« 確実に締めろ | トップページ | カウンターの風景 »

2005.03.16

経験値を上げる店

PICT4251.jpg

出前1回につき50円発達料としていただきます

発達料として

*「神の声が聞こえます。
*「天狗よ。
  あと50円の経験で
  次のレベルに なるじゃろう。
*「ほかにご用はありますかな?

|

« 確実に締めろ | トップページ | カウンターの風景 »

コメント

「配達お願いします。」
「発達ですね。50円いただきます。」

♪パララパッパッパー

天狗はレベル11になった。
うなぎ蒲焼斬りをおぼえた。

投稿: アッシュ | 2005.03.16 11:29

毎日毎日発達?して精進していたら
最高レベルはどの位なもんでしょうか?
うーん想像すると将来凄過ぎる天狗に・・・
(凄過ぎる天狗って何? 笑)


投稿: misasu | 2005.03.16 17:44

ちゃんと『配達』と書けるくらい発達していただきたいものです。

投稿: すしバー | 2005.03.16 19:08

地鳥刺身!(地"鶏"じゃないのか)
食べたことないなぁ。おいしいんですか?

投稿: quark | 2005.03.16 20:22

他のはどこの居酒屋でもまぁ定番っぽい感じですが、「コイ刺身」てのはちょっと珍しい気がしますなぁ(^o^)

投稿: MIZ | 2005.03.16 20:40

誤植シリーズ絶好調ですね(w

発達、特定能力upの指定はできるんですかね?。

店員「発達料50円になります」
お客「では、ちょっと後頭部が気になるのでそこを発   達してくれ」
店員「・・・それは別料金になry・・・」
お客「( ´∀`);y=ー(゚д゚)・∵. ターン」

投稿: 佐藤@スケーター | 2005.03.16 23:09

酒の肴を出前?

投稿: イメカ | 2005.03.16 23:32

>アッシュさん

>>♪パララパッパッパー

天狗は、自分の口でそう言ってレベルを上げそうです(笑)。

>>うなぎ蒲焼斬りをおぼえた。

うなぎの蒲焼きを上手に斬るのか、うなぎの蒲焼きで上手に斬るのか。
うなぎの蒲焼きを誰かが食べるのか、誰かが喰らうのか。
憶測が憶測を呼ぶ技です。
早く天狗にレベル11になってもらって、技を披露してもらいたいですなあ(笑)。


>misasuさん

>>毎日毎日発達?して精進していたら
>>最高レベルはどの位なもんでしょうか?

わりと古い店構えだったので長く営業しているのだと思いますが、それからするとレベルを上げるのはなかなか大変みたいです。

>>うーん想像すると将来凄過ぎる天狗に・・・
>>(凄過ぎる天狗って何? 笑)

貯まった発達料をムダに『銭投げ』して浪費する天狗……(笑)。


>すしバーさん

>>ちゃんと『配達』と書けるくらい発達していただきたいものです。

達筆なだけに、レベルを上げるパラメータに偏りがあるのではないかと疑われますなあ。


>quarkさん

>>地鳥刺身!(地"鶏"じゃないのか)
>>食べたことないなぁ。おいしいんですか?

敢えて鶏に限らず“鳥”なんですかな。
天狗としての機動力を活かして、そのあたりをパタパタ飛んでいる鳥を“仕入れ”ているのかも。
残念ながら注文しなかったので味のほうは謎です(味のほう以外も謎やん)。


>MIZさん

>>他のはどこの居酒屋でもまぁ定番っぽい感じですが、「コイ刺身」てのはちょっと珍しい気がしますなぁ(^o^)

「濃いぃ刺身」は確かに珍しいですなあ(笑)。

ちなみにチェーンの「天狗」ではなく、地味な雰囲気の独立した店でした。
店長は座敷で座椅子にもたれたままずっとテレビを観ていて、奥さんがひとりで注文を受け、調理し、配膳。その間にも店長は「タバコ!」「新聞!」「お茶!」と自らの注文を通し、奥さんは客あしらいの途中に対応するという完全亭主関白劇場型店舗です。


>佐藤@スケーターさん

>>お客「では、ちょっと後頭部が気になるのでそこを発   達してくれ」

客先まで行って、客を発達させるための料金だったんですか!(笑)


>イメカさん

>>酒の肴を出前?

もちろん、モロキュー一個から+50円で発達します。
一応、丼物もできますので、モロキューのついでにご注文ください。
一品でも百品でも発達料は50円です(笑)。

投稿: ANCHOR | 2005.03.17 12:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6416/3316026

この記事へのトラックバック一覧です: 経験値を上げる店:

« 確実に締めろ | トップページ | カウンターの風景 »