« 続々・雪の残る夜 | トップページ | 中野王子、しゃべらナイトに現る »

2006.01.27

布団のある風景

思わぬ流れで連載となってしまった感のある深夜布団。

こうなったらとことん付き合おうじゃないの、と26日の夜も件の場所を通って帰宅した。

PICT7744


揺るぎない方針


この夜もまた、フェンスに干された布団が何かを主張している。
しかしその主張を誰も感じ取れないのが双方にとって不幸だ。

これまでの観察によれば、布団はほぼ23時以降に姿を現わし、翌朝9時半頃に通るときには姿を消している。

いつ取り込まれるのかはわからないが、少なくとも夜限定のお披露目であると推測できる。


ところが、だ。

今朝はちょっと遅めの10時前に通ったところ、こうなっていた。

PICT7745


昨夜のまんま


どうなっておるのかね、チミ!


そろそろパターンが読めてきたと思ったところでこれだ。
過信を諫められたかのよう。

あるいは布団に込められたメッセージを受け取るべき対象が、朝になっても帰って来ていないのか……。

|

« 続々・雪の残る夜 | トップページ | 中野王子、しゃべらナイトに現る »

コメント

これは、受け取り手の「Re:」なのではないでしょうか。

白布団さんたらお布団干した。
黄色布団さんたら寝ないで干した。
仕方がないからお布団干した。
「さっきの布団のご用事なあに?」

投稿: mawi | 2006.01.28 02:04

>mawiさん

>>白布団さんたらお布団干した。
>>黄色布団さんたら寝ないで干した。
>>仕方がないからお布団干した。
>>「さっきの布団のご用事なあに?」

同じ種である生命体間でさえ正しくコミュニケーションをとるのは難しいという古来からの真理を、山羊の姿を借りて鋭くえぐった日本が世界に誇る名作に、現代社会の暗部を深く落とし込んだ平成の童謡が誕生しました。

受信料不払いに泣くNHKは今すぐ「みんなの歌」に採用し、国民が望んで受信料を支払うよう改革すべし!

投稿: ANCHOR | 2006.01.29 00:43

もしかして、このお宅は布団メーカーにお勤めで、「夜間でも干せる(?)」事をコンセプトとした新型布団の実戦テストをしているのかも(^^;

投稿: 佐藤@スケーター | 2006.01.29 20:06

>佐藤@スケーターさん

>>「夜間でも干せる(?)」事をコンセプトとした新型布団の実戦テスト

ご自宅でもデータ収集と改良に余念がないとは開発者の鑑です(笑)。

ちなみに今宵は、実戦テストをサボっておられました(^^;)。

投稿: ANCHOR | 2006.01.31 01:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6416/8360017

この記事へのトラックバック一覧です: 布団のある風景:

« 続々・雪の残る夜 | トップページ | 中野王子、しゃべらナイトに現る »