« 温麺XVIII 悲しみの星に消えたシャトル | トップページ | マトン、ラム、マトン:3月30日 »

2005.04.12

温麺XIX 謎の潜入者

看板の電気を切られ、シャトルを失った冷麺専門店。

もう復活の期待は持てない」と多くのみなさんを失意のどん底に叩き込みながら、3月中旬も動きのないまま過ぎ去った。

このままフェードアウトするのかと思われた3月22日。遅い昼飯を摂って仕事場へ戻る途中の上司とわたしの視界に、いつもと違う冷麺専門店の風景が飛び込んできた。

扉が開いている

ただ開いているだけではない。中に人が入って何か話し込んでいるではないか。

ハリマン店長でもなければ新店長でもマネージャーでもない。
もちろん背広や赤パーカーでもない、新手の人物の登場だった。

DVC00001.jpg
撮影 by 上司


ガラスが反射して見づらいが、中では背広の男性ふたりとヒップホップ系の私服に身を包んだ男女が、雑居ビルのオーナーらしき初老の男性から話を聞いている。

DVC00005.jpg
撮影 by 上司


ここは11月からもう……」「居抜きで借りたら……」などという会話が断片的に聞こえてくる。

11月からもう……だと?

中に入って一緒に聞かせろ!

しかしそれは叶わぬ願いだ。

DVC00008.jpg
撮影 by 上司


油断していたわたいは商売道具のカメラを持っていなかった。上に掲げた写真は上司が携帯電話のカメラで撮影したものを提供していただいた。

いったん撮影を打ち切り、急いで仕事場に戻ってカメラを手にすると、ふたりとも無言で現場にとって返す。

冷麺専門店では、まだビルオーナーの説明が続いていた。


PICT4395.jpg


入口の看板は好きなように変えてもらっていいですから
初老のビルオーナーが言う。

そらそうやろ。入口の看板だけは「珍麺」のままにしといてもらいたいんですとは言わんやろ。
一同はぞろぞろと連れだって田町通りへ出ると、なにやら密談を続ける。

PICT4394.jpg


おそらくロケーションの話でもしているのだろう。
言ってやれ、ビルオーナー。この場所は縁起悪いぞ、と。

CIMG0039.jpg
撮影 by 上司 with EXILIM


再び店内に戻ってきた彼らは、室内をあれこれと点検し、厨房を覗いてみたりしながらしばらくの間熱心にビルオーナーとしゃべっていた。

居抜きで”この艦を乗っ取るつもりか。
それでいいのか、ハリマン。
ていうかホント、キミらどこに逃げたんだ。

次回、最終回。

|

« 温麺XVIII 悲しみの星に消えたシャトル | トップページ | マトン、ラム、マトン:3月30日 »

コメント

上司どの、グッジョブ!
Mr.ANCHORは良い上司をお持ちです。

なんと謎の星人の影?!
「さらば、温麺よ」の日がくるのでしょうか。(珍麺だけど)
(T_T)

投稿: イメカ | 2005.04.13 00:19

> 次回、最終回。
いやぁぁぁぁぁ!
温麺シリーズが打ち切りだなんて!

これから"温麺United.com" のドメインを取って
世界から寄付を募りますよ!(笑)

投稿: quark | 2005.04.13 00:22

>イメカさん

>>上司どの、グッジョブ!
>>Mr.ANCHORは良い上司をお持ちです。

いやあ、ほんとに公私ともにお世話になっております。

>>「さらば、温麺よ」の日がくるのでしょうか。(珍麺だけど)

食べられないと思うと余計に食べたくなるものですなあ。
意外に旨かっただけに……場所が悪いのか経営が悪いのか……。


>quarkさん

>>温麺シリーズが打ち切りだなんて!

ENTを真似して最終回を告知しました(笑)。

>>これから"温麺United.com" のドメインを取って
>>世界から寄付を募りますよ!(笑)

バナーを貼らなければ(笑)。

“世界中から300人”の温麺ファンが集まって、赤坂店から大阪本店までデモ行進をしてくれるでしょうか(笑)。

投稿: ANCHOR | 2005.04.13 00:30

赤坂から大阪までの行進はさすがにきつそうです。
さらば珍麺号。。大阪に行けば温麺食べれますかね。

投稿: odo | 2005.04.13 01:03

何事にも終わりはあるものです。そんなことは判っています。しかしですよ、残った謎があまりにも多すぎます・・・
次のシリーズ(スピンオフ・・・なのか?)が実り多きものであることを願いつつ、最終回を楽しみにしています。

投稿: LAY | 2005.04.13 02:15

あきらかに、エピローグが近づいている雰囲気がありますねぇ。
願わくば、また次のオーナーも食べ物屋をやって欲しいと思います。

投稿: すしバー | 2005.04.13 09:52

温麺・・・
冷麺しか知らなかった私が初めて耳にした?
時はまだ去年の秋の頃。
本当に最初から謎だらけで不可解なお店でしたねぇ・・・
そうですか、次の方がお決まりになりましたか。
でも温麺の記憶は私達の心から消えはしないでしょう!永遠に!
なんて、最終回に大どんでん返しがあるなんて事ないですか?


投稿: misasu | 2005.04.13 10:21

おぉぉー、次回最終回!!
CSI:マイアミ、ニューヨークのように新しい物語が始まるといいですねえ。

……ハリマン店長どこへやら。

投稿: 星羅 | 2005.04.13 14:18

>odoさん

>>大阪に行けば温麺食べれますかね。

大阪に一人送り込むはずだったのですが、話が流れに流れている模様。
あれもまた「近々」で済まされてしまうのか……。


>LAYさん

>>しかしですよ、残った謎があまりにも多すぎます・・・

伏線張りまくった挙げ句、収拾をつける前に打ち切られたような……。

スピンオフ……逃げたハリマン店長らが、どこかでひっそりと温麺を作り続けているなら、地の果てまでも追いかけたい気持ちです(笑)。


>すしバーさん

>>あきらかに、エピローグが近づいている雰囲気がありますねぇ。

ダメを押されているような感じですなあ。

>>願わくば、また次のオーナーも食べ物屋をやって欲しいと思います。

すしバーさんの願いが届きますよう。


>misasuさん

>>本当に最初から謎だらけで不可解なお店でしたねぇ・・・

研修とか税関とか厨房の機械が壊れたとか……。

>>なんて、最終回に大どんでん返しがあるなんて事ないですか?

もしそうだったら、すぐに「温麺フェイズ2」がスタートします(笑)。


>星羅さん

>>CSI:マイアミ、ニューヨークのように新しい物語が始まるといいですねえ。

わたしも珍麺が巻き返しを図って、新たな姿を見せてくれることを期待しています。

>>……ハリマン店長どこへやら。

エンタープライズBのハリマン艦長はカーク以降、ただ一人「艦を壊して失わなかった」艦長でした。我らがハリマン店長も物理的に艦を壊しはしませんでしたが、失脚してしまいましたなあ……。

投稿: ANCHOR | 2005.04.14 02:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6416/3677218

この記事へのトラックバック一覧です: 温麺XIX 謎の潜入者:

« 温麺XVIII 悲しみの星に消えたシャトル | トップページ | マトン、ラム、マトン:3月30日 »