« 刺身盛り一丁 | トップページ | 五十六の名を持つカレー »

2006.01.09

牛乳という液体

年末に買って封を切っていなかった紙パックの牛乳が、1月9日に消費期限を迎えることに気付き、カスピ海ヨーグルト作成を実行した。

3年くらい前になにやら由緒正しい菌を仕事場の先輩からいただいた。実はいきなり失敗し(500ミリリットル分の種を1リットルの牛乳に叩き込んだ)、一緒にもらった同僚からこっそり分けてもらって現在に至る。

1リットルパックの半分を使うため、カスピ海のために使わない分は飲んでしまうことにし、ミルクパンに移して温めようとした。

その際、どっと流れ出た牛乳がミルクパンの底にぶち当たったあと内側に沿って大きく立ち上がり、そのまま外にあふれ出てコンロ周りを激しく汚した。

やや落胆しながらペーパータオルで拭き取る。

気を取り直して温めている間に、牛乳の半量は本来の目的であるカスピ海作成に使用。

そうこうしている間に牛乳が温まる。

ご存じのことと思うが、コンロで熱を加えた牛乳は、ある瞬間に突然入道雲のように表面がふくれあがる。

それはあまりにも突然やってくる。

わたいはこれまでの人生において、牛乳という液体がそのようにふくれあがることを充分に承知しているのにもかかわらず、常に吹きこぼしてきた。

今日こそは……と、コンロの横に仁王立ちで鍋の様子に目を光らせていても、奴は一瞬の隙を狙ってふくれあがる。

今回は、表面に注視していたわたいが、シューッという音と細かい泡の具合からもうそろそろ来るぞ、と注意しつつも、どのコップに注ごうかな、こっちのマグカップかな、いや、天下一品のロゴ入りカップは小振りだから何度もお代わりしないといけないし面倒だな、じゃあこっちの虎柄のでかいのにするか、こっちなら……とわずかコンマ数秒の間、いや某宇宙刑事が蒸着するくらいの短い間、ふと気を逸らした瞬間にふくれあがった。

もちろんわたいも熱した牛乳について素人ではない。

コンロの火を落として鍋を持ち上げ、熱源から遠ざけてやればふくれあがった水位がみるみるうちに下がることを経験上熟知している。

慌てず騒がず、わたいは定められた手順を実行した。

しかし、牛乳のほうが一枚上手だった。

コンロから30センチほど上空まで持ち上げられたミルクパンのなかでふくれあがった奴は、縁を目指して上り詰めるその勢いを急激に失いつつも、最後の刹那、縁を越えてあふれ出たのだ。

わずか0.05秒のカップ選びで雌雄は決していた。

さっき拭いたばかりのコンロはまたびしょびしょになり、今度は熱を帯びた金属に触れて水分が蒸発する音を立てた。

気落ちしたわたいはミルクパンからカップに注ぐときにも牛乳をこぼし、シンク周りはめろめろだ。

丑三つ時を遙かに回る午前4時になにをしているのか。

もう、寝る

|

« 刺身盛り一丁 | トップページ | 五十六の名を持つカレー »

コメント

壮絶な牛乳マンとのバトル!手に汗、握りました!

投稿: イメカ | 2006.01.09 12:50

Anchorさん、今年もよろしゅうに。
私も年末大掃除した直後の台所で
そばをふきこぼし、コーヒーの粉をぶちまけました。
きれいっていうのは3日ももたないと再確認(^^;

投稿: warp9 | 2006.01.09 22:11

状況が手に取るようにわかり、オチがどうなるのかドキドキしました。牛乳って、適当なタイミングでカップに入れないと、上に膜が出来て、カップに注ぐとき邪魔で溢れますよねー(^^;;;
ちなみに、本日は牛乳をぬるめに温めて、移したカップはとっととテーブルの安定した位置に持っていってまったり一服したあとに、コンロ周りを掃除し、下敷きを交換しました。年末に牛乳吹きこぼしてコンロ下の下敷きの上にまで溢れたので、その後始末の下敷き交換でした。

投稿: Joちゃん | 2006.01.09 23:41

>イメカさん

>>壮絶な牛乳マンとのバトル!手に汗、握りました!

次回こそ、奴を打ち倒します!


>warp9さん

こちらこそ、本年もよろしくお願いします。

>>私も年末大掃除した直後の台所で
>>そばをふきこぼし、コーヒーの粉をぶちまけました。

やってしまわれましたか。
コーヒーの粉やお茶っ葉の連中も、隙あらば散ってやろうと虎視眈々狙っていますから要注意ですなあ。

>>きれいっていうのは3日ももたないと再確認(^^;

義務教育中、毎日掃除の時間があったのはなぜなのか、今気付きました(笑)。


>Joちゃんさん

>>オチがどうなるのかドキドキしました。

完敗でした。面目ありません。

>>牛乳って、適当なタイミングでカップに入れないと、上に膜が出来て、カップに注ぐとき邪魔で溢れますよねー(^^;;;

あの膜もくせ者ですよね。スプーンにもからみつきますし。
豆乳の膜なら湯葉になるのに、牛乳の膜は何の役にも立ちません(^^;)。

>>年末に牛乳吹きこぼしてコンロ下の下敷きの上にまで溢れたので、その後始末の下敷き交換でした。

あふれましたか。奴は全国的に暗躍しているんですなあ。
わたしも今日はコンロを掃除しておきました。次に牛乳を温めるときまでは、多分きれいです……。

投稿: ANCHOR | 2006.01.10 02:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6416/8070766

この記事へのトラックバック一覧です: 牛乳という液体:

« 刺身盛り一丁 | トップページ | 五十六の名を持つカレー »