« イタリアでゲットだぜ! | トップページ | 神戸空港マリンエアを覗く »

2006.02.17

満漢全席という名のカード

MKZS1
中国の廈門へ行った友人が土産にくれた『満漢全席』のプレイングカード、いわゆるトランプ。

満漢全席とは、世にも有名な中華グルメの究極奥義だ。文字どおり、満 Man と漢 Han の民族が誇る料理を6つのパートに分け、それぞれに清の王宮宴会場の名を付けて6日間にわたる宴を開き、食い尽くそうという贅沢かつ無謀な試みと聞く。

このカードには、料理の写真とともにレシピが書かれている。腕に覚えのある特級厨師ならこれを見ただけでたちどころに見事なひと皿を作り上げることだろう。しかしマオ(劉昴星)ならぬ身、レシピの解読さえ覚束ず、面目次第もない。

MKZS3


カードは52枚+ジョーカー2枚の54枚で、54種の料理が紹介されている。そしてこの束には「満漢全席(下)」の文字が。

つまり「(上)」も買い揃えると、カバー裏に書かれている「108品」の満漢全席すべてが一堂に会するという趣向なのだ。

MKZS2


実際に作っていた料理人や資料が散逸したため詳細には諸説ある。たとえばバンダイビジュアルが何を思ったか作り上げて、30万円で1000セット売ろうとしたDVDボックス『満漢全席 「完全復元 満漢全席」中国料理四千年の奥義』では、その料理の数は「94品」とされている。

14品も差があると、宴の終了が半日くらいずれるのではないか。

その14品だけでいいから食べてみたいと思うのであった。

というわけで以上、

MKZS4


満漢料理でしたっ


ちなみに「buqute」は「banquet」を清の言葉で表現したもの(嘘)


amazonで買う→満漢全席 ¥283,500 (税込)……これ買うくらいなら、本物食べたほうがええな……。

|

« イタリアでゲットだぜ! | トップページ | 神戸空港マリンエアを覗く »

コメント

amazon見ると在庫は1セットを残すのみのようですね。値段見たとき円じゃなくてウォンの間違いか??と思いましたが(^^;

このカードで遊戯王ネタやったら面白そう。つか、なんかバトル料理漫画という新ジャンル...いや、これはすでにミスター味っ子があったか(笑

投稿: 佐藤@スケーター | 2006.02.19 21:04

>佐藤@スケーターさん

>>在庫は1セットを残すのみのようですね。

ほんとうに残り1セットなのか、焦りを誘う罠なのか……と勘ぐってしまいました。amazonさん、ごめんなさい。

>>値段見たとき円じゃなくてウォンの間違いか??と思いましたが(^^;

ルピーとか(笑)。だったら買ってもいいかなあ(買うのか(^^;))。

>>このカードで遊戯王ネタやったら面白そう。つか、なんかバトル料理漫画という新ジャンル...いや、これはすでにミスター味っ子があったか(笑

いいですね、バトル料理カードゲーム! プレイしてみたいです。
庖丁人味平にもルーツがありそうです(笑)。

投稿: ANCHOR | 2006.02.21 01:31

料理も札も色鮮やかで◎。
くるりんと円形に並べたカードがきれい。(マジシャンの手つきで)
“食神”の審査員なら、転がりまくりながら感嘆してくれるお料理でしょうか。色のきついのをひとつ、味わってみたいです。

投稿: セーラーメ〜 | 2006.02.21 23:25

>セーラーメ~さん

>>料理も札も色鮮やかで◎。

いかにも豪華でめでたい感じです。

>>くるりんと円形に並べたカードがきれい。(マジシャンの手つきで)

もう一度やれと言われてもできないくらいうまくいきました(キツネの手で)。

>>“食神”の審査員なら、転がりまくりながら感嘆してくれるお料理でしょうか。色のきついのをひとつ、味わってみたいです。

『食神』、観れてないんですよ。きーっ(突然の切れっぷり)。

カードを眺めていると、前菜、主菜、副菜はもちろん、デザートまで充実しています。どこの国も貴族はいいもん食べていたんですね……。

投稿: ANCHOR | 2006.02.22 01:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6416/8705411

この記事へのトラックバック一覧です: 満漢全席という名のカード:

« イタリアでゲットだぜ! | トップページ | 神戸空港マリンエアを覗く »