« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005.02.28

iPod Shuffle は忘れた頃にやってくる

長かった。

あまりに長いので忘れかけていたが、2月28日に Amazon から届いた小さな梱包はiPod Shuffleだった。

PICT4044.jpg

1月15日に発注してから35日目。

1月12日に1台目の発注をかけられたぴりぴりさんのところには、1台目どころかその後発注された2台目まで到着していた。

1台目は発注1/12-->到着1/26,注文後2週間で到着でした。ふむ。2台目は発注のタイミングが最悪だったとはいえ,長かった....。発注1/29-->到着2/23だから,25日かかっております,ほとんど一ヶ月である。ううむ。
2台目iPod Shuffle到着 ぴり・ぴり

さすがはApple Storeだ。Amazonの完敗である。

iTunesをインストールすると、これまでMusicmatch JukeboxでMP3化していたファイルが自動的に読み込まれた。
お、賢いぞ。これは便利だ。

iPod Shuffleへおまかせでファイルを移し、首からぶらさげられるように、USBのキャップを同梱されているヒモ付キャップに交換。

PICT4070.jpg


ぶらさげているときに外れて落ちたりしないのだろうか……などと思いつつ、3月1日の朝、早速音楽を聴きながら仕事場へ。

記念すべき1曲目は? ……と耳を澄ますと、聞こえてきたのは

タリラリランのコニャニャチハ」(元祖天才バカボンのオープニング)

……なんでそんな曲のMP3持ってんだ、わたい。

李香蘭やらブルース・ブラザースやらドラバラ鈴井の巣コンプリートやらネメシスのサントラやらをランダムに聞きながら仕事場に到着し、ビルのエレベーターを降りたところでiPod Shuffleが勢いよく床に落ち、カラカラコーンッと乾いた音を上げた。

やっぱり落ちたか。

PICT4060.jpg


……って、キャップが外れたのではなく、ヒモが外れてるやん。

なんだ? 管にヒモの先を差して糊で留めてあるだけなのか。こらあかん。

なにか別の方法を考えねば。

そして夜、帰ろうとしてジャケットのポケットからイヤホンを出すと、スポンジが片方なくなっている。

装着するのが面倒なわりには取れるのは簡単なんだな……。

PICT4066.jpg


初日からぐだぐだな感じ。

しかしこれはこれで便利なこともある。

スポンジ装着状態ではパッと見てわからなかった左右の区別がすぐにつくようになった。
スポンジなしが右、ありが左だ。

前向きに行こう、何事も。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005年のMotoGPカレンダー(決定)

FIM、2005年2月18日。

2005 WGP カレンダー
Round 01  4/10 スペイン:へレス
Round 02  4/17 ポルトガル:エストリル
Round 03  5/ 1 中国:上海
Round 04  5/15 フランス:ル・マン
Round 05  6/ 5 イタリア:ムジェロ
Round 06  6/12 スペイン:カタルーニャ
Round 07  6/25 オランダ:アッセン
Round 08  7/10 アメリカ:ラグナセカ
Round 09  7/24 イギリス:ドニントンパーク
Round 10  7/31 ドイツ:ザクセンリンク
Round 11  8/28 チェコ:ブルノ
Round 12  9/18 日本:ツインリンクもてぎ
Round 13  9/25 マレーシア:セパン
Round 14 10/ 1 カタール:ロサイリ
Round 15 10/16 オーストラリア:フィリップアイランド
Round 16 10/23 トルコ:イスタンブール
Round 17 11/ 6 スペイン:バレンシア
MotoGPクラスのみの開催
決勝=土曜日
元ネタ:motogp.com

既に一度、5月下旬から6月上旬のスケジュールが変更されていた。今回はシーズン開幕を間近に控えながらの大きな変更だ。いくらなんでもこれで決定だろう。

昨年秋の暫定カレンダー発表以降、変更されたポイントは4つ。

1:ブラジル、リオはキャンセル

そのため、第2戦~第3戦と地方回りの日程だったのが、5月頭の上海だけ単発でアジア遠征という中途半端な移動スケジュールになってしまった。

2:トルコで初のMotoGP開催

ブラジルがキャンセルされたためポルトガルが第2戦に移った。その跡地である第16戦には、トルコのイスタンブールサーキットが入った。この8月にF1が開催されるサーキットだが、実はまだ完成していない。F1までにはできる予定だそうだ。まるで2004年のギリシアオリンピックを思い出させる泥縄日程だが、MotoGP関係者は全然気にしていないのだとか。

3:鈴鹿8耐にGPライダーは来ない?

鈴鹿8時間耐久レースには、毎年GPライダーが招聘されていた。彼らのなかには耐久レースを走りたい者もいたし、契約だからしょうがなく走っている者もいた。この2005年は、ドイツGPのレースウィークと鈴鹿8耐のレースウィークが、MotoGP側の日程変更により重なってしまった。そのため、そもそも来日が不可能となったのだ。日本人ライダーの諸君は名を上げるチャンスだ。

4:やはりチャンピオン決定はドサ回りで?

