« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004.10.31

とあるアーケードゲームの筐体

壊れてるらしくて動かないんですけどね。


PICT1337.JPG


挑戦中


って、何に!?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.10.30

愛知万博にSTスタッフ参加?

Sachioさんから朝日新聞名古屋本社発行版2004年10月29日付朝刊13版27面に、興味深い記事が載っていることを教えていただいた。
三井・東芝館の概要発表 観客全員が登場 映画の中で活躍」という記事だ。

 メーンのCG映画「グランオデッセイ」は、遠い未来、宇宙で暮らす人類の子孫たちが苦難の航海を経て、母なる地球をめざす物語だ。SF大作「スター・トレック」、人気アニメ「機動戦士Zガンダム」などのスタッフが参加し、俳優の加山雄三さんが主役の一人を演じる。

SF大作「スター・トレック」のスタッフ? 誰だ。グレッグ・ジーンが宇宙船のプロップでも作ったか?

三井・東芝館のサイトを探して見てみると……

これか。

■コンセプトデザイン
シド・ミード(Syd Mead)
[主な映画作品]
1979年 スター・トレック
1982年 ブレードランナー
1986年 エイリアン2
2000年 ミッション・トゥ・マーズ

シド・ミード?

シド・ミードを紹介するのに、敢えてスタートレックを引き合いに出すというのはどうだ。

おそらくプレスリリースの資料がサイトにあるテキストと同じなのだろう。記者はこれを見て、一番上にある作品を無造作に使ったと見える。

Zガンダムのスタッフを併記するなら「∀ガンダム」の“髭”をデザインした男として紹介してもいいはずだ。

SFファンに訴求するつもりならシド・ミードの名をそのまま出したほうが惹きがあるし、映画ファンが訴求対象なら、“SF大作「スター・トレック」”より「ブレードランナー」や「エイリアン2」のほうがウケがいいのではないか。

あ。

じゃあ、あれか? 記者は無造作に書いたのではなく、むしろコテコテのSTファンか? “スタートレック”という文字列を新聞紙上で書いてみたかった確信犯か。ST放映先進地域のひとつ中部で働く記者ならあり得ないことではない。

だとしたらよく書いた、記者!
そしてよく通した、デスク!

公器を趣味で使うとは天晴れ!

ちなみに「スター・トレック:ザ・モーション・ピクチャー」にシド・ミードは “ビジュアルエフェクトスーパーバイザー”として参加。ロバート・エイブルがデザインしたVGER(ヴィージャー)を引き継ぎ、完成させた。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

復活のThinkPad T23

水没轟沈したPCが、本日ただいま恥ずかしながら戻って参りました!

10月16日(土)
未明に水没。

同日夜 傾けるとまだ水が出る。

PICT2533.jpg

10月17日(日)
IBMのサービスセンターへ電話。引き取り修理を依頼。
 「いつ来ていただけますか
 「火曜日に

火曜日か……。

10月19日(火)
仕事場にペリカン便登場。午後に来ると聞いていたが、昼前に電話がかかってきて「今ビルの下にいますけどいいですか」と妙に手回しがいい。

10月25日(月)
夕方にファクスで見積もりが入る。

1. サービス料金表
  作業クラス5 落下、液体こぼし等により破損した液晶、システムボードの交換を伴う作業
  単価90,000×1=\90,000.-

2. サービス料金内訳
 (1)修理する場合
  ・作業代および部品代一括代金(「1」の金額):
   \90,000
  ・上記分の消費税:
    \4,500
  ・運送費(内税):
    \4,100
  合計\98,600.-

 (2)修理しない場合
  ・作業台および手数料:
    \8,000
  ・上記分の消費税:
     \400
  ・運送費(内税):
    \4,100
  合計\12,500.-


修理する場合、しない場合? しますします、してください

連絡事項には「液体溢しによる本体の起動不良を確認、システムボード交換により修復いたします」とあった。

データは? データは生きてるんだな?

10月26日(火)
朝、サポートセンターに電話。HDDパックに問題がなかったことを確認してもらう。

10月29日(金)
朝、ペリカン便にてThinkPad T23が到着。すかさず電源を入れて動作確認。

動いた。データも生きてた。

ありがたやありがたや(嬉泣)。

■交換部品:システムボード(26P8218)

9万8千6百円……(号泣)。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004.10.27

右往左往する男

JR京浜東北線上り電車に乗る、恰幅のいい年配サラリーマン。

彼は浜松町駅で、同じホームの向い側に停車している山手線に乗り換えるつもりだった。

彼が立つ8号車2番出口は新橋駅で降りるとちょうど階段につながるベストの位置だ。
しかし浜松町で降りると、目の前には「立ち食いそば あじさい茶屋」がある。つまり、向い側ホームへ直線でダッシュできず、そば屋を避けて大きく左のほうに回り込まなければならない。短い時間での乗り換えには不利な位置取りなのだ。

電車が京浜東北線がホームに滑り込む。向かいにはもう山手線の電車が入っている。

まっすぐ走り込んでも微妙なタイミング。

年配のサラリーマンも危機感を持ったようで「これはまずいとこ停まっちゃったなあ」とつぶやいている。

電車がまずいところに停まったのではない。
あなたがまずいところに乗ったのだ。

扉が開くと同時に飛び降りた年配サラリーマンは走った。障害物のそば屋を迂回して山手線側へ猛ダッシュ。

わたいのところからは、年配サラリーマンが転がり込もうと狙う扉がホームの構造物の影になってしまい、見えない。彼の姿を見失った直後、別の角度に見えている山手線の扉が閉まった。

乗れたのか。

次の瞬間、サラリーマンが猛ダッシュで戻ってきた

山手線乗車失敗。

京浜東北線に乗り直し

しかしサラリーマンの手が扉に届こうかというとき、京浜東北線の扉も閉まった。

再乗車失敗

こういうとき、いや、実はおれ別に乗りたくなかったんだよね、という風情で電車から視線を逸らせる輩が多いが、彼はたっぷりと未練を残した顔つきで閉まった扉を見つめ、ため息をついた。

電車が滑り出し、わたいの乗る扉が彼の前を通過するときもまだ見ていた

すぐ次の新橋駅で、この京浜東北線電車は先行していた山手線に追い付いた。扉の開いている時間もほぼシンクロしたので、もう1駅乗り換えを我慢すれば、年配サラリーマンは苦労せずに済んだだろう。

さっき再乗車に成功していたとしたら⋯⋯いや、彼が再乗車しようとした扉は、新橋駅では階段の横腹部分にあたる。
おそらく、またもこのホーム構造物に阻まれ、乗り換えに間に合わなかったことだろう。

