« 大泉さんのミュージックステーション | トップページ | 続・CSで、まんが宇宙大作戦(TAS) »

2004.02.15

蘇るPC-9801伝説

初めてPC-9801を使ったのは仕事場だった。それまで使われていたN5200をリプレースして、PC-9801UX21とUX41が各1台購入されたのだった。UX41は、当時としては破格の20MBのHDDを積み、20万円くらいしたと記憶している。

同時に、N5200時代のデータをPC-98でも使いたいという古参社員の要望を汲んで、ファイルコンバータなぞも購入した。
N5200は8inchフロッピーを積んでいたので、PC-98に繋ぐ外付け8inchドライブみたいなもんまで同時購入した。
今思えばアホである。既に時代は5inchが主流で、さらに3.5inchに移行しつつあった。だから3.5inchFDDのモデルであるUXを選んだにもかかわらず、外付けで8inchドライブである。
需要がないので機器も高く、20万円した。こんなの買わなきゃ、もう1台UX41が買えていたわけだが、なにを舞い上がっていたのか8inchドライブを買ってしまったのである。

さらにアホなことに、PCと一緒に買った一太郎ver.3が、8inch版だった。なぜだ。なぜ3.5inch版を買わない。MS-DOSは3.5inchなのに、なぜ一太郎は……。
その後一太郎はバージョンアップの度に8inchのメディアで届けられた。Ver.5なんか8inchでもらってどうすんの。わざわざラベルまで8inch用だった。ある意味レアである。

さて、仕事場で使っていたのが縁で、自分で買って遊んだのはPC-9801DX/U2だった。

購入当初は「プリンス・オブ・ペルシャ」ばかりやっていたような気がする。「Life and Death」で外科医を目指したものの、盲腸の手術すら満足にこなせず、何人もの患者さんをモルグ送りにしてしまったのもPC-9801DX/U2でのことだった。

結局このPCは、LC575を購入したあとも、MS-DOS3.3DをOSとしながら、パソコン通信のメインマシンとして1997年7月まで現役を貫き通した。今もまだあるが、電源が入らなくなった(100回くらいがちゃがちゃやっていると、たまに入る)ので、静かな眠りについてもらっている。

仕事場でも1996年くらいまでおよそ10年近く使っていた。それ以外にもPC-9801NTやら、エプソン互換機などにもお世話になった。

10年も使っていたのだから、その間に溜まった資産も大変なものだ。わたいの場合はほとんどがダウンロードしてきたフリーウェアなのだが、使いやすいツールやら傑作なゲームまで、世の中すごい人がたくさんいるもんだと思いながら、ありがたく使わせていただいたものだ。この場を借りてありがとう(読んでないって)

前置きが長くなったが(前置きやったんか!)、そのPC-9801をWindows上でエミュレートするための本が発売される。これで昔の資産でまた楽しめるかも!? ……と思ったのだが、そんな単純な話ではないらしい。

さて、昔のフロッピーからデータを引っ張り出さないと。スラッシュドット ジャパン

この方のように、自分のPCが98になると思ってる人は多いだろう。わたいもそうだった。しかし、だ。
※エミュレータではBASICインタプリタは動作しません。また、お手持ちのPC-9801対応ソフトウェアを動作させることはできません。ことわざワールド 楽天ブックス

ええっ。「お手持ちのPC-9801対応ソフトウェアを動作させることはできません」ってことはアカンやん

考えてみれば完全なエミュレータを書籍のおまけにつけてしまうのは、NECにとってうまくないことなんだろう。機能限定版が添付されていておかしくはない。

しかしそれならそれで、情報をきちんと出しておかないと、勘違いする人も出てくるのではなかろうか。

あちこちの販売サイトで予約を受け付けているが、こんな大事なことをちゃんと明記してあるところは少ない。いいのかそれで。

高千穂氏
「PC-9801用の日本語入力環境『WXG』には起動時のオプションに隠しコマンドの「/HT」があります。これは私のイニシャルを付けた専用のコマンドです。
アイテムシティ

PC-9801対応ソフトウェアが動作しなけりゃ、その隠しコマンドを試すこともできんのよ、遙ちゃん。そんなことはいいから、仕様をちゃんと書こうや。頼むぞ、全国の予約サイトのウェブマスターのみなさん。

■蘇るPC-9801伝説
 月刊アスキー別冊
 アスキー
 2004年03月18日(予定)
 2800円+税
 ISBN:4756144195

|

« 大泉さんのミュージックステーション | トップページ | 続・CSで、まんが宇宙大作戦(TAS) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蘇るPC-9801伝説:

« 大泉さんのミュージックステーション | トップページ | 続・CSで、まんが宇宙大作戦(TAS) »