前回2005年のMotoGPカレンダー(暫定)で「チャンピオン決定はヨーロッパで?」と書いたが、第16戦がトルコに変わったため、ヨーロッパに戻る前にチャンピオンが決まる確率がぐぐっとアップした。凱旋レースになるか、消化試合になるか、楽しみなことである。


小ネタ
・2005年のMotoGP放映権は日本テレビが購入

全国ネットなのか、生放送なのか録画なのか、今のところまだ細目は何も決まっていないそうだが、放映されるだけでも幸いだ。契約は2007年までの3年間。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.02.27

世界中のファンが集結

『スタートレック:エンタープライズ(ENT)』が第4シーズンで終わるという発表を受けて、世界中のスタートレックファンが立ち上がったというロイターのニュース。

(前略)放映終了に抗議する世界中の「スタートレック」ファンが25日、ハリウッドにある同シリーズの制作会社、パラマウント・スタジオの入り口に集結した。(中略)
 100人を越すファンたちは、「18年間、忠誠を尽くした結果はこれ?」などと書かれたプラカードを掲げ、制作続行を訴えた。(後略)
2005年2月26日(土)
「スタートレック」ファン、TVシリーズ終了に抗議 ロイター

世界中から集結して100人か……。

多いのか?

国別の内訳は発表されないのだろうか。
今シーズンの阪神タイガースのように、集まった人数が一桁まで発表されたりはしないのだろうか。

だいたい「18年間、忠誠を尽くした結果はこれ?」の「18年間」とはなんだ。

1987年放映開始の『新スタートレック(TNG)』から忠誠を尽くしてきたということか。

『まんが宇宙大作戦(TAS)』、無視かい

あ、いやいや。

『宇宙大作戦(TOS)』、無視かい

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005.02.26

落とし物を届けてみれば

帝都高速度交通営団という組織があった。
2004年4月1日からは東京メトロと名を変えて営業中だ。

平成12年(2000年)8月9日水曜日。半蔵門線渋谷駅から東急線に乗ろうとしたとき、相方が自動券売機の前で現金を拾った。

複数枚重ねた千円札だった

数えてみると3枚ある。3000円だ。

ちょうど夏休みでお子様たちの目もあることだし、教育的な見地から届け出ることにした。

自動改札の横にあるブースに座っていた地下鉄駅員ふたりに、札を扇形にして渡し、名前と連絡先を告げ、その場を後にした。

その数日後、消印が微妙にかすれていて10日か13日かがわかりにくいが、帝都高速度交通営団の渋谷駅務区から封書が届いた。

中には高橋氏の判子が押された「拾得物預り書」なる紙が1枚入っていた。

PICT4024.jpg

拾得物預り書(半)
渋谷駅 No.20
拾得日時/場所
 平成12年8月9日12°10′時A口券売機前において
現金
 金\1,000円
 内訳:千円札1枚 \1,000
物品
 種別:裸現金
 形状、模様、特徴等:千札1枚
 点数:1

上記の物件を預かりました。
 平成12年8月9日
東京都台東区東上野三丁目19番6号
帝都高速度交通営団 取扱者印(高橋)
拾得者住所、〒、氏名、電話番号

備考(記入なし)

ちょっと待て。

千円札1枚?

PICT4025.jpg


3枚渡しただろ。

パクったな、営団職員

PICT4026.jpg


ブースにいたふたりが札を1枚ずつ分けて、残りを拾得物に回したか。
あるいは拾得物を受け取った人物が2枚の千円札をポケットに入れたか。

誰が自由に分けていいと言った。
そういう社風か、キミんとこは。

この書類が届いた数日後、これまた消印がはっきりしないが、8月16日付で森田氏によって受理された「お知らせ」が、警視庁遺失物センターから届いた。

PICT4029.jpg


地鉄5314号」として受け付けられたようだ。

落とし主が見つからなかったときは平成13年(2001年)3月1日~4月30日の間に受け取りに来い、という連絡だ。
結局、取りには行かなかったので、営団にパクられるのを逃れた千円札は国庫に入ったことだろう。

拾った現金を届けるときは、できるだけ遺失物センターに近い組織に渡したほうがよさそうだ。帝都高速度交通営団の職員には勝手に山分けする奴がいたぞ。


……ちょっと片づけをしていたら昔の書類が出てきたので、もう時効だろうと思って書いてみた。

が、これだけ書いて調べたところ、刑法235条(窃盗)「他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、十年以下の懲役に処する」の時効は、刑事訴訟法250条(公訴時効の期間)の二により、「長期十年以上の懲役又は禁錮にあたる罪については七年」だそうだ。

平成19年(2007年)8月9日になるそのときまで、成立しないみたい。

まあ、この件を訴えて出る気はないが、今でも調子に乗って届けられた落とし物をパクりまくってるなら、そのうち手が後ろに回るぞ、元営団職員。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005.02.24

入れ逃げ犯

食堂で飯を食い、お金を払わずに逃げるのは食い逃げ。
ガソリンスタンドで給油して、お金を払わずに逃げると入れ逃げだ。

自動車先進国かつ犯罪先進国のアメリカ合衆国では、入れ逃げ対策のために代金を前払いさせるシステムになっているという。
日本でも、セルフ給油のスタンドで入れ逃げが増えているとは聞いていたが、普通のスタンドでも入れてもらってから逃げるせこい犯罪者がいるらしい。