教訓:電車に乗るときは、扉を選ぼう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.10.26

フィレンツェ対パティシェ

10月22日(金)に、東京上野の上野公園の中にある東京都立美術館に行ってきた。

翌23日(土)から始まる「フィレンツェ−芸術都市の誕生展」の内覧会とやらに呼んでもらえたからだ。
フィレンツェの建築関連作品をはじめ、絵画、彫刻、写本、織物、陶器などなど、ルネッサンス芸術の数々が、現地の美術館や博物館から借り出され、並べられている。

ミケランジェロの「磔刑のキリスト像」の木彫り像はアクリル板の中に鎮座し、周りからじっくり眺められる。その前にはブロンズ像の、ヴェロッキオの「イルカを抱く童子」があるのだが、どちらもいい造型だ。なんてんですか、普段食玩のフィギュアとか見てるようなしょぼくれた目から、ぱりぱりとウロコが剥がれて落ちていく感じ。いや、食玩のフィギュアがいかんとは言わない。あれはあれでいいものだ。でもしかし。やっぱり天才は天才。その後今に至るまで超える者がいないのも、実物を見ると納得できる。

じっくり見れば午後の半日くらいは余裕で潰せるだろう。内覧会なのに最初のほうでじっくり見過ぎて、まだ全フロアの半分も見ていないところで時間切れを宣言されてしまった。残りは駆け足で見たものの、やや消化不良だ。まあ、ただで全部しっかり見ようという魂胆が間違っているのだが。

そんな展覧会は、このあと12月19日(日)まで開催されている。興味のある方はどうぞ。

フィレンツェ−芸術都市の誕生展
※10/26現在、リンク先はまだ「次回開催」になっているが、開催中。


さて。

一緒に行った同僚が、せっかく上野公園まで足を延ばしたのだから、公園の北にある有名なところへ寄ろうじゃないの、とプリントアウトしてきた地図を片手に行く気満々だ。

向かったのはパティシェ イナムラ ショウゾウ。

どの筋だかわたいは知らないが、その筋では有名なケーキ職人の店だという。

特にモンブランが有名である、と。モンブランはわたいも好きなので、行くのはやぶさかではない。

平日でもお客さんが並んで、1時間くらい待つこともあるんです

え。それはちょっとやぶさかだ。

1時間も並ぶのはやだなぁ⋯⋯というか、勤務時間中なんですけど。昼食ってないので少々かまわないが、1時間並ぶとそれだけで持ち時間オーバー。

まあいいや(おいおい)と、とにかくその場へ行ってみた。

幸い待っていたお客さんは6人。許容範囲だ。

狭い店内でショーケースの前に並び、商品を選びながら順番を待つ。

と、目の前で最後のモンブランが売れていった。

モンブラン売れた! モンブラン売れた!

ややパニック状態の同僚。なんと言って慰めればよいか、言葉もない。

モンブラン、最後でーす
接客担当女性店員が奥(と言ってもすぐそば)に叫ぶと、奥(と言っても2メートルくらい先)から
出まーーす!
と製造担当男性店員がなぜかやや怒ったような感じで叫び返す。

すると、その台詞のとおり、今作られたばかりのモンブランが奥(省略)からトレイに載せられて補充されるのだ。

シュークリームやそのほかのケーキも、残り少なくなると接客担当が注意を喚起する。その度に製造担当がすかさず「出まーーす!」と叫び、並んでいる客を不安と安心の狭間で弄ぶというシステムだ。

公式サイトはここ

只今、作成中です。しばらくお待ち下さい。
2004.10.26現在

⋯⋯ケーキはすぐ出るが、こちらはなかなか出ないらしい。


で、これが購入したモンブラン(450円+税)。正確には「上野の森のモンブラン」と名付けられている。

PICT2565.JPG

きしめんのように幅広いマロンクリームが外観上の特徴だ。

PICT2567.JPG

断面。一番底に薄いスポンジが敷いてあり、その上にカスタードクリーム。わたいのはこの層に栗の粒がひとつだけ入っていたが、同僚はハズレを引いたらしく入っていなかったと言う。その上にちょっとスポンジを挟んで、どどっと生クリーム。そして表面を幅広きしめん風マロンクリームで覆い、最後に粉砂糖を振ってある、という構造だ。

味はかなりこってりしていて、腹ぺこの夜に食べるにはぴったり。紅茶ともよく合う。紅茶がないと辛いかもしれないが、わたいとしては総合的にOK。
ただし人によっては好みが分かれるらしく、酷評が掲載されたサイトもある。
いくつかのサイトを読み比べてみると、製作日によって仕上がりが一定していないのかもしれないという仮説を立てられるが、わたいはこれが初めてだし、多分もう一生あのあたりを通りそうにないから、仮説を検証する機会に恵まれることもないだろう。残念だ。

ちなみに同僚からの受け売りだが、まろん・くりーむというサイトにはモンブランに対するこだわりが炸裂したページがある。

モンブランの大解剖〜モンブランの比較のページ〜

味云々ではない。食べておられる種類が半端じゃない。先ほどのケーキ断面を記録するという手法は、こちらからのパクりである。懺悔するとともに、このサイトの作者の方に改めて敬意を表する。

おまけ。ついでに買ったシュークリーム(確か180円くらいだったっけ+税)。

PICT2569.JPG

うまいのだが、冷蔵庫に長い間入れ過ぎて皮をしんなりさせてしまったのはわたいの失敗。しかし多分もう一生あのあたりを通りそうにないから、経験を活かして失敗を取り返す機会に恵まれることも⋯⋯(以下同文)。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2004.10.24

ぐっすり

PICT2582.JPG

神戸市営地下鉄 西神中央行き車内にて。

日曜日の朝11時なんですけど。

白い靴下が眩しい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

台風と野菜

2004年の台風は、記録尽くしの大暴れだ。10月23日現在で、観測史上初の10個の台風が日本列島のどこかに上陸した。

台風の被害に遭われた方にお見舞いを申し上げます。

ある種の異常気象だが、それがために野菜も異常な高値を呼んでいるそうだ。

毎日新聞
朝日新聞山口版
日刊県民福井

話には聞くのと、実際に自分で見るのとでは、驚きが違う。

以下は溜池山王の「肉のハナマサ」赤坂店調べ(2004年10月23日午前中)。

PICT2570.JPG
PICT2577.JPG
PICT2576.JPG
PICT2571.JPG
PICT2573.JPG
PICT2572.JPG
PICT2574.JPG
PICT2575.JPG

はい、まとめると、こう。

・白菜1つ 819円
・小松菜1把 819円
・胡瓜1袋(5本) 714円
・キャベツ1つ 504円
・長ねぎ1把(3本) 473円
・大根1本 368円
・茄子1袋(小さいのが4つ程度) 368円
・ピーマン1袋(小さいのが4〜5つ) 242円

白菜1つで819円、胡瓜1本142円かい。

“プロショップ”を標榜するハナマサでこの値段なのか? もっとがんばれ!

