« 年賀状を書いた | トップページ | 昭和の鬼太郎 »

2008.01.12

徹底して使う

日本の中古車をロシアが大量に買っているという話をずいぶん前から聞いていたからか、中古車の輸出=ロシア人のイメージを勝手に抱いていた。

しかし、中古車輸出市場の半分はパキスタン人が抑えているらしい。2004年時点で年間3000億円だった市場のうち、在日パキスタン人のみなさんによる売買が50%を超えていたそうだ。その利益額、1台につき1~2万円というから、台数を捌かないと儲からない。

実際、出先でそれらしい車を見かけると、あー、ほんとに買ってくれてるんだなー、という実感が湧いてくる。

パキスタンのラホールでは、じっくり使い込まれた4ドアセダンが表通り沿いに駐車してあった。


20080110a


代々木公園周辺なら放置車と間違われそうな、いい感じのくたびれっぷり。

しかし決して放置車ではない。


20080110b


FOR SALE


売ってる


売れるのか、まだ


レストアという言葉はないのか


このクラスでも堂々たる売りものなのだから、イスラマバート市内を流していたマイクロバスなどは現役バリバリだ。


20080110c


“こばと保育園”は全国津々裏々に存在するが、チェーンでもなんでもなく、それぞれに独立した保育園らしい。土ばとでも山ばとでもない、「こばと」というラブリーな響きが、鳥類好きなオーナーたちの心を捉えて放さないのだ。

このバスでいたいけな園児を送り迎えしていたこばと保育園は、大分県大分市で今も元気に営業中。

車体後部に記された電話番号の局番が2桁であることから、1996年7月1日の局番3桁化以前に手放されたバスだと推測される。わずか10年、たったひと昔。これからは走れば走るほど味が出る。こばと魂を見せてやれ!


20080110d


高速安定性を約束するリアスポイラーと、カンガルーバーのような雄々しいバンパー周りが周囲を圧する。これらは元から装着されていたのかどうか、当時を知るこばと卒園生のみなさんにぜひ教えていただきたい。

今わたいが言えることは、ただひとつ。

この国にもったいないお化けは出ない。

|

« 年賀状を書いた | トップページ | 昭和の鬼太郎 »

コメント

私のH5年式 AT 9.6万km走行のミニキャブCDといい勝負ですな(^^;

写真の売り物の4ドア車、よく見るとワイパーが片方無いんですけど(^^;; 購入時にちゃんと直してくれるのかなぁ。

投稿: 佐藤@スケーター | 2008.01.13 21:23

>佐藤@スケーター

いい勝負なんですか。確かにいい勝負かもしれません(^^;)。
2006年に退役した88年式ローバー・ミニは、今頃パキスタンに流れ着いているかもしれませぬ。

>>写真の売り物の4ドア車、よく見るとワイパーが片方無いんですけど(^^;; 購入時にちゃんと直してくれるのかなぁ。

ほんとだ。向かって右側のが付いてませんね。気づきませんでした。
ガラコかなんかがおまけに付いてきたりして。

投稿: ANCHOR | 2008.01.15 01:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6416/17652523

この記事へのトラックバック一覧です: 徹底して使う:

« 年賀状を書いた | トップページ | 昭和の鬼太郎 »