PICT3795.jpg


スタンドの給油機に張られた入れ逃げ犯リスト。
左から、車種、ナンバープレート、入れ逃げ日、コメントの順で具体的に記入されている。
このリストは2004年9月14日現在の「第3報」だそうだ。
47件の被害報告が書かれ、そのうちゴシック体で示された第2報以降の再犯は11件ある。

PICT3797b.jpg


せこいくせに、上等な車に乗っている。

PICT3797.jpg


どんな犯人がどのような手口を用いたかが、わかる範囲で記録されている。

限られた情報ではあるが、傾向を見てみよう。

■せこい人たち
 20歳くらいの男性
 坊主頭の20代男性運転
 20代の茶髪の女性。ピンクのTシャツと白いズボン
 20~25歳くらいの3人組
 25歳くらいの2人連れ。建設作業員風
 20代後半の男性
 20代後半から30代前半のスーツ姿の男
 30~40代の茶髪パーマの男性。白のつなぎ着用
 40代の男性。頭にブルーのバンダナを巻いていた

20代に見える人々が主にせこいらしい。
男が圧倒的にせこい。


■給油の指示
 満タン給油を指示(なにわナンバーの黒いエルグランド)
 (上記と)同一車と思われる
 急ぐので早く給油を指示
 満タン給油(神戸ナンバーのベンツEタイプ)
 2000円分給油指示

できるだけ満タンで逃げようという心根がせこい。
2000円分だけ入れようという手口までもがせこい犯人もいる。


■支払い時の言い訳
 財布忘れ。車検証のコピーと携帯電話番号を聞くも該当番号なし
 財布なし。西宮市の永田光と名乗り携帯090-4297-XXXXは通じない
 財布を忘れた。免許証なし。保健書原文ママをみせる。
 無効カード2枚と事故カード提示。現金ない。免許証なし。警察に通報し、サイレンを聞くなり逃走。駐車違反のプレートつけていた
 精算時に財布忘れた。車検証の写しと携帯電話番号知らせる

一様に財布を忘れている。そんなありがちな言い訳を使うところがせこい。
嘘の電話番号を告げるあたりもせこい。
駐車違反の罰金さえ払わないところもせこい。
免許不携帯を堂々と宣言するあたりはせこい以前に頭が(ピー)


■端っから逃げる気満々
 登録なし。偽造ナンバープレート
 同じ「なにわ330てXXXX」を、別の日にマークIIとクラウンに付け替えて給油。
 ナンバープレートにプラスチックカバーをつけていた。車内にサーフボードを積んでいた
 ナンバープレートの末尾部分を紙を張って隠している

同じ番号のプレートを使い回すとはせこい。
紙で番号を隠す発想はあまりにもせこい。図画工作か
一度逃げたことのあるスタンドへ何度も通うとは、スタンドも舐められまくっているがそれでいいのか。


■逃げ方
 満タンで給油して1000円の支払に1万円を出し両替要求。できないというと急発進。同じ手口で5回。
 キャップを締めた途端に急発進
 不審に思い給油キャップをせずに代金請求。急発進
 一方通行逆送して逃走

とにかく後先考えずに急発進
よく誰も轢かれずに済んでいるものだ(スタンドの店員が轢かれているケースもあるらしい)。
せこいうえに危ない。

キャップを残して去ったせこいシンデレラ
ガソリンはどんどん蒸発し、高級車もかぼちゃに変わる。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.02.23

足つぼをどうしてくれよう

ビルの上のほうで開業する店は、あの手この手で道行く人に呼びかけなければならない。

PICT3235.jpg

足つぼマソーム

足つぼマ・


……やる気があるなら、たまには直そう。な。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.02.22

西から来た証拠

天下一品の話をしようとして逸れてしまったので、今回こそは天一で完結しよう。

1月末に訪れたのは関東エリアのなかでも“うまい”と言われる池尻店。

PICT3620.jpg


ここのスープは本店よろしくきちんと“どろっ”としていて、系列の異なる歌舞伎町店のようにスープが著しくケチってあったり、渋谷店のようにスープが子供でもがぶ飲みできるほどぬるかったりせず、堂々たる仕上がりを誇っている。

PICT3615.jpg

こってり大にネギをトッピングした状態。
ヨソでは下手をすれば1枚しか付いてこないチャーシューもしっかり2枚のっている。
ヨソではひと口すすろうと麺を持ち上げただけで、丼の内側に書かれた「明日もお待ちしています」が顔を出すので興ざめするところだが、ここではたっぷりと注がれていて大満足だ。

待て待て。池尻店をベタ誉めするのが主旨ではなかった。

天一ならだいたいどこにでもあるこの看板について広く意見を求めたい。

PICT3618.jpg

早い目にお申し付け下さい。

一緒に入った関東地区ご出身のみなさまが、口を揃えてこれに違和感を感じるとおっしゃったのだ。

早い目」というのが引っかかるらしい。

早い目」。

関西の人は特に違和感を感じないと思うのだがどうか。
わたいは感じない。

ただ、なるほどそう言われてみれば、標準語ではこうは言わんか、と思った。

関東:早目にお申し付け下さい。
関西:早い目にお申し付け下さい。

早い目」とくれば、あとに続く「お申し付け下さい」も、わたいの耳には関西弁のイントネーションで聞こえてくる。それがおかしいとはまったく気が付かなかった。

各地のみなさんはどうか。

| | コメント (13) | トラックバック (2)

