« 虫プロ、インドに進出 | トップページ | 正月鍋三昧 »

2007.01.07

インドの力士

インドで広告看板に登場するのはてづかセンセ風のキャラクターだけではない。ちゃんとインドオリジナルのキャラもいる。

移動するバスの車窓を、謎の力士が流れていく。

Pict8726a


あまりに何度も何度も流れていくので、宣伝熱心な日本食レストランかなにかだと勝手に想像していた。しかし、事実は全然違っていた。

大理石屋。

Pict8726b


大理石の宣伝に力士

何の関係があるのかはわからないが、見た目が“強くて、つるっとしている”からか。いや、力士の体表面が“つるっとして”いるかどうかについては専門家の検証を待たねばならないだろう。

なんにせよ、建材としての大理石を売っている企業のキャラクターだと、インド人が言っていた。なぜ力士なのかはそのインド人も説明不能。

さて、インド人が描く力士は典型的なあんこ型ながら、目鼻立ちはきりっとして、涼しげな目をしている。赤い鉢巻きに中心になにやらあしらってあるが、よく見えない。両手にはめているのはリストバンドか、あるいはパワーリストか。どこのリングにかけろ!だ。この力士もたびたび見開きページを使って四十八手にない必殺技を繰り出すのだろうか。

Pict8726c


左の太ももには白いサポーターらしきものが装着されている。

……それにしてもこのシルエット、どこかで見たことがあるような気が。

これか?

イメージ検索で拾った小錦関

顔つきはもちろん、胸から腹のラインが酷似しているが……。

いやいや、まさかこんなものをパクることはあるまい。オリジナルだ。これはインド人が作り上げたオリジナルな力士像なのだ。

待て、奥のほうに違う力士の絵があるぞ。

Pict8726d


……完全には腰を落としきっていない姿勢で、指の先までびしっと一直線に伸びている。特徴ある姿だ。だが見覚えはない。

検索してみたがこれに近い横綱土俵入り画像は発見できなかった。いやいやいや、パクリを疑っているのではない。むしろパクリ疑惑を晴らしたい一心から行なったことだ。

ここはひとつ、2006年初場所に引き続きNHK大相撲中継で解説を務められるデーモン小暮閣下のコメントを待ちたいところだ。待ってるぞ、閣下!

|

« 虫プロ、インドに進出 | トップページ | 正月鍋三昧 »

コメント

現地の人ですら説明できない訳ですか(^^; まぁとりあえずインドなのだからエドモンド本田ではなくダルシムを起用するべきだと思うんです(そこはかとなく論点ずれてるw

投稿: 佐藤@スケーター | 2007.01.08 21:29

>佐藤@スケーターさん

>>まぁとりあえずインドなのだからエドモンド本田ではなくダルシムを起用するべきだと思うんです(そこはかとなく論点ずれてるw

確かに、なぜ地元の英雄ダルシムを起用しなかったのでしょう。想像するに、ダルシムの場合、看板が必要以上に横長になったり縦長になったりして、広告スペース代がかさむために敬遠されたのではなかろうかと。

ちなみに今年の新成人のみなさんは、ダルシムとダルビッシュとを区別できるのでしょうか(さらにずれていく論点(笑))。

投稿: ANCHOR | 2007.01.09 00:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6416/13361995

この記事へのトラックバック一覧です: インドの力士:

« 虫プロ、インドに進出 | トップページ | 正月鍋三昧 »