« 時代にすり寄る | トップページ | TAS DVD のボックスアートにST:XIを見た »

2006.06.03

ITの前を行く業界

コンピュータ業界にまつわる本やらその筋の雑誌では、一般に「コンピューター」と発音したり書いたりするところを「コンピュータ」と読み書きする。

ユーザー」を「ユーザ」と呼んだり、「レコーダー」を「レコーダ」、「サーバー」を「サーバ」、「ドライバー」を「ドライバ」、「アーキテクチャー」を「アーキテクチャ」、「プロセッサー」を「プロセッサ」、「ポインター」を「ポインタ」、「リーダー&ライター」を「リーダ&ライタ」と呼ぶのもそうだ。

アップルメニュー」を「アップルメニュ」、「メニューバー」を「メニューバ」、「仮面ライダー」を「仮面ライダ」、「ターシャ・ヤー」を「ターシャ・ヤ」と呼ぶのもIT業界に特有の現象だ。

このように語尾の音引きを省略するのはITさんの専売特許だとわたいは思っていた。

だから、静岡を走るしずてつジャストラインのバスがこんな注意書きを堂々と張り出しているのを見て、静岡さん何やってんの、と思ったものである。

060603a

ブザが鳴ると
ドアは自動開閉します

ところがだ。

札幌を走る北海道中央バスもこうだった。

060603b

ブザが鳴ると
ドアは自動開閉します

ブザー」の検索結果約205万件を覆す自信。

バス業界こそが音引き省略時代の幕を上げた先駆者なのか。

|

« 時代にすり寄る | トップページ | TAS DVD のボックスアートにST:XIを見た »

コメント

> 「ターシャ・ヤー」を「ターシャ・ヤ」
「フェイザー」は「フェイザ」
「ヴォイジャー」は「ヴォイジャ」
「ライカー」は「ライカ」
「アーチャー」は「アーチャ」
「アイアイサー」は「アイアイサ」
なんだこりゃ…

投稿: quark | 2006.06.04 03:35

うーん・・・ライカーがプロデュサーズの舞台みたいにカメラを頭に乗せて踊りながら出てきたらどーしょ・・・

投稿: Joちゃん | 2006.06.04 21:41

>バス業界こそが音引き省略時代の幕を上げた
>先駆者なのか

文字スペースが無いならともかく、どうみても余裕なのにわざわざ「ブザ」と表記するその真意を聞きたいですよね(^^;

投稿: 佐藤@スケーター | 2006.06.05 21:22

>quarkさん

>>「フェイザー」は「フェイザ」

仮面ライダーフェイザ(555のパチもん)。

>>「アイアイサー」は「アイアイサ」

アレックス、やる気なし(笑)。


>Joちゃんさん

>>うーん・・・ライカーがプロデュサーズの舞台みたいにカメラを頭に乗せて踊りながら出てきたらどーしょ・・・

「プロデューサーズ」は観ていないのですが、その様子は想像してしまいました(笑)。
ライカーならやりかねない……しかも載せるメーカーを間違えかねない……(笑)。


>佐藤@スケーターさん

>>文字スペースが無いならともかく、どうみても余裕なのに

ほんとですね。なにかはっきりとした意志を感じますなあ。

>>わざわざ「ブザ」と表記するその真意を聞きたいですよね(^^;

はっ……わたしたちは勝手に「ブザーが鳴る」と思いこんでいますが、ひょっとして実は「ブザ」というバス特有の何かが鳴っているのではないでしょうか(特有の何かって何)。

投稿: ANCHOR | 2006.06.05 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6416/10382826

この記事へのトラックバック一覧です: ITの前を行く業界:

« 時代にすり寄る | トップページ | TAS DVD のボックスアートにST:XIを見た »