2005.02.21

あるベランダの風景

ベランダでのガーデニングはもう流行らないのだろうか。
今、首を並べるのが熱い。

PICT3232.jpg


なんで両方ともわざわざ隣を覗いているんだか。

ヤだろうな、隣の人。
うっかり洗濯物を取り込み忘れても、夜にはベランダへ出たくない。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

KO醤と正面対決

2005年の天一初めは1月15日だった。

2003年は24杯、2004年は27杯を食べた天一だが、2005年はまだ3杯。月2回以上のペースを保たないと昨年は超えられない。

別に超えたからどうということはないが、記録とは自分との戦いなのである。

さて、天一初めはわざわざ途中下車して付き合ってくれた同僚と、蒲田店でにぎにぎしく行なわれた。

せっかくの機会なので、昨年途中から気になっていたトッピングを試すことに。

PICT3083.jpg

KO醤」ときた。

最強」を自負しているようだ。
KOするくらいに「辛いよ」という自信が満ちあふれている。「鬼辛」宣言である。

だから「なまはげ」か……。

なまはげが純真な子供たちをばったばったとKOしていく様が目に浮かぶ。
我々は純真でも子供でもないがKOされてしまうのだろうか。いや、精神年齢のことなど誰も言っていないぞ。

こってりスープとともにKO醤を注文。

PICT3526.jpg


なまはげをまったく想像させない小皿にのって運ばれてきた。

いつものようにまずスープをすすり、ラーメンたれを少々垂らし、辛しニンニクを入れてからKO醤をのせる。

PICT3530.jpg


結論から申し上げよう。

我々はKOされなかった。
なまはげの襲来に屈しなかった!

なまはげの攻撃を軽くいなせたのは、日々鍛錬を怠っていなかったからだろう。

PICT3734.jpg


赤坂にある「Mr. Chin's Dinning」の麻辣刀削麺。

我々は少なくとも週に一度はここで麻辣刀削麺セット(チャーシューご飯付1000円)を食べ、研鑽を積んでいるのだ。

刀削麺は大陸の西のほうで生まれた。山東省が発祥だそうだ。
小麦粉を練った固まりを薄っぺらい金属片で削ぎながら、湯の煮立った大鍋に直接放り込むというパフォーマンスが有名だ。

わたしが初めて食べたのは蘭州のとある店だ。屋台でさんざん四川風の煮物を食べて腹がいっぱいだったのだが、蘭州に来たら刀削麺を食わねば、と勇躍乗り込んだのだった。
(とはいえ蘭州は甘粛省で、山東省ではない)
日本で、飲んだ帰りにちょっとラーメンをすするのと同じつもりだった。

しかし蘭州の刀削麺屋は、気軽に入ってきた旅行者を本気で迎えた。容赦のかけらもなかった。
でかいボウルのような器になみなみと入った刀削麺は、破壊的な量だった。食べても食べても減らないのだ。

まあ、お察しのとおり結局全部ぺろっと食べたのだが、あれには幸い麻辣が入っていなかったので辛くはなかった。

「Mr. Chin's Dinning」のそれには山椒と唐辛子がしこたま入っている。
うっかり気管に入れようものなら、数分間はむせ返って大変な思いをする。
そうでなくとも、全身の毛穴が開いて必要以上に発汗するのだ。

なぜか。

本来日本人向けに少々優しい味付けになっている麻辣刀削麺に対し、同僚が「もう少し辛くしたいんですが」と毎度毎度“麻辣”の追加を要求するものだから、やがて店の人が顔を覚えて、我々の丼にはやや多めに麻辣を入れてきやが、いや、入れてくださるのである。

なまはげ対策には麻辣刀削麺。

店舗のURLはないので、blog junjunのランチ情報のエントリー、38 麻辣スープあなどれずをご参照いただきたい。

■Mr. Chin's Dinning
 東京都港区赤坂3-12-1 フローレンス赤坂ビルB1
 (03)5570-9558


……あれ? 天下一品の話をしていたつもりだったんだが……。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005.02.20

バンダイのヴォイジャー発見

昨年発売されたあと、うかうかしているうちに店頭で見かけなくなってしまったバンダイの「1/850 U.S.S. VOYAGER NCC-74656」。

ネットで検索するといくつか出てくるには出てくる。

文具とプラモの店タギミ
 これ

HOBBY PLAZA
 これ

Amazon.co.jp
 これ

いざとなったら通販で買うしかないか、と腹をくくりつつあった。
もう既にいざとなってるんじゃないか、とも思いつつあった。

ところが昨日(2/19)、quarkさんと川崎のペパーランドに行ったあと、買い物ついでに閉店間際のヨドバシ・カメラに滑り込んだら、しれっと置いてあるではないか。

quarkさんや店長さんに「うかうかして買い逃しました~」と愚痴った直後だった。

即購入。

PICT3865.jpg


しかもふたつ。

カネ浪費の秘訣第289条「酔って買い物するな」……。

中身の構成はホビー☆サーチこちらを参照。※メインページからはもう検索できない模様

リード線の処理など、初期の「ENTERPRISE NCC-1701」より配線がずいぶんやりやすそうだ。かつてMONOGRAMのキットの窓を開けたところで挫折したダメモデラーには優しい仕様だ。