しかしその後ほかのスーパーを覗いて、白菜4分の1で250円(1つなら1000円)、胡瓜1本158円(5本なら790円)という惨澹たる有り様を見ると、プロショップの根性を見た思いだ。すまん、ハナマサ。あんたはプロだった。

ご飯、味噌汁、キャベツがお代わりが自由のとんかつ屋、たとえばとんかつ新宿さぼてんとんかつ和幸に行って、

キャベツお代わり!

キャベツお代わり!

キャベツお代わり!


キャベツお代わり!


キャベツお代わり!

鬼や⋯⋯。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

温麺5 新たなる無知

税関でスープが止まってます」と言い放たれて以降、すっかり意気消沈して足が遠ざかっていた温麺。しかし本日(10月23日)、新たなる情報が飛び込んできた。

休日出勤のついでに温麺を覗いた同僚は、暖簾をかき分け、尋ねたのだと言う。その相手は、先日「スープは税関STOP」宣言をしたのとは違う店員だった。

温麺、できます?

いかにも自然な感じで問いかける同僚に、店員はこう答えた。

いえ。まだ季節じゃありませんから

今度は季節のせいかい!

だがこれで引き下がる同僚ではない。

でもこないだ、スープが税関で止まってるって聞きましたけど

ずばっと切り込む同僚。店員はしれっと対応。

いや、わかんないすけど、とにかく今やってないです

税関問題を知っているのか、知らされていないのか。

もはや、貼り紙を重ねて告知していた10月初旬の潔さを失い、言い訳さえも迷走を始めたハリマン店長の部下。

やるときには貼り紙してくれるんですよね?

あ、いや、あの、まあ、貼るということなら貼ると思います

果たして我々は、温麺デビューの初日を押さえることができるのだろうか。
初日に食えないと、なんとも収まりつかないぞ!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004.10.22

新米で丼を

同僚から新潟県魚沼産のコシヒカリを1kgもらった。
「新米」と赤地に白抜き文字で華々しく書かれた丸いシールが貼ってある。
先日テレビで「新米として売られている米のほとんどに古米が混ぜられているのだ!」という番組を見たばかりだ。まあ、混ぜてもかまわないが、表示をきちんとしろと。わたいはそう思うのだ。
いただいたこの米パックには、偽装を疑う消費者を制するかのように、財団法人日本穀物検定協会による認証マークが刷り込まれている。
もうとにかく原料欄に100%って書いてあるのはほんとですから、わたし見ましたから、絶対ですから!」と、どこぞから天下ったすばらしい経歴の方々がきちんと保証してくれているありがたい米なのである。

さあ、安心して食べよう。それがこの米だ。

PICT2525.JPG

16年産米(16年10月6日)
精米工場:JA全農にいがた 新潟精米工場
販売者:全農パールライス東日本株式会社 新潟支店
    新潟市山田2310-15
    電話(025)232-1710

電話末尾1710か。惜しい! ⋯⋯いやいや、独り言だ。すまん。

洗ってみると、わたいがいつも食べているスーパーの安売りで買ったコシヒカリより、研ぎ汁が薄いようだ。それが新米100%だからなのかどうかはわからない。

普通に炊いてもいいのだが、秘蔵の国産みかん蜜を入れて炊いてみた。
蜂蜜ご飯は、以前「ためしてガッテン」で放送されたんだそうだ。わたいが読んだ雑誌の切り抜きによると、いろいろと身体にいいらしい。

PICT2526.JPG

はちみつ「みかん」
製造者:小山田養蜂
販売者:はちみのや
    西宮市南越木岩町6-20
    電話(0798)73-8328

国産の蜂蜜も、純粋100%のものを手に入れるのは難しい。スーパーなどで売られている大量生産品は問題外だ。信用できる養蜂家から直に買うか、信用できる養蜂家から直に仕入れている信用できる店から買うしかない。途中で問屋が入ると信用度がかなり落ちてしまう。

さて、研いだ米を2合に蜂蜜小さじ1杯(5cc)を入れ、小一時間寝かせてから炊き始める。

炊きあがるまでに具を準備。

初日はちょうど王ダイエーが日本シリーズを賭けたプレーオフで敗退した翌日だったので、マルエツで安売りをしていた鰻を購入。

1尾389円を2尾。中国産とはいえ安い。

炊飯終了から15分蒸らすので、炊きあがり時間を逆算して鰻をグリルで温める。火加減が強過ぎたか、ちょっと表面が焦げた。

PICT2527.JPG

見た目はぱっとしないが、米、鰻、米、鰻、米、鰻、米、鰻⋯⋯と、四層になっている。食べても食べても鰻が出てくるぞ。

翌日は249円で318gの牛肉肩ロース切り落としを買ってきた。そしてタマネギ2つ(66円)。

タマネギがちょっとしんなりするまで軽く炒めてから肉を投入。ひたひたになるまで水を足し、ほんだしと塩を適当に振り入れ、醤油も適当に入れたら、あとはひたすら中火でぐつぐつ煮込むだけ。

米を炊飯器にかけてから、炊きあがって蒸らし終わるまでの間にできあがる。

牛丼。

PICT2539.JPG

適当に作ったわりには、うまかった。自分で作ったくせにびっくりした。2杯分作ってよかったと心から思った。
これをコンスタントに作れれば、もう吉野屋も復活した松屋も不要だ。

ありがとう、米をくれた同僚! ありがとう王監督! ありがとう牛!

さあ、次はマグロのヅケ丼に挑戦。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.10.20

紅イモアイス、攻める

ハマったアイスへいただいたコメントで、odoさんに教えていただいたがちまやー商店のサイトから、ブルーシールアイスクリームの紅イモアイスを購入した。

木曜の夜にサイトから注文。金曜にクレジット決済。土曜の夕方に配達。

不在再配達で同日夜に受け取った。

水没したPCを前に放心状態になっていたのだが、放心したまま梱包を開ける。

PICT2535.JPG

ポケットティッシュは大きさ比較用。
4リットルバルク。要するに業務用らしい。

放心したまま蓋を取るとこう。

PICT2536.JPG

食べ応えがありそうだ。Marunagaの「さつまいも」がひとつ170mlなので、単純計算で23.5個分ある。

あれ? 意外とすぐ食べられそうな数字だな。

とりあえず放心したままスプーンですくってみる。

PICT2542.JPG

放心したままよそって食べてみた。

PICT2543.JPG

うまい。

さて、この紅イモアイスはラベルに「ラクトアイス」と書かれているものの、乳固形分は11%あり、アイスクリーム類の規定による「アイスミルク(10%以上)」を超えている。しかし、アイスミルクには最低3%必要とされる乳脂肪分の代わりに植物性脂肪分を使っているため、「ラクトアイス」の分類に甘んじているのだろう。
ただし、その植物性脂肪分は「アイスクリーム」の「乳脂肪分8.0%以上」さえ超える8.5%が含まれている。

「アイスミルク」に分類されるMarunagaの「九州名物さつまいも」をマルエツで4リットル分購入すると比較すると2016円。対するブルーシールの4リットルバルクは3900円(+送料)なので、コストパフォーマンスではMarunaga有利。しかし、前述のように、“ラクトアイスの皮を被った狼”を思わせるうまさで、ブルーシールが面目を保っている。

なによりよいのは、腹いっぱい食べられるところ。ご家庭でビュッフェ気分を味わうには、4リットルバルクはもってこい。
さあ、どうです、お宅でもおひとつ?

唯一の難点は、冷凍庫で幅を取ることくらいか。

今日はそろそろ放心からも解放されて、どんぶりで攻めてみた。

PICT2560.JPG

急いで食べないとどんどん溶ける。
冷たいものを急いで食べると頭がきーーんとなる人は、少しずつよそって食べよう。

■BLUESEAL 紅イモ
ラクトアイス
無脂乳固形分11.0% 植物性脂肪分8.5%
内容量:4000ml
製造者:エムアンドピー株式会社
販売者:フォーモスト ブルーシール株式会社
    沖縄県浦添市牧港5-5-6

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2004.10.19

居心地いいにゃー

PICT2554.JPG

文字どおり、タイヤハウス。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.10.18

温麺への長い道

昨日は「休業」でうまく逃げられてファーストコンタクトに失敗した温麺に、今日こそは遭遇すべく、わたいは朝から力を貯えていた。

同僚に「出撃だ!」と声をかけ準備を整えていた12時、階級のエライ人から呼び出しを受け、そのまま14時まで拘束されてしまった。

席に戻ってきたら仕事が山積みで身動き取れず、温麺に討ち入っての昼飯を断念。

いかん。このまま夕方になってしまったら、ハリマン店長に言い訳を与えてしまうかもしれない。

「温麺は売り切れました」と。

焦る気持ちを抑えて、機会を待つ。

そして日もとっぷりと暮れた19時。ついにその時は来た!

上司と同僚とに声をかけ、3人で編隊を組んで出撃。温麺撃墜の戦果を!

PICT2559.JPG

店内には客が3人。我々は一番奥、写真で言えば手前窓側のカウンターに通された。

ハリマン店長ではない店員がおしぼりと水を持ってくると、注文を取る構えだ。

温麺を3つ

すみません、温麺はないんですよ

なに!? ないってなんだ。

17日からでしたよね?

すかさず核心に切り込む同僚。いいぞ、その意気だ。

いやあ、実は

実はなんだ。

温麺のスープが税関で止まってまして

税関だ?


ほな研修関係ないやん!


スープの成分を調べてるんですよ。 最近うるさいんですよね。


ほんまかい!
横浜税関に聞くぞ?

麺は来てるんですけどねぇ


その麺、見せてみろ!


スープはいつ来るんです?

さあ⋯⋯

税関次第ということですか

まあそうですね

じゃあ、来たら表に(来たと)貼っといてください

スープが来たらまた来ます

水に口も付けず、おしぼりの袋も破らず、3人は店を出た。

思いがけない攻撃だった。
温麺の麺は来たけど、スープが税関で止められているだ?

次はどのタイミングで討ち入ればいいのかさえわからなくなってしまった。
毎日「スープ来たぁ? スープ来たぁ?」と覗きに行けばいいのか。いや、それはあまりにも大人気ない。

貼り紙をしなくなったハリマン店長は、時間切れの忘却を狙っているのか。

そうはさせん!


しかし、手詰まり。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

Macブラウザとココログの相性

いろいろ試されている方はもう御存じだろうが、わたいは今日知ったのでメモっておく。

■MaxOS J1-8.6.0+Netscape Communicator 4.7J
 ×フレーム構造が正常に表示されずめろめろ
 ×一部が文字化け
 ×コメントを付けることもできず

■MaxOS J1-8.6.0+Netscape 7.02J
 ○正常に表示される
 ○文字化けもなし
 ×コメント欄に入力できない(文字が表示されないで、挙げ句にフリーズ)

■MaxOS J1-8.6.0+OPERA 6.03J
 ○まあまあ正常に表示される
 ○文字化けもなし
 ○コメント欄に入力できる
 ○記事エントリーもできる
 ×記事の投稿日時変更に障害あり(月と時間は変えられるが、日が変えられない)
 ×右上に設定してある忍びツールの表示位置が左上になっている
 ×複数カテゴリを選ぶとき、そこに書かれているように「Commandキー」だけでは選べない(+Shiftが必要)
 ?デフォルトフォントが「DFP流隷体W7」になっている(水曜どうでしょうでしばしば使われるくたっとした字体。これはこれでうれしいような⋯⋯)

 ↓こんな感じ。

RYUUREIW7.JPG

ネスケの7.0をHDDの隅から発掘してココログをまともに見られるようになるまで半時。フリーズしまくるわ文字が表示されないわでコメントが書けないとわかってOPERAを拾いに行き、CarbonLib1.5が足りないと言われてまた拾いに行って、OPERAも何度もフリーズしてようやくコメントを付けられるようになるまで小一時間。
画像を上げている@NiftyのFTP設定をDOSパソコンのディレクトリの奥から探し出してからFetchでつないだりして、なんだかんだで2時間ほどかかってしまった。

デジカメ画像の入ったSDカードを読み取るためのカードリーダー&ライターは、Win2000で使っていたものが認識されなかった(MacOS8.6以降って書いてあるのだが)ので、昼間にPCカードアダプタを買ってきた。G3にはPCカードのリーダー&ライターを付けてあったので、画像取り込みも安心だ。

なんとか臨時の更新環境は整った。よかった、仕事場でこっそり更新するような真似をしなくてもよくなった(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.10.17

温麺の日曜日

ハリマン店長が苦い表情の下から絞り出した「17日提供開始」の温麺。

日曜出勤となった今日、当然のようにわたいは乗り込んだ。

温麺!

今日こそ、食う!









PICT2544.JPG

おい!


臆したか!


出てこいハリマン!

PICT2546.JPG

絶対食ってやる。

待ってろっ、温麺!

待ってるのはこっちか⋯⋯。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004.10.16

PC水没

昨夜未明、枕元に置いてあったThinkPad T23が謎の水没。
傾けたら筐体のどこからともなく水がしたたり落ちてくる有様。
入っていたはずの電源が落ちているので、ショートしたと思われる。
復旧の目処立たず。
MacOS8.6+Netscape4.7はココログがきちんと表示されず、今後の更新は困難を極めそう……。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.10.14

杭州蕭山國際機場

2004年の3月28日から、日本航空と全日空が、それぞれ杭州に直行便を飛ばしている。

使われているのが杭州蕭山國際機場

9月1日に利用したところ、こぢんまりとしているがきれいに建て替えられた建物で、清潔で居心地もいい。

チェックインカウンターから搭乗ゲートまで実質100メートルくらいとめちゃ近。出国審査を通り、保安検査を受けるエリアは、搭乗ゲートの椅子から丸見え。もう、手を伸ばせば届くくらい近く感じる。

搭乗ゲートは11番と12番のふたつだけ。迷いようもない。

11番搭乗ゲート付近から12番搭乗ゲート方面を見る。
奥には喫茶コーナー。間におみやげコーナーが広がっている。

PICT2329.jpg

きれいでしょ。

でも中国ですから。

おみやげコーナーの裏はいきなり従業員の待機場になっている。

PICT2331.jpg

この日は雨だったので、傘が干してあるのが印象的。

おみやげコーナーの“裏”と書いたが、写真の右側は外で、飛行機が入ってくる側だ。

外からはぶらさげてある荷物や、お茶を飲んで談笑する従業員の姿がよく見えるわけだが、誰も気にしないところが中国流。

さて、待合いエリアの柱の横には、水とお湯のサーバーが設置してある。

PICT2334.jpg

誰でも自由に汲んで飲んでよい。太っぱらだ。1元とか2元でミネラルウォーターを買って飲まなくてもいいぞ!

でも、コップはありませんから

……。

結局、マイカップを持っている従業員だけが恩恵を受けているのだった。

福利厚生なのか!?

それが悔しい人は、飲み終わったペットボトルを捨てずに持っておこう。

ちなみに2003年9月、北京国際空港にもタダのミネラルウォーターのサーバーがあった。そちらは紙コップも付いた本格派だったが、水が入ってなかった……。

最後におまけ。

おみやげコーナーに並んでいたお菓子のひとつ。

PICT2326.jpg

のりラツカー。

せめて「ク」を入れて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.13

ハマったアイス

Marunagaのカップアイス「九州名物 さつまいも」にぞっこんだ。

PICT2508.jpg

105円アイスだが、近所のマルエツで2割引にて購入。

PICT2509.jpg

紫いもと紅ことぶきを模したアイスが半分ずつ入り、芋を甘く煮たらしき立方体がトッピングされている。

甘さは控えめで、ほんのりとさつまいもの香りが口の中に残る。ああ、なるほどさつまいものアイスだな、と思わせる仕上がり。80数円でこれなら納得。

これまでは同じメーカーの「九州名物 白くまパフェ」を愛食していたが、しばらくはこの「さつまいも」で攻めるぞ。


PICT2518.jpg

↑攻めてるところ



名称:九州名物さつまいも ・紫いも ・紅ことぶき
商品記号:MA-10
種別:アイスミルク
内容量:170ml
カロリー:219kcal
製造者:丸永製菓株式会社
福岡県久留米市東櫛原街1821
URL:http://www.marunaga.com/index.htm

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2004.10.12

冷麺屋の温麺、完成なるか

今日12日の火曜日は、冷麺専門店、温麺に挑むで、ハリマン店長が約束した温麺完成披露の記念すべき日だ。

朝から待ちきれなかったわたいは、それでもちゃっかりと混んでいる時間を避け、13時半頃に突撃した。

PICT2514.jpg

おや、窓に貼られていた「10月7日 温麺始めます」の貼り紙がない。やる気だな。

入口に回ると、温麺研修を伝える紙も剥がされ、暖簾が掛かっている。

よし。

張り切って暖簾をくぐれば、正面に立派な木彫りのメニューに「温麺(冬季のみ)800円」と誇らしげな文字が目に飛び込んできた。

間違いない。

窓際でなにやらすすっている一見OL風の女性ひとりしかいない店内で、選びに選んだ席に座ると、奥からハリマン店長が笑顔でまろび出てきた。

温麺を

途端にハリマンの顔が曇る。

すみません、温麺は17日からなんですよ

なんだと!

このわたいが貼り紙の推移を知らないとでも思っているのか!

しかし武士の情け、「え? 12日からじゃなかったんですか?」などと無粋なことは言うまい。

そうですか、17日からですか
はい、すみません
17日からですね?

ハリマン店長の目を正面からしっかりと見つめて無邪気に尋ねる。

苦渋の表情を浮かべるハリマンは、わたいより10センチは高かろうと思われる上背にもかかわらず、腰をくの字に曲げると「すみません」と頭を垂れるばかり。平身低頭とはまさにこのことか。

じゃあ、17日に来ます

そう言い残すと、わたいはお冷やさえまだ出されないうちに席を立った。

17日か……。

まさかまた火曜日ということはないだろうが…………日曜日かい!

勤め人の多い立地にある店で敢えて日曜スタート。

万が一不測の事態、いや充分予測可能な事態が起きようとも、なにもなかったかのように翌日から営業できるよう、その日を選んだか!

さすがはハリマン店長、リスクヘッジも万全だ。あなどれぬ。

ちょっと似てた

| | コメント (6) | トラックバック (0)

スタートレックシリーズ一押しといえば当然……

今日もトラックバック企画への参加。blog中途半端なトレッキーの柊龍司さんからのお題。

TB企画 一押しのシリーズはどれですか?

一押しのシリーズですか。わたいに聞けばどう答えるか明らかですが、それでもお尋ねになりますか。わかりました。

そのシリーズとは、まんが宇……あ、お客さん、もうお帰りですか? どうされました。もうお読みにならない。そうですか、これからがいいところなのに。

じゃあ、残った方だけで。

TOS、TNG、DS9、VYG、ENTと現在スタートレックの世界は5つのシリーズ(アニメ版も入れると6つ)があります。

いきなり括弧くくりですが(笑)。

わたいとしては「現在スタートレックの世界には実写版5つとアニメ版ひとつ、計6つのシリーズがあります」だが、パラマウントにさえ継子扱いされている現状では致し方ない。

まんが宇宙大作戦

シリーズ一押しはこれだ。

理由は、わたい以外に誰も推さないから。

……寂しい理由だな

もう少しなんか理屈を付けよう。

・30分番組のためストーリーがやや無理からに展開するが、1時間枠なら充分スタートレックになり得た。
・20余年の時を経たためDS9やVGRのスタッフは時効だと思ったのか、TASからネタをパクってエピソードを作っていた。それだけネタに値打ちがあるということ。
・原語で聞くと、TOSであることになんの疑問も抱かない。用語も設定も正しくTOSを継承している。
・突き抜けた翻訳で独自の世界観を作り上げた吹替版は、まんが版の宇宙大作戦としてのおもしろさはもちろん、宇宙大作戦のパロディとしても最高の仕上がり。

さあ、既に観たあなたはもう一度観よう。
まだ観ぬあなたは一生のうちに一度、いや一話くらいは観よう。

スタートレック最後のフロンティアが早期DVD化されるのを心から願って……。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.10.11

カーク、熱唱

もちろんカークが熱唱しているわけではなく、正しくはジェイムズ・T・カークことウィリアム・シャトナーの熱唱だ。

シャトナーは、かつて「Transformed Man」というアルバムを発表している。

だがこれに集められた曲は、流れる音楽に合わせたり流れる音楽をまるで無視したりしながら、舞台劇の台詞などを朗じて見せたりするもので、歌ってはいない。少なくともわたいには歌っているようには聞こえない。

ちなみに「Transformed Man」はメーカー品切れ状態だが、これが丸ごと入った「Spaced Out: The Best of Leonard Nimoy and William Shatner」が安く手に入るので、興味のある向きはどうぞ。ミスター・スポックことレナード・ニモイのアルバム「Mr. Spock's Music From Outer S」がカップリングになっていてお得だし、プラスαもある。ジャケットとCD盤のデザインもTOSライクでいい。

閑話休題(全部閑話だが)

今回の「Has Been」は、10月5日発売。
(こうして書いている今、10月1日に注文した品はまだ手元に届いていない)

曲目は以下のとおり。


1. Common People (featuring Joe Jackson)
2. It Hasn't Happened Yet
3. You'll Have Time
4. That's Me Trying (featuring Aimee Mann and Ben Folds)
5. What Have You Done
6. Together (featuring Lemon Jelly)
7. Familiar Love
8. Ideal Woman
9. Has Been
10. I Can't Get Behind That (featuring Henry Rollins)
11. Real (featuring Brad Paisley)

括弧内の人物は、版元自ら「an incredible lineup of singers and musicians」と自画自賛する方々らしいが、わたいはよくわからんので、彼らのすばらしさをご存じの方は、それぞれ「すごいぞ!」「驚いた!」と感心していただきたい。

これら11曲中、人に頼んで歌ってもらっているのは置くとして、シャトナー御自らお歌いになっているのはアルバムタイトルになっている「Has Been」だけ。

「It Hasn't Happened Yet」も「You'll Have Time」も「What Have You Done」も「Ideal Woman」も「Familiar Love」も、またもやお得意の朗読・囁き系だ。

しかし、わずか1曲にせよ、シャトナーが歌っていることに意義がある


際物好きは迷わず買え。


そうでない人は迷わずやめておけ。

■Has Been
Amazon.co.jp 価格:\2,210(税込)
Amazon.com 価格:$19.47($13.49+送料・手数料$5.98)
(いずれも2004.10.11調べ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スタートレックで好きな登場人物

今日もまたトラックバック企画に反応して。今度はあまり遅れてないかも。
星羅さんのblog 惑星Qo'noSからのお題。

トラックバック企画「あなたが好きなスタートレックのキャラクターは?」
はは~ん……そうきましたか。

好きなキャラクターは多いが、敢えて申し上げれば、

モット

床屋のモット!!

Mot the Barber!!

え? 連呼しなくていい?

床屋のモット。TNGでエンタープライズ号の床屋として、ブリッジクルーが身だしなみを整えるのに一役買うとともに、日々厳しい判断を下す彼らに適切な助言を与えることもしばしばだった。

床屋のモット。ST:CCG(Star Trek: Customizable Card Game)では、市民(Civilian)として、散髪の技術(Skill: Barbering)を駆使して銀河を駆け巡り、必要とあらば貴重な助言とともに自らが持つ“散髪の技術を与える”ことも厭わない。

世が世なら、DS9のQuarkに勝るとも劣らない名バイプレイヤーとなったことだろう。惜しい。まったくもって惜しい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.10.10

初めてのスタートレック

quarkさんのblog "quark's"で、

「あなたがスタートレックを観続ける事になったきっかけと最初に観たシリーズは?」

というお題が出ていた。出ていた、と過去形なのは完全に乗り遅れたからだ。しかしせっかくのトラックバック企画なので、今さらながら乗る。

小学校低学年、多分1年生だと思う。夕方のテレビでTOSを見た。普段は外で遊ぶのに忙しく、テレビをろくに見ていなかったが、近所の友達の家で遊んでいるとき、耳がとんがり、おかっぱ頭で、やや人相の悪い人がブラウン管に映っていた記憶がおぼろげにある。白黒なので服の色に関しては覚えがない。そのとき友達がテレビの前にあった米の袋を動かそうとしたら、袋が破れて米が畳にこんもりと山を作ったため母親にどやされていたのが、とんがり耳と対になって記憶されている。

その後、どこでどうハマったのか定かではないが、中学1年生のときにはハヤカワSFのノヴェライズを読み、同級生と転送ごっこをやっていた。

転送ごっことは、都合が悪くなると右手のスナップを利かせながら口で「ちきちっ」と効果音を発し(コミュニケーターを開いたつもり)、「転送」と言うや否や全力で走って逃げる行為を言う。

そのほか、『生ま残るもの』ごっこもごく一部で流行。

『生ま残るもの』とは、原題を“That Which Survives”、TV邦題を『無人惑星の謎』というTOS第3シーズンのエピソードで、ハヤカワSF0391『宇宙大作戦9 明日への帰還』に収録されているジェイムズ・ブリッシュ作のノヴェライズに付けられた翻訳題名だ。

本当は『生残るもの』なのだが、『生ま残るもの』と読み違えたか書き違えた者がいて、ごく一部の中で一気に広まった。

エピソードでは、突然現れた女に触られると細胞が破壊されて即死する。その女がターゲットに向かって言う台詞が振るっていた。

あなたのために来たのよ

いや、迷惑です

しかし「あなたのために来たのよ」と言い張る女は、ターゲットであるエンタープライズ号のクルーに平手で触っては死に至らしめ、逃げていくのである。

しかし、ターゲット以外の人物は、触れられてもなんともない。そこで、カークは一計を案じ、複数人でやってきた女が口々に「あなたのために来た」と言うのを聞きながら、それぞれ違うクルーでブロックして危機を逃れたのだった。
(これを見た当時のわたいは“コッペジャッカ大将”という遊びを思い出したが、コッペジャッカ大将をご存じない方にはなんのことやらわからないだろう。すまん)

説明が長くなった。

『生ま残るもの』ごっことは、この女を模して「あなたのために来たのよ」と言いながらターゲットを追う、一種の鬼ごっこだ。来られてしまった「あなた」は、細胞破壊を免れるために全力で逃げなければならない。あるいは関係ない人を間に立てて触れられるのを防ぐのだ。

……そんなわけで、「きっかけは不明」「最初に観続けたのはTOS」。

その後のシリーズはおよそ観ているが、最新作の『エンタープライズ』だけは観ていない。うちでは映らないので。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.10.09

続々・生ラムだっちゃ

以前生ラムだっちゃを読んだ友人から、川崎駅そばにも生ラムのうまい店があると教えてもらった。

成吉思汗 やまじん。

ここ数ヵ月、すっかり生ラムづいているわたいは、実は8月5日にずんころ氏を誘って乗り込んでいた。10月7日(木)に2度目の突入。

ここには、詰めれば20人近く座れるテーブルと、詰めれば10人近く座って座れなくもなさそうなテーブルがひとつずつある。大きめのテーブルには1~4の数字が振ってあるので、4組まで座れる。

店員は店長ひとり。なので、省力化のため

・食券制
・配膳はセルフサービス
・おしぼりも水も箸も取り皿もセルフサービス
・ビールは自分でサーバーから注ぐ

といったルールがある。

肉は一皿800円。最初の一皿には野菜がおまけに付く。

新橋にある金太郎がアイスランド産を訴えるのに対し、こちらはオーストラリア産の羊。肉の切り方は、金太郎がかなり厚めなのに比べ、やまじんは5mm厚くらいだ。

生ラムらしく、ちょいと焼けばもう食える。これまたたまらんうまさである。
しばらくはタレで食い、後半はモンゴルの岩塩で食う。岩塩もまたよし。

店の壁に貼られた「???」と書かれたメニューはこれ。

PICT2495.jpg

塩ホルモン。

全体に温まる程度に炙り、そのままいただく。焼き過ぎないよう。もちもちしていて、これもまたよし。

この店で肝になるのはビールサーバーだ。

8月に行ったときは、ずんころ氏もわたいもサーバーに悩まされ、何度注いでも泡ばかりだった。2回目となる今回はサーバーのプロを招聘してお願いしたところ、店長も「これじゃ儲からない」とがっくり肩を落とすほどの泡ナシだった。いいぞ、さすがプロ。

8月1日、東銀座に直営の支店がオープンしている。歌舞伎座の隣りだ。近場の人はビールサーバーに習熟してからダッシュ。

やまじん本店
住所:神奈川県川崎市川崎区東田町7-1
TEL/FAX:(044)246-0441
営業時間:11:00~13:30/17:00~23:00
定休日:なし
アクセス:JRまたは京急川崎駅から歩いて7~8分

■やまじん銀座店(直営)
住所:東京都中央区銀座4-13-11
TEL:(03)5148-3789
営業時間:11:00~23:00
定休日:なし
アクセス:歌舞伎座正面から歩いて2~3分

参考
■やまじん浅草店(フランチャイズ店)
住所:東京都台東区柳橋1324 明利ビル1F
TEL:(03)3865-4624
営業時間:17:00~23:00
定休日:なし
アクセス:JR浅草橋から歩いて2分くらい

ちなみに、この土日あたりから、「ラムしゃぶ」(文字どおり生ラム肉のしゃぶしゃぶ)が登場するそうだ。ラムしゃぶは銀座の「金の目」が食い放題で営業中だが、やまじんのそれも食ってみたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

蘇州の韓国料理店

蘇州というところは韓国人が多いのか、街のそこかしこでハングルを見かけた。
韓国人が多い街には韓国料理の店も多い。

店の外に貼ってあるメニューの例をご覧いただこう。日本人観光客向けに、和訳も添えてあるから親切だ。


PICT2084.jpg

「ちやんほん」は、まあいい。

みれめん」は?

……みそめんか。


PICT2085.jpg


ビビソバ」でスマソ。


PICT2083.jpg

どどソバ」。

「どど」は置くとして、これ、ソバか?

rice」とか「」と書きながら、それでも「ソバ」と言い張るか?

あ、普通語は「比比飯」と「炸醤比比飯」とで同じ表記だな。「炸醤」は、挽き肉に甜麺醤、酒、醤油を混ぜて炒める料理だ。だから写真では黒く見えていると推測されるが、ビビンバを炒めたらこうなるとは思えない。

ソバの表記はさっきのビビソバと同じ原理か。

じゃ、「どどンバ」?

どどンバってあんた、氷川きよしか。富士急ハイランドか。


ひょっとして、「どど」と「ビビ」を同じ文字だと思ってるんじゃないだろうな!


 マジンガーZ「光子力ーム!

どこに籠もっとんねん!

 不動明「デ~~ル!

なんに変身すんねん!

 飲み屋の客「とりあえずール!

どんな趣味の店やねん!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.10.07

冷麺専門店、温麺に挑む

韓国冷麺専門店を標榜するこの店は、2004年の夏前に開業した。

PICT2493.jpg

窓の真ん中、右あたりに貼り紙がある。

PICT2488.jpg

10月7日 温麺始めます」か。

あれ? こないだ通ったときは「10月1日」に始めますだったぞ?

PICT2489.jpg

「1」を「7」に書き換えてある。

入口に回ってみよう。

PICT2494.jpg

10月4日には、こんな貼り紙がしてあった。

PICT2492.jpg

休むのはかまわないが、10月1日は予定どおり温麺を出したのだろうか。

翌5日には貼り紙がこう変わった。

PICT2491.jpg

できなかったのか、温麺。

今から研修してて大丈夫なのか。その正直な態度は買うが……。

そして研修明けの7日。貼り紙にはこうあった。

PICT2490.jpg

2日間じゃダメだったか!

温麺がダメなのか、従業員がダメなのか、どっち?

始めます宣言から丸10日延びてしまった。

よぉく準備してから「始めます」言え!

よほど泥縄なのか、通りに面した「始めます」の貼り紙は「10月7日」のままだった。

さあ、来週12日(火)には研修の成果、見せてもらうぞ、ハリマン店長!

※ハリマン:「来週の火曜日」にならないと満足な行動がなにもできない人 (「スタートレック:ジェネレーションズ」より)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004.10.06

マイクロテープにメッセージ

10月第一週の週末は部屋を空けていた。

ホらデッキは、あらかじめ用意しておいた小ネタを「公開日時指定」でエントリーして凌いでいたので、すっかり安心して帰宅したところ、留守電の留守録ランプがぴっかぴかと点滅している。

押してみると、えらい勢いでマイクロテープを巻き戻す留守電。

すごい長いメッセージか。

すごく多いメッセージか。

後者だった。7件のメッセージだ。

再生してみると、10月3日に無言メッセージが昼1時から夜0時まで6本。

誰だ。しつこいな。名前のひとつでも言ったらどうだ。

そして翌4日の朝8時、ついに肉声が入っていた。か細く小さい、比較的若い女性の声だ。

へんえんきょーふひだいにお世話になりまひしゃまみゃみもめもま。訃報なんですが。しゃみむひゃひょうほひゃんがひひはふに亡くなりまして。シロガネのへいひんひょーほーはいでひさがあります。10月7日の6時からです。おいでになる方はどうぞという連絡網でした。次の方にはもうお知らせしていますので。では」

はい? もしもし?

なんか肝心のところが全然聞こえなかったぞ。訃報だ? 10月7日だ? 木曜じゃないか。誰だ。誰のことだ。

もう一度再生しようとしたら、留守電はマイクロテープを最初まで巻き戻し、そして止まった。止まったまま、二度と再生しなかった。

おい! 再生しないの? してくれないと困ります!

なだめてもすかしても留守電は涼しい顔だ。

翌朝、仕事場で誰かマイクロテープ再生機を持っていないかとダメ元で探したところ、なんと持っている人がいた。えらいぞ、うちの会社のエライ人。

PICT2487.jpg

早速イヤホンを耳に突っ込んで、最大音量で再生。

「田園調布時代にお世話になりました間宮眞美です。訃報なんですが。上村今日子さんが7月に亡くなりまして。シロガネのセイシンキョウセイドウでミサがあります。10月7日の6時からです。おいでになる方はどうぞという連絡網でした。次の方にはもうお知らせしていますので。では」

田園調布時代にお世話になりました間宮眞美です。

いえ、田園調布時代なんて時代、わたいにはありませんけど。

間宮眞美さん(仮名)お世話してませんけど。

上村今日子さんが

知りません、存じません。

7月に亡くなりまして

ええっ、7月に亡くなって今から葬儀ですか?

シロガネのセイシンキョウセイドウでミサがあります

ミサってなんですか、ミサ

連絡網でした。次の方にはもうお知らせしていますので

次の方って誰ですか。連絡網ってなんですか。

人違いですからっ


間宮さんにはすっかり驚かされた。推測だが、今のわたいの電話番号を以前使っていた方が田園調布時代に間宮さんをお世話したのだろう。上村今日子さん(仮名)のご冥福をお祈り申し上げる。

慌てて出した礼服、箪笥にしまっとこ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.10.05

ヴォイジャーのDVDボックスって

なんか安上がりになってないか?

完全限定プレミアムボックスという名のプラスチックケースのことだ。DS9のボックスと並べてみると明らかに横がすかすか。ロゴプレートもない。

PICT1414.jpg

パーツを省いたな?

なんとかコストを下げようとしてるな?

厳しいのか?

営業的に厳しいのか?

仮にそうならコストを下げるのも致し方ない。許す。

許すから、途中でLDみたいに万歳しないで第7シーズンまで出してくれよ!

お願い(弱気)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.10.04

グリコの鉄人

タイムスリップグリコ第5弾は「鉄人28号編」だった。第1弾も第2弾も鉄人だったが、鉄人以外に昭和30年代の風俗を示す洗濯機だの駄菓子屋だのもラインナップされていた。第5弾は深夜アニメ「鉄人28号」とのタイアップらしく、鉄人関係だけで構成されている。

運よく鉄人とブラックオックスが出た。モンスターも復活の鉄人(正太郎)も出なかったが、もう満足だ。

激突! 鉄人 VS ブラックオックス

 最初はグー!

TETSUJIN1.JPG


 ジャーンケーン

TETSUJIN2.JPG


 ポン!

TETSUJIN3.JPG


 最初はグーだろ。
 すまん。

TETSUJIN4.JPG


関係ないが、鉄人には色違いが存在。手前の明るい青がレアらしい。

TETSUJIN5.JPG

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.10.03

禁止入内

上海と蘇州を結ぶ間、上海からの日帰りツアー範囲内だが蘇州のほうが近いという位置に周庄(周荘)という水郷の町に泊まり、翌朝蘇州へ向かうために町の北外れにあるバスターミナルへ行った。その途中に2件の網[ロ巴](インターネットポイント)を発見。カフェとは言えない。なんだかほとんどカーテンが閉まっている薄暗いところだ。

1件めの外観。不審そうに見ているのが店のおばちゃん。このあと、店のカーテンは全部閉まった。

PICT1895.jpg

2件めの入口に貼ってあったポスター。

PICT1896.jpg

未成年者は入っちゃダメよ、と昆山市文化広播電視管理局がおっしゃっている。

このとき、店の一番手前のテーブルには、明らかに未成年な雰囲気を発散しているカップルが座っていた。わたいの興味は、ポスターのモデルに選ばれたちょっとふくよかな管理局員の選考基準にあったので、未成年者が店内にいようがいまいが知ったこっちゃない。

しかし店員は後ろめたいのか、店の怪しさをことさら強調したいのか、この写真を撮った直後に半開きだった扉はびしっと閉められ、カーテンもしゃっと音と立てて閉められた。どうやらできるだけこっそりひっそりと営業したい事情があるらしい。

中国では、インターネットポイントでガキが起こすトラブルが後を絶たないという理由で、行政がずいぶん規制をかけているようだ。学校の近所で営業したらだめとか、未成年は入ったらだめとか、一種の風俗扱いと言える。さらに海賊版Windowsをインストールする経営者も多いらしく(むしろ正規版を入れてる店があるという事実に驚いた)、マイクロソフトに摘発されたりして、さすがに面目を失った政府は、ネットカフェを国の直営とすべく、業者にライセンスを発行しているんだそうだが、貴重なライセンスをもらった業者は「学校のそばはダメとか未成年者はダメとか言われたら商売にならん」と、出店を見合わせるケースもあり、どうもうまくいっていない模様。

興味ある人はこちら↓で。
ネットカフェにみるマイナス面:新たな中国の社会問題中国情報局 Serchaina

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.02

ちぃばす運行開始

東京都港区を巡回する100円バス、その名も「ちぃばす」が10月1日より本格稼働している。

9月30日、試運転中のバス停。まだ保護シートがかけられたまま。

PICT2464.JPG


10月1日、山王下バス停にやってきたちぃばす“赤坂小学校デザイン”バージョン。

PICT2467.JPG


バス待ちしてたお客様。

PICT2465.JPG


こぢんまりしたバスで、その名のとおり小さい。
でも、バス停まで小さくする必要があるんですか

あ、いつも腰を曲げてらっしゃるご年配の方(ヘビーユーザ候補)にはこのほうがいいのか。なるほど……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.01

10月1日、天一の日!……のはずだが

諸般の理由により、2004年の天一の日は「11月7日(日)」。

天一(10-1)でもなんでもないんですけど。

開催が遅れるお詫びのつもりか、現在天一では100円割引券5枚綴りを配布中(配布していない店もあるようだ)。

T1-2004.JPG

「詳しくは、10月中旬頃、店頭ポスターにて!」

しかし公式サイトでは、今日から祭りの告知が行なわれている。

天一の日「11月7日(日)」は漏れなく「ラーメン無料券配布」。
続く天一祭り「11月8日(月)~11月30日(火)」は空くじなしの抽選で「携帯ストラップか100円割引券配布」。

携帯ストラップは、2001年天一祭りの景品だった。ミニチュア丼(ラーメンこってり並)に赤、青、黄、緑、黒いずれかの色のストラップが付いていた。

T1-2001S.JPG

今回のストラップは4種類。「ミニチュア丼」付きの青と赤、「天下一品のロゴ入りコイン」付きの青と赤。

ラーメンの丼は2001年の復刻ではなく、新作(あるいは改修版)らしい。

とりあえず、あと40日弱、天一ファンは待機

しかし、待ちきれない人は各自適当に行って食べてよし。

ちなみにWeb屋台ではラーメン鉢付きの通販が、企画商品から定番商品に昇格している。オリジナルのラーメン鉢で天一気分を満喫しながら祭りの当日を待つのも手だ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »