« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004.03.31

『本日のスープ』全国流通盤

注文しちまった」と書いたあれが本日到着した。

3月30日の「あしたまにあーな」でも堂々と紹介されていたくらいなので、ひょっとしたら一種の社会現象なのだろうか。そのわりには周囲で聴いているとか買うつもりという話はついぞ聞いたことがない。

さて、今回も3曲入り。1曲めは「大泉洋 with STARDUST REVUE」のコーラス入りバージョン。2曲めは「大泉洋 with STARDUST REVUE」のライブバージョン。3曲めは「大泉洋 with STARDUST REVUE」コーラス入りバージョンのインストゥルメンタル(カラオケ)。

北海道限定盤と同じ音源は使われていない。全国盤には「STARDUST REVUE」バージョンが入っていないのでジャケットから「C/W STARDUST REVUE. Ver」の文字が消えた。

ついでに見た目の違いを順不同で挙げておこう。

■ジャケット
 スープの写真を使ったデザインは同じ。
 北海道限定版にはなかった「帯」が付いた。
 背:レーベル番号以外は変わらず。
 表:「C/W STARDUST REVUE. Ver」の文字が消えた以外に違いなし。
 裏:歌い手の違いを説明しなくて済むので(全曲「大泉洋 with STARDUST REVUE」だから)曲名表示がシンプルに。
   スタッフ名にプロデューサーとディレクターが増え、「Produced by Air-G'」が消えた。
 歌詞面:コーラス部分の歌詞が加わった。
 情報欄:「Air-G'」と「サッポロサウンズ」のURLが消えた。

■CDレーベル面
 桜のデザインは同じ。
 曲名の置き方が変わり、全国版のほうが読み取りやすくなっている。

それから新星堂の初回特典。
・丸いステッカー1枚
・四角いポストカード1枚
・ライブ収録のDVD1枚

DVDには、2003年12月31日から2004年1月1日に向けて、札幌大通り公園で行なわれたカウントダウンライブの様子が収められている。6分18秒。メニューなし。再生ボタンでいきなり始まり、再生し終えるといきなり終わる。映っているお客さんはとても楽しそうだ。まあ、中には無表情で、しかししっかりコーラスに参加している男性もいる。それにしても寒そうだ。さすがの大泉さんも完全防寒で勝負服(ジャージ上下)は着ていなかった。ところで大泉さんらの後ろに立つ鷹のような白い鳥、あれは誰?(教えてください)

新星堂では初回特典付きは完売。その代わり追加プレスにはポスターがおまけに付くらしい。これから買われる方は狙ってみてはいかがだろうか。

■本日のスープ(全国流通盤)
 大泉洋 with STARDUST REVUE
 OAK Records
 OMCA-6005
 発売:株式会社オーマガトキ
    株式会社新星堂
 販売:コロムビアミュージックエンタテインメント株式会社
 1200円(税抜価格1143円)
 2004年3月31日発売
 購入先の例:新星堂 amazon.com

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.03.30

「まんが宇宙大作戦」は“作品”だ

全22話をすべて見終えて、「これはスタートレックじゃない」と言う人がいるかもしれない。

しかしそれでいいのだ。スタートレックではない。ご覧になったのは「まんが宇宙大作戦」という独自の世界観を創り出した作品なのだから。

わたいはこの作品を尊重している。だから例えば、「カークの声を矢島カークで!」「矢島カークで新録を!」「DVD化の折には矢島カーク!」などといった矢島正明氏の演じるカークだけを礼賛するかのような声には、諸手を挙げて賛成できない。

わたいも矢島氏の演じるカークは好きだ。耳慣れてもいる。しかしだ。「まんが宇宙大作戦」はひとりの声優だけでどうこうできるものではない。決して直訳でもなければ「宇宙大作戦」の約束事に添ったわけでもない不思議な感覚で翻訳された台本、吹き替えの演出、先述の声優陣の解釈するセリフ回し。それらが渾然一体となって創り上げられている世界だ。この“できあがってしまった世界”の中にいるカーク、その声だけを変えれば“違和感のない「宇宙大作戦」”に変わるわけではない。仮にカークを矢島氏に差し替えさえすれば「宇宙大作戦」になる(近づく)と少しでも思ってい人がいるなら、「まんが宇宙大作戦」という作品をあまりにも軽く見ていると指摘せざるを得ない。

まんが宇宙大作戦」の出来不出来を論じるのはいい。充分に論じきった結果、「まんが宇宙大作戦」の独自解釈に満足あるいは納得できない層が、TASに忠実な吹き替えを新たに作ってほしいという要望を出すのなら、それは“あり”だろう。

考証をやり直し、設定を「宇宙大作戦」のガイドラインに合わせて吹替台本を改めて書き起こし、カークの声に矢島氏を迎える。例えばそういう話なら、わたいは賛成だ。「まんが宇宙大作戦」とは違う作品であることがはっきりしているからだ。

TASは放映時間が正味24分程度と少ないため、駆け足で物語を展開させなければならないという弱点がある。だが原語で聞けば、純然たるTOSである。TOSを充分に意識した吹き替え台本を用意すれば、「まんが宇宙大作戦」とはまた違った世界を日本語に移し換えられるに違いないし、その作業はとても魅惑的に思える。

そしてのちに万が一DVD化されることがあるなら、現行オリジナル版と新録音の両方を収めるのが望ましい。吹き替えによっていかに作品世界が変わるものか、興味深い比較ができる貴重な資料になることだろう。

追記:アメリカ合衆国の版元が日本人マンガ家に描かせる『コミック版スタートレック』を企画しているらしい。いっそのこと新作で『アニメ版スタートレック』を日本人に任せてみてはどうか。誰かやりませんか? いえ、やってください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.03.29

「マッスルボディは傷つかない」を目視確認

ドラバラ鈴井の巣DVD第2弾「マッスルボディは傷つかない」が2004年3月26日に発売された。

そして同日、弊社にDVDが2セット届けられた。なぜか。どうやらこのDVDの映像に、弊社の製品が用いられているらしい。そのため事前に、使用許可の依頼が北海道テレビさんより舞い込んでいたのだった。もちろん許可だ。許可に決まってるだろう、誰だ使わせないとかたくさんキャプション入れろとかあれこれ注文付けてるやつは。いいんだよ、使ってもらえば。無条件でどんどん使ってもらいなさいよ。え、OK出した? でもってサンプルくれるって言ってた? じゃあ、届いたらチェックしますよ、不都合のある使われ方をしていないかどうか見とけって? はいはいはい、チェックしますとも、喜んで。言われなくてもします。させてください。

そして借り出してきたDVDがここにある。早速全編を目視確認することにしよう。仕事なのだ、仕事

「雅楽戦隊ホワイトストーンズ」の経験から、ドラマよりまずメイキング、という格言に添い、バラDiskから見ることにしよう。このDiskに見本贈呈の原因が含まれているはずだから、これから見るのが正しいのだ。仕事だから。

Document 1 大混乱!? 企画発表。
企画発表からツボに入ってしまった。なんだそのポーズは! なんだそのかけ声は! なんなんだその唐突な台詞の台本は! おもしろ過ぎるぞ安田くんっ! このチャプターを見ただけで、もうすっかり「マッスルボディは傷つかない」の虜だ。やる気のなかった音尾くんが、本読みの途中で着替えさせられて吹っ切れるところは見物。

ナイスポーズ!

Document 2 緊張の… ボディビル入門。
ボディビルのジムに見学に行く企画者安田くんと、準主人公音尾くん、そして鈴井さんと大泉さんの4名。
二頭筋かっこいいわ、とボディビルダーに誉められてやる気になる安田くんと音尾くん。プロテインの味にこだわるふたりは、グラム単価の高いココア味を要求するが、低予算番組はお得なバニラ味を買い与える。しかし、30日間訓練を続けてバニラ味を消費すれば、ココア味に昇格すると聞いて俄然やる気のでる安田くん。音尾くんは、ココア味のプロテインが食べたくてボディビルやるわけじゃない……とやや冷静なところを見せる。

大きい!

Document 3 テーマ局制作 舞台裏。
ジョー&アッキー(後述)の歌う主題歌「涙はいらない」は鈴井さんの作詞。
大泉さん演じる真池龍が歌う「What's 真池龍」は安田くん作詞。
エンディングテーマ「ハッスルマッスルブギ」も安田くん作詞。ロック少年の片鱗を見せる安田くん。

切れてまーす!

Document 4 真池龍 華麗なるダンスへの序章。
真池龍(まいけ・りゅう)役の大泉さんは、ドラマ中に踊るダンスを習うために教室に通う。カメラを忘れて練習場にのこのこやってきたスタッフに「テレビマンだということを忘れるな」と説教する大泉さんは、先生の着ているダンス用衣装が欲しくて仕方がない。低予算だからと断るスタッフを制し、衣装を揃えてもらうが、なぜか女性モノが届けられテンションが下がる。

切れてまーす!

Document 5 真池龍VSタカユキ 果てしなき確執。
クランクイン。やる気のなかった大泉さんは、マイケル真池龍のメイクを施した途端にやる気満々。その真池龍のペットであるサルのタカユキを急遽演じることなった鈴井さんは、最初からやる気満々。
元々は台本になかった役であるタカユキによって、自分の出番を食われる上に、真池龍が目立たなくなると心配する大泉さんの不安は最初の撮影で的中。ふたりの戦いが始まる。

ナイスポーズ!

Document 6 ボディビルダーへの第一歩は「ムダ毛処理」!?
主役の二人、安田さんと音尾くん。黄色いボディビルダーパンツを着用する二人は、テレビ局のトイレで「キビしい、キビしい」「なんのために生えてんだ」と吐き捨てながらむだ毛処理。

でかい!

Document 7 用務員のキャラ作り ポイントは勝ち負け!?
役作りの基準は、他人よりどう目立つか、どう勝つか、である。用務員の鈴井さんは髪型でアピールしようとメイクに工夫を凝らす。アッキー役の小橋亜樹はヤンキーの服装のままで他局に出入りしているらしい。

ナイスポーズ!

Document 8 多忙な日々の暇地獄!?
ロケ現場に呼ばれるが、全然出番のない鈴井さん。行き場もなくうろうろしスタイリストにまで笑われる。5時間待って撮影に臨むが、背景でにやりとする場面だけで台詞なし。
あまりの暇ぶりに、安田さんが気を利かせてバイクで二人乗りをする場面の吹き替えを鈴井さんに依頼。鈴井さんはサルの格好の上にジョーのスカジャンとパンツを着用して替え玉を演じる。

すごい!

Document 9 ジョーとアッキー 予定外のキスシーン!?
アッキーこと小橋亜樹は、恋人役のジョーこと佐藤重幸を、この共演をきっかけにモノにしなさいよとほかの共演者から励まされる。マジの小橋とマジで怒る佐藤。ディレクターからオープニングに使うキスシーンを撮影すると聞かされ、「問題なし」と喜ぶ小橋、本気で凹む佐藤。ギャラじゃない、慰謝料をくれと憤る佐藤が大人げない。

切れてまーす!

Document 10 ドラバラ流特撮!? 真池龍の空中ピアノ。
真池龍が空中に浮かびながら足でピアノを弾くシーンのネタばらし。それはともかく、そのピアノの下でバナナを食べるタカユキを演じる鈴井さんは、拘束9時間で3カットしか撮らない、大部屋俳優のような扱いを受けていた。その日の台詞はなし。でもなぜかご機嫌の鈴井さんの笑顔がいい。

大きい!

Document 11 新人・藤尾 切ないスタント劇。
鈴井さんが演じる用務員とサルのタカユキが同時に映るシーンでは、新人の藤尾仁志がサルのスタントに起用される。本番直前、大泉さんに罵倒されて大凹み。

ナイスポーズ!

Document 12 真池龍のキャラ作り 基本はモノマネ!?
ここまでマイケルのモノ真似で演じてきた真池龍だが、監督から地声で演じてくれと注文がつく。突然の注文に、キャラクターを掴みかねる大泉さん。
なんとか演技プランが立ったところで、カット割りから証明まで指定する大泉さんに対抗して、サルのタカユキが過剰な小芝居を演じる。さすがに大泉さんも「あんた台本にも載ってない役なんだから」と鈴井さんをたしなめる。

切れてまーす!

Document 13 真池龍 華麗なるダンスへの道。
難易度の高いダンスを練習してきた大泉さんが、ミュージカルシーンの撮影に臨む。カメラが回ると緊張でいっぱいいっぱい。それもそのはず、練習でも完全にできたことがないらしい。真剣に踊る大泉さんの後ろで“自由演技”“創作ダンス”を許されたサルのタカユキと、バックダンサーに抜擢された新人の藤尾が妙に目立つのが気に入らず、ぴりぴりする真池龍こと大泉さん。さらに安田くんもエキストラで出ると言い出したので大泉さん激怒。撮影にOKが出ると、大泉さんがビデオをチェックしないうちに機材を片づけ始めるスタッフ。それにまた激怒する大泉さん。おいしいところを全部ほかの人に持って行かれている気がして仕方がない様子。

でかい!

Document 14 カミングアウト!? 森崎先生の大ハプニング。
「スクールウォーズ」の滝沢先生をイメージして決めたという森崎先生の髪型。森崎先生は額が広くなってきているのを気にしていたが、本番中に激しいアクションをしたときにカツラが浮き、その額が衆目の下に曝されてしまった。

大きい!

Document 15 安原に異変…。突然ムキムキマッチョ!?
空気を送り込んでマッチョボディに変身する特撮を撮影する現場は、安田くんの希望するシーンを撮るために十数人が5時間待ち。待ちくたびれたギャラリーから思わずヤジが飛ぶが、変身シーンの撮影を目の前で見たギャラリーはハイテンションで拍手を送る。

ナイスポーズ!

Document 16 用務員の正体!? 奇抜なマッチョボディ。
鈴井さん演じる用務員はかつてボディビルダーだった、ということで、合成写真(いわゆるコラージュ)と肉襦袢が用意された。肉襦袢を着て奥さんの前ではしゃぐ鈴井さん。

大きい!

Document 17 世にも悲しき珍道中 in L.A.
バラDisk中、2番目に長いチャプター。
ロサンゼルスに住むケン安田さんというプロのボディビルダーを訪ねて、同姓同名の安田くんが単身ロスに乗り込む企画。プロテインの数百円にさえ神経を尖らす低予算なのに、なんとか海外ロケの費用をひねり出し、安田くんとディレクター1名が2泊4日でロスに飛んだ。ロケの目的は安田顕がケン安田に会いに行くこと。同行するディレクターは英語がからっきしで、方向音痴。
■エピソード1:壁と席の間にパスポートが落ちたが、座席が狭くて拾う体勢が獲れない。座席に正座して、頭から下に突っ込んでなんとか拾ったものの、今度は自分が出られなくなった安田くん。
■エピソード2:機内預け荷物の受け取り時に、三脚を失う。
■エピソード3:シャトルバンの中で『地球の歩き方』をめくって遊び場を探すふたり。ホテルに着いて気が付いたのは、そのシャトルバンに、ケン安田氏の連絡先や住所などを記した重要書類一式をすべて忘れたということだった。
 ふたりは、わずかな記憶である「オリンピック・ブルバード」という通り名と「ケン安田」の名前をタクシー運転手に告げ、行き当たりばったりで調べるという行動に出た。しかし『地球の歩き方』の地図のページを広げて渡されたタクシー運転手は、「行ってやるけど自分で見つけろよ」と言いながら車を出した。タクシーに乗って、見たこともない建物を探し始めるが、メーターが70ドルに達しても“奇跡は起こらず”作戦は失敗。やり方を変えて、日本のスタッフにフォローを依頼することに。日本時間では日曜日の朝7時。折り返しの連絡を待つ間、荷物をなくしたときの心得を再確認するふたり。

「万が一荷物をなくしたら。」
旅行中、荷物を盗られたり、置き忘れたりしたら、まず、出てこないと思った方がいい。
「地球の歩き方」ロサンゼルス編

 万が一をふたつともいっちゃってる(三脚盗難、重要書類置き忘れ)……すごいねぇと感心する安田くん。そうこうしているうちに日本から連絡が入り、ようやくケン安田さんのジムに辿り着いた。
■エピソード4:打ち合わせが済んでほっとしたのか、ナイトライフを楽しもうとするふたり。ロック好きの安田さんはライブハウスに行きたい。しかしケン安田さんからは人通りの少ないところに行くなと言われている。さらにガイドブックにも
「ナイトライフの注意事項。」
絶対に歩いて行くな。
「地球の歩き方」ロサンゼルス編

と明記されていた。安田くんはこれが最後の映像になるかもしれないと各方面に遺言を残し、行く気満々。ディレクターも行く気満々で、カメラを回しながら夜の町に出撃。
ライブハウス「トルバドール Troubadour」の前まで来たが、入場拒否されたというふたり。原因は、持参したビデオカメラ。悲しい思いで帰路に就く安田くんとディレクター。
結局ナイトライフは全然楽しめなかったが、ケン安田氏との撮影は滞りなく進んだ。帰国時には空港で3度ボディチェックを受けた安田くん、それでも無事に千歳まで帰ってくることができた。三脚も戻ってきていた。

ナイスポーズ!