今期中に製作の予定。
(今期っていつからいつやねん)

追伸:
ちなみに、イエローサブマリンの通販部門で、バンダイの「エンタープライズE \7770」がほぼ半額の\3885だ。2005年3月30日まで。トップページ右上の「ウキウキ特価セール」バナーから入って2ページめ。まだ購入されてない方は今すぐゲットだ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005.02.18

負け犬に噛みつく男

屋台のおでん屋でぼんやりしていたら、向かいに座っていたサラリーマンふたりの声が大きくなってきた。
片方が口角泡を飛ばし、怒っている。

おれはさー、負け犬、負け犬って言ってるのを聞いてさー、どういうことかって思ったんだよ
うん

“負け犬”とは『負け犬の遠吠え(坂井順子著)』で使われた「30代以上、未婚、子ナシは女の負け犬」のことだろう。

そしたらさー、負け犬って30歳過ぎて働いてる女の人だって言うじゃないの
キャリアの
キャリアの。おれはさー、それ聞いてほんっとひどいこと言うって思ったんだよね
ひどいよね
ひどいよ。負けだよ。勝ち負けの負けだよ
うん
しかも負け組じゃなくて、犬だよ。犬!
犬だ
おれはさー、それ聞いてさー、ほんっとに日本のマスコミってひどいこと言うよなって思ったよ
うんうん
そんな言葉使うなよ!て思うよ。犬だもの! ひどいよマスコミは。ほんっとひどい!
ひどい!

わたいも“人様ひっくるめて負け犬扱い”にする原著はどうかと思うが、それを言いだしたのはマスコミじゃなくて坂井順子だ。

ひとしきり激高すると、「ほんっと」男がトイレに立った。
おでん屋のお父さんを振り返った相づち男はにっこり笑って言った。

あいつね、ほとんど外国人でね。こないだインドから帰ってきたばっかりだからこんなとこ来たら嬉しくて舞い上がっちゃって

舞い上がってたのか? 怒り狂っていたように見えたぞ。

だいたいあんた、うんうん相づち打ってないで教えてやれ。言い出しっぺは坂井順子だと。マスコミは尻馬に乗っているのだと。

そこに「ほんっと」男が戻ってきた。

いいトイレだぁ。ありゃ日本でも珍しいよ、ほんっとキレイだよぉ

マスコミへの怒りは消え、すっかり舞い上がっているのであった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.02.17

再びナポリからきた調味料

ナポリのシーズニングを使ったはいいが辛すぎて味がわからなかったスパゲティソースを、シーズニング提供者に見本進呈したところ、試食の感想をいただいた。

辛っ

あ、やっぱり辛いんや。

なんであんなに辛いんですか

こっちが聞きたい。

夜中に火を噴いて、眠れなくなりました

夜中になにやってんだ。

渡すときに「辛うて辛うて、味わからんかった。目ぇの下に汗かいてた」と明確な警告をしたはずだ。人の話を聞いてなかったな。

なんでも、火を通して気軽に一口味見したところでまず火を噴いたという。

危機感を抱いたシーズニング提供者は家中の食材を再点検。発掘したトマトを2個とパセリを山ほど投入。パスタの茹で汁でのばし、生クリームをどっさり入れて辛みを緩和させる作戦に出たが、それでも辛さは衰えなかったそうだ。

一体、どれだけ使ったんです?

いや、まあ、わからんかったんで、適当に

絶対入れ過ぎ。絶対入れ過ぎ

2回繰り返して強調するシーズニング提供者。

ほなパスタ200gに大さじ1杯くらい……

絶対多い。絶対多い

慎重な審議の結果、200gに対し小さじ1杯で充分なのではないか、という仮説が立てられた。

仮説に基づいて早速試作だ。

温めたオリーブオイルに小さじ1杯のシーズニングを入れ、茹でたスパゲティを絡めてできあがり、というシンプルな一品。

PICT3863.jpg

なるほど、ピリ辛だが汗だくにならない。

先生、あなたの仮説は正しかった。小さじ1杯で充分だ

じゃあ、こないだは10杯分くらい使ったかも。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.02.16

特殊な場を持つ店

どこにでもあるなんの変哲もない店。

PICT2370.jpg


しかしこの店には客にあらかじめ断っておきたいことがあった。

PICT2369.jpg

日により
魚の種類が
変わる場が
あります

座る場には気を付けたい。
日によって魚の種類が変わっているかもしれないぞ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.02.14

ナポリからきた調味料

昨年末に南イタリアへ行った同僚からもらった、ナポリのとある市場で買ったというシーズニング。

PICT3350.JPG


ビニール袋では抑えきれないガーリックの匂いが印象的だ。
バジルやら唐辛子やらが入っているらしい。

どないして食べるのん?
オリーブオイルと混ぜてパスタソースに。アサリとか合うんじゃないですか

アサリか。

PICT3846.jpg


カップ1に小さじ1の塩を混ぜた塩水に浸かり、ご機嫌さんで砂を吐くアサリのみなさん。
砂を吐くとき、ボウルの中も外もかまわず水を撒き散らすので、夕方からシンクの中で吐いてもらう。

実はそのあと急に睡魔に襲われて寝込んでしまったので、実際に調理に入ったのは日付が変わってからだった。

すっかり気を許してボウルの中でくってりしているアサリのみなさんを掴み上げ、殻をこすり合わせながら流水で洗い、鍋に移っていただく。

そのまま煮立てると、哀れアサリのみなさんは絶命し、次々と貝の口が開く。

網で漉してスープと身を分け、貝殻を外した身をスープに戻し、軽く塩を振る。カットトマトを投入し、中火で煮詰める。

PICT3856.jpg


いよいよシーズニングの出番だ。

どのくらい入れればいいのかさっぱりわからない。

ええい、ままよ。適当に入れてやる!

オリーブオイルも適当に加え、鍋を揺すりながら弱火でしばらく馴染ませてできあがり。
茹で上げたパスタにのせていただきます~。

PICT3853.jpg


どのくらいが適量なのか知らないが……辛いな

唐辛子が思った以上に利いている。

利き過ぎだ。

誰だ、深夜2時にスパゲッティ食って汗だらだら流してるやつは……。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.02.11

牛丼の日

2月11日と言えば紀元節もとい建国記念日だが、2004年の同日に吉野家が牛丼販売を断念した日でもあった。

そういえば、新橋の吉野家で最後の牛丼を食う男の姿が電波に乗って全国のお茶の間に届けられていたな。あれからもう1年も経ったのか。早いな。

1年後の2月11日、吉野家は全国から集めに集め、貯めに貯めたアメリカ産バラ肉に、ちょっとほかの国の肉を混ぜ込んで、この日限りの牛丼提供を決めた。

当日朝11時7分。

PICT3823.jpg


11時の販売スタートを待っていた人も大勢いたのだろう。これは蒲田駅西口から工学院通りへ入ったところにある吉野家。

いつもは2つあるカウンターの片方しか使わず、それでも満席になっているのを見たことがない吉野家に、50人以上の列ができていた。

待つこと20分弱。わたいの前にいた男が列を離れた。

ここまで待って諦めるのか。この軟弱者! ロシアで生きていけないぞ!

すると離脱男は列が並んでいるのとは反対側にある扉から入っていくではないか。

どういうことだ?

よく見ていると、ほかにも反対側から入る人がいる。訝しんでいるところに、店員が出てきてこう言った。

店内でお召し上がりの方はあちらからお入りくださ~い! すぐにご案内できま~す

え?

列はお持ち帰り用だった。先に言え

中に入るとなるほど席には余裕があり、すぐに座れた。

PICT3825.jpg


大盛。

11時31分完食。

入店して5分経っていなかった。

会計の際、“2・11に限定復活牛丼を食べた証明書”をくれた。

隣の席に座った独りで来た女性は、「お持ち帰りお願いできますか」と尋ねていたが、店員に「また並んでいただくことになります」と言われ断念。
さらに後からきて向かいに座ったカップルの女性も同じことを尋ね、同じように返されていた。

……わたいも尋ねなくてよかった……(買うつもりやったんかい)


ついでに駅西口にあるもう一軒の様子を覗いてみると、狭い店内はごった返し、外に並ぶ列も多かったが、ここでも店内と持ち帰りの列は別れていない。

その足で仕事場に行くと、既にふたりの同僚が仕事に就いていた。

黙って“2・11に限定復活牛丼を食べた証明書”をかざすと、彼らも黙って“2・11に限定復活牛丼を食べた証明書”をかざした。

秘密結社か。


〈おまけ〉

■同僚A

朝11時に新橋の吉野家へ。並びに並んでいると、その列はお持ち帰りの列だった(ここでもそうなんかい)。
店内で食べるつもりだったが、気が付いたらそういう立場だったので、やむを得ず弁当を購入。ひとりが帰る最大の四つを買い、仕事場で二つ食う。

■同僚B

新橋で食べるつもりでいたら、同僚Aから電話が入る。
今もう並んでんだよ。いつ会社来れる? 11時30分? じゃ、待ってっから
慌てて仕事場に直行。
同僚Aは新橋から牛丼弁当四つを持ってタクシーを走らせ11時30分に待機。しかし同僚Bが到着したのは遅れること15分の11時45分だった。
机に牛丼弁当四つを並べ、腕組みをして待つ同僚A。
同僚Bが自分の席に着く間も与えず、牛丼タイムに突入。
食い終わった同僚Bは、仕事場を去る。
ただ牛丼弁当を食べるだけに呼び出された男。

■上司

出社して来るなり、黙って“2・11に限定復活牛丼を食べた証明書”をかざす。
やはり秘密結社か。
地元と新橋の二ヵ所で食べてきたそうだ。
いずこでも、「店内と持ち帰りの列が同じで混乱」「持ち帰りを依頼して断られる店内組がいる」という状況は同じだという。
しかし上司の地元では一触即発の事態が起きていた。

長時間並んでようやくカウンターに座った男。

とひとこと注文する。
オーダーを受けた店員が厨房に通す。
豚丼 並 一丁!
とたんに表情が険しくなる男。
今、なんてった!
それはそうだ、今日というハレの日にわざわざ来た男が何を食べたいのかわかっておろう。
今、って言ったろ、
も……申し訳ございませんっ
売り切れで牛丼を食えなかった男が暴れてニュース沙汰になっていたが、一歩間違えば上司の目の前でもニュースが生まれるところだった。……惜しい。

同僚Aが買った弁当をもらって15時過ぎに食った。

PICT3838.jpg


ご馳走さまでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.02.10

ジェットくん、企む

空港好きの上司と同僚計3名が、中部国際空港(セントレア)に行ってきた。

セントレアは、現行の名古屋空港を引き継ぎ常滑沖に開港する新空港。

以前から取材依頼をしていた空港トリオは、2月5日に取材と明記した腕章を巻いて来い、と言われたのだった。

わたいは、空港トリオだけが先方の広報担当かなんかに時間を割いてもらったのだと単純に捉えていたが、実はその日は2005年2月17日のオープンに先立ち行なわれた大見学会当日だった。

記事にあるとおり、公募で集めた一般市民1万6000人や、小型機で飛来した落語家なども交えて、空港は上を下への大騒ぎだったらしい。

空港は、わざわざこの日のために店舗を開けて営業。空港トリオもきっちりお買い物を楽しんで、いや、取材してきた。

おみやげにもらった中部国際空港ならではのお菓子。

PICT3808.jpg

ひこうきまんじゅう。

なんとベタな名称。しかし現場ではこれが大人気だったそうで、ひとりで何箱もお買いあげになる人々が続出。2つあった売り場から、あっという間に捌けていったという。

そんな貴重なまんじゅうの実態はこうだ。

PICT3805.jpg

……飛行機……なのか?

うわー、厳しいなあ。

キャプテンスカーレットの追跡戦闘車と言われても頷いてしまいそうだ。

中身は白あん。味はそこそこで可もなく不可もない。

もうひとつ。
わざわざ選びに選んで買ってきてくれたのがこれだ。

PICT3811.jpg


にやり


PICT3822.jpg


何かを企んでいそうなこの男、セントレアが誇る空港キャラクターのひとり、「ジェットくん」その人だ。
※新しいキャラ紹介ページ

人じゃないのか、飛行機か。

ジェットくんの相棒が「レシプロくん」ではなく「ひこーきくん」というのも解せない。「ひこーきくん」はジェット推進じゃないのか。
空港トリオはそこんところをきちんと取材してきたのだろうか。

ジェットくんは腹を押すと「きゅーっ」と鳴く。

なぜジェット機が「きゅーっ」?

まあいい。

空港キャラのなかで、このような空気注入型グッズが唯一用意されていたのがジェットくんだったそうだ。
また、彼はみやげ物コーナーでは売られておらず、ドラッグストアの店頭で大量にカゴに入れられて売られていた。

お値段は600円。

600円!

そんなにするんや。

なんでも、先ほどのセントレアまんじゅうといい勝負の価格だったらしい。

ジェットくんはそのダークな印象からか、対象年齢が定められている。

PICT3810.jpg


6歳以上」……つまり、5歳以下の少年少女にはまだ、彼のニヒルな魅力がわからないのである。

背中にセロハンテープを付けて壁に貼ってみた。

PICT3801.jpg

首がちょっと下に曲がった。
下から窺うような表情が、いかにも企んでいそう。

さあ、セントレアに行ったら即座にゲットだ。
後頭部から空気を抜けるから、持ち運びも至便。

| | コメント (14) | トラックバック (1)

2005.02.09

温麺XVII 「近々」という名の遠い日

赤パーカーが「うーん、近々」と言ったのは2004年12月14日のことだった。

赤パーカーの「近々」とはどのくらいの期間をいうのか。

メールマガジン「日刊デジタルクリエイターズ」のNo.1675に、原宿でセグウェイを走らせて逮捕されたことで有名?な神田敏晶氏が、コラム「あなたの"少々"はどのくらいの時間?」を書いていた。

ごく大雑把に要約すれば、人によって時間の感覚って違いますなあ、ということだ。

「少々」でさえ、随分違うのだ。小さい単位の「少々」が異なれば、より単位が大きくなるほどズレもまた大きくなるだろう。

1月5日。新年初出勤の上司から、「ついに来た!」という件名のメールが届いた。新年早々から営業開始かと思わせたが、明るい話題とはほど遠かった。

1月6日に撮影したのが、「ついに来た」ものだ。

PICT3495.jpg


二つ折りにして、入口に挟んである。1月9日もまだ同様の状態だった。

1月10日。

PICT3497.jpg


気になった誰かが触ったのだろう。端だけが引っかかる形で開いていた。

PICT3494.jpg

東京ガスからの大切な「お願い」です。必ず内容をご覧ください。
東京ガス南部支店

ガス会社から名指しで差し込まれた書類。紙の赤い色が緊急性を感じさせる。楽しいパーティへのお誘いとは思えない。十中八九、督促状だろう。

ひょっとしてひょっとすると、かつて「研修が延びて」とか「実は厨房の機械が壊れてまして」とか言って休んでいた10月頭は、本当はガスを止められていたのではないか。厨房の機械が壊れたのではなく、動かなかったのではないか。そんな邪推をさせられる。

実際のところいつから止められているのか知らないが、民法第173条で定められた債権の短期消滅時効は2年間だ。「近々」時効になる可能性は低い。

このとき、店内はいつものとおり。

PICT3496.jpg


背広と赤パーカーが立ち去って以来、人が入った気配はまったくない。

外に置かれている自転車型のシャトルは、道行く人々のゴミ箱扱いだ。

PICT3509.jpg


このシャトルが誰にも盗まれず、ここで生きながらえているのが不思議なくらいの放置されっぷり。

2月3日。再びドアに書類が挟まれた。

PICT3760.jpg


最初から表向きに折ってある。今回は東京ガスお客様センターからだ。しかし東京ガスよ、あなたのお客様はもうここにはいない。

PICT3732.jpg


同ビルの1階にある花屋から買った生け花も、今では見事なドライフラワーとなった。


PICT3535.jpg


通りから見た珍麺。
ビル専用のゴミ集積所に貼られた警告文が、冷麺専門店に語りかける。

警告
ポイ捨て、不法投棄等は発見しだい警察に通報します。

警告が店舗にまだ適用されていないのは、ビルオーナーは「近々」ハリマン艦長とその残党らが、温麺を携えて戻ってくることを知っているからなのだろうか。

教えてくれオーナー。その近々」はいつだ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.02.05

お知らせ

ただいまより私用でPCの前から離れるため、新規エントリーとコメントへのお返事は数日止まります。

来週エントリーを予定している主なテーマは以下のとおりです(希望的観測含む)。

・ジンギスカンカレー
・2005年1月の温麺

ではみなさん、よい週末を!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.04

YZR-M1に興味がある人は、こんな商品にも

YZR-M1とは、世界最高峰の二輪レースのレギュレーションが変わった2003年シーズンから本格的に投入された、ヤマハの4ストロークMotoGPマシン。

2004年シーズンには、ホンダから移籍してきたヴァレンティーノ・ロッシに操られ、ヤマハのマシンとしては久方ぶりに二輪グランプリのチャンピオンに輝いた。

そのYZR-M1の1/12スケールモデルが、2004年11月に田宮模型から発売された。

11月末に買いに走ったときには、もう影も形もなく、今もって手に入らない。

しょうがない、butchyさんのblog「リーマンぶっちーのペーパークラフト日記」を見習って、ヤマハ発動機のサイトに置いてあるYZR-M1のペーパークラフトを作るか……。

いやいや! 諦めてはいかん!

(でも、ちゃっかりペーパークラフトのデータはダウンロードした)

そこで、おもちゃコーナーを新設して意気上がるAmazon.co.jpで、探してみた。

キーワードは「YZR-M1」。

検索!

……なんだ、1件だけか。

バレンティーノ・ロッシ+YZR-M1 MotoGP2004 チャンピオンDVD

定価: ¥4,725 (税込)
価格: ¥3,780 (税込)
OFF: ¥945 (20%)

発送可能時期:発売予定日は2005/02/18です。ただいま予約受付中です。


DVDか。

YZR-M1のプラモデルは売れてしまったのか、入ってこないのか。

わたいのYZR-M1はどこだ!

おや、下のほうになにか書いてあるぞ。

この商品に興味がある人は、こんな商品にも興味をもっています

* M-1グランプリへの道 ~まっすぐいこおぜ !~ 起承の一
* M-1グランプリ2001 完全版 ~そして伝説は始まった~ ますだおかだ
* MotoGP2004 ダイジェスト2

M-1グランプリってあんた。


似てるけど。

それにも興味あるけど。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005.02.02

サムターン回しの男

450円の品が、105円だったこともあり、思わず買ってしまった「サムターン回し」対抗グッズ。

その名もサムターンフェンス

PICT3645.jpg


しかも両面テープで貼るだけ!

PICT3646.jpg


簡単便利で泥棒知らず。

響け サムターン!
 叩け サムターン!
  砕け サムターン!

意気揚々と帰宅し、翌朝早速取り付けようと玄関へ。

……。


うちの扉、サムターンちゃうやん!


教訓:酔って買い物するな

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.02.01

文房具屋の男

商売道具の赤ペンが底をついたので、近くの文房具屋に仕入れに行った。

わたい指定のボールペンが並ぶ前で、個体差を確かめながら書き味を試していたら、入口の自動ドアが開いて、50がらみのおっさんが飛び込んできた。

おい! いったいどこに三文判があるんだ!

いったいも何も、おっさん、今入ってきたばっかりやろが。

自分で探してから訊け。

それでも流石は客商売。こちらでございます、と、突入してきたおっさんの真っ正面に鎮座する三文判コーナーへ、いやな顔ひとつせず誘導する店員。プロである。

だいたい、大きいのはないのか、大きいのは

だいたいも何も、目の前にあるものをよく見てから言え。

店員からアドバイスを受け、ようやくご納得で三文判ひとつを買ったおっさん、1000円札を出して商品を受け取ると、足早に出口へダッシュ。

お客さん、お釣りはいいですか?

315円の三文判買って、釣りはいらないってか。
気前良過ぎるぞ、おっさん。

判子のおっさんが出ていくのと入れ違いに、いかにもサラリーマンという中年男性が入店。

サラリーマンはつかつかとわたいに近づいてくると、

ボールペンの替え芯はどこにありますか?

わたい、店員じゃありませんから!


みんな、落ち着け!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »