« Google Videoで玉砕 | トップページ | 布団のある風景 »

2006.01.26

続々・雪の残る夜

昨夜は赤い布団が干されていたかどうかを調査しないまま夜明けを迎え、どうも気になって朝もなかなか目が覚めないほどだった。

今宵はどうだ。

PICT7674


……まるで当然のようにこの様子。

布団ってそんなに毎日毎日干すものなのか?

それとも、干しても干しても追いつかないほど家中が布団だらけなのだろうか?

|

« Google Videoで玉砕 | トップページ | 布団のある風景 »

コメント

というよりも、夜露の降りる夜に、どうして干すの?
という根源的な疑問に、私はどうしても立ち返ってしまいます。。。

投稿: アッシュ | 2006.01.26 10:07

>布団ってそんなに毎日毎日干すものなのか?
できればそうしたいものです。私がもし大富豪になりました
ならば、お布団干し係りを雇い入れ、毎夜もぐりこむ布団が
常にふかふかのおひさまの匂いで満たされるよう腐心する
でしょう。でもそれはあくまでお天道様あってのお話。
深夜に行うということは・・・。

「布団=干す」という日常の思考に鋭いアンチテーゼを
促す現代アートではないでしょうか。芸術は爆発です。
本来ふかふかほわほわであるべき布団を敢えて
夜露に晒し、アタマの固い現代人へのメッセージ。
「西の空に、ひとつの布団が飛んでいく・・・それがボクなんだよ!」

投稿: mawi | 2006.01.26 17:24

今の時期、いくら寒風吹き荒れてるといっても夜露の降りる(というか今は霜?)時間帯に干すというのはホント不思議ですよね。

干したものを取り込み忘れたという訳ではなく、何らかの意図があってやっているんですよねぇ。

アート説が妥当な気がしてきました(^^:

投稿: 佐藤@スケーター | 2006.01.26 20:19

お昼間に毎日干すならわかります。暖かで気持ちいいです。
しかーし、夜は、しけってしまうので不思議。なんでしょうね。毎回違う布団ってところがおもろいです。現代アートは好きですが、これは理解できませーん。おもしろいからOKなんかなぁ。

投稿: Joちゃん | 2006.01.26 21:19

シリーズ化決定ですか。
では、
「冷たい布団に”毎日”寝なければならない刑」か、
「今、布団は干してるからオミャーの寝る布団はネーズラ!の刑」
が実行されている?!

はたまた、
「今年の冬は布団も凍るほど寒いかを確認する実験」
をしている。。。とか。

投稿: イメカ | 2006.01.26 23:40

今度は布団シリーズかぁ。
温麺シリーズはまだあるのでしょうか(笑)

投稿: quark | 2006.01.27 00:35

>アッシュさん

>>というよりも、夜露の降りる夜に、どうして干すの?

中綿をはじめ繊維という繊維の隙間に、夜露をたっぷりと取り込みたい……そんな願望さえ透けて見えます。寝ている間に天候が悪化しても、こんな考え方ならむしろ歓迎ムードに。

「家の中が乾燥しすぎているが加湿器が買えない。
 喉が痛くて風邪も引きやすくなり困っている。
 部屋に水を撒くわけにも行かず……
 そうだ、布団を湿らせたらどうだろう!
 いやぁ、こりゃあ具合がいいや!
 お隣さんもどうですか。
 え、やらない?
 こんなにいいのにもったいない」


>mawiさん

>>お布団干し係りを雇い入れ、毎夜もぐりこむ布団が
>>常にふかふかのおひさまの匂いで満たされるよう腐心する

みなさんの分をわたしが干しますので、ぜひ雇い入れてください(笑)。

>>「布団=干す」という日常の思考に鋭いアンチテーゼを
>>促す現代アートではないでしょうか。芸術は爆発です。
>>本来ふかふかほわほわであるべき布団を敢えて
>>夜露に晒し、アタマの固い現代人へのメッセージ。

布団の実用性を犠牲にし、自らの睡眠にダメージを与えながらも世に問うメッセージ。
芸術の道は険しく厳しいもの。
布団を昼に干すなら誰にでもできる。
布団を夜に干すのは選ばれた民にのみ許された聖なる行為なのであーる。

アートならいいけど政治思想や宗教だったらちょっと……。

>>「西の空に、ひとつの布団が飛んでいく・・・それがボクなんだよ!」

そのときになって初めて、眠るときはいつもそこにあって包んでくれるもんだと思い込んでいた布団の有り難みが、人類の心に深く刻み込まれるのでありました。
深い。


>佐藤@スケーターさん

>>干したものを取り込み忘れたという訳ではなく、何らかの意図があってやっているんですよねぇ。

22時前に通ると干しておらず、23時から24時を回ってから通ると干してあるのです。
周囲が干していなくとも、我が道を行く。

>>アート説が妥当な気がしてきました(^^:

この無造作なアートの意図を最初に読み解くのはどこの芸術集団なのでしょうか(^^;)。


>Joちゃんさん

>>お昼間に毎日干すならわかります。暖かで気持ちいいです。

できれば朝から干して、日が陰る前には取り込みたいです。

>>なんでしょうね。毎回違う布団ってところがおもろいです。

ご家族全員が同意のうえで行なっているんですかなあ。ひとりの布団にしたら、ずいぶんと布団持ちな方です。

>>現代アートは好きですが、これは理解できませーん。おもしろいからOKなんかなぁ。

一晩干した、湿って冷たい布団で朝寝するのが楽しみなリタイア生活者でしょうか。
前衛的な現代アートからも一歩先んじてしまったのでしょうか。
謎めいています。


>イメカさん

>>シリーズ化決定ですか。

こんなに毎晩干しているとは思いませんでした。

>>「冷たい布団に”毎日”寝なければならない刑」か、
>>「今、布団は干してるからオミャーの寝る布団はネーズラ!の刑」

きびしー。
まだまだこれから冷え込む時期が続くのに、布団を人質に取られるのは地獄。

>>「今年の冬は布団も凍るほど寒いかを確認する実験」

実験のために布団を提供する人が輪番制なので、毎晩違うのが干してあるんでしょうか。


>quarkさん

>>今度は布団シリーズかぁ。

世の中、何がシリーズになるかわからないですなあ。

>>温麺シリーズはまだあるのでしょうか(笑)

昨年Deep Spaceを攻めた素材があるんですが、こちらが開店休業中だったので書き上げられないまま眠ってます……。

投稿: ANCHOR | 2006.01.27 19:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6416/8342470

この記事へのトラックバック一覧です: 続々・雪の残る夜:

« Google Videoで玉砕 | トップページ | 布団のある風景 »