« buy ます | トップページ | 「李香蘭」を生きて(2004年12月刊) »

2005.01.12

カニオムレッとサラダ

PICT3489.jpg

カニオムレット サラダ」ではない。

カニオムレツ と サラダ」でもない。

ふんわりとしたタマゴで包まれたそれだけを頼みたいときは、下腹に力を入れて、腹式呼吸で注文すべし。

オムレッ、ひとつくれっ

|

« buy ます | トップページ | 「李香蘭」を生きて(2004年12月刊) »

コメント

うまそうなんですけど、やっぱなんか背中が痒くなるような表記ですね・・・。

投稿: すしバー | 2005.01.13 08:58

あの、やっぱ、お店として気取ってるんですかね?
お客の皆様もちゃんと舌の先をちょっと噛みながら
「カニオムレッ下さい!」って言っているのを想像
すると・・・ぷぷっ。
似たようなのでティーのこと「テ」と書いてある
某喫茶店のメニューありました。
恥ずかしいので「ミルクティー下さい」と普通に
言ったら「ミルクテですね?」と確認されました。
ティーでもテでもいいから早く持って来いと心の中で
どついてましたけど・・(笑)

投稿: misasu | 2005.01.13 10:13

横からお邪魔します。

misasu様

>言ったら「ミルクテですね?」と確認されました。

「はい、もうミルクてミルクて、まいりました」とボケるとか。……。すいません。

「早く持ってきティーください」とか。すいません。

ANCHOR様

思うにこのメニューを作った人は、「omelet」のことを日本で「オムレツ」と呼ぶことを知らず、原音に忠実に表記したのではないでしょうか。沖縄に行くと「コーヒーシャープ」(coffee shop)や「ラブスター」(lobster)と書いてあるように。

むっ。だとすると「サラダ」は……。いきなり破綻(笑)。

投稿: ずんころ | 2005.01.13 10:37

>すしバーさん

>>うまそうなんですけど、やっぱなんか背中が痒くなるような表記ですね・・・。

時間の都合で結局この店には入りませんでしたが、入っておけばよかったという気持ちも……。
入ったら入ったで、注文に躊躇しそうですが。


>misasuさん

>>ティーでもテでもいいから早く持って来いと心の中で
>>どついてましたけど・・(笑)

(笑)(笑)。
そこに店の(店員の?)こだわりがあるんですかなあ。

渋谷にある「舌郎」という牛タン屋は、その扱い商品からして別に気取っているわけではないのでしょうが、初めて入ってメニューを見て、注文を取りに来たおねーさんに

「この、舌郎定食ください」

と言ったら、

「“ベロ”郎定食ですが?」と、やや機嫌を害した感じの怒りを含んだ復唱をされました。

そんなイレギュラーな店名、読めるか!
フリガナふっとけ!

……と心の中で……(笑)。


>ずんころさん

>>原音に忠実に表記したのではないでしょうか。

さすが沖縄。英語に親しんでいるというかなんというか。

音に忠実という意味では、大阪でアイスコーヒーを頼むと伝票に「A.C.」と書かれるのと同じですか? 違いますか。


>>むっ。だとすると「サラダ」は……。いきなり破綻(笑)。

ずんころさん風に言うならば、
「omelet」と「皿だ」……すいません。

投稿: ANCHOR | 2005.01.14 02:21

ぶははは!!
ずんころさん、どうでしょうのミスターばりの
駄洒落ありがとうございました。
朝から明るい気分になれましたぞ!
しかし、舌をベロと読むなんて思わないですよ!!
普通に読んでムカつかれてもねぇ・・・
こだわりを持つのはいいですけどそれに凝り固まって
しまうのはダメだと思いますっ!(ちょっと真面目?)

投稿: misasu | 2005.01.14 10:16

20年程前の学生時代、大阪府茨木市にある喫茶店で「レモンスクワッシ」を発見したことがあります。
いや、それだけの話ですけど。

投稿: Sachio | 2005.01.14 22:33

>misasuさん

>>こだわりを持つのはいいですけどそれに凝り固まって
>>しまうのはダメだと思いますっ!(ちょっと真面目?)

店名に誇りを持っていたのかもしれませんが、それならそれでもう少しスマートに教えて欲しかったです。

「お待たせしました、ベロ郎定食でーす(にっこり)」とか(笑)。

まあ、その後、行ってませんので覚えた甲斐もないのですが……。


>Sachioさん

>>「レモンスクワッシ」を発見したことがあります。

両手を頭の後ろに置いて、背筋をピンッと伸ばしながら両膝を規則的に曲げ伸ばししていそうな……(笑)。

投稿: ANCHOR | 2005.01.15 01:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6416/2534238

この記事へのトラックバック一覧です: カニオムレッとサラダ:

« buy ます | トップページ | 「李香蘭」を生きて(2004年12月刊) »