« M-1グランプリ2004 | トップページ | シナモンアップルの製作 »

2004.12.27

ジャム オブ レッドペッパー

ナポリ帰りの同僚が、小瓶をくれた。

これ、なに?
唐辛子のジャムです
唐辛子の?
唐辛子の
ジャム?
ジャム
唐辛子のジャム?

何度も聞くな。

PICT3386.jpg

ラベルには“Confettura di Peperoncino”とある。
調べてみたら、「唐辛子のジャム」。

いやもうまったくおっしゃるとおり。

蓋を開けてちょろっと舐めてみたら……ぺろ。辛っ

唐辛子だ。
いや、当たり前だろじゃなくて。ジャムというより唐辛子の要素のほうが強いと言いたいのだ。いや、ジャム状の唐辛子なんだから当たり前だろじゃなくて。いや、そうか? そうか。当たり前か。ジャムは甘いものという既成概念を改めなければなるまい。

ところでどうやって食べるものなのだろう。

どうやって食べるのん?
さあ……
現地の人はどないして食べてんのん?
知りません

ジャムだから、なんかにトッピングしてみるか。

ここで士別町の“いももち”にご登場願おう。

ヨモギ、カボチャ、プレーンのいももち三種をオーブンで焼く。

PICT3414.jpg

餅と名が付くだけあって、膨らむ、膨らむ。

よ~く焼けたところで、唐辛子ジャムをちょいちょいと。

PICT3420.jpg

うまそうじゃないか、見た目。

まずカボチャ。
辛っ。
カボチャの甘みより辛さが勝るうえ、むしろ甘さが邪魔。
これは今ひとつの組み合わせだ。

次にヨモギ。
あ?
あんまり辛く感じない。ヨモギの苦みとよく合うぞ。
これはヒットだ。

そしてプレーン。
辛い、が、さすがはプレーンだけあって異国のトッピングを受け入れている。
これもいける。

うまいじゃないか、実際。

■ナポリと士別市のコラボレーション結果:2勝1敗

しかしだ。ほかにいい使い道が思い浮かばない。

唐辛子王にもお渡ししてます

おお! 唐辛子王とは、わたいらの上司にして、ありとあらゆる食物に唐辛子を振りかけて食べる唐辛子の申し子だ。

唐辛子王ならばきっとおいしい食べ方を思い付いているに違いない。
唐辛子王! 我々下々の者にご教示を!

|

« M-1グランプリ2004 | トップページ | シナモンアップルの製作 »

コメント

ジャムというか、唐辛子ペーストなのでしょうか?
ちなみに、いも餅ですが、マッシュポテトに片栗粉を混ぜていけばできあがります。
まんべんなく混ぜるのと、粉の量の加減は、各家庭様々ですが、けっこう力と根気を要する作業です。

唐辛子王がどのようにして食べたか楽しみです。

投稿: すしバー | 2004.12.27 08:50

ジャムって?唐辛子のですよね?
やっぱりアレですか、砂糖で煮てあります?
前にウルルン滞在記でフランスにジャム作りに行って
ましたが、そこのジャムもいろんな物で作ってましたねぇー。
無花果に黒胡椒とか。1種類の果物じゃなく
野菜も入れてハーブも入れて(うへぇ~)
日本人は考えないような物がいっぱい!
唐辛子ジャム、ナチュラルチーズとか合いそうな気が
するなぁ?
あとローストした鶏肉とか?
あぁ、でもきっと唐辛子王がもっと日本人にしか考え
つかない食べ方を思い付いているはず!!(期待!)

投稿: misasu | 2004.12.27 13:22

>すしバーさん

>>ジャムというか、唐辛子ペーストなのでしょうか?

ジャムと言われてみると、まあ、ちょっと甘みがないでもないような気がしないでもないような……辛っ! という感じです。

>>ちなみに、いも餅ですが、マッシュポテトに片栗粉を混ぜていけばできあがります。

そうなんですか。片栗粉だったとは。
釣り堀で当たりを待ちながら、撒餌に片栗混ぜてこねてこねてこね続けたらできそうですなあ。いや、それを食べるかどうかは別にして。

>>まんべんなく混ぜるのと、粉の量の加減は、各家庭様々ですが、けっこう力と根気を要する作業です。

各家庭の個性が出そうですね。道外の者からすると、いろいろ食べ比べる楽しみもありそうです。

>>唐辛子王がどのようにして食べたか楽しみです。

唐辛子王は、この正月に満を持して挑む、と申しておりました。


>misasuさん

>>やっぱりアレですか、砂糖で煮てあります?

砂糖で煮てあるかと言われればそんな気がしないでもないような気が(以下同文)……。

>>無花果に黒胡椒とか。1種類の果物じゃなく
>>野菜も入れてハーブも入れて(うへぇ~)

ジャムに関して、日本人は歴史が浅いのかもしれませんなあ。
黒胡椒って……。甘くしたいのか辛くしたいのか、どうなんだ、フランス人。
胡椒崇拝の名残なんでしょうか。

>>唐辛子ジャム、ナチュラルチーズとか合いそうな気が
>>するなぁ?
>>あとローストした鶏肉とか?

それはなるほど、合いそうです。ローストビーフに付けるのもちょっと魅力。

>>あぁ、でもきっと唐辛子王がもっと日本人にしか考え
>>つかない食べ方を思い付いているはず!!(期待!)

年明けに試食結果を聞けそうです。わたしも楽しみです(笑)。

投稿: ANCHOR | 2004.12.27 20:15

ナポリといえばイタリア。となるとパスタ?ピッツァ?
ナポリタンか。。。。。単純。

投稿: イメカ | 2004.12.28 02:47

ナポリタンの赤は唐辛子の赤……というのは新鮮ですなあ。

今日改めてナポリ帰りに尋ねたところ、現地では「チョコと一緒に食べるのが流行」とのことですが、同時に「イタリア人の味覚もどうかと思う」というお答え(笑)。

結局のところ、唐辛子王頼みの昨今です。

投稿: ANCHOR | 2004.12.28 03:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャム オブ レッドペッパー:

« M-1グランプリ2004 | トップページ | シナモンアップルの製作 »