« 2007年3月 | トップページ | 2007年10月 »

2007.09.24

疾走、1701

淡路に乗り込んだ車は、白い塗装色で、ナンバーが1701だった。

淡路で迎えてくれた車は、銀色の塗装色で、やはりナンバーが1701だった。

実家に置いてあるわたいの車も、白い塗装色で1701だ。3台並べて走らせれば、「だいたい白い三連星」となる。

淡路に乗り込んだ車を駆り、さらに足を延ばして四国へ渡った。


070924a


淡路島と四国の徳島県をつなぐ鳴門大橋。

この下では連日連夜、魔法陣ではないグルグルが自然に巻き起こり、日中はその大渦をひと目見よう、ひと目見られさえすればもう巻き込まれて海の藻屑になってもいい、という観光客が引きも切らない。

徳島県側からは、鳴門大橋の橋桁に造られた歩道を通り、海面を眺めながら橋の真ん中あたりまで行けるようになっている。

その名も渦の道、500円。ここまで来たら一度は見ておいて損得はない(得もないのかよ)。潮の満ち引きによって渦の出来具合が違うので、観察に適した時間をよく調べてから行こう。


070924b


東京タワーにも設置されている強化ガラスの床が、東京タワー以上の頻度でそこかしこに填め込まれている様は、高所恐怖症のみなさんへ真っ向から叩き付けられた挑戦状。これまでのところまだ誰も落ちていないので、第一号を目指して乗ったり飛び跳ねたりしてみるのも一興だ。

閑話休題(閑話だったのか)。

淡路から高松へ向かって走る我々の白い1701の前を、JRバスが走っていた。


070924c


1701


JRハイウェイ-バス、あなどれない子……。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.09.21

サンリオ、淡路に立つ

淡路島の物産店には、当然キャラクターものも売られている。

タマネギと組み合わせたリラックマのストラップなどは、この物産店にお勤めの事務員さんご自身が欲しくて、店内を「リラックマは? リラックマどこ!?」と探して回ってらしたほどの人気だ。

どこに行っても必ずタイアップ商品のあるサンリオグッズも見逃せない。
たとえばタマネギを入れる木箱に入ったタマネギ箱キティのストラップは、今流行のねこ鍋のはしりと言っても過言ではない(過言)。

ではサンリオの旗艦、キティさんの活躍ぶりをクローズアップしてみよう。


070921a


ハローキティ
  200-


キティさん……。


070921b


ああ……確かにキティさん……ですよ……ね。


これだけは言える。


海賊版として捕まる心配はない

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007.09.20

ご当地名物

淡路の名物は枇杷とタマネギだけではない。

穴子といった竜宮城方面の猛者たちも特産品だ。お向かいの明石と水揚げを競っているらしい。

そのなかでも8本足の悪魔を主役に取り立てたのがこの加工食品。


070920


地だこの
 たこ焼き
  ソフトクリーム


どちらがどちらに載っているのか。
熱いのか冷たいのか。

地だこファンなら必ず押さえておきたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.09.19

賛江、ではない何か

枇杷とタマネギは淡路島の特産だそうだ。

ご当地の産品を集めた店には、これら特産品そのものはもちろん、それらを惜しげもなく使った加工品が並べられている。

070919


桑名正博
    さんが


何をどうした?


気になって朝も起きられない。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007.09.15

2つでなんぼ

070915a


自由感あふれる値付け。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.09.13

羮に懲りた人が吹いてみたり

思わず合掌してお辞儀をしながら挨拶をしてしまったりするのであろう。

ここんところずっとアレなのだが、久しぶりに書いてみた。

あれ……タグとかまるっきり忘れてる……。

えーと、こうだっけ。

070913

「良い新聞です。
  元気になます。」


読みもしないで元気になました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年10月 »