« さらば、奇跡の職人 | トップページ | 冷静さを保てず »

2005.07.26

本格中華に舌鼓

新橋駅前のニュー新橋ビル地下では、尊敬語や謙譲語を巧みに操る大陸の方々が経営されている居酒屋が鎬を削っている。

骨肉の争いを続ける彼らとはまた別のまったりした雰囲気で、並びにはこんな店もある。

PICT7142.jpg


赤地に黒で何が書いてあるのか寄ってみれば、こうだ。

PICT7143jpg.jpg

場中華料理
色々ございます

ほぉ、そうか。
どれどれどんな中華を楽しませてもらえるのかな?

PICT7144.jpg

チャンポン

チャンポン」。

本格中華なのか?
チャンポンのチャンって、まさかと思うけどあのチャン?
いいのか?

と思って調べたら、こうだ。

長崎ちゃんぽんの歴史と由来

(前略)

ちゃんぽん(チャンポン)の語源には諸説あります。
1.中国、福建省の方言で簡単な御飯の意味の、喰飯(シャンポン)がなまったもの。
2.ポルトガル語の「チャンポン(混ぜる・混合するの意味)」がなまったもの。
3.当時の中国人の呼び方である「チャン」と日本人の「ポン」を取ってチャン+ポンと名付けた。

(中略)

ちゃんぽん(チャンポン)の由来も諸説あります。「明治初年、長崎人である本吉某が、丸山にて支那うどんをちゃんぽん(チャンポン)と名付けて開業したもので、ついにちゃんぽん(チャンポン)は支那うどんの固有名詞となった」と文献に残されています。

(後略)

みろくや

で……本格なのか?

高菜らーめん」をはじめとする「らーめん」は?

|

« さらば、奇跡の職人 | トップページ | 冷静さを保てず »

コメント

九州経由で中国に至る道のりをディスプレイで表現していらっしゃるんでしょう。

投稿: すしバー | 2005.07.26 08:55

店頭に展示しているメニューは一般向けで常連になるとフラグが立って裏メニューが出てきて「色々ございます」な事になるんじゃないかと(汗

高菜らーめん650円というのは良心的プライスな感じがします。ちゃんぽんが高すぎ??

投稿: 佐藤@スケーター | 2005.07.26 21:33

>すしバーさん

>>九州経由で中国に至る道のりをディスプレイで表現していらっしゃるんでしょう。

手の込んだネタの仕込みです。
それよりなにより、そもそもわたしが「本場」と「本格」を間違えて写してました……。


>佐藤@スケーターさん

>>常連になるとフラグが立って裏メニューが出てきて「色々ございます」な事になるんじゃないかと(汗

一般市民に特典を示し、「常連になれ!」と励ましてくれているんですね。

>>高菜らーめん650円というのは良心的プライスな感じがします。ちゃんぽんが高すぎ??

150円の違いは具の違いでしょうか。好意的にとれば、チャンポンには野菜がふんだんに使っているということなのでしょうが、写真ではそれほどの違いが見えないですなあ。

投稿: ANCHOR | 2005.07.27 00:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6416/5153167

この記事へのトラックバック一覧です: 本格中華に舌鼓:

« さらば、奇跡の職人 | トップページ | 冷静さを保てず »