« 魂の発露 | トップページ | 入口を奪い合った結果 »

2005.08.06

安全な水を飲め

中国の水道水は、そのままでは飲めない。だからどこへ行っても沸騰させたお湯(開水)を暖瓶(魔法瓶)に入れて常備している。

宿に泊ると、服務員が定期的にこの暖瓶を交換に来るし、使い切って足りなくなったら、フロアのどこかに熱湯の出る蛇口があるので、自分で汲めばいい。

列車に乗っても必ず暖瓶は備えられていて、これまた定期的に車掌が交換したり足したりしてくれる。

お湯はどこででも手に入るので、彼らは自分の湯飲みとマイお茶っ葉を携帯し、好きなときに好きなだけお茶を飲んでいるのであった。

しかし、暑いときに熱いお茶を飲む習慣も、ミネラルウォーター(鉱泉水)のペットボトルが普及したことで変わった。

ペットボトルの普及とともに、ペットボトルを回収する謎の人々が現れた。

彼らが集めたペットボトルはリサイクルに回されるのではなく、適当に水を詰めてまた商品として売られたりするのである。まあ、それもある意味リサイクルではあるが。

そういうボトルは、新品のはずなのにキャップが音もなく回ったり、複数のボトルを横から眺めると明らかに水位が異なっていたりして、非常に怪しい。

ペットボトルの中にストローを入れた状態で売る、というサービスが、余計に“リサイクル”の隠れ蓑になっているのではなかろーか、と思うことがある。

10年前の天安門広場にはその手のリサイクラーたちがたくさんいた。しかし北京オリンピック誘致のために政府が周辺を整備した際、“掃除”されてしまった。

6月に行った海南島ではリサイクラー健在だったが、おもに子供たちの仕事のようだった。

さて、その海南島と広州を結ぶ飛行機の中で配られた水。

PICT6297.jpg

しゃれた形でかっこいいぞ。

かっこいいだけではなく、安全にも配慮がある。


PICT6295.jpg

フタを開けると貼ってあるテープが破れ、“開封済み”であることがひと目でわかるようになっているのだ。

テープの真ん中には十字に切れ目が入れてあり、破れやすくなっている。

これなら安心だ!

しかし。


PICT6299.jpg

糊が弱いので、きれいに剥がれた。

あかんやん

|

« 魂の発露 | トップページ | 入口を奪い合った結果 »

コメント

ボトルデザインが日本にはないセンスを感じさせてくれますね。封印ラベルは見た瞬間「簡単にはがれそうだな」と思ったら、やっぱりそうでしたか(笑 ラベルもコピー品で中身は得体の知れない水なのかも((;゚Д゚)ガクガクブルブル

投稿: 佐藤@スケーター | 2005.08.06 20:53

飲んで大丈夫でしたか~?
飛行機の中で配られるような水だから大丈夫なはずって安心しちゃうのは日本人だからでしょうか?
やはり、四千年の歴史はあなどれません。

投稿: 魚政 | 2005.08.07 17:48

ワトソンズですよね?
ボトルのキャップは、この黄緑色の他に、青もあります。
香港のコンビニでも見かけました。
でも・・・シールの意味って。。。

投稿: アッシュ | 2005.08.08 14:31

>佐藤@スケーターさん

>>ボトルデザインが日本にはないセンスを感じさせてくれますね。

こじゃれているので、持って帰ってきました。
でも、結局使う機会がないんですよね。

>>封印ラベルは見た瞬間「簡単にはがれそうだな」と思ったら、やっぱりそうでしたか(笑

きれ~に剥がれ、後も残りません(笑)。

>>ラベルもコピー品で中身は得体の知れない水なのかも((;゚Д゚)ガクガクブルブル

水まで海賊(笑)。


>魚政さん

>>飲んで大丈夫でしたか~?

既に前夜の本格的な四川火鍋に消化器系がやられていたので、この水がどれほど人体に影響を与えるのかは謎に終わりました。

>>飛行機の中で配られるような水だから大丈夫なはずって安心しちゃうのは日本人だからでしょうか?

この水も、並べて横から見たら水位が違っていたのかもしれません。

>>やはり、四千年の歴史はあなどれません。

積み重ねた歴史を、もっと有効に使う道はないものかと思います(笑)。


>アッシュさん

>>ワトソンズですよね?

おお! 有名なんですか!?

>>ボトルのキャップは、この黄緑色の他に、青もあります。
>>香港のコンビニでも見かけました。

色が違うと中身も違うのでしょうか。炭酸入りとか。

>>でも・・・シールの意味って。。。

ただの“ポーズ”に近いですよね……。

投稿: ANCHOR | 2005.08.25 02:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6416/4766949

この記事へのトラックバック一覧です: 安全な水を飲め:

« 魂の発露 | トップページ | 入口を奪い合った結果 »