Document 18 クリーンな料理にチャレンジ!
低脂肪で良質なタンパク質を摂取する食事をクリーンな食事と言うそうだ。劇中に登場する料理は、出演者が自力で作っている。これも料理学校に行って学んでいた。器用な鈴井さんと音尾くんは見事にマスターするが、どうも不器用な安田くん。ロケ当日に作った弁当は、レシピの4倍のひじき(想像以上に増えた)を持参。

切れてまーす!

Document 19 ハッスルマッスルブギ ダンス地獄!?
この曲を、異様な振り付けで踊りたくない大泉さんは、「世話になった社長(鈴井さん)に(こんなのを)踊らせるつもりか」と安田くん、音尾くんに迫る。しかし「しょうがない、やろう」とあっさり承諾する鈴井さんの言葉に、崩れ落ちる大泉さん。
練習してみると意外と激しい踊りで、裸のふたりはともかく、真池龍の衣装を着た大泉さん、全身タイツでサルのタカユキになりきっている鈴井さんは汗だく。しかもテイク1では安田くんが間違え、テイク2では音尾くんが間違え、疲労困憊の40歳鈴井貴之。決死のテイク3では大泉さんが間違えた。それでも「(まだ)できるよ!」と明るく立ち上がる鈴井さん。流石はクリエイティブオフィスCUE社長。もう間違えてはいかんとプレッシャーがかかる場面で、疲労のピークに達した音尾くんはヨダレが止まらなくなった。「終わらないロケはないじゃない!」と大泉さんに励まされ、テイク4。また間違えるが、そのまま強行。鈴井さんドクターストップで撮影終了。

大きい!

Document 20 森崎先生 シークレットトラック!?
マキシシングルCDに吹き込まれた森崎先生のシークレットトラックは、ラジオで「自分だけひとりカヤの外か」とつぶやいたのを聞き逃さなかった安田くんが企画、ひとりで「マッスルハッスルブギ」を歌ってもらい、CDに入れたものだという。一発録り。音痴だと自認する森崎先生は、録音シーンの迫力から“リアル・ジャイアン”の称号を得る。

すごい!

Document 21 「黒光ってたぜ、夏。」北海道ボディビル大会2002。
バラDisk中、最も長いチャプター。
ドラマ放映後、ジムと日焼けサロンに通う安田くんと音尾くん。大会当日、真っ黒になって控え室に乗り込むふたり。しかしほかの出場者とあまりに体つきにが違うため、恥ずかしくて控え室におられず、廊下で過ごすふたり。パンフレットには「ボディビル歴0.5年」と書かれているが、そのくらいの期間で出場している選手はほかにいない。
応援団としてドラバラ出演者が観客席に到着。緊張のなか、プレジャッジ(審査員にアピール。ここでの採点で順位が決まる)、本選(観客へのアピール)。
新人の部の出場8選手中、7位、8位となったふたりは、本選のアピールではギャグポーズをいかに組み入れるかに真剣となり、シェー、宮尾すすむ、財津一郎、コマネチなどなどを取り入れたポーズで観客に筋肉を誇示。応援団の黄色い声援が飛ぶ。
終了後、ロビーに集まるふたりの選手と応援団。大会委員長が開会の挨拶で語った「選手は1ヵ月前から1粒の米も食べずに身体を作ってきた。これはショーではなくスポーツだ」を受け、昨夜も焼き鳥を食っていたという安田くんに「ただ、パンツ履いて出ている人」だったと言い放つ応援団。そして大泉さんが「お前に向かって(筋肉が)デカいって言う俺たちが恥ずかしかったよ」とトドメを刺す。安田くん、仲間の罵倒と本放映時の低視聴率に落涙止まらず……。

ナイスポーズ!

以上がバラDiskのすべてだ。なんだしかし、ドラマ100分しかないのに、メイキングのバラエティ部分は210分もあったのか。夜中0時過ぎてから見始めるもんじゃないな、これ。何時だよ、5時半だよ。カラス啼いてるよ。朝やん。明るくなってきてるやん。始発走ってるやん。仕事(笑)とはいえ、きっついなぁ。しかしタダでもらっといて、いやわたいがもらったんじゃなくて会社がもらったんだが、タダでもらって紹介もしないのは人の道に悖るだろう。とにかく、弊社の希望は通っていたようだ。弊社の希望がどんなんだったかはもう忘れたが、多分大丈夫だろう。もういいじゃないか、そんな細かいことをぐじゃぐじゃ言うな、男らしくない。寝ようよ、もう。

このドラマの裏には、オフィスCUE第5の男、音尾琢真くんを売り出すという目的があったという。この作品は、安田くんに「ブレイクするから」と誘われた音尾くんが、ブレイクを夢見、そして破れる(破れるのかよ)ドキュメントでもある。ぜひ、購入し、じっくりと見ていただきたい。わたいも続けてドラDiskを見るから(と書きながら、実はもう4話見た。あと2話だ)。じゃあ、みんな一緒に。「切れてまーす!

※「ナイスポーズ/切れてまーす/すごい/大きい/でかい」は筋肉あるいはボディビルダーへの誉め言葉。

■マッスルボディは傷つかない
 HTB0010-11
 北海道テレビ放送株式会社
 税込\4,179(本体\3,980)
 ドラディスク100分/バラディスク210分
 購入先の例:北海道テレビ特選ショッピングモール

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004.03.28

希望ナンバー取得サイト公開

ナンバープレートを選べで、みんなが欲しがる「1701」を取った当家のクルマは今も現役で稼働中(2004年3月8日撮影)。

1701SNOW.JPG 87年式Mayfairベース。登録は88年。

さて、3月23日付で国土交通省が「インターネット」で希望ナンバーの申込みができることになりますという文書を発表した。

2. 開始日時

 平成16年5月6日(木)午前0時から

3. インターネットのアドレス

 http://www.kibou-number.jp/〔常時アクセスが可能です。〕


上記サイトにはまだアクセスできないため手続きの詳細は不明だが、これまで一度センターに出向いて行なっていた手続きをウェブサイトでできるようになったということだろう。楽だ。これなら手続きが面倒で「1701」化を躊躇していたみなさんも、取得へ向けて腰を上げることができるに違いない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.03.27

天下一品、ラーメン鉢付きセット再び

天下一品、ラーメン鉢をゲットせよで公式サイトのWeb屋台で天一ラーメンとラーメン鉢のセットを買った話を書いた。
そのセットが好評だったのか、4月1日から30日の1ヵ月間、再びラーメン鉢付きの通販を行なうと、天下一品宅配ギフトセンターからメールが届いた。

ラーメン鉢付きセット期間限定販売

こってりラーメン4食入り+鉢1個セット 3000円
あっさりラーメン4食入り+鉢1個セット 3000円
こってりラーメン6食入り+鉢1個セット 4000円
あっさりラーメン6食入り+鉢1個セット 4000円
こってりラーメン6食チャーシュー入り+鉢1個セット 5000円
あっさりラーメン6食チャーシュー入り+鉢1個セット 5000円
ラーメン鉢5個セット 4000円
(いずれも送料・消費税込です!)
こちらの商品はWeb屋台限定販売
4月1日~30日の期間限定販売とさせていただきます。


今回新しいのは、「ラーメン4食入り」の少量セットがラインナップしていることだ。買い求めやすくなっているのはありがたいことだ。入学祝いは天下一品の鉢付きセットで決まりだろう。その際、間違っても「あっさりスープ」は選ばないように。天一を食うなら「こってりスープ」じゃなければ意味がない。
ちなみに今日は目黒で食べてきた。たまに食べておかないと調子が出ないのである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.03.26

オラウータン派、足掻く

オランウータンにとっては不幸だが、日本にはオラウーラン派が根強く生息している。彼らはオランウータンをオラウータンと呼んではばからない。

またひとり、オラウータン派が姿を現わした。銀座のおでん屋台で口角泡を飛ばしオラウータンの正しさを論じるオラウータン派。曰、

orangのngは発音しない
昔はオラウータンだったはず
学者が読み方を変えた

なぜオラウータン派は、こうまで熱っぽく、自説の正しさを主張するのだろうか。オランウータン派は「オランウータンが当たり前」とどっしり構えているため、論拠を熱く語ることがない。勢い、オラウータン派だけが、どんどんテンションを上げていくことになる。

さて、このオラウータン派の世代は、弊社のオランウータン派と同じ帯域に入る。かつて弊社のオラウータン派は派閥拡大を狙い、同期入社の同僚に声をかけ
えーと、あの猿。猿みたいな、なんとかウータン。なんだっけ、サルウータン、違う
オラ
なに?
オラウータンでしょ。オラウータン
と言質を取ることで、“ある世代からはオラウータンである”というジェネレーションギャップ説を展開した。

しかし、彼の想定するジェネレーションにこの新しいオラウータン派は含まれていない。彼はオラウータン仲間をひとり得る代わりに、自説の根拠を失ったのだ。

彼は苦渋の表情で言った。

学研の図鑑とか教科書とか、(これまで使ってきた教材を)全部見たんですけど……オランウータンでした

■2004年3月27日現在のgoogle検索結果
 オラウータン 約4,710件 (約4,630件から80件増)
 オランウータン 約19,200件 (約18,400件から600件増)
  ※前回調査2004年1月14日

どっちも増えているが、オランウータン派が優勢だ。

ちなみに検索エンジンから当ホらデッキにおいでくださった方々の検索ワードでは
・オラウータン  357件(全体の1.6%)
・オランウータン 104件(全体の0.4%)
とオラウータンの圧勝。順位でもオラウータン第7位に対してオランウータンは第41位。

世のオラウータン派のみなさん。カミングアウトしなくてもいい。でも真実に気付いたら、今からでも遅くない。オランウータン派への転進をおすすめする。当ホらデッキは、いつの日かgoogle「オラウータン」検索結果の「4,710件」が減少に転じることを目標に、オラウータン派を切り崩していく所存だ。

オランウータンvsオラウータン
今日もオラウータン
オラウータン派の共感

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.25

さ~て、最終日3/26のまんが宇宙大作戦は?

はいどうもはいどうも、ハートコート・フェントン・マッドですよ。

TAS11.JPGおやあたしをご存じない。あたしゃTOSで二度も登場してそれなりに顔が売れてると思ったんですが、まだまだ売り込みが足りませんかねぇ。今度売り出しました愛の妙薬は、チャペルさんにとても気に入っていただけましてね。ほんのわずかな量で効果はてきめん。あの科学の天才スポックさんといい仲に……いっひっひ。その様子を「侵入した愛の妙薬」で実際にご覧いただければ、どうしたってこの薬をお買い求めになりたくなると思いますよ。その節はどうぞ、このマッドにご用命くださいませ。ひょひょひょ。

そうそう、ワープ36という驚異的なスピードで惑星ベータに突っ込む宇宙船があったんですよ。それを牽引ビームで捉えた〈エンタープライズ〉号はそのまま一緒に惑星に突っ込む羽目になりましてねぇ。どかーんっと惑星にぶつかって……と思ったら、謎の宇宙空間に入ってしまったんですな。そこでは時空間があたしたちの宇宙とはあべこべで。あたしには難しくてなんだかわかりませんが、みなさんどんどん若返ってしまわれましてね。任務遂行できないくらいに若返ってしまわれたので、たまたま乗り合わせていたロバート・エイプリル元〈エンタープライズ〉号船長が、再び指揮を執られたそうですよ。クルーが年寄りになる話は何度かありましたが、若返るのは珍しい。うまく成分を抽出して若返りの薬にできれば、またまたあたしは大儲け。ひょっひょっひょっ。ああ、タイトルね。タイトルは「逆流する時間」です。お楽しみに。

おや、これが最終回ですか。短いですなあ、『まんが宇宙大作戦』。実にお名残惜しい。録画したのを繰り返し、観てくださいね~。うほっ。
じゃーん、けーん、さむあっぷ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アデレードのスタートレックグッズ事情

アデレード Adelaide は南半球のやたらにでかい島オーストラリアの、わりと南の端っこのほうにある街だ。南オーストラリア州の州都でもある。南オーストラリア州のの人口150万人かそこら。アデレードの人口105万人かそこら。

その街の目抜き通り、ランドル・モール Rundle Mall。

ここで15分間、放逐された。再集合は17時。端から端までダッシュで観光。おや、あんなところにトイザらスが。

ADE-TOY0.JPG
ちょっと覗いてやろう。

どこの国へ行ってもトイザらスは同じ。品揃えも大して変わらない。ローカルの品はともかく、アメリカ大合衆国様の品が無駄に多く並べられる大型玩具店。そして、必ずと言っていいほど、余りもんのスタトレグッズがしょぼ~く置いてあるSTファンにとっては哀切あふれる場所だ。

だだっ広い店内に、置いてあったフィギュアはこれ。

ADE-TOY1.JPG これだけ。

アートアサイラム、もうちょっと熱心に営業してみたらどうだ。

英語圏だが、ここは大英帝国と同じ販売エリアなので、輸入品となる。だから販売価格に値頃感はない。むしろ高い。日本で希望小売価格1800円の品が円換算価格で2000円は下らないため、オーストラリアで買う価値はなし。しかも出荷されて久しいTOSのシーズン2フィギュア(「イオン嵐の恐怖 Mirror, Mirror」版カーク、同ヒゲのスポック、スコッティ、スールー、チェコフの5体)はまだ入ってきていない。タイムラグもあり過ぎだ。

もう1点、ST関連の品があった。えらい高い棚の上。

ADE-TOY2.JPG
おお、懐かしい。

版権使用の更新を諦めてSTのインジェクションキット生産から手を引いたERTL/AMT。映画『GENERATIONS』版クリンゴン・ウォーバードだ。流通在庫品しかないので、ある意味レア。これだけまとめて置いてあるを見るのは久しぶり。でも値段はわからなかった。オーストラリアドルで20ドル以下なら買いだったかも。もっとも、あんなバカでかい箱を持ってうろうろするのはぞっとしない。

集合場所であるランドル・モール西端に、5分前に戻ってきたので、そこから北に10mほど上がったところにある輸入コミック屋もチェック。

ADE-TOY3.JPG 地下1階に潜る。

狭いがこぎれいな店内に、アメリカ大合衆国様のコミックがずらりと並べられている。奥の一角には日本のマンガの英語版が並ぶコーナーも。『頭文字D』なんかもあるが、“豆腐屋の出前用ハチロク”って、どんな風に理解されているのだろう。

そんなことはいい。

スタートレックのコミックスは皆無だった。聞いたけど「無い」と。

日本のほうが便利かも、STファン生活。

以上、「事情」と銘打ちながら合計わずか10分足らずの駆け足観察にて、失敬。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.24

北極圏突入 第7夜(最終夜)

TVKの「水曜どうでしょうリターンズ」。「アラスカ半島620マイル」第7夜。いよいよオーロラと接近遭遇を果たすのかHTBの誇るどうでしょう班。

今回が奇しくも放映100回目。前枠でしょぼいくす玉を割って、番組はスタートした。

第6夜にしてやっと北緯66度33分を北にまたぎ、北極圏に進入した一行は、オーロラを見るためにコールドフットのArctic Acres Innに宿を取った。

9月16日(水)午後11時08分
宿はトラック野郎たちのための施設で、シャワーとトイレは共同だ。大泉さんに言わせれば、ひどいシャワーらしく、鈴井さんは気合いを入れて入ったそうだ。
いかつい荒くれ者が、多く泊まってますからね。シャワー浴びてる時もヒヤヒヤですよ
あはははは、そうですねぇ。荒くれ者だけにね、そっち方面に荒くれられたら、えらい目に遭いますからねぇ
そっち方面ってどっち方面なのか、敢えて具体例が提示されなかったのは幸いだ。

よほど環境がよろしくないのか、しきりとキャンピングカーでの生活を懐かしむ一行だが、ここでまたミスターが旅の目的を思い出させる。

一番オーロラがきれいに確率高く、見れる場所ということで、我々は遙か日本からここまで足を運んでるわけです
忘れてた

ミスターはにわか仕込みのオーロラ講座を開設し蕩々と語り始めるが、大泉さんの「ホタルか」という反応に呆れて早々と講座を閉じる。

オーロラ現象は地上80km(80000m)の高々度で発生している。当然雲の上で起きている現象だ。その現象自体は常に起きているのだが、9月中旬はオーロラを見るのに一番いい季節であるとミスターは言い切る。ならばいつでもオーロラは見られるのだと納得する大泉さん。

