舞い……。

じゃあ、関東では8日から15日まではご挨拶空白期間か。

それはそれとして、15日までに着くようにと思って送ったわたいの賀状には、実はもう賀状を半分諦めたかのように「寒中お見舞い申し上げます」と印刷してある。

いろいろだめやん、わたい。


 そんな状況下で、グループが最後に期待をかけるのが販売期間の延長だ。広報担当者は「まだ年賀状を出したいという人はいる。日本ならではの風習を大切に守るためにもゆっくり返事を書けるということを訴えていきたい」と話している。
元記事同上


いや、わたいが言うのもなんだが、ゆっくりしすぎだろ。

なんだろう、来年はちゃんとしよう、という気持ちになった。ありがとう、郵政民営化。ありがとう小泉前首相。

|

« 昭和の鬼太郎 | トップページ | ヨード卵・光の国 »

コメント

長く年賀状を使わせる為に、抽選が先延ばしになった、とか聞きましたが。

先日のTVで、ちびまるこちゃんがルンルンで切手セットを替えにいくのを、たまたまみてて、あぁ昔の切手セットはいっぱい切手がついてたし、あたりも多かったなぁ、などと思い出してました。

せめて先延ばしした分、あたりを多くするとかならんのでしょうかね。

投稿: イメカ | 2008.01.16 00:38

「新年明けまして寒中お見舞い申し上げます」とでも書けばいいんですかね、半端期間に出す場合。

投稿: ずんころ | 2008.01.16 11:27

>イメカさん

>>長く年賀状を使わせる為に、抽選が先延ばしになった、とか聞きましたが。

なるほどそういう意図が。でも、利用者の意識は「長く年賀状を使いたい」とはなっていないんでしょうなあ。
このまま地道に10年、15年かけてキャンペーンを続け、いずれは「1月中はずっと年賀状」「旧正月が明けるまではOK」みたいな流れにしたいんでしょうか、日本郵便。

>>先日のTVで、ちびまるこちゃんがルンルンで切手セットを替えにいくのを、たまたまみてて、あぁ
>>昔の切手セットはいっぱい切手がついてたし、あたりも多かったなぁ、などと思い出してました。

昔は、当たると切手セットでも嬉しかったんですが(当時は番号のところを切り取られるのがちょっと残念でした)、成人以降は数回しか交換していないような気が。
もらっても使い途があまりなくて。そもそも使わないのが前提なのでしょうかね、お年玉切手シート。

>>せめて先延ばしした分、あたりを多くするとかならんのでしょうかね。

PRに使ったという80億円をすべて当たりの商品代金に投入して、80万人に1万円当ててみたりして。実際には手間暇かかって経費が嵩んだとしても、50万人くらいには当てられそうです。


>ずんころさん

>>「新年明けまして寒中お見舞い申し上げます」とでも書けばいいんですかね、半端期間に出す場合。

折衷案ですか(笑)。

もはや日本郵便は年賀状とかもめーるに頼っていてはじり貧です。

・新年すっかり明けましておめでとうございました (過去説明型)
・寒中お見舞い申し上げましょうか? (事前承諾型)

など新しい概念を導入し、関東地方におけるご挨拶の隙間に着目したはがき市場を開拓していただきたいものです。使わないけど。

投稿: ANCHOR | 2008.01.16 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6416/17706459

この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状を送った:

« 昭和の鬼太郎 | トップページ | ヨード卵・光の国 »