« 値段に惹かれた話 | トップページ | 透明宇宙船の秘密 »

2005.06.13

飛び出す男と男

店内に店員がひとりしかいないコンビニのレジに並んでいたら、わたいの前で198円の品を買った青年が、100円玉2枚をカウンターに置いた。

青年は何を慌てていたのか、200円を置くや否やレジを通った商品をひっ掴み、表へ飛び出していった。

お客さん、お釣り!」と叫ぶ店員の声も届かない勢いだ。

店員は釣りの2円を握りしめると、レジ開けっ放しで飛び出していった。

数分後、はーはー息を切らせて戻ってくるまでレジは大きく口を開いたままだ。

わたいがコンビニ強盗だったら、濡れ手に粟だった。

いいのか、□ーソン

|

« 値段に惹かれた話 | トップページ | 透明宇宙船の秘密 »

コメント

レジの後ろに忍び込んで、制服を着て、
店員になりすまして、レジ応対してみる、というのはどうでしょう。

投稿: quark | 2005.06.13 20:25

まぁ、おそらくバックヤードにもう一人監視カメラ眺めながらご飯食べてる休憩中の店員さんが待機していたと思いますから、何かあれば出てきたと思いますけど。 しかし、それでもせめてレジは閉めてから追いかけるべきですよね(^^;;

投稿: 佐藤@スケーター | 2005.06.14 21:16

>quarkさん

>>レジの後ろに忍び込んで、制服を着て、
>>店員になりすまして、レジ応対してみる、というのはどうでしょう。

しまった!
制服を間違えてTOSのパジャマみたいなやつを着てしまった(しかも赤)!


>佐藤@スケーターさん

>>まぁ、おそらくバックヤードにもう一人

そうですよね、いますよね。

>>しかし、それでもせめてレジは閉めてから追いかけるべきですよね(^^;;

走り去る店員さんの背中に、レジの横に置いてある「割れたら色の付くボール」を、つい投げてみたくなりました……。

客にそんないろいろな思いを抱かせないよう、ぜひレジは閉めてから追いかけていただきたいものです(笑)。

投稿: ANCHOR | 2005.06.15 00:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6416/4360858

この記事へのトラックバック一覧です: 飛び出す男と男:

« 値段に惹かれた話 | トップページ | 透明宇宙船の秘密 »