« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004.12.31

仕事納めの思ひ出(12月27日)

やっぱり机周りのひとつもきれいにしておいて、正月明けに出てきたとき気分よく仕事したいではないの。

というわけで、仕事納めの日には机の上のものを全部どかし、オレンジオイルが配合された住まいの洗剤で薄汚れたモニタと机の上を磨き上げた。

退避させた品々を元に戻し、終了。

PICT3452a.jpg


いやあ、気持ちいい。

おや、なにかおっしゃりたいことでも?

なになに、よくは見えないが不審なものがある?

ほほお。どのことかな?

ふむ、これか。
これは随分目立っているようで、遠くの席からでも視認できるらしい。
え? なにかと聞いているのだ、と? ご覧のとおり、Uボートだ。艦船好きの同僚が、わたしの隣の席の同僚に製作させたもので、隣の同僚の輝けるデビュー作となった。
色も塗っていない単なる素組みだが、デカールの貼り方も知らない人物が初めて作ったプラモデルとしてはよく組み上がっているといえよう。
先端の車? ペプシかなんかのおまけに付いてきたルパン3世のフィアット500だ。

電気スタンドのにもなにかある?
これらは144分の1のレシプロ機だ。十八試局地戦闘機「震電」、十七試艦上戦闘機「烈風」、十七試局地戦闘機「閃電」。
「烈風」と「閃電」はキャンバスの“間に合わなかった傑作機”シリーズだ。間に合っていないのだから、傑作かどうかわかったものではないが、傑作と言い切ってしまうところが憎い。
「震電」は先のUボートと同じ同僚が提供し、同じく隣の席の同僚が素組みしたもの。メーカー失念。

電話の横がごちゃごちゃしている?
ここには、フルタのU.S.S.エンタープライズ(NCC-1701)と、コナミのMJ号、海洋堂のマイワシ。水曜どうでしょうのシールは1枚使ってPHSに貼った。

まだある? 電話の
水曜どうでしょうの2005年カレンダー。ちょっと持て余している。

右の端はなんだ、と? これか。これはブルース・ブラザースの絵はがきだ。人様のファイルボックスの裏を勝手に有効活用させてもらった。

はい? モニタの画面も怪しい?
この壁紙はどこかから拾ったNCC-1701のCG画像だ。

以上だ。

もうない。

いや、もうないから。

机の中にもないから。

ロッカーはだめ。見せない。

さて、Uボート製作者は独自の掃除を行ない、いらないものを処分した。
くずかごには入りきらないのでゴミ袋にまとめ、ビル清掃の人に間違いなく捨ててもらうために申し送りを添えた。先に紙を貼り、それからマジックで書く。

PICT3446.jpg

ゴミなんです~、もうダメなんです~、ゴミですからすみません

というゴミの気持ちがよく現われたすばらしい文字だ。とりわけ「」の頼りなさがいい。

ふた袋めは、書いてから貼っていた。なんだ、つまらない。

こうしてきれいになった席をあとにして、何度めかの忘年会に繰り出して行ったのであった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.12.30

ドラゴン危機一発

溜まっていた録画を消化。

※ネタバレ注意

李小龍演じるチェンが、製氷専門の町工場に世話になり、喧嘩を収めたことで人望を得て工場長となる話。
その製氷所が実は麻薬流通に手を染めて儲けていたとしても、割と小ぶりな骨組みの話だ。

製氷所の秘密を知った従業員は、工場長とオーナーの手先によって順次消されていく。
行方知れずになった従業員が、殺されて氷詰めになっていることを知った工場長チェンも当然狙われるが、さすがは主人公、全員を返り討ちに。ところがその間に、仕事仲間たちが全滅させられていた。

怒りの工場長は、「仕返ししてやる!」と息巻いてオーナーの自宅に乗り込み、広い庭で死闘を演じる。ラスボスとなるこのオーナーが、意外と強い。
ふたりが死を賭して戦う庭の向こうを引いた画面で捉えた映像では、一般道を普通に市バスが走っていたりしてのどかだ。

結局、オーナーと取り巻きとを全員漏れなく殺害した工場長を、駆けつけた警察が確保。

ドラゴン、危機一髪!

って、危機一髪ちゃうやん、捕まってるやん、最後。

だから一発なのか……大正製薬か。

ドラゴン危機一発
 ¥3,990(税込)
 ジェネオン エンタテインメント

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.29

駄菓子屋チロルきなこもち

コンビニで売られていたチロルきなこもち(T2チロルキナコモチ)は21円だった。

しかし、「10円で買うたでぇ」と主張する友人がいた。
それを裏付ける現物を入手。

PICT3269.jpg


左が21円、右が10円。

10円と21円は、見た目がほとんど同じ。包み紙にグラム数が書いてあるわけでなし、別々に見たら区別がつかない。

バード・オブ・プレイのク・ヴォート級ブ・レル級みたいなものだ。

唯一の違いを発見した。

10円には賞味期限が明示されていない

いつまででも食べられてお得!
(そやないやろ)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

公示:正月休み

これよりホらデッキは正月休みに突入します。

“公開日時指定”により、いくつかの小ネタがエントリーされますが、わたい自身のアクセスは著しく不規則になります。
年明けは、わたいが正月ボケから奇跡の生還を果たしたその瞬間から再開の予定です。

コメントを頂戴した方へのお返事が遅れることも予想されます。悪しからずご了承ください。

ではみなさん、今年も一年ありがとうございました。

よいお年を!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.12.28

シナモンアップルの製作

年末だ。帰省までに生鮮食料をなんとかしなければならない。

親が送ってくれたリンゴを年末までに食べきれないなあ……と思っていたところにイメカさんのblogから朗報。

母が持ってきたりんごがあるが、なかなか食べないわたし。

むくのがどうしても面倒で、一度にむいて保存できないと考えた。
で、思いついてシナモンパウダーを買い、スティックシュガーを使って煮てみた。
シナモンアップル あ★空間通信


なるほど、そういう手があったか。

早速真似っこしようとしたが、シナモンパウダーなんて洒落たもんは当家にない。

当家指定のマルエツで探したところ、パウダーではなくスティックしかなかった。

シナモンスティックってあんた、あれだろ、昔さだまさしがガラスに三度恋しい人の名を書いちゃったりして悦に入ってたやつだろ。

パウダーじゃなくてもいいのか?

ないからしょうがないや。リンゴよりずいぶん高価だけど買って帰ろう。

「あ★空間通信」の記事で紹介されているリンク先のレシピも参考にして作ってみた。

リンゴを二つ用意して切り始める。途中でつまみ食いしたので、シナモンアップルとして再生するのは一つと半分になった。

あれ、皮剥かないでそのまま? 皮剥いといたほうがいいんじゃないのか? リンゴの乱切りとシナモンと砂糖を一度に放りこんで炒めるだけとは楽チンだ。

当家に砂糖はないので、レシピの半分の量の蜂蜜で代用。
リンゴを炒めるのだから、やはりここはリンゴの花から採った蜂蜜だろう……というわけで、青森産のリンゴ蜜を投入。

シナモンは、どうしたものかと思ったが、ちょっと砕いて入れたほうがよいかもと余計なことを考えついて、行平鍋の上でぱきぱきっと割って振り入れた。

が、諸君、そんなことはしないほうがいいぞ。

砕けたシナモンスティックは、炒めても炒めても、ちっともしんなりしないので、口当たりが非常~に悪い。

わたいはつまみ食いの途中でそれに気づき、炒めるかたわら、泣きながら箸で一つひとつ拾って捨てた。

代わりにスティックをそのまま投げ入れて一緒に炒めた。

はい、リンゴの色が変わって飴色になったらできあがり。

常に冷蔵庫で出撃スタンバイしているカスピ海ヨーグルトを上からかけて食べてみよう。
PICT3407.jpg

……シナモンアップルという名前のくせに、シナモンの味があまりしない。きっとパウダーのほうが適しているのだ、この料理には。諸君らはさだまさしに騙されることなく、パウダーを買うように。

もうひとつ、皮はちゃんと剥いてあったほうがわたいは好みだ。

あー、シナモンスティック19本も余ってしもた。どうするよ、これ。

カプチーノでも飲もか? ないよそんなもの。
あ! カレー作ろか! ……今からかよ。本末転倒だ。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2004.12.27

ジャム オブ レッドペッパー

ナポリ帰りの同僚が、小瓶をくれた。

これ、なに?
唐辛子のジャムです
唐辛子の?
唐辛子の
ジャム?
ジャム
唐辛子のジャム?

何度も聞くな。

PICT3386.jpg

ラベルには“Confettura di Peperoncino”とある。
調べてみたら、「唐辛子のジャム」。

いやもうまったくおっしゃるとおり。

蓋を開けてちょろっと舐めてみたら……ぺろ。辛っ

唐辛子だ。
いや、当たり前だろじゃなくて。ジャムというより唐辛子の要素のほうが強いと言いたいのだ。いや、ジャム状の唐辛子なんだから当たり前だろじゃなくて。いや、そうか? そうか。当たり前か。ジャムは甘いものという既成概念を改めなければなるまい。

ところでどうやって食べるものなのだろう。

どうやって食べるのん?
さあ……
現地の人はどないして食べてんのん?
知りません

ジャムだから、なんかにトッピングしてみるか。

ここで士別町の“いももち”にご登場願おう。

ヨモギ、カボチャ、プレーンのいももち三種をオーブンで焼く。

PICT3414.jpg

餅と名が付くだけあって、膨らむ、膨らむ。

よ~く焼けたところで、唐辛子ジャムをちょいちょいと。

PICT3420.jpg

うまそうじゃないか、見た目。

まずカボチャ。
辛っ。
カボチャの甘みより辛さが勝るうえ、むしろ甘さが邪魔。
これは今ひとつの組み合わせだ。

次にヨモギ。
あ?
あんまり辛く感じない。ヨモギの苦みとよく合うぞ。
これはヒットだ。

そしてプレーン。
辛い、が、さすがはプレーンだけあって異国のトッピングを受け入れている。
これもいける。

うまいじゃないか、実際。

■ナポリと士別市のコラボレーション結果:2勝1敗

しかしだ。ほかにいい使い道が思い浮かばない。

唐辛子王にもお渡ししてます

おお! 唐辛子王とは、わたいらの上司にして、ありとあらゆる食物に唐辛子を振りかけて食べる唐辛子の申し子だ。

唐辛子王ならばきっとおいしい食べ方を思い付いているに違いない。
唐辛子王! 我々下々の者にご教示を!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.12.26

M-1グランプリ2004

いきなりネタバレだが、優勝はアンタッチャブル(山崎弘也、柴田英嗣)。

去年のM-1 2003最終決戦をたまたま見た。3組ともハズレなしのおもしろさだった。それで今年は期待して最初から見たのだが、最終決戦の3組全体の勢いは去年に劣っていたように感じたのが無念。

笑い飯は、敗者復活で登ってきた麒麟と同点ながら、審査員の票数で破れ、最終決戦に残れず。

※麒麟は単独3位。笑い飯はタカアンドトシと同点の5位。通りすがりさんのご指摘により、お詫びして修正します。

決勝でタカアンドトシの点数がやや厳しかったのは、演じるのが2組めで損したか。

南海キャンディーズは決勝のネタのほうが個人的に好き。最終決戦の自虐ネタにはちょっとノリ切れなかった。

麒麟は決勝ネタより最終決戦ネタのほうが勢いがあったが、審査員の票は入らず。

アンタッチャブルの決勝ネタは文句なくおもしろかった。最終決戦ネタは以前セットを組んで演っていたのを見たことがあるのである意味安心して見れた。初めて見たネタならもっとおもしろく感じただろう。

最後に、M-1グランプリ2004にこれだけは言いたい。

井上和香、噛み過ぎ


■アンタッチャブル公式ページ
 http://www.p-jinriki.com/untouchable/

■M-1グランプリ公式ページ
 http://www.m-1gp.com/

■テレビ朝日のM1グランプリページ
 http://asahi.co.jp/m1gp/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ガラスの仮面 第42巻

コンビニで驚いた。『ガラスの仮面』の新刊が出ているではないか。

『ガラスの仮面』と言えばご存じの方はご存じだろうし、ご存じない方はご存じないだろう。
それほどご存じの方はご存じでご存じない方はご存じない作品だ。

そんな作品の新刊が出ているくらいでなぜ驚いているかというと、41巻が出たのがいつだったかさっぱり覚えていないくらい間が空いてしまっていたからだ。

■ガラスの仮面(新書判)リスト
1(ISBN:4592110919) 1976/03/20
2(ISBN:4592110927) 1976/06/19
3(ISBN:4592110935) 1977/01/20
4(ISBN:4592110943) 1977/04/20
5(ISBN:4592110951) 1977/07/20
6(ISBN:459211096X) 1977/09/20

7(ISBN:4592110978) 1978/01/20
8(ISBN:4592110986) 1978/05/20
9(ISBN:4592110994) 1978/08/19
10(ISBN:4592111001) 1978/12/20
11(ISBN:459211101X) 1979/03/20
12(ISBN:4592111028) 1979/07/20
13(ISBN:4592111036) 1979/11/20

14(ISBN:4592111044) 1980/04/19
15(ISBN:4592111052) 1980/06/20
16(ISBN:4592111060) 1980/08/20
17(ISBN:4592111079) 1980/11/20
18(ISBN:4592111087) 1981/02/20
19(ISBN:4592111095) 1981/05/20
20(ISBN:4592111109) 1981/09/19
21(ISBN:4592111117) 1981/12/16

22(ISBN:4592111125) 1982/03/20
23(ISBN:4592111133) 1982/07/20
24(ISBN:4592111141) 1982/10/20
25(ISBN:459211115X) 1983/04/20
26(ISBN:4592111168) 1983/06/18
27(ISBN:4592111176) 1983/11/19

28(ISBN:4592111184) 1984/03/19
29(ISBN:4592111192) 1984/08/17
30(ISBN:4592111206) 1985/02/19
31(ISBN:4592111214) 1985/08/19

32(ISBN:4592111222) 1986/06/19
33(ISBN:4592111230) 1987/03/19
34(ISBN:4592111249) 1987/11/19

35(ISBN:4592111257) 1988/08/26
36(ISBN:4592111265) 1989/09/26
37(ISBN:4592111273) 1990/10/19
38(ISBN:4592111281) 1992/03/30
39(ISBN:459211129X) 1992/10/19

40(ISBN:4592111303) 1993/09/17
41(ISBN:4592170016) 1998/12/22
42(ISBN:4592170024) 2004/12/16

ご覧のとおり、1981年の22巻まで年4冊ペースで出ていたコミックスが、翌1982年から年3冊に落ち、1984年には年2冊、その後年2冊と1冊を繰り返し、1993年の40巻から41巻まで5年、さらにこの42巻まで6年が経過している。

2冊出るのに11年!

白泉社のサイトにはこうある。


お待たせしました! 世紀の舞台の幕が6年ぶりに上がります…!! 紅天女の試演を目前にした北島マヤと姫川亜弓…二人は自分の紅天女をつかむことができるのか …!? そして、マヤ、桜小路優、速水真澄、3人の恋の行方は…!? すべてが見逃せない演劇大河ロマン、まもなく上演です…!!
ガラスの仮面 第42巻
※強調はわたいによる

開き直ってる!

あんまり長い間新刊が出ないものだから、完結を待たず1994年春からどんどん文庫化されたが、翌1995年秋に既刊新書版の分は全部文庫で出てしまった。こちらも4年後の1999年秋に23巻が出たまま止まっている。きっとこの新書版42巻は来年秋頃に文庫版24巻として発売されることだろう。

文庫化が済んだあとの場つなぎに、『月刊ガラスの仮面』という雑誌が発売されていた。わたいは買わなかったが、「いいから連載をちゃんと描いて新刊出せ」と思ったのは覚えている。

『ガラスの仮面』について詳しくなりたい方はこちら。
ガラカメモリー
 2005年7月に閉鎖してしまうそうだ。今のうちに読んでおこう。

主人公北島マヤの年表を眺めて「そんなこともあったよなあ」と思い出したい方はこちら。
ガラスの仮面年表
 描かれている事実から紐解いていくこの手法、わたいも大好き。序文(「ガラスの仮面」の時代~ガラスの仮面年表作成に寄せて~)も必読だ。

42巻の内容には深く触れないが、「いっこも話し進まへんなあ……」という印象だ。

40巻から41巻に5年。41巻から42巻に6年。このペースなら43巻は7年後、2011年冬。
果たして我々は待てるのか。
果たして美内すずえは辛抱強く描き続けて完結させられるのか。
こちとら高校時代から読んでんだ。紅天女再演を見るまで、死ねないぞ
頼むよ、美内先生!

ガラスの仮面 42巻
第13章 ふたりの阿古夜(1)
美内すずえ
花とゆめCOMICS
390円+税(税込410円)
白泉社

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2004.12.25

ジンギスカン……鍋?

htbshop.com(北海道テレビ特選ショッピングモール)の抽選でいただいたラム肉ジンギスカンを食べることにした。提供は士別市の羊と雲の丘観光株式会社(URLなし)。

冷凍庫から出した味付きラム肉500gを自然解凍……しようと思ったが、夕方から自然解凍していては間に合わないので、蛇口から温かい湯をかけたりして解かす。

タマネギ2個(70円)とピーマン1袋(5個 100円)を適当にざくざく切って用意しておく。

さて。

うちにはジンギスカン鍋がない。ジンギスカン鍋どころか、ホットプレートもない。

やむを得ない。北京鍋で代用しよう。

ラム肉ジンギスカンの美味しい食べ方

ラム肉ジンギスカンは以下の方法で。
1. 鉄板焼き
2. ホットプレート
3. フライパン
等で野菜(もやし、ピーマン、玉葱、なす等)や士別産のいももち、かぼちゃもち、よもぎもち等と一緒に、肉はあまりタレに漬からないよう、野菜はタップリタレに漬かるように焼くとと美味しくいただけます。又、専用鉄鍋、炭網焼きではよりいっそう美味しくいただけます。
※“焼くとと”原文ママ


肉をタレに漬けず、野菜をタレに漬ける、という焼き方を北京鍋で実践してみよう。肉を鍋肌に沿わせ、野菜をできるだけ底に敷く。
ついでだから、もやし250g(特価20円)も投入しておこう。

PICT3393.jpg

なんか、ジンギスカンっぽくないな。


予想できたことだが、火が回るにつれ、野菜から水が出てきて煮込み料理みたいになってきた。

PICT3394.jpg


そりゃそうだ、ジンギスカン鍋と北京鍋じゃ構造が違うもの。
ジンギスカン鍋は中央が膨らんでるけど、北京鍋は凹んでるもの。

しょうがないので、そのまま強火でどんどん煮込み続け、水気を飛ばす。

はい、“ジンギスカン煮”のできあがり。

PICT3402.jpg


肉そのものは軟らかく、匂いもきつくない。
漬けてあったタレの味がくどくないのは、野菜の水でマイルドになったからか。

焼きとは違うが、満足の一品であった。
ごちそうさま

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.12.22

スタートレック・アパートメント 補足

スタートレック・アパートメントの番組を観て不思議に思ったこと2点を、24th CENTURY INTERIOR DESIGNのトニーさんに直接聞いてみた。

今回も速攻で返信をいただいた。
メールの書き出しが前回の「Hello, (わたいのファーストネーム)」から「Hi, (わたいのファーストネーム)」に変わっている。よおし、次はわたいも真似するぞ、トニー(おいおい呼び捨てかい)。

■どうやって寝てるの?

あと、床で寝るからベッドはいらないんだ

いらないってあんた。
床に直寝?。直とは言ってないか。

質問:テレビで観たんですが、あなたのスタートレック・アパートメントにはベッドがありませんよね。寝るときは、床に直接横たわって眠るのですか? 寝袋やマットレスを使うのでしょうか。

お答えしよう。巻き取り型のベッドがあって、それを敷いて寝ているんだ。普通のベッドよりも床で眠るほうが好きなんだよ。

はは~ん、室内キャンプか……。寝床を敷くのは日本式の生活様式に似ているが、日本では靴で歩く場所に布団を敷かない。微妙だ。


■どうやって湯を沸かすの?

フードレプリケーターならぬ電子レンジ。
そんな食生活でいいのか。
DS9で使われている底の広いマグカップが、
カウンターの上に置いてあるが……
湯もレンジ?

質問:テレビで観たんですが、(フード・レプリケータみたいな)電子レンジがあなたのスタートレック・アパートメントにある唯一の調理器具ですよね。テーブルの上にマグカップ(DS9のですか?)がありましたが、まさかお湯を沸かすときも電子レンジを使うのですか?

このアパートは見えないところに熱湯供給システムを備えているんだ。だから湯を沸かすのに電子レンジは使わないよ。食べ物はすべてチンしてるけどね。きみが観たというマグカップはTNGのものだよ。ぼくが持っているただ一つのST商品なんだ。ほかはみんな自分でデザインして自分で作っているからね。

湯が手に入る設備があるようだ。だから自分で沸かす必要はないらしい。

マグはDS9ではなくTNGのものだった。お詫びして訂正。

しかし「ぼくが持っているただ一つのST商品さ」といいながら、転送台にピカードの等身大スタンドポップがあったのをわたいは知っている。テーブルにはトリブルもあった。テレビの横には『トレッキーズ2』もあったぞ、トニー! そのへんはどうなんだ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

tvk:年末年始の「どうでしょう」

■「水曜どうでしょう ジャングルリベンジ」
 2004年12月27日(月)~12月30日(木)
 2005年1月3日(月)~1月5日(水)
 いずれも 24:05~24:35

■「どうでしょうリターンズ」
 休みなしで放映
 毎週金曜日22:00~22:30

出典「テレビ神奈川編成部」12月21日現在

帰省に向けてRD-X2のHDDを整理するとともに、毎週録画している地上波テレビ番組の年末年始の放送予定を雑誌で確認していたら、tvkで放映中の『水曜どうでしょう』に2005年1月5日で“終”マークが付いていた。

え、終わるの? まだそこまで行ってないんちゃうかなあ。

tvkのウェブサイトを見ても判然としない。

というわけで、tvkに直接尋ねてみた結果が冒頭の一覧。

通常の放送を終わるどころか、年末年始も淡々と放映し続けるうえに、特別枠で『水曜どうでしょう ジャングルリベンジ』を投入するという大胆な編成。
『ジャングルリベンジ』はテレビ朝日で放映済みとはいえ、繰り返し放映されるのは歓迎だ。

見逃した人はもちろん、もう見た人は再度、録画済の人はもう一度録画してフレーム単位で比較しながら、見るべし。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004.12.21

DVD宇宙大作戦 “絶賛発売中”

Amazon.co.jpから、かつてスタートレック関連商品を買った人宛にメールが配信されている。


Date: 20 Dec 2004 16:26:32 -0800
From: "Amazon.co.jp"
Subject: 【20%OFF】『宇宙大作戦 GALAXY BOX』絶賛発売中!


余ってるんだ!



思うほど
 買う客のない
  銀河箱

   Amazon.co.jp 心の俳句

| | コメント (8) | トラックバック (0)

麦とろ麺、現る

土曜の朝早くから、どんどんどんと扉を叩く者がいる。
何事かと、右側頭部に激しく寝癖を付けたまま飛び出したら、宅配の人だった。

寝ぼけたままサインをして荷物を受け取る。

カーテンを開け、朝の光を部屋に入れて頭をすっきりさせながら、窓際で外袋を破り取ると、中から長三の封筒と平べったい箱が出てきた。

封筒を開けると、なぜか五木ひろしのほがらかな顔が。

どうした、ひろし。土曜の朝から楽しそうだな。

PICT3284.jpg

五木ひろし、にこやかに語る。

PICT3286.jpg

ご当選おめでとうございます。
わたし五木ひろしは、今年芸能生活40周年を迎えました。
これもひとえに、皆様のご支援のたまものを、感謝いたしております。
私のふるさと福井県でコシヒカリが生まれたのは、
私がデビューするさらに数年前のことです。
おかげさまで今もなお、
私の歌も、そして福井県のコシヒカリも全国の皆様に愛され続けています。
丁寧に育てられた福井米、
これからもご愛顧のほどよろしくお願いします。

  僕のふるさと
   福井のお米は、うまい。
   福井ふるさと大使
    五木ひろし


ひろしと米と同時に宣伝か。難易度の高い文章だ。
それはともかく、ご当選とな? またなんか当たったのか。なんだなんだ。

びりびりと紙を破ると、こんなものが現れた。

PICT3287.jpg

米の宣伝しといて、麦やないの


PICT3292.jpg

開けるとこう。

2人前200gの袋が10袋。一度に食べれないぞ
え、だから一度に食べなくていい?

どうやら、以前福井の米を買ったときに付いていた「福井米キャンペーン」の応募シールを送ったら、“Wチャンス”に当たったらしい。
先日の「ジンギスカン&いももち」といい、2004年下期に2回応募して2回当たるとは運がいい。食べ物に縁があるのか。食べ物しか当たらない体質なのか。食べ物に当たるわけではないのは幸いだ。

主催はJA福井県経済連。キャンペーンは2004年9月1日から11月30日まで行なわれていたようだ。

●JA福井県経済連:福井米キャンペーン
 http://www.ja-fukuikeiz.or.jp/EVENT/event_20041001.html


麦とろ麺誕生について語る讀賣新聞の記事。

●ふくい・食・探検 麦とろ麺(YOMIURI ON-LINE)
 http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/fukui/kikaku/003/3.htm


麦とろ麺のメーカーはなぜか山梨県。福井県のキャンペーンだが、福井県産の大麦を使っているのでOKらしい。

●株式会社はくばく
 http://www.rakuten.co.jp/hakubaku/464027/462415/


冷や麦のように、湯がいてから水で締めて食べる麺らしいが、袋に「あたたかい麺としてもおいしく召し上がれます」とあったので、茹でてから明太子スパゲティの素で和えてみた。

PICT3340.JPG

もちもちしてうまい。
うまいというか、まずくはない。
まずくはないというか、麺がくっついて……麦とろ麺は自分が麺であることを放棄してしまった。

メーカーのサイトに「ツルツル感最大級!」と紹介されている、そのツルツル感がまったくないのだ。

これはわたいのレシピに問題があった。
買い置きの明太子スパの素なんかと適当に合わせたのが悪かった。
なんらかのつゆ、あるいは汁と合わせないと、麺のよさが生きないのであった。

すまん、はくばく。

すまん、JA福井県経済連。

すまん、ひろし。

次回は普通に食う。約束する。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.12.19

DVD宇宙大作戦 “GALAXY BOX を置け!”

でっかいでかい、邪魔邪魔、と現物を手にする前から文句を言っていた宇宙大作戦の GALAXY BOX 。

覚悟を決めて、DVDを置いていたデッキ類の上に設置してみた。

PICT3330.jpg


どうだ!

……一応収まってる感じではある。

しかしだ。

このケース、開けにくいんですけど

透明カバーに3ヵ所の突起があり、それを銀色の土台にあるレバーで留める仕組みなのだが、このレバーが固い。固いんじゃないな……とにかくなんかすっきり外れないのだ。なかなか外れなくてイライラさせられる。

やっぱりこのケース、いらん。

そこでハードケースを出して並べてみた。が、底面積が少ないので安定して立たない。

だめだこりゃ。

ハードケースも、いらん。

デジパックだけで並べてみよう。

PICT3332.jpg

ああ、すっきり。

これひとつが3万(定価)か……。いやいや、そういう後ろ向きな考えはいかん。

結局ケース類はダンボール箱にサヨナラして、デッキ類の上には元々置いてあったDVDを戻した。

PICT3338.jpg


埃が入らないよう対策を講じる必要があるが、快適。すぐ出せてすぐ観られる。
さあ、楽しいTOS生活の始まりだ!

| | コメント (13) | トラックバック (0)

DVD宇宙大作戦 “トリコーダー”

2004年12月18日、12時50分。
来た来た来た。来ましたよ、大きな葛籠の憎い奴。

2004-12-18T152300Z.jpg

ざっとこんな大きさ。DVDが入っているとは思えない。なんだこりゃ。
外箱は、運搬用の保護ダンボール。開けると手提げの付いた商品が出てくる。
手提げダンボールを開けると、中くらいのと小さいダンボールとがひとつずつと、「宇宙大作戦読本」が出てくる。
中くらいのダンボールからはビニールに包まれた GALAXY BOX が、小さいダンボールからはやはりビニールに包まれたトリコーダーが出てくる。
マトリョーシカ人形状態だ。

2004-12-18T152300Z.gif

出てくる出てくる。

オマケの1分の1スケール「トリコーダー」は上段が「電磁波測定器」、中段が「AM/FMラジオ」、下段が「小物入れ」になっている。

小物入れ? 何入れるんだ。飴とか?(なんで飴)

電磁波測定器は「SAFECAUTIONDANGER」の三段階で測定結果が表わされる。
テレビやPCのモニタ、動いていてもいなくてもスピーカー、灯っている蛍光灯などに反応し、「DANGER」サインが点灯。ついついあちこち測って部屋中を歩き回る。

なぜか今晩作った牛すじ野菜スープは「CAUTION」だった。

2004-12-18T152304Z.jpg

わたいのスープをなんだと思ってんだ、おーっ!?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2004.12.18

スタートレック・アパートメント

奇跡体験アンビリバボーの2004年12月16日放映にて、24th CENTURY INTERIOR DESIGNが紹介された。

それに先だって書かれていた星羅さんの記事。

昨日アンビリバボーの次回予告を見たときに思ったのだが、
そこで出てた人は、前にワールド☆レコーズで出てたらしいあの、
家をエンタープライズに改造したあの人ではないか?
アンビリバボーの次回って 惑星Qo'noS

総合テーマは「アンビリバボーな継続する男たち」。トニー・アリーネ Tony Alleyne 氏は、『リフォームし続ける男』として、3人目に紹介された。番組開始約14分後のことだ。

佐藤藍子自宅を7年間、300万円かけてリフォームし続けている男性です
所ジョージ7年間300万ってなんかずいぶん値段と合わねぇなあ
関根勤ねぇ。ずいぶん地道にやってるねぇ
佐藤藍子そうです、ね
有坂来瞳ちっちゃい、ちっちゃいやつじゃないですか

“ちっちゃいやつ”って、言ってることも彼女の手付きもよくわからないが、ここで強引にタイトルが入って人物紹介開始。

ロンドンから車で1時間のレスターに住むというその男性に会いに行った取材班が、近所で聞き込みをするところから。

よくは知らないけど、スキンヘッドですよ。いい感じのね

スキンヘッドと言われただけで、心の中ではもう二人に絞られる。こいつこいつだ。

外から見てもまったくわからないので、初めて見たときはびっくりしたわ。よほど好きなのね

好意的なのか呆れているのか判然としないコメントを語る女性。

聞き込みと言いながら、適当に二人聞いただけですぐ本人の自宅へ向かう取材班。
対象の自宅の扉をノックしたら、中からノック元大阪府知事、いや、“噂どおりの”スキンヘッドの男が現れた。もろにTNGのコマンド系ユニフォームを着込んでいる。
こいつだった。

テロップ:「一体どの様にリフォームし続けているというのか?」

どのようにもこのようにもないわけだが、いきなり変なパジャマを着たスキンヘッドの男が扉の前に立った絵柄に加えてこのテロップで、一般的にどの程度の惹きがあるのだろうか。

スキンヘッドに導かれて取材者がモザイクのかかった部屋に入るところでコマーシャル。
番組スポンサーの案内が流れる後ろで、出演者たちが好き勝手にコメント。画面の左右に付けられたテロップには「衝撃映像! この後 宇宙人が登場!?」「スキンヘッドの男はアレが大好き(ハート)」とある。

部屋のリフォームを紹介しようというのに、なぜ宇宙人登場がメインの衝撃映像なのか。
アレ(ハート)”って、アレだろ。っていうかもうバレてるだろ、ユニフォームで。この段階で「お!?」と思わない視聴者は、このあとを観たところで多分驚きも感動もないぞ。

コマーシャル明け。ナレーターは、モザイクの解けた部屋を舐めるようにパンする映像を背景に、「彼はあるテレビ番組に憧れて、部屋を全部それに合わせてリフォームしてしまったのだ」と語って場を盛り上げる。

だからその“あるテレビ番組”もバレバレだろ。いや待てよ。2004年の年の瀬は、ひょっとしたら視聴者の多くが“あるテレビ番組”に興味を持つ時代となっているのかもしれない。黙って観よう。

ここでいよいよ本人、トニー・アリーネ氏が自らを語る。

ぼくは昔からスタートレックの大ファンでねぇ。どうしてもあの宇宙船に住みたかったんだ

アレ(ハート)”は“スタートレック”だったことが一般的にはここで判明。
キーワードが出てきたため、視聴者のためにスタートレックの解説が入る。

テロップ:「スタートレック 未知の宇宙を探索するエンタープライズ号のクルーを描いた大人気SFドラマ」

ほんとに大人気ならこんな説明はいらないだろう。

だいたい、“エンタープライズ号の”と書きながら、後ろを横切ってる艦は U.S.S.ヴォイジャーではないか。

ナレータースタートレックとは、23世紀を舞台に、カーク船長率いる宇宙船エンタープライズ号が、新たな生命体や文明に遭遇するというSFドラマ

何言ってんだ。
ツッコミどころが多過ぎて、どこから斬っていいのか迷うじゃないか。
それが狙いか。
ツッコミ先を絞ろうと思っている間に、どんどん話を進めてしまおうという腹だな。
そうはいくか。

アリーネ氏の意図と、テロップと、映像と、ナレーションそれぞれが、時代もシリーズも、何もかもがちぐはぐ。
アリーネ氏の扮装は TNG
テロップに書かれた元ネタは TOSTNG
映像は営業用の VGR のみ。
ナレーションが言及しているのは TOS

誰かきっちりコーディネートしてやれ。
所詮バラエティとはいえ、いい加減にもほどがある。

おっと。『ヴォイジャー』の映像に重ねて12月17日発売のDVD、VGR#4(コレクターズボックス)が紹介されたぞ。
してみると、パラマウントが素材貸し出しの際に、直近で発売される『ヴォイジャー』を流せと指定したか。
日本語訳出版物は厳しくしつこくチェックするくせに(原語を日本語に訳したものをさらにまた英語に翻訳させて、それをチェックする)、こういうのはスルーか、パラマウント。脇が甘いぞ。

ナレーターデザイナーを職業とするトニーさんは、見よう見まねで自宅を宇宙船にリフォーム。1LDKのアパートは、キッチン、リビング、そして狭い廊下を進んだ奥にあるシャワー室まで、テレビドラマの世界に再現して見せたのだ

スタートレックの世界で、“艦のトイレ、どこ?”はFAQのひとつだ。
ブループリント(艦船の図面)には描かれていることもあるが、映像で描かれたことはない(『エンタープライズ』は観ていないので知らない)

この家には人が住んでいるので、きれいごとは言っておられず、水洗式の便器が設置されている。便器そのものは24世紀化されておらず、ウォシュレットも付いていない。

シャワーブースと洗面台はそれらしい雰囲気に替えてある。

シャワーは劇中ではソニックシャワーが採用されていたが、さすがにそこまでは再現できないため、ブースの向こうにうっすらとシャワーヘッドが見えていた。

ナレーターまたそのこだわりは徹底しており、宇宙船にそぐわないものは、すべて収納している。

アリーネ氏がそこかしこを開けて、収納スペースを披露する。

ナレーターテレビも、ご覧のとおり

テレビ小さっ。14インチか?
どうせならPCモニタと兼用の液晶TVにして、普段はスクリーンセーバーを動かしておけば……。
おそらくそんな程度のことは思いついているが、予算の兼ね合いでまだ手を付けていないのだろう。

テレビの横にそれとなく面陳してあるのは『Trekkies 2』だった。
(面陳:ジャケットが見えるように飾ること。『トレッキーズ2』DVD日本版は12月18日現在予約受付中)

ナレーター部屋の壁の裏はすべて収納スペースになっており、生活に必要なもののほとんどが、ここにしまってある

Kim WestonのCDやカセットテープ、ヘッドフォンなどがごちゃっと詰め込んである。

ここはキッチンなんだけど、ガスコンロがないだろ? 料理は全部、電子レンジでやるから、いらないんだよ。ほら、ここに隠してあるんだよ。今はなんでもチンすればいいから、これで充分なんだ

フードレプリケーターならぬ電子レンジ。
そんな食生活でいいのか。
DS9で使われている底の広いマグカップが、カウンターの上に置いてあるが……湯もレンジ?

あと、床で寝るからベッドはいらないんだ

いらないってあんた。
床に直寝?。直とは言ってないか。

それと洗濯機はね、しゃばしゃばする音が、宇宙船に合わないんだ。だから、この家(うち)には置いてない。ワイフが、ああ、今ワイフとは別居中なんだけど、そのワイフが、二日に一度洗濯に来てくれるから、まったく、問題ないねぇ

ワイフが来てくれる間、洗濯物はどの壁の裏に置いてあるのだろう。

テロップ:「ベッドと洗濯機は宇宙船に合わないので置いていない」

ベッドそのものは士官私室の描写でTOSの時代から出てきているわけなので、合わないことはないだろう。おそらく1LDKに盛り込むスペースを作れなかったのではないか。

これはぼくの自信作の転送装置。みんなこれを使って、この部屋に転送されてくるんだ。……ワイフかな?

ベッドより転送装置優先だ。
転送台の奥にはピカードの等身大スタンドポップが置いてある。
(アリーネ氏のにはハンカチは掛かっていない。なんだか『リング』に出てきそうだ)

ナレーター先ほど話していた別居中の妻、ジョジーナさんがやってきた

普通に玄関から入ってくる、普通の格好をした女性。黙ってまっすぐ転送装置のほうに歩いていって転送台に乗ると、姿勢を正す。

ナレーターいきなり夫婦げんかでも始まるかと思いきや……

ジョジーナさんがスタンバイしたのを見て、アリーネ氏が発声。

転送します

操作パネルの上に指を走らせるとお馴染みの効果音。タッチパネル式で、転送時の音を出せるようになっているようだ。

転送完了

声を合図に無表情に転送台から降りてきて、ようやく上着を脱ぐジョジーナさん。

それが転送か

宇宙船へようこそ。外はどう?
昨日から寒いわね

”ってなんだ。外は宇宙だろ、宇宙船なんだから。やるならとことんこだわって“地上”とか“下”とか言え。

『ジェネレーションズ』のメインタイトルが流れるなか、トリブルの前でインタビューに応じるジョジーナさん。

仕方なく、夫のスタートレックごっこに付き合ってあげてるの。一応彼の妻だしね。家が元に戻るなら一緒にまた暮らせるのに、彼には、その気がないみたい

妻より家。
いや、アリーネ氏にすれば「なんで? 一緒に住もうや」という気持ちなのだろう。

今までに使った金は、300万円くらいかなあ

今日の為替レートで計算してみよう。300万円はおよそ1万5000イギリスポンド(2004年12月18日)。
……むしろピンと来なくなった。換算は失敗だ。

ここはもうすぐ完成するから、そうしたら、ネットオークションで売ろうと思ってるんだ。1億円くらいで売りたいねぇ。そしたらそのお金で、大きな家(うち)を買って、その家(うち)もぜ~んぶ、スタートレックにするんだ

元のアパートがいくらなのか知らないが、1億は妥当なのだろうか。
いや、もう換算はしないから、1億円をポンド換算してみたい方は、ご自分でどうぞ。
大きな家を手に入れた暁には、ベッドを設置した士官私室も作っていただき、奥さんと同居していただきたい。

アリーネ氏が室内のあちこちを説明して回る映像をバックに、最後のナレーションが入る。
キッチンの水回りは残してあるので、洗い物の“しゃばしゃば”音はがまんするらしい。濡れた食器は壁に隠して乾かすのだろうか。

ナレーターアンビリバボーな継続男、スタートレックをこよなく愛し、アパートの部屋全体を宇宙船にしてしまった男は、これからもリフォームし続けるらしい

カメラがスタジオに戻り有坂来瞳のバストショットでトーク再開。

所ジョージ悲しいね
佐藤藍子あっはっはっはっ
なんか悲しい映像でしたねこれは
清水圭超オタクですよね
もう奥さんも逆らわないんだね

全員呆れた様子でトークも弾まない。

関根勤奥さん、メイクが宇宙人っぽくないですか
佐藤藍子あははは
あれ、違う惑星の人だから

一瞬弾みかけるが……

関根奥さん、スタートレックになってたもんなあ。合わせてるよ。奥さん、愛情あるな
清水いやいや。もともとこういう感じの人やから、好きになったのかもわかりませんよ
関根そうかもね
……

やっぱり弾まない。

コマーシャル前のテロップにあった“衝撃映像”は奥さんのアップのことだったらしい。
奥さんが見たらスタジオに転送して乗り込んでくるぞ。

関根楽しいんだろうなあ

しみじみとつぶやく関根。

佐藤楽しくてしょうがないんでしょうね。ですから、300万円かかったのを、ま、もともとの住居のスペースもあるんですけど、1億円で……
関根1億で買うかなぁ……
清水買わないっしょ
買わないね

盛り上がらないことこのうえない。

佐藤関根さん欲しいですか
関根俺は買わない。だって別にこういう、部屋、好きじゃないもん
有坂来瞳あはは
所ジョージこら好きな人いないもん、だってここをね

番組紹介物件を全否定。

有坂来瞳男の人の凝り性ってわかんないとこありますよね
所ジョージいや男の人の代表にしないでこの人を
佐藤藍子あっはっはっ
有坂来瞳あははっ

一刀両断されたところで、チョン。

本日紹介された「継続男」のなかで、群を抜いてウケが悪かった。
いいのか、パラマウント、これで。宣伝になってるか? 大丈夫か?

さて、男の人の代表ではないわたいはこの映像を観ていたく感心した。ここまでやるのは並大抵ではない。300万円というコストは意外なほど安いが、あれだけあちこち光らせていると、月々の電気代は大変なことになっているに違いない。
番組を見た勢いを借り、怖いもの知らずにも、いきなりご本人にメールを送りつけてしまった。放送当日の夜のことだ。

へったくそで適当な英語だったにもかかわらず、翌朝にはアリーネ氏の名前で丁寧な返信が届いていた。さすがはイギリス紳士。

U.K.に来ることがあれば、スタートレック・アパートにおいでください。歓迎します

ほんとか、トニー! あ、住所も書いてある。
行ぐ行ぐ。いももちさ持っで行ぐ。艦内レンジでチンして食べてけろ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

ココログ1年、柿8年

もちろん、柿はなんら関係ない。

2004年12月17日公開のホらデッキは、おかげさまで丸1年を経過した。

もともと、当時の忙しさから逃避してネットをうろうろしていたとき、たまたまココログというサービスが始まっているのに気が付いて、衝動的に開設したホらデッキ。
その後12ヵ月の間には、図らずも4ヵ月にわたりつかの間の逃避さえ許されない空白期間があったりしたが、それでもぼちぼちと続けてこられたのは、一重に訪れてくださるみなさんの励ましと(おおきに!)、わたいの根っからの逃避癖の賜物だ。

そういえば先日、カウンターが10万ヒットに達していた。

まさか10万を超えるようなことがあろうとは。それも1年でそうなるとは夢想だにしなかった。ココログという器が、検索エンジンの上のほうに記事を送り込むのに長けているからに違いない。
5桁しか設定していなかったカウンターを、10万が近づいたある日、慌てて6桁に増やしたのも、今ではいい思い出だ(早いな、思い出化が)。

もしどなたか「100000」を踏んだという方がいらっしゃれば(この世のどこかにひとりいらっしゃるはずですが)、ご申告ください。記念のなにかを検討します。ちなみに以前自己申告をいただいた「77777」には“自称大変貴重な品”を謹呈させていただきました。

プロフィール画像の随時更新は個人的な目標だった。もっと頻繁に変えるつもりだったが、空白期間を挟んで急速にペースダウンしてしまった。2005年の課題だ。

これまでのプロフィール画像はこちら。当初は画像サイズが一定していなかった。

今後の方針はこれまでとなんら変わりない。

 書けるネタを
 書けるときに
 書けるだけ

では、引き続きよろしくお願い申し上げ奉る。

追記:
1周年のハレの日に、すしバーさんの俺育て!虎ヘッド風味:熱闘ブログ編における記事オブザイヤー6にて、“総合グランプリ”を頂戴した。ありがたい。励みになる。よい思い出だ(だから早いって思い出化が)。
記事中であまりに誉められているため、深夜にひとりで赤面した。すっかり照れて耳まで赤くなった。肘の関節の内側まで赤くなっているのはただアルコールが回っているだけだから区別したい。
謙虚に受け止め、「(人に)奢れども驕らず」の気持ちで続けていく所存だ。「笛吹けど踊らず」とは似て非なる心構えなのでこれもまた区別したい。
目標は、次の記事のエントリー。
ENGAGE!

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2004.12.16

Deep Space 温麺

2004年12月11日。
赤坂で難破した冷麺専門店の本店を求め、難波に降り立つ。

リムジンバス乗降所となっているホテル一栄前から徒歩で中央区島之内へ。
御堂筋から道頓堀筋へと入り、かに道楽を左に、食い倒れを右に見ながらどんどん東へ東へと道頓堀を抜けて行く。道頓堀筋の東端で堺筋通りにぶつかったら、道路を渡ってから左折(北へ)。日本橋北詰の交差点を過ぎて100メートルほど進み、NTT南ビル手前の一方通行標識の立つ道右折(東へ)。道を一本越えて、真っ直ぐ進んで次の筋、中華料理五福飯店のある角を右折(南へ)。

そこに冷麺専門店の大阪本店は実在した。

PICT3167.jpg

こぢんまりした店構え。赤坂と同じ看板と暖簾が、本店の証。

深呼吸をして暖簾をくぐり、引き戸を開ける。

カウンターだけ10席の狭い店内。逆L字方の短い辺に椅子が2脚。長い辺に8脚置いてあるが、決して大きいとは言えない椅子8脚はほとんどぴっちりくっついているので、全部に人が座ったら満員電車より居心地が悪いだろう。

PICT3177.jpg

厨房入口の右の壁に、赤坂店でも見覚えのある『葛(ち)』の効能が書かれた額が飾ってある。

入った左手に掲げられているのは、さっぱり読めないが、韓国本部による能書きらしい。

奥から出てきた巨漢は、坊主頭にタオルを巻き、口の周りに髭を生やしている。
DS9シリーズ後半のベンジャミン・シスコを彷彿とさせる和風シスコ。のっけから出来過ぎ。

表のサイドメニュー案内看板に描かれていたこの顔、似過ぎだ。

PICT3168.jpg

メニューも赤坂店でお馴染み。分厚い木の板に墨痕が鮮やか。

PICT3174.jpg

おや。温麺がメニューに載ってないぞ。

カウンターに座っていざ注文だ。メニューにはないが聞いてみよう。

ここは、冷麺、だけ?
冷麺……がメインで
温麺。温麺はやってないんですか、温麺

何度も聞くな、わたい。

温麺……は、ない

いきなり袈裟がけに切られた気分。ないんかい、本店には。

このビビン冷麺にね、熱いスープをかけていただいて、食べていただいてるんですよ
熱いスープを

ビビン冷麺(チ・ビビン・レイ・ミョン)に、熱いスープをかけるだと? そういうものなのか、温麺。

結局一緒なんですよ。ラーメンのようなスタイルでは出してないんですけど、ご自分でかけるスタイルで

結局一緒ってどういうことだ。とにかく頼もう。

じゃあ、それを

クルーは和風シスコひとり。客もわたいひとり。シスコ司令官が厨房にいる間、ゆっくりと店内を見回す。

カウンターの上に酢はあるがタテギはない。代わりにゴマタレがあるが、麺に使うものではないようだ。

『葛(ち)』の額の卓上版の裏には、“出前迅速”と書かれた名刺大のカードが入っている。もう一枚、別のカードも貼ってある。出前も積極的に行なっているらしい。

酒はアサヒスーパードライと麦焼酎いいちこ、生ビールに酎ハイ、そして韓国の眞露が用意されている。

箸は、赤坂店のように割り箸ではなく、純韓国風に金属の箸だ。

玄関を入って右上にはテレビが置いてあるが、どの客に対しても背中側になるため、誰も見ることができない。唯一カウンターの中にいるクルーだけがテレビを鑑賞できる仕組みだ。

そうこうしているうちにシスコがビビン冷麺を持ってきた。
そして金属の急須に入ったスープが登場。

早速写真を……。

……。

……。

……司令官が無言で見下ろしているので、カメラを構えられない……。

そのスープをお好みでかけていただいて

そもそも温麺を韓国の人は注文しないのだろうか。

しませんね。温麺の習慣がないみたいです。冷麺は冷麺のままで。そのスープも、韓国の人は入れないで、別に飲んでます。そのほうがおいしいですから

どうも和風シスコ司令官も温麺がお気に召さないらしい。

日本のお客さんは、ラーメンっぽいものを求めてはるやないですか。でも向こうでは冬でも冷麺は冷麺として食べはるんですよね

そのビビン冷麺は、金属の器に黒っぽい葛(ち)麺がどんと盛られ、麺の上にはタテギがたっぷり載り、薄く切った大根、固ゆでタマゴ、刻んだ胡瓜、水キムチを載せてから白胡麻が振ってある。

ビビン冷麺には梨を載せてるんですけど、温かいのん食べたいいうお客さんには、その代わりに水キムチを載せてます。ちょっと酢ぃい感じで。酢ぅをただかけるよりいいですから

赤坂では酢を自由にかけさせていたが……。

酢は、韓国の人はかけないですねぇ

なんと。ではタテギは?

うちのお客さん、韓国の方が多いんです。なかには向こうで葛(ち)冷麺出してはったいう人もいて
え、韓国で冷麺屋やったはったちうことですか
ええ。せやから、麺の茹で具合とかうるさいんですよね。タテギも、うちの店では多めに入れてます。辛いのお好きな方多いんで

赤坂の新店長は好きなようにタテギと酢をかけて食え、と言っていたが、随分乱暴な出し方だったのだ。韓国人客にウケなかったのではないか、あのやり方は。ハリマン店長と試行錯誤したとも言っていたが、何をどう試行錯誤したのだ。

スープかけたら、よく混ぜて。混ぜれば混ぜるほどいいです

司令官の命令どおりに、急須からスープを注いで、金属の箸で混ぜに混ぜる。その様子をじっと見つめる和風シスコ。なんだか緊張するぞ。

一口すする。

赤坂よりしっかりと味がついているような気がする。

“辛ラーメン”て知ってはりますか。あれに似てるんですよね、スープとタテギだけだと

かつてスープだけで食ったときは“出前一丁”だと思ったが、それにタテギを入れると“辛ラーメン”になるのか。

以前はラーメンみたいにして出してみたこともあるんですけど、この葛(ち)麺は温かいもんかけると麺が軟らかくなるんです

なるほど、確かにくたっとしている。

それがなんかねぇ……。注文も少ないし、やめました。それで今はこういうスタイルで。お客さん、書いてないのに温麺言わはったから、なんでかなあ、と……

ここで、東京の赤坂に系列店があり、そこで温麺が供されていたことを話す。
12月を迎える前に店が閉まってしまっていることを伝え、何か知らないか尋ねてみた。

東京のことは知らないですねぇ。西成にもあるみたいですよ、行ったことありませんが

大阪市西成区か。『てなもんやコネクション』でお馴染みの濃い町だな。

温麺で食べたいいうお客さんには、麺を硬めに茹でて出すんですけど、それでもスープをかけると軟らかくなるから……あんまり温麺出したないんですよねぇ

そこまで否定するか、温麺。逆に言えば、そこまでこだわりがあるのは立派なものだ。

ほな、おすすめはなんなんですか
わたしの好みはビビン冷麺ですねぇ
水冷麺はどないです。汁がシャーベット状になったやつ
水冷麺、今の季節はあんまりしゃりしゃりせんように緩めにしてお出ししてるんですけど……水冷麺……よりはビビン冷麺のほうが、わたしはおいしいと思いますねぇ

どこまでも正直な司令官だ。

韓国の方はどっち選ばはるんですか
ビビン冷麺ですね、圧倒的に

この店は似非韓国ナイズされた赤坂と異なり、マーケットの声に忠実な本格派のようだ。

東京から来はったんですよね。ちょっとサービスしますよ。海苔巻き食べはりますか

うわ。ここでもサービスを受けられるのか。
冷麺専門店で4回温麺を食べて、3回オマケしてもらってるというのもどうなんだ、わたい。

ネタにしに来た店でオマケをもらうのがなんだか悪い気がしたのと、メインの温麺をほぼ食べ終わっていたのと、最初に写真を撮り損なったままなのが気になっていたのとが重なって、わたいは思わず口走った。

すんません、じゃあ、もう一杯、お代わりを。今度はおすすめのビビン冷麺を冷麺のままで

ちょっと虚を突かれたような表情を浮かべたが、そこはプロ。和風シスコは厨房に消えた。

この機を逃さずデジカメを取り出して撮影。

PICT3181.jpg

すっかり完食してしまった、温麺を食べ終えたあとの器の様子。


PICT3182.jpg

金属の急須に入ったスープ。好きなようにコップに注いで好きなときに飲む。コンソメ風で、うまい。

このほかに麺を切るはさみも出してくれていたのだが、使いどころがわからず、未使用のまま。

あたふたと写真を撮っていたら奥から司令官登場の気配。
海苔巻き(キンパ)をきれいに切ってお皿に盛ってくれた。

PICT3183.jpg

サービスでもらったキンパは、沢庵を中心に、魚肉ソーセージ、カニカマ、大根、胡瓜、卵焼きが巻かれている。キムチを添えて店頭価格500円。お持ち帰り可。
食べ応えもある。

麺は水冷麺とビビン冷麺の二種類に決まっているが、それら以外のメニューは勝手に作っていいそうだ。

チヂミ600円
キンパ(海苔巻き)500円
もやしビビンパ(スープ、キムチ付き)600円
蔘鶏湯1800円
スモーク豚足1000円
チゲ鍋1000円
梨エキス200円

蔘鶏湯やチゲ鍋まで出しているのか。もはや冷麺専門店とは呼べないではないか。

2杯目のビビン冷麺が出てきた。今度はなんとかして写真を撮りたい。
するとうまい具合に コミュニケーター 電話が鳴った。奥に引っ込んで応対する司令官。チャンスだ。

PICT3185.jpg

美しく盛られたビビン冷麺。なるほど梨が載っている。

無事に写真を撮り終えたところで和風シスコがカウンターに戻ってきた。

よく混ぜてくださいね

イエス、サー、コマンダー。

北大路魯山人が納豆を混ぜるがごとく、念入りに麺とタテギと具を混ぜ込んでいく。
冷たい麺は、スープをかけられてくたっとした麺と違い、しっかりとしたコシがあってかき混ぜる箸が重い。

司令官がすすめるとおり、冷たい麺を食いながら、熱いスープを飲む。
このパターンもいける。
途中で目先を変えてスープをかけるというのもアリだろう。
しかし今はビビン冷麺としていただくと宣言した手前、このまま攻め切るしかない。

さっきの電話は営業時間を尋ねる電話だった。

お店は11時から夜中の3時までなんですか
そうです
夜のほうが流行ってます?
昼間はほとんどお客さんいてません。人通りありませんもん。留守番みたいなもんです

表の道を通る人影はほとんどない。この時間に客が来るのは珍しいのだろう。そのためずっとわたいに付きっきりだ。

東京の店でも値段は同じですか
800円。同じですね
そうですか。この近所では大体1000円くらいですから、割と安いほうなんです

このエリアでは競争力があるようだ。
夜の客の8割は出前らしい。それも、近所に住んでいる韓国人や、近所の店に勤めている韓国人がほとんどだという。固い客をつかんでいるな。

それにしても出前8割とはどうだ。“出前迅速”のカードは伊達ではなかった。

夜はふたりが勤務し、ひとりが作ってひとりが出前という分担で注文をこなしているとか。

この店も、ちょっと間ぁ閉めてたんですよ。またやるから言われて、来てるんですけどね

閉めてた? どういうことかね、シスコ司令官。

と、ここで入口がガラッと開いて、眼鏡にスーツのやや貧相な中年男が現れた。水木しげるの描く「フハッ」のサラリーマンのような風貌だ。

昨日の夜ちょっと電話もろてんけど……
夜は別のもんがやってるんで
あ、そうですのん。なんかね、あの、あのー、○○○(聞き取れず)っていう電話いただいたんですけど。あー、あの、見積もりちょっと間違えたちう電話いただいて
あの、内容が全然……
あ、夜の方、別ですか
はい、別なんでまた5時頃にでも
そしたら、ちょっと、顔、合わせます?
はい
あ、そんなわけでね、今の時期ちょっと見積もり出せませんいうことで、ちょっと
はい
あ、はい、そんなことで。お願いしますう

フハッは言いたいことだけ言って出て行った。

うふふふ。いろんな方が……前やってた方のをそのまま引き継いでやってるんで……前のやつの話が急に来たりとかしてもわからないんです

前やってた方ってなんだ。フハッが来る前にも不審なことを言ったぞ。

ここも、11月の26日から、24か? 24くらいから再開したんで……

閉めてた。前やってた。再開。

この店もあれか、赤坂と同じか、やってることは

別にオーナーが替わらはったとかそんなんじゃなくて?
ここの店のオーナーは、替わったんじゃないですかね

替わったんかい。

こんな話しとったら、“どんな店やろう”と思わはるかもしらん(笑)

大丈夫、知ってるから

11月24日に再開ということは、同僚が11月26日の夜に電話をかけて通じたのは、営業再開直後のことだったか。彼がずっと電話して「つながらない、つながらない」と嘆いていたときは、閉まっていたのだ。つながるはずもない。

本部はここなんですか
本部、というか、会社はここやなくて、向こうのほうにあるんですけど

向こうと言われて指をさされても、どこなのかさっぱりだ。

ここでまた電話が鳴る。今度は携帯にかかってきたようだ。

この機を逃さず写真を撮る。

PICT3188.jpg

2杯目を完食。最後までスープはかけず、ビビン冷麺としていただいた。

キンパも完食。これが盛られていた皿はダイソーで100円だ。当家にもこのシリーズの小皿と茶碗がある。

電話を終えて戻ってきた和風シスコから、使っている麺はあくまでも業務用で、韓国でも普通には売られていないと聞く。

もうひとつ聞いておきたい。韓国の「葛(ち)」は日本のそれと違うのか。

違う、と聞いてるんですけどねぇ

そう言いながら、「葛(ち)」の写真が刷られているOHPシートのようなものを見せてくれた。だが、日本の葛が野に生えている姿を瞼に刻み込んでいるわけではないわたいには、違いがわからない。

見ても、どう違うんか違わへんのかわからんのですけどね

あんたもか。

字ぃで書いたら、この「葛」という字でしか表わされへん、とは聞いてます

誰に聞いたのだ。そういうレクチャーが事前にあるのか。結構教育体制がしっかりしているのか、現オーナー。

わたいの持ち時間はここで切れた。丁寧に挨拶をして冷麺専門店を後にする。

今月中に、閉店中に電話をかけまくっていた同僚が、夜の時間帯の取材に出向く予定。わたいが撮り逃した「ビビン冷麺にスープをかけて温麺風」を画像で押さえてくるのがミッションだ。
頼んだぞ、同僚!


■冷麺専門店 珍麺
 大阪府大阪市中央区島之内2-10-36-105
 Tel.(06)6211-6130
 営業 11時~翌3時

| | コメント (17) | トラックバック (1)

2004.12.14

温麺XVI 3G温麺

ルーティンワークも時には重要である。

深宇宙の冷麺専門店から無事帰投したわたいは、廃墟となって久しい赤坂の冷麺専門店を覗くといういつものルーティンを黙々とこなすべく、仕事場の裏に向かった。

19時50分。

あれ? 冷麺専門店に明かりが灯っているぞ。

PICT3259.jpg


中に人がいる。

PICT3260.jpg


男がふたりだ。

アルミのアタッシェケースをカウンターに置き、半身の体勢で椅子に腰掛けるやや小太りの男は紺色のスーツに身を包み、いかにもビジネスマン風。

一方、赤いパーカーの上からジャンパーを羽織り、野球帽を後ろ前に被ったジーンズ姿の男は、細身で濃い顔つきだが、現場を叩き上げてきた職人の雰囲気を漂わせている。

どちらも初めて見る顔だ。ひょっとしたら赤パーカーはハリマン時代のクルーかもしれないが、記憶にない。少なくとも向こうにも、わたいの面は割れていないだろう。

ここは、通りすがりの客を装って入ってみるか。

そう決意して扉に手をかけると、背広が気付き、視線を寄越した。

すんませーん
……?

背広と赤パーカーが不審そうな表情でこちらを見ている。

今日、やってます?

ここに至って客だと認識した模様。
赤パーカーは「あっ」と言って天を仰いだ。なぜ天を仰ぐ。

あーっ、まだです

まだ?

やってないですか
今日はねぇ
もうすぐ再開しますので

再開? 今背広がおかしなことを言った。

え、もうすぐやるんすか?
ええ、もうすぐやりますので
近々

おいおい、またやると言ってるぞ。

不死鳥と言うか、懲りんと言うか。

あの、いつからか決まってるんですか
うーん、近々

なんだ赤パーカーの堂々たる歯切れの悪さは。

しかし、冷麺専門店に第三世代のクルーが着任しようとしているのは確かだ。

夜逃げしたとしか思えない新店長とマネジャーはもうこのまま消え去るのか。
ハリマン店長の復帰はあるのか。

そして、再々オープンのXデーはいつなのか。

ルーティンワークは続くのである。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2004.12.13

走り込んできた男

仕事場のビルの1階エレベーター前。

エレベーターに乗って《閉》を押したとき、バタバタバタバタッと激しい靴音とともに1名が急速接近してくる気配。

《開》を押し、閉まりかけた扉を止めた途端、男がひとり、勢いよく走り込んできた。

エレベーターの内壁に激突せんばかりの飛び込みっぷりだ。

男はくるっと振り返ると、行き先階のボタンを押す。

2」。

歩け!

っちうか、2階は病院

そんなに元気なのに何を看てもらいたいのか。

 ※自動書き込みです。コメントへのお返事はしばらくお待ちください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.12.11

週末の取材予定

冷麺専門店、本部のガサ入れに入る。

報告は12/15以降。

刮目して待て。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

将 棋 クラブ

初心者歓迎を標榜する、JR蒲田駅前の将棋クラブ。

PICT3162.JPG


階段の踊り場部分にも、看板を掲げている。

PICT3163.jpg


クラブ小さっ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.12.09

放置 VS 遺棄

JR蒲田駅の線路沿いで、自転車を置こうとする区民を駆逐する使命を帯びた男。大田区の職員か雇われ人かは不明。

彼の活躍で、来る自転車来る自転車ことごとく追い払われ、今日の線路脇はすっきりさっぱり美しい。

ふとその駆逐男がしゃがみこんだ。

立ち上がったその手にしっかりと掴まれているのは紙ゴミ。

えらいぞ

自転車を追い払うだけでなく、ゴミも拾っていたのか。周囲がきれいなはずだ。

駆逐男は紙ゴミを手にしたまま巡回を続ける。

彼が持ち場に着く前からあったのだろう、置いてある1台の自転車に近寄って、ハンドルに撒かれた白い「撤去の警告」を触って見たりする駆逐男。

あ。ちょっと待て。

PICT3152.jpg

あんた今、前のカゴに入ってるポスターみたいなの見るふりして、さっき拾った紙ゴミ、そこに入れただろ。

見たぞ

家政婦ばりに、見た。

ひょっとしてそのカゴに入ってるの、全部あんたか。カゴと見れば見境なくダンクシューッ!
……それもどうだ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

はやおちゃん

金曜特別ロードショーで12月10日に放映される『千と千尋の神隠し』の番宣が、今、23時40分から流れていた。

ここしばらく毎日、ゲストを呼んで帯で流しているらしい。

今日のゲストはPUFFY

ジブリファンだという亜美由美が“せんちひ”と呼ぶ同映画の思い出やら好きなシーンやらを語る、と、まあそれだけの番宣なのだが、途中で大泉洋の名が出てからは、やたらに大泉さん、大泉さんとナレーターが連呼し始めた。

きっかけは番台蛙に大泉さんが声をアテているのに気付いた吉村由美が、「よく知ってる人が出てるなんて。すっげーうらやましー。」と言ったこと。

番台蛙が出てくるシーンに大泉さんの顔写真が入り、ナレーターが「大泉さんはPUFFYと大の仲良し」と紹介。

その仲良しであるPUFFYは、大泉さんがおそらく得意げな様子で語った言葉をバラした。

自称ジブリファミリー
監督をはやおちゃんと呼んでいた

ナレーターはこれを受けて、「『ハウルの動く城』にも大泉さんが出演されているんですよ~」と続けた。

素で驚く亜美由美。仲良しなのに、知らされてないのか。

『ハウル』の宣伝中も「大泉さん、大泉さん」と大泉さんのことしか言わないナレーター。

『千と千尋』もPUFFYも吹っ飛んでしまう構成。いったい何の宣伝だ。

やたら大泉さんだけが印象に残った番宣だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.12.08

ヒ~ツジ~、ヒ~ツジ~、カムイ~

♪タレの中に 消えていく~

というわけで、赤坂にひっそりこっそり登場した「ジンギスカン専門店カムイ」。

kamui-a.jpg

真打登場”のひと言が、新橋の金太郎、銀座のラムしゃぶ金の目、東銀座のやまじんを意識してんじゃないのあんた、という雰囲気を醸し出している……とは同僚の弁。

先週金曜日、12月3日オープンに合わせて、ランチを食べに乗り込んで行った。
赤坂見附の駅からみすじ通りに向けて同僚とふたりでだらだら坂を登って行くと、途中でおねーさんがこのチラシを配っていた。

今日オープンでーす。お願いしまーす
あ、今から行きますから

同僚がそう応じた途端、おねーさんが爆弾発言。

やってませーん

kamui-b.jpg

チラシに「12月3日(金)OPEN」と明示されているではないか。だから来たのだが?

今日はオープンなので、夜からでーす

えー……。

そう書いておけ

この日は店構えだけ見て退散。

明けて翌月曜。12月6日。上司同僚合わせて5人で乱入。3つあるテーブル席の真ん中に滑り込む。

テーブルには炭が熾きている七輪がひとつ。「ジンギスカンセット(ライスお替り自由)800円」に「みそ汁+おしんこ100円」を付けて5人前注文。

前述の3店が“生ラム”を強く主張しているのに対し、この店は敢えて“マトン”で勝負。マトンでジンギスカンというと、丸く切ったタレ漬け込み肉が思い浮かんだり浮かばなかったりするが(どっちやねん)、ここでは普通に切り分けられた生肉だった。

アンタッチャブルの眼鏡のほう(柴田英嗣)に似たおにーさんが、かなり大きな油を鍋の上の突起に刺しながら「油が大事なんですよ」と講釈を始めた。鍋の頂に油を置き、一番下の鍋肌に野菜を添わせ、丸いドーム部分で肉を焼くことで、肉の旨味が下に垂れていき、野菜をさらにうまくするのである! と気持ちよさそうに語る柴田くん(仮名)。初めてジンギスカンを前にした人々のように神妙に聞き入るふりをする我々。

講釈が終わるやいなや、肉を焼いて焼いて焼きまくる。

ちょっと赤身が残るくらいで食べたほうがよろしいというところも、焼き生ラムと作法が同じだ。

マトンだからくせがあるかもと想像していたが、全然そんなことはなかった。

もくもくと上がる白い煙と、しばしば飛んでくる跳ね油を浴びながら食べ進む。

テーブル席3つに対してしょぼい換気扇がひとつしかないので、煙の吸い込みが鈍い。これは減点だろう。

また、七輪と身体との距離が近いうえ、後ろに逃げることができないので、油が跳ねたらもう浴びるしかない。ただし席の場所や位置取りによって、油跳ねの多い席とそうでもない席があることが、5人が首からぶら下げた紙のエプロンのやられ具合から判明している。

さて、真っ昼間からすっかりヒツジを堪能して仕事に戻った我々は、午後一杯ずっとヒツジ臭かった。
トイレで手を洗ったら皮膚が水をあからさまにはじきやがった。
5人のなかの紅一点は「歩いててバーベキューの匂いがするなあ、と思ったら自分だった」と証言。

昼のジンギスカンも良し悪しである。

でもうまかった。

■ジンギスカン専門店カムイ
 東京都港区赤坂3-19-1 丸金ビル1F
 (みすじ通りに面している)
 電話(03)3568-2700
 11:00~夜遅くまで
 無休
 地下鉄赤坂見附駅から徒歩2分
 地下鉄赤坂駅から徒歩5分
 URL:見あたらず

※12月10日までは、チラシ持参で全品50%オフだそうだ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004.12.06

いももちを煮る

いただきもののいももちは、「揚げる」「焼く」「煮る」「チンする」という4種類の調理法が推奨されている。

当家には電子レンジがないので、「チンする」以外の3種類のうちのいずれかで調理しなければならない。

今日は煮てみた。

添付の説明書によれば煮るときの注意はこうだ。

煮る→冷凍のまま沸騰したお湯等に入れ、約10~20分間煮込んでください。

あれ?
袋の裏側には
煮る→冷凍のまま沸騰したお湯等に入れ、約10~12分間煮込んでください。

と書いてあるな。

20分12分ではずいぶん違うぞ。

(注)上記の調理時間は、調理数量、加熱器具等により異なりますので、様子を見ながら調理してください。

うわ。力業で逃げられた。

さて湯を沸かし、白(じゃがいも)、黄(じゃがいも+かぼちゃパウダー)、緑(じゃがいも+よもぎ)をそれぞれふたつずつ放り込み、きっちり12分、様子も見ずに放置して中火で煮込む。

きなこ、みたらし、あんこをつけて、又大根おろし入りポン酢をつけて。

すみません、どれもありません。

甘味といえば蜂蜜しかないので、器に盛ってから白神山地で採取された「とち蜜」を小さじ2杯ほどかけてみた。

できあがり。煮るとアクが出るので、きちんと取ったほうがきれい。

PICT3149.jpg

これは取るのをサボったためアクがからんでいる例。

腹持ちもいいし、結構うまい。

よもぎはえらくよもぎ味がはっきりしている。あんこなど甘いものが合いそう。
かぼちゃはまんまかぼちゃ。醤油が合いそうだが、敢えてバターをのせてこってりした路線で行くのもいい。
じゃがいもは一番くせがない。なんでも合うな、多分。汁ものの具に入れたり、鍋の仕上げの残り汁に入れてもうまそうだ。

次回は焼きで。

残りはそれぞれ13個、計39個。……多いな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.12.05

暑っ 風強っ

本日2004年12月5日は、前日夜からの激しい雨風から一転し、激しい太陽光と風に見舞われた一日だった。

洗濯物も乾く乾く。

風で飛んで行く飛んで行く。

慌てて拾いに走る走る。

夜の風は相当激しかったようで、夏から秋にかけてやってきた数多くの台風にも耐え切っていたアパートの外の木製扉が、ものの見事に吹き飛んでいた。
こんな季節に台風に来られては、油断していた扉を責められまい。

恐るべし、台風27号。

あと1号、がんばれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温麺XV 遅れて来た救世主

12月に入り、世間は年末ムード一色に変わりつつある。
赤坂の夜も、気の早い忘年会を楽しむ給与生活者たちや、裏通りの料亭に忍んできたどこぞのエライ人々で賑わっていた。

しかし冷麺専門店には灯がともらないままだ。
客通りが増えそうなこの師走を越えてから、撤退か否かの結論を出してもよかったのではないだろうか。

いや、まだ撤退と決まったわけではない。

ONMEN-4K.JPG

左上から11月29日、11月30日、12月2日、12月3日。

撤退と決まったようなものだ……。
どの日がどの日でも同じ。まったく人の気配がない。打ち捨てられた廃船に等しい。

PICT3119.jpg

店の外の道路には冷麺専門店の シャトル 自転車。もう少しきちんと置いてあったのだが、誰かが邪魔だと思ったのだろう、端のほうに邪険に動かしてあった。

これこそ真の放置自転車。

入口に回ってみると、ドアになにか紙が挟んである。

PICT3121.jpg

なんだ?

失礼して開いてみた。

PICT3122.jpg

事業主・商店主様へのご案内
日払いのらくらくプラン! 今なら特別融資実施中!

……一歩遅かった、かも。

誰の目にもそういうふうに映るようになってしまった冷麺専門店。
ハリマン店長でも新店長でもマネジャーでもいいから、戻ってこい。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2004.12.04

水曜どうてちょうを使う

2004年の年末は年貢の取り立てが大変厳しい。多くの年貢が北海道内のHTBグッズ取扱店でしか収められないなかで、全国のローソンで収められる年貢のひとつが、「水曜どうてちょう」&「水曜どうでしょう卓上カレンダー」だ。

手帳と卓上カレンダーの抱き合わせ販売なので、どちらかだけ欲しいと言っても無理。どっちも買うか、どっちも買わないかだ。

普段はHP200LXを使っているので、アナログな手帳をどう併用すれば役に立つのか、まったく思いつかない。手帳後半の資料「放映リスト(名台詞付き)」や「四国八十八箇所お遍路図」を常時携帯できることだけが当面のメリットとも言えないメリット。

この税込2,180円のセットには、鈴井さんのフィギュアを付けたボールペンも同梱されている。しかし使いにくそうなので、保存に回す。

さて「どうてちょう」。

PICT3116.jpg

文庫本程度の大きさで、布製のカバーが付いている。
ではこの布製のカバーを文庫本カバーに流用できるだろうか。

ハヤカワSF「スター・トレック エンタープライズ 暗黒からの衝撃波」で試してみた。

PICT3139.jpg

文庫本の表紙は外す。カバー袋部分のサイズが文庫の縦ぎりぎりなので、なかなか入らない。
表紙が多少傷むので、そういうのを気にする人にはおすすめできない。

PICT3141.jpg

手帳は128ページ。この文庫は320ページ。厚みが異なり過ぎて、反対側は入らない。
ぺらぺらな文庫なら入るかも。
ただ、ぺらぺらな文庫なら、カバーをかける間に半分くらい読めてしまうかも。

さて、話しを戻して「どうてちょう」。

手帳に巻く、福助ロゴ付きのゴムバンドが特徴的だ。しかしこのゴムバンド、かなりきつい。

PICT3118.jpg

きついので、カバーと手帳がゆがむ。

手帳がゆがむのが早いか、ゴムが伸びるのが早いか、真剣勝負だ。

写真は初日の夜だが今はもっとゆがんでいる。手帳そのものも波打ちそうな感じ。
1年間、付けっ放しにしとくのはおすすめできない。

ちょくちょくゴムバンドを取る人は気にしなくてもいいだろう、おそらく。
わたいもちょくちょくゴムバンドを取るよう、早く使い方を見つけなければ。

月間予定表は、「金」「土」「日」の週末のほうが枠が大きいので、仕事に使うには微妙。
もちろん週末に予定が入りまくる方にはおすすめできる。

※ローソンにあるLoppiでの第2回予約は12月16日(木)まで。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ラム肉ジンギスカンと仲間たち、襲来

昼前に起きたらドアに不在通知が挟んであった。爆睡している間に来たらしい。
差出人は「道北」。品はクール宅急便(冷凍)。

道北さんって誰。知らんなあ。あ、ひょっとして道東や道南の道北か?

もしや……と思って再配達してもらったら、やはり。

PICT3125.jpg

当たった!

ジンギスカンと3色いももちセット」だ!

つい先日、htbshop.com(北海道テレビ特選ショッピングモール)で、名寄 味付手造り くんせい卵を衝動買いしたのだが、そのときウェブサイトで行なわれていた道北観光連盟の物産プレゼントに応募したのだった。

早速開封。

PICT3127.jpg

なにやらぎっしり入ってるぞ。

PICT3128.jpg

いももちの“よもぎ”!
一個30gが15個入って450g!

PICT3129.jpg

“かぼちゃ”!
同じく450g!

PICT3130.jpg

“プレーン”!
もちろん450g!

PICT3134.jpg

そして肉!
ラム肉、2パック。1パックが500gで計1kg!

一度には食えないっ!


え、一度に食わなくてもいい?


これらは士別市の特産。提供は
 羊と雲の丘観光株式会社
 士別市西士別町
 Tel.(01652)2-2991

htbshop.comに同じものがあった。

道北観光連盟
ジンギスカンと三色モチセット
販売単価:\4,200

4200円もするのか。ありがたや。道北観光連盟には足を向けて眠れない。でも頭を向けたら北枕だ。悩ましい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.12.02

買おうじゃないか、宇宙大作戦GALAXY BOX

12月17日、「宇宙大作戦 GALAXY BOX」がついに発売されます! というわけで、サイドバーにカウントダウンを作ってみました。 「カウントダウン!宇宙大作戦GALAXY BOX」 blog "quark's"


すごいぞ。分刻みのカウントダウンを見ながら、TOSの襲来を待とうではないかっ。

11月頭にTOSのギャラクシーボックスで、「完全予約限定の定義を述べよ」と書いたが、NTT-X Storeでは、まだ予約販売を受け付けている。「予約受付締日:2004/09/28」と丁寧な注意書きがあるのは、この際不問に付そう。

なぜなら、安いのだ、この店。

■NTT-X Store
ビクターエンタテインメント スター・トレック THE ORIGINAL SERIES 宇宙大作戦 GALAXY BOX DVD大全集(初回限定生産) PDS-1094
70,000円 (税込)+送料200円

■Amazon.co.jp
宇宙大作戦 GALAXY BOXSTAR TREK THE ORIGINAL SERIES Galaxy Box
73,920円(税込)+送料0円

浮いた3,720円に228円足せば、Amazon.co.jpでスター・トレック ジェネレーションズ スペシャル・コレクターズ・エディションを買えるぞ!

さあ、どうです。買おうじゃないか。買いましょう。買いませんか……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.12.01

まとめ:天下一品祭り(11/8~11/30)

2004年の祭りが終わった。

■戦績
・11/8 ○ラーメンSTRAP・鉢(ネイビー)
・11/12 ●ラーメン100円引券
・11/13 ●ラーメン100円引券
・11/14 ●ラーメン100円引券
・11/17 ○ラーメンSTRAP・コイン(ネイビー)
・11/25 ●ラーメン100円引券
 ……2勝4敗

結局6回しか攻め込まなかったため、4つのストラップのうち2つを取り逃したのも当然という結果に終わった。

祭りに使われていたスピードくじの箱。反対側には法被のオヤジの画。

PICT2996.jpg

蒲田店の景品置き場。この日は鉢(レッド)と鉢(ネイビー)がよく出たらしい。

PICT2995.jpg

コインバージョンのストラップ。ストラップ部分は鉢バージョンと同じ。

PICT3029.jpg

裏も表も天下一品のロゴマーク。高級感はあるが、ラーメン鉢と比べると今ひとつ。


【おまけ】

カウンターに置かれていた、天一祭り告知ポップ。

T1-117A.jpg

ストラップを当てましょうよ、というお誘いだ。

T1-117B.jpg

ラーメン食べて お持ち帰りして
あててくださいねっ!

T1-117C.jpg
お持帰り商品は、対象外となります。)

どっちやの?

(もう、知る術もない)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »