« ピカチュウを背に | トップページ | 続・雪の残る夜 »

2006.01.23

雪の残る夜

帰京したのは深夜0時を回っていた。

よく晴れて星が出ているが、ところどころに凍った雪が残っていて冷え込んでいる。

駅から部屋へ自転車で戻る途中、白くて大きなものが視界の端をかすめた。

雪?

雪にしては形がしっかりしてたぞ。

PICT7646


これはなんだ。

布団に対する何かのお仕置きか。

……いや、この布団で今から寝ろ、というのが一番の仕置き。

|

« ピカチュウを背に | トップページ | 続・雪の残る夜 »

コメント

これはいったい...。布団を干している間に一家離散?、拉致??、家の中でガス中毒死???。だめだ、これはもうコナンに頼むしかない!!(ぉ

投稿: 佐藤@スケーター | 2006.01.23 20:33

>佐藤@スケーターさん

>>布団を干している間に一家離散?、拉致??、家の中でガス中毒死???。

コナンくん不在のため、名探偵毛利小五郎が推理したところ……

「もし、まだひとり暮しで待っててくれるなら……白い布団を干しておいてくれ。それが目印だ。もしそれが干してなかったら、オレはそのまま引き返して、二度と蒲田には現われないから……」

……そんないい話じゃないですか、そうですか(笑)。

投稿: ANCHOR | 2006.01.24 02:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6416/8291525

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の残る夜:

« ピカチュウを背に | トップページ | 続・雪の残る夜 »