そこに藤村Dが、仮にそのオーロラが見られないとしたら、どのような場合が考え得るのかとミスターに問う。
ミスター答えて曰く、「飲んだくれて、あのー、寝ちゃったという場合」。
大泉さん得心して曰く「そりゃだめでしょ。それはもう、見る側の姿勢がまずもうダメなときでしょ?
そう
そらもう全然違いますよ、我々は
あとは、あのー、あれです、雲があったり、雨が降っていたり
ほぉー
はぁー
そしたら絶対見れませんよね、当然ですよね
(オーロラは)雲のさらにずーっと上なんですよ
(雲が)隠してるんです
そうでしょ
ええ
雲があったらダメでしょぉ
ダメです
雲の我々上行かないと
はい

黙って聞いていた藤村Dがここで参入。
だから、先ほどからこう、“ピシャピシャ、ピシャピシャ”っていう音がしてますけど
はい
これなんですか

これは、雨ですねぇ

遠い目をする大泉さん。
重ねて尋ねる藤村D。

雨、じゃ、ダメじゃないの

静かな表情でペプシコーラの500mlペットボトルをラッパ飲みしたミスター、抑えた声で。

ダメです

どうやら現状は「ダメ」らしい。この雨は彼らがアラスカに来て以来ずっと降っている雨だ。しかし今晩も朝まで降り続くとは限らないと励ます藤村Dは、朝まで寝ないでがんばるというタレント陣の台詞を引き出した。「みんなの信じる力がどれだけ強いかですよ」と悟ったような表情で淡々と語る大泉さん。

ここで藤村Dより、オーロラ観測の方法が伝授される。ネタ元は『地球の歩き方(47)アラスカ』。

曇っていても、夜になれば晴れる場合もよくあるので諦めない。
30分~1時間おきに、オーロラがでているか空をチェックする。
よくホテルの窓からチェックしたりする人がいるが、オーロラの光度は薄いし、どの方角にでているか分からないので部屋の中からでは発見できない。ちゃんと外へ出て暗いところでチェックする。
オーロラは夜見えるもの。オーロラがでるでないよりも、寝るか寝ないかにかかっているともいえる。
『地球の歩き方(47)アラスカ1999~2000版』P.196

実際にはこのひとつ前の版が参考にされていると推測されるが、ここらへんの記述は同じだ。

寝たら負けです

そこで、本に書かれているとおりにオーロラ観測に臨もうじゃないかと意気揚がる?一行。早速30分おきの空のチェックを励行しようとするが、大泉さんが疑問を投げかける。
窓が、いいだけこうやってポツポツいってても行くの?
ここの窓だけかもしんない。言ってるでしょ、だから。本に書いてあったでしょ。窓から見る人がいるけれども、それは違いますって書いたあったでしょぉ?
後ろではオーロラが見たいと言った本人の鈴井さんが、なんだかやる気なさそうな表情で額をぼりぼりと掻いている。
……ああ……そっかそっか、この窓だけがポツポツいってるかもしんないから、外出てみろって?
うん
バカじゃないのあんた……あんた行きなさいよ、そしたら

午前0時00分
オーロラ観測開始。大泉さんに言われたとおり、藤村Dから観測に出ている。手持ちのビデオカメラ1台を持って外に出るが、雨模様。戻ってきて雨だと告げ、最初の観測は終了。

午前0時30分
ミスターが観測。ビデオにはっきりと雨粒が写るほどの雨。「ダメだねぇ」とがっくりして戻ってくるミスター。

午前1時00分
行けばいいんでしょぉ、行けばね」と大泉さんが観測に出る。カメラを回したまま廊下を走り、外に通じるドアを無造作に開けた瞬間「見えません」とひと言残すと、カメラを回したまま走って戻る大泉さん。なぜ走って戻ってきたのかと問う藤村Dに「迫力ある映像をと思って……」と答えるが、藤村Dの反応は鈍く、「……ああ」だけだ。

午前1時30分
藤村Dの2回目。「雨です。見えません」と言って帰ってきた藤村Dを談笑しながら迎えたミスターと大泉さん。「あれ、どこ言ってたの?」と尋ねる大泉さんに藤村D、「……トイレ」とひと言。

あまりにも甲斐のない雰囲気に、思わず口が滑って本音を吐露する藤村D。
やめる? もう
なにを?
ああ、ごめんごめん
なにを言ってるんですか
なにをやめるの? 人間を? 生きることを?

午前2時00分
ミスター2回目の観測。ベッドに寝ころんで待つ大泉さんは、「ああ、日本帰りてぇな。アメリカも嫌いになっちゃった」と言いたい放題。
残念ながら見えません」とレポートして戻ってくるミスター。

暇を持て余した大泉さんが机に向かってなにかを作り始める。その横で睡眠に落ちる藤村D。気付いた大泉さんが、そっと近寄って突つくと、「のぁあ、ごめんなさい、びっくりした」と普段の豪放磊落な笑い声からは想像もつかない情けなくもへちょい声で謝りながら藤村D起床。

午前2時30分
大泉さん2回目の観測。自分で自分を撮影しながら廊下を進む大泉さん。「出てません」とだけ言うと、すぐに部屋に戻って、先ほどから手がけているなにかわからないものの制作に、熱心に取り組んでいる。

午前3時00分
カメラを手にいざ観測に向かおうという藤村Dだが、大泉さんが一心不乱に作っているものが気になって仕方がない。思わずカメラを回しながら近づいて、制作中の品を撮影。
なに作ってるの?
トランプ作ってるって言ってるでしょお。みんな退屈でしょぉ
カメラのレンズが捉えたのは手書きのプレイカード。絵札にはなにやら人物画が。
これなに、これ
頭になにか被った男の絵。
鈴井さんでしょぉ
これなに
右手にビデオカメラを携えた男の絵。
うれしーでしょ
これなに
ボディビルダーのように海パン一丁でポーズをとる男の絵。
オレに決まってるでしょお
自分だけ描かれていないので、ちょっと寂しくなった藤村D。
ボクは仲間外れかい?
不思議そうな顔で見つめ返す大泉さん。
ババに決まってるでしょぉ、あんたは。今ここにババ描くから

安心して?観測に出た藤村D、外に出るドアを開けたときになにか吉兆を感じたのか「お?」と小走りに出て行くが、「いやあ、降ってるなあ」と戻ってくる。すると大泉さんは藤村Dの顔を描き終えていた。

激似

藤村Dも思わず笑いを禁じ得ない。のちにこの似顔絵は、ことあるごとに使われることになる。
これババなんだよね?
うん
“バカ”って書いちゃってんじゃないの
バカ……ま、いいや、バカで
いやはははははははははは

精力的にプレイカードを作り続ける大泉さんだが、鈴井さんは辛くなってきたらしく、ベッドの上で丸くなって眠り始める。しかし藤村Dが大泉さんにちょっかいを出させようした寸前、目を覚まして難を逃れる。

午前3時30分
ミスター3度目の観測へ出動。緊張と疲労から壊れてしまったミスターは「♪雨やめ雨やめオーロラ出ろ、雨やめ雨やめオーロラ出ろ」と歌にもならない歌を歌いながら外を徘徊。
そして部屋に戻ってきて言い放った。

見えたよ

デジカムに画入ってんの?
わかんないけど、だけど見たもん。見たもん。見たんだもん
うるさい。子供じゃないんだから
見たんだもん
終わらせる気だな?
なにが?
時間もいいところだと思って。おれ、やめないよ、トランプができるまで

次はもう、みなさんの番だからね
いや、違うよ
いや、ボクはおやすみなさい

作業の手を止めてミスターを見上げる大泉さん。
見た人から抜けれるの?
うん、そうだよ、うん、あの、そう、だって目的だもんそれ
……オレも見よ……

ズボンを両手でずり上げながらいつになく機敏な様子で、今にもカメラを掴んでオーロラを見に行くぞとばかりに画面に入ってくる藤村D。次の番はオレだよと言う大泉さんにかぶせてミスターが「次は30分後」とルールを宣言。そのルールに則って観測するなら、藤村Dは1時間待たないと順番が回らない。「オレ、見るよ、次」と笑いながらわがままを言う藤村D。

ダメだよ。次、オレだもん
オレだよ

助けを求めるようにミスターを見る大泉さん。

順番はオレでしょぉ
いいよ、お前やってていいよ、これ(プレイカード作り)
なに言ってんの、次オレだよ
ぼくが、キミの分を一回行ってやる!
いいから! ぼくが行くからあんたここ居なさいよ……じゃ、ミスターイチ抜け。おめでとさん

さしもの藤村Dのゴリ押しも通じず。がっかりして座り込む。

……いいなあ、見たんだ……オレも絶対見るぞ
ボクも見るような気がする

藤村D、突然立ち上がる。

もう行っていいかっ?
ダメだっつってるでしょ。30分おきでしょ
見えるのになぁ
今行っても見えないって。30分おきだもん
先にお前に使われるだろぉ
なぁにがさぁ。使われるってなにさ。なに使うのさ
ほっほっほっほっほっほ
わっかんないこと言ってるもんねぇ。なに使うの。オーロラ見るのになに使うの?
くっふっふっふっふっ

午前4時00分
大泉さん、3度目の観測。また自分で自分を撮影しながら廊下を歩く。外を移しながら、ミスターに教わった方角にカメラを向ける大泉さん。するとオーロラを発見! 鮮やかな赤い色が虚空にたなびいている。すぐさま部屋に戻り、報告。

見ました

抜けたはずなのになぜか起きて待っている鈴井さん。

はい、すみません
すみませんって言わなかった、今、な?
はい、カッパはもう、着てかないでください
使ったんだ?
使うとかじゃなくて、カッパはもう、ダメです
カッパはもうダメですぅ?

そして自分の番が回ってきた藤村Dは、時間とともにおもむろに立ち上がった。

見るから
なんでそうやって、見るからとか、言っちゃってんの?
オーロラねぇ、正直者にしか見えないですよ
オーロラを真に信じる者以外には見えないですよ
ああ、そうでしょ。信じてるもん。見えるに決まってるもん……も、もう寝るから、オレ。見るからって言うんじゃない、ごめん、寝るから。謝っとくけども。寝るから

午前4時30分
寝るから、と言い残して観測に向かった藤村Dを追って、「現場を押さえてね」と大泉さんの指示を受けたミスターが続いて部屋を出る。

現場を押さえに行ったね。藤村Dの。不正の現場を

ここまでまったく画面はもちろん、音声にも入っていなかった嬉野Dだったが、大泉さんと二人きりになるこの場面で、ちょっと頭の先っぽが画面に入り、押し殺した笑い声が拾われている。流石は黒子のうれしー、徹底した隠れっぷりだ。

いったんは外に出て空を撮ってみたものの、芳しくない画しか得られなかった藤村Dは、追われているとも知らず、オーロラの写ったチラシを壁に立てかけて撮影を始めた。その瞬間をミスターに押さえられ、御用。「寝さしてよぉ。寝さしてくれよぉ」と半泣き笑いで戻ってくる藤村D。不正の証拠のチラシをタレント陣に握られたにもかかわらず、「見ました。ボクは見ました」と言ってのける。

寝さしてください
藤村くん、これ(チラシ)持ってなにしに行ったの
違う。それは違う
(ミスターに)藤村くんこれ持ってなにしに行ったの
壁に置いてカメラ持って、こう……
あははははははは

画、押さえたの
押さえましたよ
ちゃんとあんの? 画
ありますよ
「(ミスターに)これ(チラシだから)、字ぃ出てんじゃないの
あわてて藤村Dが答える。
字ぃ、出てます!
これ、ジムがくれたやつでしょ
そうです
だってこれ(チラシに刷り込まれた写真の男)ジムだもん
そぉです! ……すみません
はい、藤村くん5時半。次のチャンス、5時半だから
寝さしてよぉ

不正がバレた藤村Dは、開き直って見ていないと宣言。それに応じてミスターも自分が見たと言ったのは嘘だったとカミングアウト。やむを得ず大泉さんも、実はオーロラだと思ったのは自分が軒先にぶら下げたカッパだったと告白。全員が、「人間として大事なものは守れた」と慰めあう。

ここでついに大泉さん特製のプレイカードが完成。うれしーも固定カメラの後ろから降りてきて、4人で「バカ(ババ)抜き」に興じる。バカ(ババ)は裏からでも藤村Dの似顔が透けて見えるので、どこにあるかすぐにバレる。誰が勝ったのか負けたのか、それはわからないまま、唐突に幕。

まとめの言葉は、後枠でミスターが放ったこれだけ。

結局我々はオーロラは見ることができませんでした。アラスカまで一体なにをしてきたんでしょうかね。いよいよ来週からは……

あらま。もう来週のハナシか。最後だから長くなってしまった。1時過ぎから書き始めてもう4時だ。たっぷり6回はオーロラ観測に出られるくらいの時間が経っているではないか。以上、アラスカの旅、完結。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

さ~て、3/25のまんが宇宙大作戦は?

ククルカンだ。

TAS10.JPGわたしの話を観てもらう前に前座がある。「宇宙のイタズラ魔」だ。ロムラン軍に追われ、未知のエネルギー体を通過した〈エンタープライズ〉号の船内では、不思議な出来事が頻発するようになる。乗組員に対するイタズラともいえるそれらの出来事は次第にエスカレートし、生命に危機を及しかねないほどだ。一計を案じたカークが、彼の得意技を炸裂させて解決に導くのだが、そんなことよりこのエピソードには、ST史上注目に値する画期的な装置が登場するから見逃さないように。このblogのサブタイトルにもなっている“レクリエーションルーム”、つまりはホログラムデッキが、シリーズで初めて使われるのだ。TASを正史扱いしない輩は特によく観て考えるがよい。

前座のあとはわたし、「宇宙の神ククルカン」が地球の迷える子羊たちを安寧の世界へと導かんとするありがたいお話しだ。わたしが〈エンタープライズ〉号の前に現われたとき、わたしの姿を知る者が、たまたまブリッジ勤務に就いていたことは幸いだった。いつもは見かけぬ顔だけに、これぞ神の導きと言うものだろう。しかし地球人という連中は尊大だ。わたしのありがたい話しを眉に唾を付けながら聞くのだからな。まあよい、きみたちならわかってくれるだろう。さあ、迷わずわたしについてくるのだ。

よいな、明日もきっと観るのだぞ。
じゃーん、けーん、手がないの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.23

フルタ:エンタープライズB(改修版)

フルタ:エンタープライズBを無償交換」で、ナセルのパーツを修正するために金型が改修されると書いたエンタープライズBを、自力で1隻引いてきた。

確かにナセル後端のフィンの向きは直っている。やるな、フルタ。

ちょっと組んでみた。あれ? これ、どうなんだ?

ENT-B3.JPG どう、わかる?

えらい曲がりっぷり!

なんかこう、ナセルをくねくねと左右にくねらせながら深宇宙を進む深海魚みたい。フルタ版“湾プラ”に続く“クネクネB”の誕生だ……。

フルタ、なにやってんの!(久しぶり)

ちなみに同梱されているカードに写っている組み立て済みのBだが、これは改修前のナセルを左右逆に付けてるんですな。

ENT-B2.JPG 素直に付けると、こう。


ENT-B4.JPG カードはこう。

赤丸(B)の部分に見えるはずのフィンがない。でもって赤丸(A)にうっすらとだが、ナセル外側の側面に引かれる赤い線が見えている。

実に念の入った間違いを重ねている。意図せずにこれだけ重ねるのは、すごいことではないか、スポック? ……そう、キミが計算するまでもない、天文学的な確率だ。そしてわざわざ改修してくねらせる。恐るべし、フルタ。すっかり脱帽だ。今度はなにをやってくれるのか、楽しみになってきた。ぜひ第3弾でもわたいたちを銀河の果てまで導いてほしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さ~て、3/24のまんが宇宙大作戦は?

ドラミア1号の警備隊長、デモスです。

TAS09.JPGまったく銀河連盟のレナード・マッコイというのはとんでもない男ですよ。彼を逮捕して、裁かせてもらうよっ。なにせ、我がドラミア連盟の数百名にもわたる人々を殺したんですからね。そんなことをするはずがないと? なぜそう断言できますか。彼が予防接種と称してドラミア2号に出向いたために、数多くの民が命を落としたのだよっ。彼が巻き散らした「死の疫病」によってです。まったく気の毒だ。さあ、観念したまえよ。きみたちにもマッコイの最期をよぉくご覧いただくよっ。

もう1本は、これまでその名前だけが銀河に轟き、映像になっていなかった「宇宙海賊オリオン軍団」が、ついに姿を現わすエピソード。わたしも警備隊長として、オリオンの海賊には出会いたくないものだよ。珍しい病に冒されるスポックのために、カーク船長が任務を放り出してまでワクチンを取り寄せたんだが、間の悪いことにワクチンを便乗させた宇宙船がオリオン人に狙われてね。そりゃもう大変なことだよ。銀河連盟とオリオン軍の歴史的な邂逅に、きみたちもぜひ立ち会うことをおすすめするよ。

ではまた明日、観たまえよっ。
じゃーん、けーん、 ちょき 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.22

さ~て、3/23のまんが宇宙大作戦は?

ベムです。

TAS08.JPG銀河連盟の保養施設だった惑星バカンスの管理人が、自意識を持ちましてね。ええ、ええ、自意識を持ったコンピュータなんてのはよくある話です。でもこの星はTOSの頃には「おかしなおかしな遊園惑星」と呼ばれたところだと申せば、ちょっとは興味を持っていただけますかな。ウーラ中尉を人質に取ってスカイマシンを奪おうとしたコンピュータと、カーク船長の論争が見どころですよ。彼はコンピュータと論争をするのが好きな人ですねぇ。アレックス中尉とレス中尉がいつも以上に活躍する「不思議の星のアリス」は、見ておいていいんじゃないですか?

ところでわたしは、カーク船長の部下として〈エンタープライズ〉号での研修に勤しみました。未知なる惑星の上陸調査に同行したのですが、優秀な指揮官と伺っていたカーク船長には困りました。わたしは自分の自由意志で調査を続行しているのに、カーク船長は邪魔ばかりされるんです。足手まといでしたよ。わたしと視聴者だけが、わたしが「分解宇宙人ベム」であることをご存じで、カーク船長らはなかなかお気付きになりませんでしたしね。でも最後には……いえ、それは明日をお楽しみに。

では明日も、どうぞ観てくださいね。
じゃーん、けーん、 ぱー  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.03.21

梅を撮る人

通りがかったとある公園では、梅が満開だった。

UME.JPG こんなのや、

UME2.JPG こんなのが。

これだけ咲き誇っていると、写真に収めたくなった人々が方々から押し寄せる。一眼レフを手にした年配の人々が大勢集まって、そこかしこでパシャパシャとシャッターを切っていた。

3KYAKU.JPG もしもし?

三脚、意味ないやん。

落ち着いて三脚を立て直すことをおすすめする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.20

北極圏突入 第6夜

TVKの「水曜どうでしょうリターンズ」。「アラスカ半島620マイル」第6夜。いよいよ目的地コールド・フットに向かうどうでしょう班一同。コールド・フットという名の由来は前枠で紹介されている。

1900年代初めのゴールドラッシュに沸くアラスカで、ひとりの金鉱堀りが川を逆上ってこの地に来たものの、足を冷たくして引き返したところから この地名がついた前枠:誤字原文ママ

ちなみに元ネタはこれだと思われる。
1900年代初めにゴールドラッシュで栄えた村で、金鉱掘りがユーコン・リバーに注ぎ込むコユクック・リバーを北上してこの地に来たときに、足を冷たくして引き返したところからこの地名がついた『地球の歩き方(47)アラスカ1999~2000版』P.241

実際にはこのひとつ前の版が参考にされていると推測されるが、ここらへんの記述は同じだ。

コールド・フットに向かおうとした一行はレンタカー屋から、天候と道路状況が悪いので、日本人が4人だけでキャンピングカーを自走させて行かせるわけにはいかん、とダメ出しを喰らった。それでは番組にならないので、なんとかして行きたいのだという交渉をしたのだろう。キャンピングカーから四駆に乗り換え、道を熟知した地元のドライバーに運転してもらうことで、なんとかコールド・フットまで行けることになった。

翌朝、ドライバーのジムことジェームス・L・ウィンスロウ氏と日本語ガイドのアルバート・ナップ氏と落ち合い、ジムの運転で北へ。行程は7時間。

途中、パイプラインを通過。パイプラインの説明キャプションはこうだ。

北極海で獲れた原油をブルドーベイから1,280km離れた、アラスカ湾のバルディーズまで送っている。人工的建造物としては万里の長城に次ぐ長さ。

ちなみに元ネタと推定されるのはこれ。
北極海に面したブルドー・ベイから、南のアラスカ湾に面したバルディーズまでの約1,280kmを結んでいるトランス・アラスカ・パイプラインは、確かに歴史的建造物なのだ。これは人工的建造物では万里の長城に次ぐ長さをもち、(以下略)『地球の歩き方(47)アラスカ1999~2000版』P.213

道中、特にやることのない一行。カメラを回してディレクターが話しかけても反応のないタレント大泉さん。すっかりいい気分で眠っている。藤村D、怒りの平手打ちで叩き起こす。それでもしばらくするとまた眠る大泉さん。叩き起こす藤村D。やがては目を開けたまま眠る大泉さん……。
その姿に呆れたのか、番組制作をあきらめたのか、今度は藤村Dが眠り出す。おもむろに叩き起こす大泉さん。

寝てるでしょう
あっはっ、おほほほほほほほほ
寝てたでしょぉ、今
寝てた!
(周りを)見ないと
見ないと
寝込みを襲われたら一発ですよ
すいません
ぼくだったからよかったですよ
そうですそうです
これ野盗に襲われたらもう一発ですよぉ
そうでした、すみませんでした
信じられないもんなあ
すみません

ユーコン川を渡り、悪路を両手放しで走るジムを諫め、オチのない猥談に興じる外国人ふたりにツッコミを入れつつ、一行はついに北極圏に到達。

藤村Dから「なんだこんなもんかって言ったらジムが怒るそうですから。あの、みなさん、感激して。お願いしますよぉ」とあらかじめ指示を受けていた鈴井さんと大泉さんは、北極圏突入とともに大騒ぎ。看板の前でシャンパンを抜いて乾杯し、ジムを喜ばせる。

ご機嫌のジムは木立のなかに入ると、何やら呼び始めた。鳥寄せだ。カナダ・ジェイという名の鳥を呼んでいたのだ。

カナダ・ジェイというこの鳥は、別名キャンプの泥棒とも呼ばれ、好奇心旺盛で人なつこい

ちなみにこれの元ネタはガイドブックにはない。

餌を持った手に降りた鳥が手にとまって食べる姿を見て、「おれもやりたい」と挑戦する大泉さん。鳥は相手をえり好みせず、大泉さんの手にもとまった。続いて挑戦する鈴井さんも成功。ふたりとも目を見開いて驚きの様子だ。

再び走り出した車のなかで、日本語ガイドのナップさんがダジャレを飛ばしている間に、コールド・フットへ20マイルほどのところまで来た。意味もなく車を降り、今立っているところが“ツンドラ”であることを紹介するコーナーを撮影する一行だが、その紹介ぶりが気に入らないと怒る藤村Dさんと、大泉さんとの間で今日も口喧嘩。

そうこうしているうちに、午後5時07分。番組6週目にしてコールド・フットに到着した。

早速、村に1件だけのレストランに入って食事。

食事といえば“ビストロ大泉”だが、キャンピングカーから離れたために、キッチンを失った料理長に出番はない。もっとも、コールド・フットまで着いて目の前にレストランがある今、藤村Dらがわざわざシェフの料理を所望するとは思えない。

さて、チキンバーガーをいただくミスターに対し、大泉さんはコールド・フット・チーズステーキを平らげんとする。肉の上にかかったチーズごと口にくわえたまま引っ張ると、びよーんと伸びたチーズが肉に近いほうで切れ、鞭のようにしなって大泉さんの顔面を直撃。おもしろいことを言う余裕さえない大泉さん。

食事を済ませてホテルに入った一行は、仮眠と称してぐっすり眠ったらしい。まるで反省会のように、ミスターと大泉さんが並んで藤村Dから詰問されている。

何時間寝た俺ら、もう今すでに。今何時
2時間くらい、寝ましたね
今もう11時……
寝ちゃダメだ、って、言われたじゃないの
仮眠
仮眠ね
仮眠で9時に起きようって言ったでしょお
……起こしてくれなかったもん……
起こしてくれなかったから
 顔を見合わせて頷き合うミスターと大泉さん。
ねえ、あれでしょお。明日の夜、もう、飛行機、出ますから
帰るんですよ
帰りますから。今晩しか、ないんですよ
そうです

そうですって、ミスター、あんた知ってたの? 知っててそれかい。しかも今日の放送ここで終わりかい。

次週、第7夜でオーロラはどうなる。ついでに水曜どうでしょうは次回が放送100回目、だった……そうだ。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2004.03.19

中国元

成田空港のイミグレーションを通ったあとにある千葉銀行に、個人的に気になるポスターが貼ってあった。

2003/12/26より中国元の取り扱い開始

中国への持ち込み、あるいは中国からの持ち出しの制限額である“ひとり6000元以内”を売り買いしてくれるという。

これまで中国元は日本国内で手に入らず、入国してから現地で両替しなければならなかった。余った元を日本に持ち帰って来ても、再両替してくれるところはなかった。それが解禁されたらしい。迂闊にも知らなかった。

販売紙幣は100元と50元のみ。
50元紙幣は入手困難のためひとり1~2枚に限定させてもらう。

買い取り紙幣は100、50、20、10、2、1元紙幣。
角と分は買い取れない。
鑑定の結果、買い取りできないこともある。


100元紙幣は中国国内でニセ札が出回っているため、現地でも紙幣鑑定器のようなものに通して調べられることがよくある。そういうものを掴まされても、千葉銀行は知りませんよ、と。
買い取りレートは低いので悪しからずご了承を。
ここ(成田空港内の千葉銀行)で両替した元は、中国で日本円に再両替できない。

戻ってきてから検索してみたら、京葉銀行の「インターネットによる「外貨宅配サービス」のお取り扱い開始について」という記事があった。この「外貨宅配サービス」は香港上海銀行のサービスだそうだ。なるほど、英国資本で大陸公認か。香港ならではだなあ。

……というわけで、戻って参りました。ぼちぼち更新を再開します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.03.18

さ~て、3/19のまんが宇宙大作戦は?

惑星トーリアンのシーラです。

TAS04.JPGわたしたちが住む星は「女だけの星」。カーク船長たちの乗る〈エンタープライズ〉号を独自の方法でご招待し、心を込めて接待さしあげました。でも接待されなかった女性クルーのみなさんが焼き餅を焼かれたのか、なにかお気に召さないことがおありだったのか、ウーラ中尉の指揮の下、手に手に武器を持って乗り込んでこられたのです。彼女ったら、丸腰のわたしたちを平気で撃つんですのよ。おお、恐い。

もう1本は「人間動物園」。どんな事件だったか、わたしたちの星で使われているX線テレビで見てみましょうか? えーとそうね、カーク船長、スポック一等航海士、ドクター・マッコイらが、非ヒューマノイド型の異星人に捕らえられてしまいますのね。動物園の檻に入った気分を味わっておられます。そこからあんなことやこんなことがあって……。おやまあ、そんなことまで。とても申し上げられません。ご自分でご覧になってくださいませ。

明日もまた、観てくださいましね。
じゃーん、けーん、 ちょき 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.17

さ~て、3/18のまんが宇宙大作戦は?

惑星スカーのチャー王子だ。

TAS04.JPGわたしの星のシンボルである“八の字リボン”が何者かによって盗まれた。これがないと血気に逸るわたしの星は銀河連盟に対して戦争を始めることになるだろう。そこで銀河の平和のため、ベダラ人の協力のもと、秘密裏に捜索と奪還を試みるのが「惑星マッドの冒険」なのだ。もし観ないとか、観損ねたなどということになれば、わたしはたちどころに集結する200億の軍勢を率いて、キミを滅ぼしに行かざるを得ない。そんな戦争はわたしも避けたいのだ。間違いなく観るように。頼んだぞ。

もう一本、「惑星アルゴの海底人」ではカークとスポックが海中で大活躍するらしい。なんでもむしろ海中でしか活躍できなくなるそうだが、それ以上のことは伏せておこう。海上活動に特化した宇宙ボート(宇宙ボートとはシャトルのことだ)も登場するが、聞いた話では、登場した途端破壊されたそうだ。物語はそこから始まり、ファーストコンタクトが行なわれ、血湧き肉踊る冒険を経て、銀河連盟はまたひとつ星を征服、いや、友好惑星を増やすという寸法だ。そこに至る波乱に満ちた紆余曲折を楽しんでいただきたい。

では明日も、観てやってくれ。
じゃーん、けーん、 ぐー  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.16

さ~て、3/17のまんが宇宙大作戦は?

シーリンだ。

TAS04.JPGわたしは〈エンタープライズ〉号の副長を務めて長いが、ある日突然、自分が副長だと名乗る男を船長が連れてきた。バルカン人だ。調べて見ると、どうやら歴史になにか変化があったらしい。バルカン人は自ら歴史を修復するために《永遠の守護者》の力を借り、過去へ旅立って行った。彼に会うことは二度とないだろうが、今は副長の責務を果たすだけだ。「タイムトラベルの驚異」の結末をわたしは知らない。

ミクロ人間の恐怖」はわたしのいない〈エンタープライズ〉号で起きた事件だ。だから詳しいことはわからないし、わからないことをくだくだしく述べるのはわたしの主義ではない。ただひとつ申し上げておくとすれば、この回のカーク船長はずいぶんとドライな交渉をされたという話だ。クルーの安全を第一に考えるのは船長として当然だが、同時に銀河連盟の平和を安全を守るのも我々宇宙軍の責務。わたしがその場にいたなら、きっと船長に直言差し上げたのだが、バルカンの彼は……いや、仮定の話はすまい。

また明日も、観てくれるよう切望する。
じゃーん、けーん、 ちょき 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.15

さ~て、3/16のまんが宇宙大作戦は?

モールです。

TAS04.JPGクリンゴン船との戦闘中に、〈エンタープライズ〉号は宇宙にぽっかり空いた不思議時空に迷い込みましたよ。そこは一度入ったら出られないと言われる空間で、迷いこんだいろいろな種族が共同体を組織してるんです。いえ、わたしらクーガン人はいませんでした。みんなもう出られないと諦め切ってるんですが、地球人のカーク船長やクリンゴンのコロス船長は諦めません。「魔のスペーストライアングル」から無事に出られるんでしょうかね。やっぱり肉を食う男性はやることが立派です。あ、そうそう、VGR第7シーズンの「THE VOID」はこのエピソードのパクリなんですよ。え、パクリって言っちゃダメ? でもパクリでしょ。

過去から来た新兵器」では、わたしが葉っぱだの根っこだのばかりを食っている人種や、女などの心を読むようゴラモン船長から無理強いされて大弱りでした。唯一肉を食う男性の加藤だけは、ちょっとだけ心の読み甲斐がありましたよ。ひひひ。え、ストーリーの紹介? そんなものラリー・ニーヴンのリング・ワールドを読んどいてくださいませんか。『中性子星』に収録の「ソフト・ウェポン」が原作の翻訳です。カーク船長は、最初から最後まで、セリフにさえ出てきやしません。そんなことより地球人の肉は旨いと聞いています。わたしに食べさせてくれませんか。だめですか。

じゃあせめて明日もまた、観てくれませんか。
じゃーん、けーん、 ぱー  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.14

不在&反則blog

本日(3/14)より週末まで南半球へ進攻し、相手方飛行場上空においてカンタス機三機編隊にて三度の宙返りを行なう予定。
ThinkPad T23持参を検討。でも荷造りしてみたら重たかったのでやめた。X40が欲しくなる瞬間だ。

したがって帰投まで交信も更新も不能になる。“予告編”は以前から用意してあったので、日付を先付けにして週末分まで一気に放り込んでおく。こういうエントリーの仕方は反則なのだろうか? 教えてください(ココログル「教えて!コーナー」用)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぺこり。

一ツ木通りにて採集。

POST1.JPG

なにやらがっくりとうなだれたポストが佇んでいる。


POST2.JPG

がつんと喰らった模様。


POST3.JPG

「ありませんので、できますので」と、気弱な人のようにひたすら低姿勢。


POST4.JPG ぺこり。

ご迷惑おかけします

別にあんたが謝らいでももええって。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.03.13

さ~て、来週3/15のまんが宇宙大作戦は?

ハーッハッハッハッ、ルシアンだぁ。

TAS03.JPGわしは昔お前たちの地球に住んでおったことがあってなぁ。久しぶりに会えたので懐かしくて嬉しいぞぉ。しかしわしの仲間は地球人のことをよくは思っておらんのだぁ。見つからないように気をつけたまえよぉ。わしも及ばずながら力になろぉう。さあ、わたしが見事な魔法を披露する「惑星メーガスの半獣人」でゆっくりと会おうじゃないかぁ。

もう一本、「変身!ベンドリア人の怪」では地球の英雄カーター・ウィンストンが、たまたま〈エンタープライズ〉号に乗り組んでいたフィアンセと再会するぞぉ。一方では船内に潜り込んだベンドリア人が、色々と悪さをするんだぁ。その変身ぶりが見ものだぞぉ。ロミュラン人も現われて上を下への大騒ぎぃ。わしがいれば魔法でちょちょいと懲らしめてやるんだが、お呼びがかからなかったよぉ。カーク船長、水くさいぞぉ。

ではまた来週もぉ、観てくれたまえよぉ~。
じゃーん、けーん、 ぱぁ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.12

強風にご注意

大阪某所にて採集。

TAS02.JPG

干物は竿に干さず、干し網に干そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.11

エースをねらえ! 第9話(最終回)

あらすじ:いきなり山田透の実況と松岡修造の解説で始まった竜崎麗香と岡ひろみの決勝戦。スローモーションでサービスを放つひろみのアップ、ちょっとマルシアみたい。ポイントを取り合うふたりは、やたらとバックハンドでラリーだ。松岡が精神論をぶちかますなか、最初のサービスゲームを取ったひろみに、本気を出したお蝶夫人が襲いかかりセットを奪う。荒い息で休憩するひろみはしかし、汗ひとつかいていない。反対にほんのり汗ばみながらも終始笑みの絶えないお蝶夫人は、息も上がらず余裕だ。テレビ中継までするわりには観客のいないコートで、持てる技術のすべてをひろみに伝えようと多彩な技を繰り出すお蝶夫人。その意図に気づいたひろみは、お蝶夫人の気持ちに応えて絶対に勝たねばと力が入る。急に汗かきになって湯上がりのような髪になったひろみが、お蝶夫人のレシーブを鋭くクロスへ打ち返すと、お蝶夫人一歩も動けずゲームセット。観客が少ないわりには鳴りやまない大拍手のなか、がっちりと握手を交わすお蝶夫人とひろみ。娘のためだけに拍手する竜崎理事。涙ながらに礼を述べるひろみに微笑みを返すお蝶夫人。
試合後、言葉少なにひろみをねぎらう藤堂さんに促されるまでもなく、西日のあたる病室で待つコーチに報告に走ったひろみに、宗方コーチはオーストラリアからレイノルズという新コーチが来ることを告げる。自分はもう宗方にコーチしてもらえないかと慌てるひろみに、そんなことないよと、にこにこほがらかな宗方コーチ。
戦いに敗れたお蝶夫人は、待ち伏せしていた尾崎さんを誘って海を見に行く。どうやって行ったのか知らないがとにかく辿り着いた海を眺めながら、岡ひろみに対する自分の気持ちを蕩々と語り、それを黙って聞いてくれた尾崎さんを初めて受け入れる。
ニューヨーク行を10日後に控えた藤堂さんとひろみは、負ければすぐに解散のデスマッチと脅されながら大会の日程表を受け取る。特訓を重ねるひろみの様子を見つめるやや強面のレイノルズ氏は、ぷっくりと肥えたジャン・レノ風。100万人にひとりの逸材だとひろみを評価し、同行する竜崎理事と太田コーチを安心させる。
レイノルズ氏がコーチを引き受けてくれたことを宗方コーチに報告するひろみは、ついでに退院日を尋ねるが、宗方は検査が長引いているのでアメリカには一緒に行けないが、後から必ず行くからと答える。ちょっと弱気になったひろみに、これまでの特訓を思い出しせ、オレを信じろ、おまえならできると励まし、その勢いで「藤堂を放すな。藤堂は、お前のすべてを包める男だ」と突然キューピッド役を務める。
わざわざ夜風の冷たいコートのベンチに座り込み、コーチとの特訓を思い出してぼんやりするひろみのもとに、どこからともなく藤堂さんが現れる。アメリカにコーチが来てくれないとぼやくひろみに、確かに宗方さんはきみをここまで導いてくれたが、実際にがんばったのはきみだから自分を信じろと言う藤堂さん。
宗方さんの気持ちに応えるためにも自分に負けちゃだめだよという藤堂さんの言葉を思い出しながら、翌朝の練習に臨むひろみの前にはお蝶夫人が、藤堂さんのところには尾崎さんがやって来て練習相手を買って出る。
千葉さんは、何かのコンテストで最優秀新人賞をとった『この一球!』という600×900のサイズの写真を、小さく焼き増しして宗方コーチに届けていた。
明日の渡米を控え、牧に手伝ってもらいながら荷造りをするひろみは、パスポートを見失う一方で、バカでかい置き時計をスーツケースに入れている。
その同じ夜、藤堂さんを病室に呼び出した宗方コーチは、他言無用と断ってから宗方家の過去と自分の心情の変化を語る。岡に出会って生き地獄から救われ、これまでの人生や母の生き方を肯定できた、悩みも苦しみも痛みも岡を育てるのに必要だと思ったと語る宗方コーチはだんだん感情が高ぶってきて、岡を愛していると宣言。涙目で愛している愛していると繰り返す宗方コーチに、口を半開きで聞き入る藤堂さん。「おれは長くない」という言葉で、ちょっと自分を取り戻す藤堂さんは、その意味に思い至ってまた目にうろが来る。
死を覚悟した宗方コーチから「藤堂、岡を頼む」と頼まれた藤堂さんは、ひろみと初めて会ったのはコーチよりも先だったが、彼女のテニスの才能を見出したのはあなたで、ぼくが気づいたのは後だったと述懐。「まずあなたが愛して、ぼくが愛しました。彼女のなかであなたが永遠に生きるなら、ぼくは彼女のすべてを包んで生きます。命ある限り」と応じる藤堂さんに満足げな宗方コーチ。
病院の暗い廊下でひとしきり泣いた藤堂さんは、真っ直ぐ家に帰らず、岡造園の前に。たまたま牧を送って戻ってきたひろみに会うが、あたりさわりのないことしか言えない。そのまま普通に去ろうとするが、どうにもたまらず駆け戻ると、無言でひろみを抱きしめる。ひろみ、一向に動じず。動じているのは藤堂さんのみ。
出発の朝、両親から家族写真を受け取ったあと、まずは病室の宗方コーチを見舞うひろみと藤堂さん。第1回戦に必ず勝って待っているので必ず来てくださいというひろみ。何も言えず、ただ深く頭を下げて去る藤堂さん。病院前には音羽組が一斉に現れ、かつてのいじめがなかったかのような晴れやかな顔でがんばれと言う。
成田空港では、牧、尾崎さん、千葉さん、そしてお蝶夫人が見送るが、ノリの悪い藤堂に、不審がる尾崎さん。
夕暮れの病室、花瓶の水を換えてくれと言って蘭子を追い出し、日記をつける宗方。時に1月15日。ひろみに語りかけるように思い出を書き綴る。やがてその手が止まり、宗方は静かに目を閉じた。
飛行機に搭乗し席を探すひろみは、後ろから「岡」と声をかけられた気がして振り向く。「今コーチの声が……」と周りを探すひろみに、何かを感じた藤堂さんは「宗方さんはいつだってきみの中にいるよ」と問いかけに対する答えにはなっていない答えを捻り出してひろみを席に着かせる。
水を換えて戻って来た蘭子は異常に気づいて花瓶を取り落とす。

岡、エースをねらえ。

宗方の最後の思いを乗せて、日本航空のニューヨーク便が離陸。

その数年後。USA OPEN 2008の控え室で宗方の絶筆を見つめ、「コーチ、行ってきます」と言うと、ナイキの真っ赤なテニスウェアに身を包み、コートに向かうひろみ。エンディングテーマとともにフラッシュバック。ひろみを迎える拍手と歓声が響くなか、「DVD化決定! 7月23日発売」と、余韻に浸る間もなく容赦のない宣伝で物語に幕を下ろすのは気が利いてなくてよ……。ちゃんとしたあらすじ


雑感:
・宗方コーチと緑川蘭子はともかくとして、なぜ牧は試合会場に入れてもらえず、岡家でテレビ観戦なのか。そもそもなぜテレビで放映しているのか。
・西高のいじめ戦隊、久しぶりに音羽隊長を迎えて大集合。教室の教壇にテレビを設置して堂々の視聴。
・藤堂さん、尾崎さん、竜崎理事、宗方コーチは、お蝶夫人がひろみを育てるためにプレイしていることに気づいた模様。しかし千葉っちは今ひとつピンときていない様子。牧やひろみの両親に至ってはただひたすら応援するのみ。西高いじめ戦隊はもう映りさえしない。
・原作ではお蝶夫人から手をのばしてもらって、ようやく報われた思いがした尾崎さんだが、ここでは自分から手を差しのべる積極策で成功を収める。
・指導した選手を必ず4大大会制覇に導くというレイノルズ氏。「いつもどおりのお前を見せろ」と宗方コーチに言われたひろみは、昼飯のエビフライを太田コーチに奪われる様を見せつけて、見事レイノルズ氏に「She is the one of a million.」と言わしめる。
・宗方コーチの主治医は内科の三宅先生。
・自分が写真を始めたきっかけはデヴィスカップでアメリカ人を下したあなただったと告白した千葉っちだが、それほどの影響を受けた人物を第1話では「どこかで見たことがあるんだけど……」と思い出せなかったのはいかがなものか。
・今回は得意技の「神出鬼没」が影を潜めた加賀のお蘭。宗方絶命のシーンでアップのひとつくらいあるかと思ったが、花瓶を落としただけで出番終了。やや寂しい幕切れだ。
・音羽さんの子供テニス教室へ向かうお蘭はお蝶夫人に、「今度こそあのときの決着をつける」と意気込んで見せるが、子供テニス教室のどこでなにをどうやって決着つけるつもりだったのか。
・音羽テニス塾をなぜか手伝っている島さんたち。あんたら自分の練習はしなくていいのか。宗方は入院、太田はユース選抜にかかりっきりでコーチがいない間に、西高テニス部サボリ魔続出か。
・ヨシノリ相手にも「ヨシノリ、レシーブするとき、ラケットの面がまっすぐ球に当たっていなくてよ」とお蝶夫人の「いなくてよ」は健在。
・宗方コーチの呼び出しを受けたあとでひろみの家に寄った藤堂さん。病院に行くときは自転車に乗っていたが、それ、どこに置いてきたんだ。
・見送りのため成田空港で待っていた千葉っちは、現れたひろみたちに挨拶もせず、横に回って写真を撮りまくる。いくら宗方コーチに「これからもあいつらの写真を撮ってやってくれ」と言われたからといっても、まず挨拶くらいしたらどうだ。
・あ、そうそう、岡ひろみ。ひろみのパスポートは青い表紙の5年有効旅券。 20歳未満のひろみは、有効期間5年のパスポートしか取れない。赤い表紙の10年有効旅券を取得するには20歳以上でなければならないのだ(最後まで岡ひろみ本人については言及なしかい)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

さ~て、3/12のまんが宇宙大作戦は?

ロバート・ウエズリーだ。ボブと呼んでくれ。

TAS02.JPG厳しい決断だった。いやなに、「惑星を喰う黒雲」がわたしの星、マンテレーに向かってきたときのことだよ。なにしろ惑星を丸ごと食物にしてしまうやつだ。避難も間に合いそうにないし、あれには肝を冷やしたものだ。幸い〈エンタープライズ〉号が近くにいてくれたので、なんとか解決してくれたよ。あそこの副長は便利な男だな。わたしも〈レキシントン〉号勤務時代に彼のような副長に恵まれれば、とつくづく思うよ。とにかく「惑星を喰う黒雲」で会おう。

もうひとつのエピソードは「宇宙幽霊船の謎」だ。我が銀河連盟の宇宙船のなかでも、際立って宇宙の驚異に出合う確率が高い〈エンタープライズ〉号だが、このときはなんと三億年前の船に遭遇したんだ。三億年だぞ。気が遠くなる年月だ。それなのにその宇宙船は銀河連盟の船より遥かに大きく、そうだな、TOSで第一連合のベイロックが乗っていた〈フェサリウス〉号を彷彿とさせる巨大さだったんだ。おっとこれ以上言うとお楽しみがなくなるな。

じゃあ明日もまた、観てもらおうか。いいね。
じゃーん、けーん、 ぐー  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さ~て、3/11のまんが宇宙大作戦は?

植物人間デス。

TAS01.JPG銀河ヲ征服シタ ワリニハ クリンゴン ト イザコザ ノ 絶エナイ銀河連盟デスガ、今回ハ アノ愛ラシイ トリブル ガ マンガ ニナッテ 再登場デ ゴザイマス。オット、色ガ違ウトカ 言ワナイデ。K-7ステーション デ 一生涯ヲカケテ トリブル回収ヲ シテイルハズ ノ シラノ・ジョーンズ ガ、マタマタ クリンゴン ト 〈エンタープライズ〉号ヲ 巻キ込ンデ 騒ギヲ 起コシマス「謎の新兵器パラライズ光線」。果タシテ クリンゴン ノ 秘密兵器ノ 謎ハ 明カサレルノデショウカ。

ソシテ ワタクシ植物人間ガ 惑星ファイロス ノ 悲シイ歴史ト、輝ケル未来ヲ オ見セスル「惑星ファイロスの巨人」。TOS第3シーズン「盗まれたスポックの脳」ヲ 彷彿トサセル コンセプト ニ、脚本家ウォルター・ケーニッグ ガ アニメ ナラデハノ 新風ヲ 吹キ込ンデ イラッシャイマス。銀河系ノ 平和ノタメニ、ワガ主、ケニクリアス様ト 協力シテ 邁進シマショウ。

謎の新兵器パラライズ光線」 ト 「惑星ファイロスの巨人」 ノ 2本デス。オ楽シミニ。

明日カラ 始マリマス。観テクダサイネ~。
ジャーン、ケーン、 チョキ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.10

エンプラE、今日も来たーーーっ

昨日、東日本で販売開始2日目の「スタートレック・フィギュア2」を購入したところ《エンタープライズE》が出たという記事を書いた。

それから幾星霜(いや、だから昨日)

昨晩帰宅途中に外から覗いたローソンに、6つが箱に収まったまま整然と置いてあるのを見たのだが、そのときは買わなかった。「明日の朝通ったときにまだ売れていなかったら、仕方がないからわたいが買うか(なにが仕方ないんだか)」と思っていた。そして今朝通ったら案の定そのままの状態だったので、一番前の小箱をひとつ、買ってから仕事場に向かったのだった。

あ、話の腰を自分で折るようですまんが、サンクスでは290円+税だが、ローソンやセブン-イレブンではでは300円+税なのはなぜだろう。

閑話休題(全部閑話だろ)

仕事場で箱を開けたら、見慣れないものが目に飛び込んできた。

FEP-E4.JPG 丸に「S」だって。

丸に「S」ぅ~? Small?(あり得ない) Secretかい!?

黒い中袋を開けてみると、果たして《エンタープライズE》。

昨夜「鬼ヅモ」という身に余るコメントをいただいたが、どうなっているのだ、わたいの黄金の右手(自分で言うな)

東日本に流れているロットでは、シークレットの封入率が上がっているのだろうか。どなたかケース(12箱、72個入り)で買われた方の分析を伺いたいところだ。

この黒丸に白抜きのシールだが、ロットによって貼ってあったりなかったりする。昨日のシークレットには貼られていなかった。わかりやすくていいが、中袋を開けるまでのドキドキ感は失われる。そもそもシール貼るなら黒くて中が見えない袋にする必要がないではないか。フルタなにやってんの!(秘かにブーム)

ちなみに自宅最寄りのローソン。さっき通ったときに覗いたら、今朝わたいが買ったままの状態で、しーん、としていた。誰かが触った様子さえなかった。いないのか、蒲田にスタートレック・ファンは。なにやっ(以下同文)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

北極圏突入 第5夜

TVKの「水曜どうでしょうリターンズ」。「アラスカ半島620マイル」第5夜。今もってキャントウェルのキャンプ場でのんびりしているどうでしょう班4名だが、藤村Dはその責任を大泉さんに求めた。大泉さんの料理のせいで、飯を食うのにいちいち3時間かかるからだと言うのだ。大泉さんも黙っていない。藤村Dは昼寝ばかりしていて、鈴井さんに至っては床ずれするほど寝てばかりしているからだと反撃。

今日こそは“どうでしょう魂”を見せて、北へ走る……というが、一同の気持ちは既に次に通る大きな町で食材を買い込むことでいっぱい。アラスカに来て回しているV(ビデオテープ)のほとんどを大泉さんの料理が占めている現状ではやむを得まい。アラスカの景色をたっぷり見せますよぉ、という藤村Dの宣言も、空しく響く。

大泉さんが運転し、藤村Dが“毒キノコ”と評されるアイスクリームを食べ、鈴井さんがぼんやり地図を眺めながら3時間ほど走ったところで、一行はフェアバンクスで一番大きいマーケット「Fred Meyer」に到着。

シェフ大泉の顔に変わった大泉さんはメニューを組み立てながら市場を徘徊。藤村Dの希望でキングサーモンなどを仕入れたあと、フェアバンクス郊外の「River View RV Park」にキャンピングカーを乗り入れる。

日の長い土地なので明るさだけで時間はわからないが、まだまだ日の高いうちからすっかり車の中でくつろぐ面々。そのうち大泉さんと藤村Dが、第4夜でシェフが振る舞った料理を巡って口論を始めた。

なんで簡単にボクの料理がくそまずいって言えるの?
だってまずかったんだもん
まずくないでしょ?
「(ミスターに)まずかったよねぇ?
まずかったよねぇじゃないでしょ?(藤村Dに蹴り)」
蹴るなよぉ

自分の料理をまずいと言われ頭に血が上ったシェフは、いかに昨夜のサラダに手がかかっているかを熱弁。出来合いのレタスの刻んだのの上に、自らが刻んだタマネギをのせ、その上にさらに炒めたベーコンをのせているのだと。熱の籠もった説明が終わらぬうちに藤村Dが素面で口をはさむ。

あれのってたの、タマネギ
のってたでしょうぉ!
わはははははははっ
きみみたいな味音痴にねぇ、ボクの料理はわからないんだよぉ!
のってたんだ!
のってたでしょぉ、しゃりしゃりしてたでしょぉ
のってたっけ、ミスター
のってましたよね、ミスター
…………?
食べる資格ないんだよぉっ! きみたちにぃ!

もともとは藤村Dが望郷の念に駆られて、「めしがマズイ」と口走ったのが発端だったという。やがて藤村Dもおのれの至らなさを反省し、シェフに詫びを入れた。

しかしその10分後また藤村Dが仕掛ける。いったん落ち着いてシャワーに行こうかというシェフにまた藤村Dが仕掛ける。シャワーを浴びに車の外へ出たシェフへ、窓越しに藤村Dが仕掛ける。その度に大泉さんはあれこれ言い訳説明をし、「バカじゃないの」と捨てぜりふを残して話を打ち切るのだ。

午後7時15分。「ビストロ大泉」。

もうほんと余計なことはしゃべりません。
準備のほう、押してますから

今晩のおしながきは、
本日のスープ「アサリと白菜のスープ」
続いて豪華に「キングサーモンと貝柱のソテー」
メイン「本日もパスタ:ペスカトーレ(魚介のスパゲッティー)」
デザート「フルーツ盛り合わせオーロラ風」

オーロラ風?
オーロラ風に仕上げます
……
ここでみなさんと議論する気はありませんから! どうぞみなさんご歓談ください

調理に時間がかかると踏んだ藤村Dが「ちょっと一服してこようか」と席を立つと、シェフ大泉が噛みついた。

ハァ? 一服? 食事の前に一服? チョーヤ梅酒じゃないんだから。わからなくなるでしょ、ただでさえわかんない人が。たばこっちゅうのは絶対ダメ食事の前。なにやってんの? おまえほんとにバカじゃないの

ひとしきり吠えて調理に戻るシェフの横を、黙って通り過ぎようとする藤村D。

だからどこ行くの?

■本日のスープ「アサリと白菜のスープ」のレシピ
・まったく不明。

味に奥行きがある」と誉めるミスター。これから次々と供される食事が楽しみになる、そんな味らしい。次にD陣が箸を付け、藤村Dもおいしいと誉める。しかし「これは要はあれですね、単に塩味ですよね」と余計なひと言を言ったがために、シェフがかちんときた。「すみません、味のわからない男ですから」と必死に取りなすミスター。「いろんなものから出た出汁が奥行き」を生み「素材を活かした」スープなんだからと言葉を尽くしてシェフの機嫌を取る鈴井さん。「わたしのスープを塩汁みたいな言い方をして」と静かに怒りつつも、アサリ、白菜、ベーコン、それぞれの素材から旨味が出ているのだと説明するシェフ大泉に、そうだそうだと聞いていた藤本Dがまたもや失言。

これ、だから、、ですよね
……(かちっ〈怒〉)
鍋じゃなかったっけ!
「(ミスターに)何を言ってるんだ、この男は
な、鍋
このでくのぼうは何を言ってるんだ! 鍋って……
味のわからない人間ですから! 料理がわからないですから!
鍋じゃないだろぉ? スープだろ?
鍋じゃないよね
鍋じゃないだろ?
ごめんごめん
なぁにを言ってるんだぁ。スープって言ってくれる?
スープだね
そりゃどんな物でも鍋だよ、鍋で作ってんだからっ! ビストロだから、ここ。しょっぱなから、鍋、出ないだろ?
そりゃそうだよね
何を言ってんだ、このヒゲは。全部剃るぞぉ、それ
いや、おいしいですよ
当たり前でしょう?

■「キングサーモンと貝柱のソテー」」のレシピ
・サーモンをペーパータオルで巻いて、余分な水気を切る。
・下ごしらえに、バーボンでフランベ。
・以後不明。

非常にいい見栄えの一皿ができあがる。手前にキングサーモン、奥にアスパラと貝柱。そして輪切りのレモンが添えてある。口汚い藤村Dも「冗談抜きでうまい」と誉めた一品。

今日は1時間で2品を完食。いつにないペースで、いよいよシェフ大泉が本気を出したと思われる。ミスターはここまでの2品にそれぞれ100点を付け、ベタ誉め。それを聞いた大泉さん、むしろボケたくなってくるが、しかし藤村Dに受けた屈辱の数々を思い出し、プライドをかけて「本日もパスタ」を完璧に茹で上げてみせると宣言。

今日のパスタは、茹で時間3分の品。

計測係を買って出る鈴井さんに、料理人は時計なぞ使わないとうそぶくシェフは、手にしたパスタを「ままよ!」と鍋に投入。この瞬間から、画面には「パスタ投入から○秒」のテロップが。シェフはキッチンの火力を計算に入れ、3分30秒で湯から上げると言う。時計で計りながら、しかし経過時間はシェフに伝えないまま、テーブルで待つ3人。「天性の勘」で火を止めたとき、時計は4分46秒を数えていた。

■メイン「本日もパスタ:ペスカトーレ(魚介のスパゲッティー)」のレシピ
・3分で茹で上がるパスタを、4分46秒茹でる。
・小さいフライパンで無理矢理ソースとからめる。
・すぐ出してすぐ食わせる。

味はおいしい、しかしパスタはやはり茹で過ぎであることを主張しながら食べる藤村D。料理は人が作るもので、ちょっとした人間らしさを出すのが料理なんだと静かに語るシェフ大泉。その人間らしさというのは「何度も言うようだが、パスタの茹で時間が長くてぱさぱさになったというところだね」と念を押す藤村D。それを認め、あまつさえ「今回のパスタがぱさぱさしてビーフンになったのは、人間らしさを出したから。それが調味料」と開き直るシェフ。車のハンドルにも遊びがあるように料理にもあるのだ、とフォローするミスター。「遊びの部分をわざと、計算して作られた」とミスターが誉め殺しにかかるのを聞いて、ガマンできなくなったのか、藤村Dの口調がだんだんとげとげしくなってきた。

(パスタの茹で時間を時計に頼らず感覚で計るのは)だって2分まで合ってたんだから。なんで2分から1分なのに、3分も経っちゃうかって、ことですよ。なんでもっと早く上げなかったか、ってことだろ!
「(笑いながら)いやいや、怒ってるんですか?
「(笑いながら)なにを言ってるんですか、この人は
なんですぐ上げなかったんだよおまえはぁ!
「(笑いながら)わたしに向かって“おまえ”と
そうすれば完璧に美味しいもの食えたじゃないのぉ! なんでビーフン食わすんだよ、おまえ
「(ぶち切れ)フライパンが小さいんでしょおっ!!!

大泉さん、帽子を叩きつけて立ち上がり、激しく主張。

このフライパンでは、この量は入らないのっ! どれだけ3分で茹でてもここに入れたらビーフンになるのっ! この倍のフライパンにしなさいよ、おれ、ぴったりにやってやるからっ! 北海道帰ったらなんぼでも茹でてやるよっ! ●×※■△▼※●■っ!(聞き取り不能) このフライパンでは、ビーフンになるのっ! どんなスパゲッティでも! なんであんたわかんないの? バカじゃないの、あんたほんとに!? わかった、ああもう、洗いなさいよ、あんたもう、ほらぁ!

言いたいことを言ったシェフは、デザートの用意をする前にキッチンの洗い物をして片づけてくれと言う。それに応えて洗い物をしようと席を立ちかけたミスターだが、藤村Dは「じゃんけんで決めよう」と提案。当然自分以外の3人がじゃんけんをすると思ったシェフは「やりなさいよ」と言うが、次のシーンではなぜか自分も混ざってじゃんけんをしている。放映に映っていないところで、加わるよう強引な説得を受けたのだろう。

そして大泉さん、ひとり負け

早く洗えよ、おまえ」の罵声を浴びた大泉さん、藤村Dに人差し指を突きつけてひと言。「末代まで呪ってやる

■デザート「フルーツ盛り合わせオーロラ風」のレシピ
・ホイップクリームをかける。
・メイプルシロップをかける。
・レモンを絞る。

とても甘い。「オーロラというのは、とても甘い夢なんです」と強引にまとめるシェフ大泉。

ようやく食べ終えた今日の食事。とうとう本日の番組はずっと食事だった。開き直っているとしか思えない。

茶碗洗いなさいよ。ボク、洗ったでしょ」という大泉さんを、またも藤村Dがじゃんけんに巻き込む。

大泉、パー。鈴井、パー。藤村、チョキ。嬉野、チョキ。

D陣勝ち抜け。

大泉、チョキ。鈴井、パー。

うぉおおおおおおおおおおっ
絶叫して大喜びの大泉さんが、全身でガッツポーズを取ったところで放映終了。

来週は、多分来週こそは、移動。……移動しなさいよ、そろそろ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.03.09

エンプラE、また来たーーーっ

西日本版が出たときにフライングして秋葉原で購入した「スタートレック・フィギュア2」から《エンタープライズE》が出たという記事を書いた。

それから幾星霜(いやわずか2ヵ月ちょい)
昨日の売り出し初日に出遅れた悔しさを込め、今日こそはと拳を握りしめて出社。そしてちょろっとblogを巡回してみると、なんとquarkさんが「フルタのスタートレックフィギュア2 東日本で発売開始だが」と意味深なタイトルで記事を書かれている。

だが!!!まるでボーグが「巡回は無意味だ」と言わんばかりの無惨な結果!!!

最初のコンビニ、置いてない。

次のコンビニ、置いてない。

3つ目のコンビニ、置いてない!!!

最後のコンビニ、置いてない!!!!!!


なにーーーっ。置いてないとはなんたること! 売れたのか? 売れてしまってないのか。それならば許さないわけでもない。しかし最初から置いてないなら言語道断。全国にスタートレックをくまなく広めるというコンビニ本来の使命をまったく理解しておらんっ! 店長出てこい! そこに座れ! まあお茶でも! みかんもどうぞ!

そんなわけで急に焦りを覚え、そそくさと仕事場を抜け出して最寄りのサンクスへ。そこは過去の“フルタ製ST食玩販売実績赤坂地区ナンバーワン”の優良店なのだ。

あった! ここにはあった! えらいぞサンクス! いつもおにぎりが品切れで底をついているときに「すぐ、底、サンクス」などと揶揄して済まなかった! リンクを張ってその功績を讃えよう! →サンクス

さて、サンクスの棚の前でわたいは少し逡巡した。そこにはこんな感じで商品が並んでいた。

 
■■
■■
■■
■■
手前

やや。棚の奥行きが足りず、6個入りの箱から出したまんまでは並ばなかったようだ。シークレットは箱の一番手前にあるという経験則と先人のデータに鑑みると、わたいはここでどれを買えばよいのだ。

ここには8個ある。想像してみよう。自分が店員ならどう置くか。

まず6個を手前からこういう順番で置いたとしよう。

    
■    ■
■    ■
■    ■■ ↑
    ■ 手前から奥へ
手前    手前

次にもう一つの箱から出して置く。

 
■■
↑手前から奥へ
■■

手前

そしてこの逆パターン。

 
■■

■■

手前

さらに別パターンとその逆パターン。

     
■■   ■■
   
■■   ■■
   
手前    手前

つまり6個入りの箱ひとつ分を出して、もう1箱から2つ足す場合、わたいが自分勝手に都合よく想定したのがこれらのパターンだ。わたいならこう置く。いや、こう置くのが人間だ。

すると諸君! 見たまえ! どのパターンも、取るべき小箱が燦然と光り輝いているではないか!
もう迷うことはない。

 
■■
■■
■■
■■
手前

わたいはこの4つを購入した。

……・。

……ジェムハダー、エンプラC、エンプラD……そして《エンタープライズE》。出た。ほんとに出た。いいのか、こんなんでほんとに出て。

まだ出てない方、浮かれてすみません。

東日本の戦いは、新金型《エンタープライズB》の捕捉にある(じゃあ、Eを狙うような買い方するなよ)。まだまだ満足してはいかんのである。

さあ、明日から心機一転、がんばろう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.03.08

東日本発売:スタートレック・フィギュア2

さあ! 本日3月8日(月)は、待ちに待った『スタートレック・フィギュア2』 の東日本における発売日。

・エンタープライズBは修正版が入っているのか、いないのか
・シークレットの封入率は上がっているのか、下がっているのか (これ以上下がったらコレクター悶死)

興味の尽きない売り出し日だが、なぜかわたいはその場に不在

なにやってんの!」  惑星連邦とは違う連邦の艦長に叱責を受けそうな不始末だ。
思えば前作「スタートレック・フィギュア」の売り出し日にもいなかった。 まるで発売日を避けながら箱根を越えて行ったり来たりしているかのよう。

東日本の同士たちの戦いぶりを、遠い空の下から祈るばかりだ。

がんばれ。

引いたか。

外れたか。

次、がんばれ。


東日本で思い出したが、先日海の向こうから弊社に営業に来られた方の名刺には 『東半球担当』と書かれていた。国やエリアを東西に割る概念は しばしば出合うのでなんの違和感もない。地球をすっぱりと縦に割ってしまうのは どうか。
大雑把に言うとアジアがご担当だそうだが、正確にはどこで分割されるのだろうか。 半球というくらいだから、線を引かれる場所によっては、反対側の国々も、 どちらの半球に属することになるのか戦々恐々とさせられる。
検索エンジンに手の届かないところにいる今、「東半球、東半球」と言いっぱなしで 調べもせず記事を書く不幸をお許し願いたい。

じゃ、とにかくがんばって!
(その話、まだ続いてたんかい)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.03.07

ジーン・ロッデンベリーが語る「TAS」

www.startrekanimated.com にある記事の翻訳を、ウェブマスターの Kail Tescar 氏の許可を得て紹介する。
まずは1973年出版のファンクラブ会報(FAN CLUB NEWSLETTER)に掲載されたジーン・ロッデンベリーへのインタヴュー記事。「STAR TREK THE ANIMATED SERIES」放映前のインタヴューで、TAS制作のきっかけや、TOSとTASの違いをどう捉えているかなどが興味深い。


■スタートレックのクリエイター、プロデューサー、ディレクターであるジーン・ロッデンベリーが答える。
『アニメ版スタートレックはなぜ作られたのか?』

Q 『アニメ版スタートレック』のコンセプトが考えられたとき――そのすべての始まりはいつで、決定に至る理由はなんだったのですか?

ロッデンベリー(以下R) TOSの放映が終わって以来、アニメをやらないかという話を何度かいただいた。全部断ったのは、当時声をかけてきた人々が「うひゃあ、すごいやカーク船長」とでも言いそうな士官候補生たちでいっぱいの船が出てくる“子供向バージョン”が作られることに、興味津々なのが明らかだったからさ。そんな風にスタートレックをおとしめることはしたくなかったんだ。スタートレックという潜在的価値のある資産が、その種の扱いでまさに台無しになってしまうと感じたんだ。わたしは彼らに言ったよ。わたしがクリエイティブを管理して、スタートレックが同じキャラクター、同じタイプの脚本家たちなど、本来あるべき姿で作られるよう保証できない限りはアニメ化しないってね。そしてついにフィルメーションとパラマウントから今回の申し出が届いたのさ。それがどうやってわれわれがスタートを切ったかということだ。


Q スタートレックの主な出演者たちは、アニメ化されることをどう感じていますか?

R アニメ化すると決めたとき、われわれにはやらなければならないと確信することがあった。オリジナル・キャストを声優に迎えたいということ、オリジナルのスタートレックの脚本家を使いたいということだ。ドロシー・フォンタナと話ができたのは幸運だったよ。彼女は前のスタートレックのストーリー・エディターで、今はアソシエイト・プロデューサーなんだ。そんなわけで、われわれは本質的に同じメンバーで構成されているのさ。驚いたことに(そして実にうれしいことに)、フィルメーションのスタジオにいるかなり多くのスタッフとアーティストたちがスタートレックのファンだったんだ。扱われ方が平均よりよくなりそうだとわかったよ。彼らはスタートレックがかつてあったのと同じように復活することを望んでいたんだ。スタートレックのオリジナルキャストが関係しているだけに、スタッフらの反応はファンのみなさんの反応と同じだったと思う。最初彼らはこの企画に乗り気じゃなかった。というのも“土曜の朝”と言うとき、この時間帯のアニメがどんな風なのかを連想するからね。彼らのわたしに対する意見はこうだった。「あなたはまさにスタートレックをぶち壊そうとしてるぞ」 それでわたしは、わたしが念頭に置いていたやり方でやるつもりであることを、彼らに話さなくてはならなかったんだ。彼らにフィルメーション・スタジオを訪問させて、そこで描かれている絵と、われわれの作品に対するアプローチの注意深さを見せたところ、もちろん彼らの不安は解消されたよ。


Q どの年齢層あるいは年代を惹きつけるだろうと思っていますか?

R あらゆる年齢層を惹きつけたいね。明らかに土曜日の朝は子供向けの時間だが、もしその時間帯におもしろい番組が作られるなら、多くの大人たちも楽しんでくれると思う。わたしは子供が観るものと大人が観るものとの間にそれほどの違いがあるとは思わないし、違いが必要とも思わない。最もよい例は、大人のために作られていた夜の番組であるスタートレックが、非常に多くの子供の視聴者をも惹きつけたということじゃないかな。夜に放映されたスタートレックへのファンレターは、子供たちだけでなく大学教授たちからも寄せられた。だからとても興味深いなにかを伝えるものだと思っているのさ。


Q アニメ版スタートレックとオリジナルのスタートレックとの違いはなんだとお考えですか?

R アニメーションは異なった形式だ。実写版でできてアニメ版でできないことはたくさんある。いくつか例を挙げるなら、われわれにはディズニーがやったような種類の動画、表情の特徴を捉えた精巧な絵を描く術がない。『白雪姫』や『バンビ』などに使われたディズニータイプのアニメーションは高価になってしまって、とてもじゃないけどできないんだ。だから実写版なら役者が台詞を言うと、視聴者はその演技力や嘘をついているかどうかまで表情からわかるが、そういうものは失なわれる。アニメーションではその種の機微は得られない。だからわれわれは、実物の役者が見せる演技の機微といったものを失うだろうことはわかっている。描けることの大部分は、ちょっと歩いたり頭を動かしたりといった程度のことだ。一方でアニメの利点もあるからバランスがとれているんだ。もしもある話の中で50フィートの背丈があるミスター・スポックを登場させたければ、50フィートの彼を描くのは6フィートの彼を描くのと同じくらい簡単だ。もし植物から派生した知的生命体がいる惑星に行きたければ、それもお望み通りだ。そう、実写版を制作するときは俳優組合で知的な植物を探し出すなんてことはできないからね。もしも幅50マイルのエキゾチックな宇宙船を出したければ、《エンタープライズ》号を描くのと同じように簡単に描けるんだ。つまり結果として、いくらかを得て、ほかのいくらかを失うのさ。われわれの希望は、オリジナルの作家たちとオリジナルのスタッフたちを巻き込んだことによって、彼らがアニメーションでも可能な限りの高いレベルを保つだろうということだ。


Q TOSの主要なキャラクターは、アニメ版スタートレックにも出てくるのですか?

R かつてないことだからこの業界の誰もが信じないだろうが、どの主要な登場人物もみな戻ってきて、自分の声をあてることに同意している。そうすることで、作品のレベルが高く保たれるだろうことを確信させてくれた。


Q アニメ化によって新しいキャラクターは登場するでしょうか?

R 登場するとも。そこがおもしろい部分のひとつさ。アニメ版スタートレックを観てごらん。新しい二人のキャラクターもね! 実写版では三本手と三本足の生き物や、猫女の話なんかできないだろう。夜の番組でメイクアップと特別な器具にかかるコストは目が飛び出るほどだよ。毎日つけたり外したりしていたあのミスター・スポックの耳がまさに有名だね。アニメでは、しかしながら、もしあなたが双頭人や三本足の男、あるいは猫女を出したければ、人間を描くのと同じくらい簡単に描くことができるのは明らかだ。だからアニメの利点のひとつがこれだと思う。ファンたちは番組を通じてさらに多種多様なエイリアン生命体を観ることになるだろう。宇宙船も同様さ。


Q 『まんが宇宙大作戦』は何話作られるのでしょう?

R アニメ作品のやり方として、16話を1クールとして何度か繰り返すということだね。もし成功するなら、今から半年で16話を終えて、次の16話を作るだろう。さらに希望を抱いてもう16話作るかもね。アニメーションの経済はすぐに再放送されることに基づくものだ。あるファンが「同じものを何度も観なくて済むように、最初から30話とか40話とか作ればいいじゃないか」と批判するのはかまわないが、わたしからの答えは「そうしたいものだね」ということだ。不幸にもわれわれはほかの誰もと同じように、産業の経済面に囚われているんだ。


Q アニメ化を、本当にやりがいがあるとお考えですか?

R ああ、やりがいがあるとも。NBC、フィルメーションそしてわれわれ自身にとってすばらしい冒険だ。恐ろしいほど多くの資金と時間と手間を、もし今よりもっと知的な番組を土曜の朝に流せるものならそうしようじゃないかという信念の下に、投下するんだからね。実際これがうまくいったったなら、スタートレックは画期的な作品になるだろう。土曜日の朝に放送される番組すべてを変えることになると思う。うまくいけば、ほかのエリアにいる子供たちも今よりいい番組を見られるようになるさ。うまくいかなければ、みんなが口々に「だから言ったのに」と言うだろうし、子供向け番組は冴えない、想像力が貧困で侮辱的でさえあるつまらない作品が幅をきかせるだろう。これまで何年もそうだったようにね。


Q 新しいアニメ版スタートレックについて、ファンクラブの会員たちに知らせておきたいなにか特別なことはありますか?

R まず第一に言いたいのは、アニメーションになって失われるものが確かにあるが、なんらかの興奮させるものや得るものがあるのも事実だということで、バランスが取られているということだ。適切に作品の制作管理ができるようになるまで、われわれがスタートレックのアニメ化を待っていたということを理解してほしい。アニメ化を許可した理由のひとつが、オリジナルのスタートレックの放映を再開する機会を得ることに利用した、ということもわかってもらいたい。アニメが大きなヒットを飛ばすことになれば、われわれはそう望んでいるんだが、もしも子供たちの知性レベルなどについてのわれわれの推測が正しければ、オリジナルを放映するのにとてつもなく大きな助けになるだろうね。


Original article on TAS interviews with Gene Roddenberry
Star Trek(TM) is a registered trademark of Paramount Pictures in the United States.
Special Thanks to Mr. Kail Tescar
E to J Translated by ANCHOR


ロッデンベリーは並々ならぬ意欲でTASの制作にあたったようだ。声優にTOSの俳優を配することはもとより、スタッフや脚本家にもオリジナルの人材を多く揃え、アニメ化の実作業を担当するフィルメーションにも相当注文をつけたらしい。「わたしは子供が観るものと大人が観るものとの間にそれほどの違いがあるとは思わないし、違いが必要とも思わない」という発言には、プロデューサーとしてのロッデンベリーの考え方がよく現れている。相手が子供だからといって“子供番組でちゅよ~”などとおもねる必要はなく、大人が見ておもしろいものを作れば子供にとってもおもしろいはずだという考え方を、このTASで実践しようとしたのだろう。

結果としては、彼が恐れた“子供向バージョン”の壁を越えられなかったのか、2クール目の途中で打ち切りになってしまった。彼の描いた夢は潰えたわけだが、それはSTにとって不幸だっただろうか?

ロッデンベリーの発言によれば、このアニメ制作をきっかけに、オリジナルであるTOSの再放送が実現したらしい。さらにTASがヒットすれば、再放送をもっと流しやすくなる――という環境だったようだ。おそらくTASが成功していれば実写の次回作も順調に制作されることになっただろう。『スタートレック:フェイズ2(TV向けに予定されていた続編で撮影も始まっていたが、スター・ウォーズの大ヒットにより映画制作に転向、一部のキャストを引き継ぐ形で映画『スター・トレック:ザ・モーション・ピクチャー』が作られた)の制作にもっと早くGOが出て、その結果映画もTMPではないものが作られ、今とは違うSTの歴史が紡がれていたのではないか。ひょっとしたらTNGもDS9も、生まれていなかったかもしれないのだ。

コケてくれてありがとう、TAS

なににでも、存在する理由がある。だから認めてやってほしい、TASを。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.03.06

警察マスコット、ピーポくん!

ピーポくんのすべては、ピーポくんTOWNで知ることができる。

なぜ彼はピーポくんと名乗るのか。

 名前(なまえ)は、人々の「ピープル」と、警察(けいさつ)の「ポリス」の頭文字(かしらもじ)をとり、都民と警視庁(けいしちょう)のかけ橋(はし)になることを願(ねが)って「ピーポくん」と名(な)づけられました。ピーポくんTOWN

どうせサイレンの音あたりから採ったんだろ、と失礼な想像をしていたが、もっともらしい由来があるようだ。それにしても都民は「ピープル」か。わたいと警官が対峙した場合、彼/彼女はわたいを「ピープル」のひとりだと認識するのだ。(ちなみにわたいの住民票は神戸にあるので、厳密に言うと都民ではないのだ、すまん)

ファミリーのしょうかい」では彼の家族が紹介されているが、わたいがこれを書いている環境(Win2000+Netscape7.1)では、「下の文字をクリックしてみてね」と言われてクリックしても、ただ無意味な文字列が表示されるだけだ。右クリックからダウンロードして再生したら、ピーポくんらしき者が甲高い声で「ぼくのおとうさんだよ」などと連呼している。ひとつ聞いたら充分なので、メインディッシュに進もう。

このサイトでも最も興味深いのは「ピーポくんのうた」。ピーポくんTOWNのトップページで延々と流れ続けるメロディがそれだが、ここでは歌入りのフルコーラス版がダウンロードできる。

■ピーポくんのうた
 asfファイル   rmファイル

歌詞も曲調も「日本ブレイク工業社歌」のインパクトには負ける。ただ唯一勝っているのが、合いの手を入れるおにーさんだ。おにーさんの「(HA!)」だ。不自然だ、おにーさん。そしてあなたの入れる合いの手は、どれも微妙に声が大きい。ミックスに失敗してるんじゃないか、おにーさん。

前略
みんなのためにパトロール 街(まち)の安全守(あんぜんまも)るため
正義(せいぎ)のためにがんばるぞ 僕(ぼく)らの警察官(けいさつかん)
メトロポリタンポリス(ピーポ)
メトロポリタンポリス(ピーポ)

後略

歌詞で叫ばれているようにピーポくんは、東京都の中でも特に「」の安全を守るためにがんばるメトロポリタンポリスである。街やメトロポリタンではないエリアでは、あまりがんばらないかもしれない。だから、うちの近所ではあのざまなのだろう。言行が一致している点は好感が持てる。

さあ、きみもあなたも歌おうじゃないか、「ピーポくんのうた」を。

 ♪メトロポリタンポリス(ピーポ
 ♪メトロポリタンポリス(ピーポ

あーっ、やかましわっ、おにーさんっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.05

エースをねらえ! 第8話

あらすじ:全米テニス連盟から「International Youth Cup: New York 36th」へのお誘いが。出場枠男女各1名を争うべくトーナメントが開催される。ドラマ放映開始直後とは打って変わって軽快な動きで練習に励むひろみ。ドラマ放映開始直後とは打って変わって険悪な雰囲気で練習に臨む藤堂さんと尾崎さん。トーナメントを順調に勝ち上がる主役組。準決勝前、控え室の緑川蘭子に父親が事故ったという電話。動揺するお蘭。同様に動揺する宗方コーチ。サービスも打たず緑川は棄権するやいなや、聞かれもしないのにお蝶夫人相手に心情を一方的に吐露してから去る。決勝で竜崎と覇権を争うことになったひろみは、そのお蝶夫人との思い出にひたったあと帰宅するも、練習疲れで部屋に来ている牧を置いたまま爆睡。一方、サーブの練習に余念がない藤堂さんは太田コーチに「若いころの宗方に似ているかも」と言われてまんざらでもない様子。万年負け組の尾崎さんと千葉さんは、今日もふたりで和み合う。娘との食事の席で、竜崎理事は「わたしは娘の竜崎麗香より岡くんを残してほしいと言ったのだよ」とお蝶夫人のご飯がまずくなってしまうような自慢話に花を咲かせる。
翌日藤堂さんと試合をするひろみ。手加減なしの藤堂に翻弄されるひろみには、このエピソード冒頭で見せた軽快さがまったくない、ただの木偶人形。「藤堂さん、本気だ。だからわたしも本気で返さなきゃ」とさっきまで嘘ん気だったことを白状したひろみは、開き直って徐々にペースを掴み、リターンエースは取るわ、ラリーしまくるわと急激に開花。その様子を遠くから見ていたお蝶夫人は、父親の言葉や幼い頃の決意を思い出し、初心に返る。
藤堂との試合が終わったひろみに、「今と同じように夢中でやれ。竜崎に勝つことから逃げるな」と諭すコーチ。感謝の気持ちを言葉に出して伝えるひろみ。すっかりご機嫌さんの宗方コーチは、今晩も飲みに来た太田コーチに藤堂はいい奴だ、最近よく母が笑っている夢を見るんだ、といつになく饒舌。翌朝母親の墓参りに訪れた宗方仁は、同じく線香片手に現れた蘭子と遭遇。母の墓前に白百合の花を供えているのが父親と聞かされ、過去を水に流した宗方の独白に、感極まって「お兄さん」と叫ぶ蘭子。憑き物が落ちたように穏やかな表情でひとり寺を歩く宗方は、突然ぱったりと倒れ伏した。
神奈川中央病院に担ぎ込まれたと聞き、駆けつけた藤堂さん、尾崎さんとひろみだが、太田コーチと示し合わせた宗方が打った芝居にまんまと引っかかる。藤堂さんが「明日はがんばろう、一緒にアメリカに行こう」とひろみを励ましている頃、突然音羽さんが宗方コーチを見舞いに訪れ、過去の確執を水に流す。色々と考えた竜崎麗香は、父親のもとを訪れ、「ひろみの器のほうが世界にふさわしいとわかったのでわたしは降りる」と宣言。しかし竜崎理事は「世界に通用する岡ひろみの、産みの親はきみだ」と語り、最後まで責任を果たせと説得。吹っ切れたお蝶夫人は宗方を見舞い、宗方から「潔いプレイヤー」だと誉められてにっこり。竜崎邸の前で待ち伏せしていた尾崎さんはお蝶様に「あなたのために勝つ」と虚勢を張って自らを追い込むが、功を焦って敗北。現れたお蝶夫人に「おれはいつも負ける」と慟哭して見せたら、わたしの試合も見ていってと誘われ、きょとん。
そして女子決勝に向けてテンションを高めていくお蝶夫人とひろみは、ついにコートで相見える。迎え撃つお蝶夫人、胸を借りる気満々の岡ひろみ。仕掛け人の竜崎理事らが並んで見守るなか、見つめる藤堂さん、眺める尾崎さん、シャッターを押しまくる千葉さん、落ち着かない太田コーチ、そして気が気でない病室の宗方コーチ。いよいよ来週は最終話、一気に結末まで力業でもっていくわよ、よくって……。
ちゃんとしたあらすじ


雑感:
・インターナショナルユースカップ女子出場選手決定トーナメントは「緑川蘭子×高木希恵  近藤麻里×竜崎麗香」組の勝ち上がりと「前田理沙×岡ひろみ  渡辺さやか×片山美和」組の勝ち上がりが決勝戦。この表が映った瞬間、もう先が見えた→竜崎×岡。
・インターナショナルユースカップ男子出場選手決定トーナメントは「藤堂貴之×戸田直樹  谷原憲一×児玉洋一」組の勝ち上がりと「水野光輝×多田勝久  篠田亮太×尾崎 勇」組の勝ち上がりが決勝戦。この表が映った瞬間、もう先が見えた→藤堂×尾崎
・選手のみなさんはお揃いのユニフォームを支給されたため、お蝶夫人独自のファッションが影を潜める。いつも黒づくめだった加賀のお蘭が白を着ていると違和感ばりばり。
・父親が事故ったという一報を受ける加賀のお蘭。ついこないだは自分が事故ったばかり(虚構と現実の区別がついてないぞ、わたい)。
・千葉っち、珍しく岡ひろみ以外のプレイヤーを写真に収めている。
・棄権した緑川、こないだの自転車でテニスコーチの乗る原チャリとぶつかったのが響いているのか(虚構と現実の区別が……でもあのせいで台本、書き換えられてるのではと邪推)。
・お蝶夫人と勝ちたいやら勝ちたくないやらで逡巡するひろみだが、勝てると思うところまで来たのがすごい。
・「日本テニス界に大きな衝撃」という小さな記事。
・妹モードに突入した蘭子は、黒づくめを廃業して白い服に。極端だ。
・最終回を前に、藤堂さんの「じゃ、失敬」が炸裂。
・「全力でぶつかってくる岡くんを全力で受け止めろ」「勝っても負けてもおまえはわたしのたったひとりのかわいい娘だ」という竜崎理事。麗香がひろみに負けるのが大前提の物言いになっている。
・「させるかぁっ」って尾崎さん、別の番組でよく聞いた台詞。
・あ、そうそう、岡ひろみ。気を利かせた尾崎さんが先に別れたので、ひろみと二人で帰れる喜びで頬の緩んだ藤堂さんだが、当のひろみは心ここにあらずで病院のほうばかり見ているので、藤堂さんがっくりだ。
(岡ひろみだけのネタを拾たらんかい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.04

さすらいのトランペッター

仕事場の昼下がり。どこからともなく料理の匂いが漂ってくることがある。

近所の店が夜の仕込みをやっているのだろう。あるときは焼き魚、あるときは和風の煮物。そしてあるときはえらく酸っぱい匂い。バケツいっぱいの酢の物か? すし桶三杯分の酢めしか? という匂いだ。気が散ってしょうがない。

仕事場の夕方。どこからともなくトランペットの音色が聞こえてくることがある。

なぜこんな都会のど真ん中で吹くのか。しかもめちゃめちゃ初心者。
ドレミの音階もまだ満足に吹けないレベル。

夕暮れ時に響く音色は哀愁漂うが、中学校のブラスバンド部の練習のほうがもっと聴き応えがあったと思わせる吹きっぷりで、つい耳が音を追ってしまう。

ドレミ
ドレミファ
ドレミ

ドレミファソラシ……しーん

終わりかーっ キリのいいところまで吹けーーっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.03

交番マスコット……ピーポくん?

うちの近所の交番は、いつ前を通ってもお巡りさんがいない。

PB-2.JPG 朝もいない。

PB-1.JPG 夜もいない。

ちゃっかり鍵までかけちゃって、しーんとしている。
ここに越してきて8ヵ月。交番が開いていて人がいるのを見たのは、1回だけだ。

以前住んでいたところに一番近い代々木深町交番は、前を通ったときに人がいないことはなく、それどころか常時誰かが「立ち番」をしていた。

「神奈川警察見張番だより」によれば、

近頃の交番は、警察官が立ち番をしているのは、駅前の交番とか非常に人の多い繁華街になる交番に限られ、いわゆる普通の交番では立ち番をしている警察官をみることはまれになった。

ということだから、場所によるのだ。確かにうちの近所で立ち番していても、大したものは通らない。

でも夜はたまに二人組のお巡りさんが自転車で付近を徘徊し、主に自転車に乗っている若い女性を停めて職務質問していることがある。今年に入って2回見た。盗難自転車じゃないかなどと尋ねていたが、あれは防犯というより趣味だろう。その証拠に、横をノーヘル二人乗りの原チャリが抜けて行ったが気が付かないふりをしていた。

誰もいない交番には、机の上にこんなボードが。

PB-3.JPG

元々は不在中に交番に入ってきた人が連絡を取れるよう、「御用の方は、この電話で」と書かれているのだが、「この電話で」はホワイトで消されている。

○事件など急用の時は110番
○交番隣りの公園に公衆電話もあります

用事があってこの交番を訪れた人は、十中八九(いや、多分十中十)、公衆電話まで行って「3731-XXXX」にかけることを強要される。このエリアの総本山の番号なので、かけたら誰も出ないことはないだろう。しかし10円玉を持っていなかったらお手上げだ。

「110番は緊急時だけに」
鹿県警への110番 よろず相談、ご遠慮を-不要不急の用件が4割
有効受理80万件突破◆県内の110番、過去最多

こんな記事がざくざくあるが、なんか相談事あって交番に足運んだら人おらんわ、公衆電話からかけろて書いたあるわで、じゃあ小銭がなくてもかかる110番に電話しとくか……となる人が“不要不急の用件”のうちの何割いたのかも書いておいてもらわないと不公平というものだ。

とかなんとか思いつつ、実は一番気になっているのは、妙に朗らかに敬礼しちゃったりなんかしてる黄色い彼、なのだ。

奴の名はピーポくん

ピーポくんについては言いたいことがたくさんできた。

また記事を改めて書く。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

北極圏突入 第4夜

TVKの「水曜どうでしょうリターンズ」。「アラスカ半島620マイル」第4夜は、安田くんの語りから始まった。

安田 顕「こんばんは。どうでしょうリターンズのお時間です。世界を股にかけるどうでしょう、今回は、アラスカに渡り、北極圏を目指そうという彼らです。まず、意外にもファンタジー好きの鈴井貴之。今回彼は、少年のようにオーロラが見たいと意気込んでいます。次に、日本を出発する前から風邪をこじらせてしまった大泉洋。いつもはガソリン給油とボヤキ担当だった彼、新たに料理長という肩書きを与えられてしまいました。普段から料理好きという彼、その腕前のほうにも、ご注目ください。そして、アラスカの観光名所にスポットを当て続けるディレクターたち。一刻も早くオーロラを見たがる鈴井を、やきもきさせています。どうでしょう班の4人が繰り出す、異国の地での珍道中。どうでしょうリターンズ戦慄の北極圏シリーズ。今夜はその第4回目です」
オーロラを見たいというミスター(鈴井さん)長年の夢を脇に置いたまま、早朝からデナリ国立公園観光の「ワイルドライフツアー」に参加する一行。これは当時の旅行ガイドブック『地球の歩き方(47)アラスカ』で、アクティビティの項の一番最初に紹介されているツアー。

ツアーはバスで6時間の行程。すっかりツアーモードの彼らはマッキンリーを見る気満々だが、天候は雨。その雨が降りしきる雪に変わるなか、車窓からムースを発見。続いて遠くをゆっくり歩くムースをじっくりと撮影。さらには曇ったガラス濃しに見るライチョウ。そしてカリブーの群れ。ワイルドライフツアーの名に恥じず、野生動物の見物三昧だ。

展望ポイントで外に出て記念写真。鈴井さんが時計を見て言う「時間のほうがね、ちょうどもう、3時間くらいなんですよ

ツアーは6時間。今3時間経ったところ。つまりここが折り返し地点=最終到達地点。しかしガイドはマッキンリーのマの字も言ってない。

2日間かけてんだよこっちは」と迫る大泉さんに、藤村Dはまたもしらっと言い捨てる。「統計によるとね、9月でね、マッキンリーが、きれいに全景が見えたのは30日あるなかの……2日間だよ」「30日に2日しか見れないものを、我々が見れるわけないでしょ、このロケ運のない我々が」「しかしねぇ、きれいな景色ですよ」「……

6時間のツアーに乗って、その様子が放映されたのは5分足らず。大胆なロケだ。

キャンピングカーに戻り、今後のスケジュールを確認する一行。藤村Dはやっとマッキンリーをあきらめた。「じゃあもうオーロラ一本だ」「いよいよ北へ。行きましょうよ」「その前にちょっとだけ寝てね」「まだ12時だから」「3時、4時に起きて、それから多少北へ向けて走って」「時間ないから」「やらないと

そして日の高いうちに仮眠に入る4人。鈴井さんと大泉さんは青い掛け布団で整然と。藤村Dは彼らと頭と足の向きを逆にして、黄土色の掛け布団を激しく丸め、足を出した状態で眠る。

起きた。夜8時

起きる気配のないミスターに大泉さんは「起きてぼくのご飯食べないと。起きないとおみまいするよ。寝起きをおみまいしてもいいのかい」と妙な脅迫。

午後9時5分。「ビストロ大泉」。

おみまいするぞー。

今晩のおしながきが発表された。
前菜は「新鮮卵のハリバットまぜ」
サラダは「きのうののこりのサラダ」
新登場、本日のスープは「トムヤムクン風オニオンスープ」
メインは「本日もパスタ:ハリバットとアスパラのスパゲッティー白ワイン風」
そして最後にこれも新登場、デザートの「アイスクリーム」

メニュー発表のあと、「下ごしらえに入ります」と準備に入ろうとするシェフ大泉に、藤本Dが「今からなの? もう9時だよ。なんで下ごしらえしとかないんだよぉ、おまえ!」と罵声を浴びせる。「おみまいするぞぉーっ!」と応戦するシェフ。さらに前菜の説明をしようとする大泉さんを鈴井さんが「いいから早くやれよ!」と急かすと、またもシェフは切れて「おみまいするぞぉーっ!

そんなこんなで時間を無駄にしながら、ようやく調理開始。

■前菜「新鮮卵のハリバットまぜ」のレシピ
・ハリバットの切り身に白ワインをかけ、塩、胡椒(多め)を振ってバターをひとかたまりのせ、ラップしてレンジで3分チンする。
・チンしたハリバットをほぐし、溶き卵に混ぜ込む。
・暖めたフライパンに流し入れ、オムレツのように巻き上げる。
・皿に移し、ケチャップをかけ、ちぎったレタスを添えてできあがり。

調理する様子を見守る藤村D、「これはおいしそうじゃないかぁ!」ひと口食べたミスター、「これはぁ、おいしいよぉ!

一品目ができてから30分。まだ次の品はできない。
もうすぐできますよぉ。スープも下ごしらえに入ってますから」と、待ちくたびれているミスターに声をかけるシェフ大泉。そこに藤村Dが挑みかかる。「下ごしらえなの、まだ。怒るぞ、おまえ」「なに?」「怒るぞ」「なにが」「いい加減にしないと、おまえ」「なに?」「また30分経ってるでしょお!」「もっと早く下ごしらえすればもっと早かったんだよ」剣呑な空気を察知した鈴井さんが画面の外へ出る。画面奥で調理場に立つシェフ大泉と、画面手前外の藤村Dのガチンコ勝負。「だから8時前に起きて下ごしらえしてろよ、おまえ!」「なんでぼくだけ起きなきゃいけないのぉ!」「料理班長でしょお、仕事はぁ」「なりたくてなったわけじゃないでしょ、ぼくは別にガソリン給油係でよかったでしょお」ここでシェフ、横から現れてカウンターの上のベーコンをつまみ食いしようとしている鈴井さんに噛みつく。「なにやってんの! なんでベーコンいじってんのぉ!?

■サラダ「きのうののこりのサラダ改めカリカリベーコンのサラダ」のレシピ
・不明。刻んだベーコンをなにかで炒めて、きのうののこりのサラダにトッピング。

かなり待たされたので腹が減っていたのか、「こりゃうまい!」と藤村Dもご満悦。

二品目ができてから30分。次の品はそれからさらにしばらく待って完成。

■本日のスープ「トムヤムクン風オニオンスープ」のレシピ
・適当なスープに、刻んだタマネギ、ざっくり切ったトマト、多分刻んだレタス、そして皮を剥いた尻尾付きのエビを入れ、煮込む。
・辛みをつけるために、刻んだ青ナンバンを入れる。
・酸っぱさを加えるために、レモンをそのままぶちこむ。

辛いのが好きだというリクエストに応えたシェフ大泉が青ナンバンを入れ過ぎたのか、藤村Dが白旗。「あのねぇ、ごめんなさい、喉に……痛い」 ミスターは汗だくで涙目。喉と舌をやられ、次のメインディッシュの味をわからなくしてやろうというシェフの作戦だと毒づく鈴井さん。

■メイン「本日もパスタ:ハリバットとアスパラのスパゲッティー白ワイン風」のレシピ
・ハリバットをソテーする。バーボンでフランベすること(今日もフランベしてキッチンの換気扇を焦がすシェフ)
・一握りのパスタを茹でる。
・適当にソースを作る。
・からめてできあがり。

そんなに茹でて大丈夫か、昨日と同じようなドーム型パスタになるんじゃないか、またフライパンから半円形に盛り上がって、ソースがからまないんじゃないかと心配する周囲をヨソに、「今日も昨日と同じ量のパスタをやります。量は合ってるんです」と涼しい顔のシェフ大泉。茹でる時間は9分。10時15分スタート。茹で上がりは10時24分の予定。しかしシェフはその時間に湯から上げないどころか、アルデンテかどうか1本すくい上げて噛んでみている。「確認しなくていいよ! 早く上げなって!」と気の急く藤村Dを制し、さらに3分。「3分ぐらい経ったよ。大泉くぅん。火から下ろせって、早く!」「ワイーンッ!」「そっち(ソース)より先にスパゲッティ上げたほうがいいんじゃないのぉ?」しかしソースにかかり切りのシェフ。「いつスパゲッティに手ぇ伸ばすのぉ?」急に慌ててパスタを火から下ろすシェフ大泉。今日はミスターが駆り出され、パスタをざるに上げるのを手伝う。「早く! 早く!」「早く! 早く!」と全員揃って大慌て。すっかりざるに上げたパスタを1本取って、アルデンテかどうか確かめるシェフ。「確認しなくていいからっ!

テーブルを囲む一同。既にパスタを食べたのか、鈴井さんの表情は濁っている。自分で作ったパスタを口にするシェフは茹で過ぎたことを認める。「これだけのものを日本で食べさせられたらどうする?」と鈴井さんに問われた藤村Dは、「どこで食べても美味しいものは美味しい」と口を挟むシェフを無視して「これ日本で食ったら……食ったらっていうか、食わないもん。今これ、食わないと死ぬからオレら」と暴言を吐く。

今まで黙っていた嬉野Dがシェフ大泉に、「(そのスープを)がぁーっと一気飲みしてごらん」と静かな声で迫る。尻馬に乗った藤村Dが「飲んでご覧よ、全部飲んでご覧よ早く、飲んでご覧よいいから! 飲みなさいよ全部いいから! 飲みなって言ってんじゃないの全部一気に!」と押しに押しまくる。じっと耐えていたシェフだが、ついに切れて叫ぶ。

辛いから美味しいんでしょっ!

そのスープを飲んでいたミスターは顔が真っ赤。様子に気づいた大泉さんは「なんでそんな泣いてるの。まだまだ帰れないんだよ、日本には。今から泣いてどうすんのミスター。バカじゃないの。あと何日あると思ってんの。泣いたって誰も助けに来ないよ。こんなとこまで。ほらっ、食べなっ、泣かないで」となぜか説教を垂れ、続いて愚痴る。
わたしだって悲しいよ。一生懸命作ったのにみんなにこんなこと言われて。自分で食ったって辛いもんは辛いんだから」そのとき青ナンバンが大泉さんを直撃。「藤村くんが辛いの好きだって言うから辛いの作ったのに、みんなで辛い辛い辛いって。こんな悲しいことはないよ。それでなんだ、おれが作ったっつってんのに、『食べてごらんなさいよ!!』『一気に飲みなさいよ!!』『まずいでしょ!!』なんて言われなきゃいけなんだよ。こんな悲しいことないよ!
大泉さんの勢いに負けて、口々に「ごめんなさい」「美味しいよね」とうなずき合う3人。

ひとしきり食べたところで大泉さんがシェフの顔に戻り、デザートのアイスクリームを用意。そのままアイスクリームを出してくれという3人に対し、ちょっと手を加えて出すと言うので、鈴井さんは「シェフ、まだなにか私たちに嫌がらせを」とジャブ。このとき、時間は11時37分。おしながきの披露から2時間半かかってようやくここまで辿り着いた。

アイスクリームのオーロラ風です、と供された品。甘いもの好きの藤村Dが最初に口を付ける。ひと口食べて、「なんですかこれは。なんですかこれは。なんですかこれ」とうるさいくらいに尋ねる藤村D。自分でも口を付けて、嗚咽する大泉さん。

■デザート「アイスクリームのオーロラ風」のレシピ
・バニラアイスに、オレンジジュースとバーボンをかけてできあがり。

なんでオレンジジュースかけたちゃったの。なんで酒(バーボン)かけたのこれに。普通に出せばいいじゃないの!

というわけで、まだキャントウェルのキャンプ場で呑気に飯を食っている一行は、次こそ本当に北へ移動。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2004.03.02

カレー弁当。本日のお味は……

マントキーマカレーの店が、昼の持ち帰り弁当をリニューアルした。

その看板。

TODAYS.JPG

本格派インドカレーをお手軽価格で頂けます
「お手軽価格で頂けます」て、「お手軽価格でお楽しみ頂けます」とかとちゃうんか。 なんかもう冒頭から怪しいな。
本日のお味は
はい、本日のお味は?
日替わりカレー です!
わからんやろ!
※写真サンプルは ベジタブルカレーです
やかまし。サンプルはええねん。

今日のカレーはなに?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.03.01

絵づらは似ているが

kadost.jpg

赤坂某ビル2F、某病院が出したと思われる不燃ゴミ。
どこか心細げ。
不憫。
拾い上げてあげたくなる。


kadosit.jpg

JR京浜東北線、下り普通電車にて座り込む人。
わりとご機嫌さん。
不潔。
放っといてあげたくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »