« 豚バラ納豆ニラ炒め | トップページ | 押しましょうか? 流しましょうか? »

2007.02.24

文章で綴る組織

約1年ぶりにやってきたホーチミン空港。外気温34度。

鎖につながれた愛らしい彼も、健在だ。

国際線乗り換えゲートをくぐったところにあるカウンター。

Pict3084a

国境通過をサービスするステーション

文章なのにイマイチ意味不明。

16:45発のプノンペン行きへ乗り換える予定で現地時間14:50くらいに乗り換えゲートをくぐったが、既に30分遅れの運航予定に変わっていた。

狭い空港で乗り継ぎ待ちをするのは、暇……。

昨年の帰路はここで数時間遅れの飛行機を待ちながらぼんやりしたが、今日は30分だからとても楽だ。

|

« 豚バラ納豆ニラ炒め | トップページ | 押しましょうか? 流しましょうか? »

コメント

まだ「彼」は緊縛ぷれいされたままなんですね(プレイ言うな ところで、ゲートでは国境通過以外に一体どんな「サービス」を受けられたのでしょうか?(マテw...はっ!、「ホーチ(放置)ぷれい」というサービスか!!!(マテマテww

投稿: 佐藤@スケーター | 2007.02.25 02:46

>佐藤@スケーターさん

>>緊縛ぷれいされたままなんですね(プレイ言うな

プレイされたままです。仲間数体も同様に逝った目で縛り付けられています。

>>ところで、ゲートでは国境通過以外に一体どんな「サービス」を受けられたのでしょうか?(マテw

マジレスしますと、ここでは一定の要件を満たした乗り換え客に対して、食事を配給しているのです。

その一定の要件とは、ある一定の時間以降に飛び立つ飛行機に乗り換える者で、ある一定の複写式書類を持つ者に限られるのですが、そのある一定の要件を満たしたことがないので、どんな場合にある一定の要件を満たすのかがわかりません。

一生に一度は、ステーションで国境通過をサービスしてもらいたいものです。

投稿: ANCHOR | 2007.02.28 00:19

ANCHORさんは、ホーチミンへいらして
(通り過ぎられて)いたのね!
私は、2月28日から5日まで、パリに行っていました。
ミッシェル・ポルナレフが28年ぶりにコンサートを開いたので、
その追っかけをしてきました♪

投稿: アッシュ | 2007.03.11 23:16

>アッシュさん

>>(通り過ぎられて)いたのね!

はい。毎度のことですが、空港で意味もなく長めに滞留していました。
飛行機に乗っていれば、軽く東京から北京まで着きそうなくらいの時間を(笑)。

>>私は、2月28日から5日まで、パリに行っていました。
>>ミッシェル・ポルナレフが28年ぶりにコンサートを開いたので、
>>その追っかけをしてきました♪

なんと文化的な。

ミッシェル・ポルナレフ氏は還暦を迎えてらっしゃるんでしたっけ。
28年ぶりとなると、追いかけてでも観る価値がありますね。
コンサートはいかがでしたか?

投稿: ANCHOR | 2007.03.15 23:08

日本にいた私達には、79年にコンサートが開かれたけれど、
現地フランスでは、なんと34年ぶりということでした。
でも、17000人収容のホールは、12日間の期間中、
超満員だったそうです。
今年は63歳になる彼ですけれど、ファン層は幅広く、
若いファンの姿もとても多く見られました。

私が行ったのは、初日(3月2日)と2日目。
キーも下げずに、声の伸びもよく、改めてファンになりました。
2日目には、コンサートの後に、日本人ファン13名を呼んでくれて
(コンサートホールのアリーナに残されて)、
ポルナレフ本人と会える機会が作られたのよ。
ハグして、「ずっと大好き!」と伝えて、サインをもらいました♪

投稿: アッシュ | 2007.03.16 09:21

>アッシュさん、またも大変ご無沙汰失礼いたします。

>>現地フランスでは、なんと34年ぶりということでした。

なんと……その間、ポルナレフさんは何をして暮らしておられたのでしょう。

>>でも、17000人収容のホールは、12日間の期間中、
>>超満員だったそうです。

待ちに待った、とはまさにこのことでしょうね。

>>今年は63歳になる彼ですけれど、ファン層は幅広く、
>>若いファンの姿もとても多く見られました。

語り継がれていく系統のアーティストなんでしょうなあ。

>>私が行ったのは、初日(3月2日)と2日目。

連続!

>>キーも下げずに、声の伸びもよく、改めてファンになりました。

年齢を重ねると高音が出なくなったり、かすれたりされる歌い手さんが多いなか、さすがですね。
天性のものもあるのでしょうが、陰でも努力されておられるんでしょう。

>>2日目には、コンサートの後に、日本人ファン13名を呼んでくれて
>.(コンサートホールのアリーナに残されて)、
>>ポルナレフ本人と会える機会が作られたのよ。

めちゃめちゃ厚待遇じゃないですか!

>>ハグして、「ずっと大好き!」と伝えて、サインをもらいました♪

すばらしい。そう言えるアーティストと出会えてよかったですなあ。

投稿: ANCHOR | 2007.06.28 23:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6416/14032068

この記事へのトラックバック一覧です: 文章で綴る組織:

« 豚バラ納豆ニラ炒め | トップページ | 押しましょうか? 流しましょうか? »