« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

2004.02.29

ムクデン満鉄ホテル、補足

ずんころ氏によるムクデン満鉄ホテルのリポートが、満を持してアップされた。
以下、引用しまくらせていただきつつ、前回リポートの補足など。

おっさん2人が特に理由もなく泊まりに来るのが不審だったのか、いろいろ聞かれたそうだ。「なにしに来るんだろうという困惑が、電話の向こうからありありと(笑)」(ANCHOR氏談)。「満州関係の方ですか?」という質問もあったらしいが、この年齢では関係しようがない。
電話をかけたときに逆取材をされたため、満州関係の方しか泊まりにこないのかなあ、と思った次第。満州関係でもないのにわざわざ訪れるというのは、よほど珍しいことのようだ。
横をすいすい走り抜けていく電車に悪態をつき、いっそ家まで戻って電車で出直した方が早いのではないかと弱気になる。
ほんっとに見事な渋滞だった。絵に描いたような渋滞。渋滞だけに動画不要。絵で充分。「スピード注意」の看板が出ていたが、注意するほど出したいものだ。
もうすぐ目的地だが、このまま着いてしまうと夕食までなにも食べられない。なので目についたスーパーマーケットで食料と調達し
ちなみに調達した食料は「さんまの姿鮨」。西方から来たわたいは和歌山の名産だとばかり思っていたが、伊豆、伊東にもさんまあり、の気概を見せつけられた。
車が駐車場に入るとすぐに玄関のドアが開いて、にこやかな女性が出ていらした。支配人の奥さんで、T氏の予約電話を受けたのも彼女だった。念願かなったおっさん2人は周囲を見回しきょろきょろうろうろしてからやっとロビーに入る。
なかなか入ってこないものだから、奥さんは一度引っ込んでしまわれた。
客室階に上がる階段の踊り場は書架になっていて、満州関係の書籍がずらりと並んでいる。
暇つぶしに持って行った2冊の本は両方ともそこにあった。重たいのに、持っていく必要はなかった。それよりも、ここでしか読めない本を読まないと。
満州ファンなら感涙にむせぶこと間違いなしの空間だ。
“満州ファン”ってなんだ(笑)。
共同風呂は温泉でこそないが24時間いつでも入れるのもいい。
共同風呂は大と小のふたつある。入るときには、ドアノブに「男性使用中」とか「女性使用中」とかけておく。支配人のご夫婦のいずれかがお使いのときは「家族使用中」の札がかけられるという。
お湯が満たされたポットの脇には緑茶とジャスミンティー。
もちろんジャスミンティーは中国大陸産。
↑広々とした客室(12000円の部屋に8000円で泊めてもらった)。
支払うときにちょっとどきどきしたが、ほかにお客さんもいらっしゃらなかったために、アップグレードしてくださった模様。
↑↓朝日小学校と大連中学は作詞北原白秋、作曲山田耕筰とビッグネームを起用。しかし歌詞の終わりが「朝日、朝日、朝日小学」、「大連、大連、大連中学」とワンパターン
歌詞ばかりでなく、曲までがワンパターンでないことを、山田耕筰の名にかけて信じるのみだ。
 ホテル前で異彩を放っている「奉天忠霊塔」は、日露戦争での戦死者を祀るために奉天(現在の瀋陽)にあったもの。第二次大戦後に取り壊されてしまい、酒井氏がこの地に再建した。
ホテル玄関ロビーに積まれた同窓会誌には、「台座の階段がないのが残念」と複数回にわたって“画竜点睛を欠く”と言わんばかりの投稿記事が掲載されていた。実際この塔には台座があったのだが、それを再現したら駐車場に車が入らなくなる奉天忠霊塔のオリジナル
 何よりも楽しかったのは、酒井氏の話だ。満州時代から戦後の混乱期にかけての思い出話は我々にとっては新鮮で、笑っちゃいけないのかもしれないが爆笑の連続。ちょっと書けないような話も多いので、ぜひ宿泊して直接聞いてほしい。
「詰め襟300着」「コジュケイ狩り」「歯医者に純金」「焼鳥屋の中二階」「蝋燭売り」「同窓生の去就」「政治家の頭をどついた男」「奉天(現:瀋陽)の地図に一言」などなど、お題だけを取り出しても書ききれない。どれもこれも真剣で、場合によっては命がけのエピソードなのに、酒井氏の飄々とした語り口が暗さを感じさせない。トークも抜群だ。
↑奉天にあったヤマトホテルの外観を模している
奉天ヤマトホテル(現:遼寧賓館)。 妙な看板が邪魔だが、左右の塔や玄関周りの様子は、ムクデン満鉄ホテルに受け継がれているのがわかる。
・夕食   水餃子
水餃子は満州(現:中国東北地方)で今も好んで食されている。

MMH-DNR.JPG
あまり旨そうに見えない写真ですまん。しかも手前の水餃子は切れて写っていない。

・朝食  牛乳

1リットルのパックがどーんっとテーブルに置かれ、自由に飲める。ずんころ氏が遠慮したため、わたいが遠慮なくがぶがぶと飲んだものの、談笑しながら1リットル飲み切るのは至難だった。飲み残したのが悔しい。今後の課題。

MMH-BF.JPG

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.02.28

まんが宇宙大作戦の楽しみ方

「紀元3000年」ってなんやねん。あかんわ、これ……

オープニングナレーションをお読みになってそう思われただろうか。

しかしちょっと待ってほしい。「まんが宇宙大作戦」を22話通して見てから判断してほしいのだ。いや、22話は長いな。最初の3話だけでいい。3月放映のCSで言えば「謎の新兵器パラライズ光線」「惑星ファイロスの巨人」「惑星を喰う黒雲」の3本だ。

TOSの設定を引き継ぎクリンゴンとトリブル、シラノ・ジョーンズまで出しながら、なぜか冒頭にちょろっと出てくる程度のパラライズ光線にスポットを当てたタイトル。なにが謎って、そこが一番謎めいている「謎の新兵器パラライズ光線」。エピソードを通して観ればわかるが、これほどネタバレしていない邦題がかつてスタートレックにあっただろうか。
声優ではなく脚本家として参加したチェコフことウォルター・ケーニッグが好き放題にキャラクターを動かす「惑星ファイロスの巨人」は、アニメーションならではの展開に目が点になること請け合いだ。
惑星を喰う黒雲」はTOSの「Immunity Syndrome 単細胞生物との衝突」やVGR「The Cloud 星雲生命体を救え」に似たプロットの作品で、TOS「The Ultimate Computer 恐怖のコンピューターM-5」で〈U.S.S.レキシントン〉を指揮していたロバート・ウエズリー准将が登場する。
それぞれに見どころ、ツッコミどころが満載なのだ。

できれば気の合う友人同士で、テレビの前に陣取ってあーだこーだ言いながら観てもらえば、「まんが宇宙大作戦」の楽しさは倍増、いや人数分だけ大きくなる。

ひとりで観るときも何人かで観るときも、次の三箇条を心掛けてみよう。

一.ありえない言動と設定にツッコむべし
一.ありえない言動と設定をすべて肯定して受け入れるべし
一.せっかく肯定した設定と矛盾する言動にまたツッコむべし

この『まんが宇宙大作戦三訓』を座右の銘にし、状況に応じて巧みに使い分けながら、ツッコんで受け入れてツッコミ倒そう。「まんが宇宙大作戦」からは決してツッコミ返してこない。ただひたすらボケまくるだけだ。ボケる。徹底的にボケる。真剣な顔で天然ボケ。それが「まんが宇宙大作戦」。スタートレック・シリーズの、新たな楽しみを発見することだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.27

『本日のスープ』

2月13日の大泉さんのミュージックステーションに影響を受け、結局買った。モノグローブでは入荷待ちだったので、道外で唯一販売していて、なおかつ在庫ありの新星堂にて。

先週末に『明日に続く空』と一緒に届き、さんざん聞かせていただいた。3曲入りで、1曲めが「大泉洋 with STARDUST REVUE」バージョン、2曲めが「STARDUST REVUE」バージョン、3曲めは「STARDUST REVUE」のインストゥルメンタル(要はカラオケ)

一方で3月31日から新星堂以外でも全国発売するらしいという噂を聞いていた。でも買ったからいいや、と満足していたら、さっき新星堂から入ってきたメールを見て驚いた。

全国流通盤。

別ものをプレスするらしい。

太っ腹だ、大泉さん。というか関係各位。

先日発売となり、大好評を博しております大泉洋 with STARDUST REVUE「本日のスープ」! リリース後、大泉洋とスターダストレビュー根本氏のコンビは全国ネットの歌番組に出演し、その爽やかな歌声と楽曲の良さで話題をよびました。現在発売中の北海道流通バージョンは完売間近となっており、それにともない全国流通盤が登場です!しかも今回はオリジナル特典つき。北海道バージョンとは内容が多少異なりますので、既に手に入れた方も是非チェックしてください! ★★新星堂から新作発売のお知らせ★★ 2004/2/26

大泉洋とスターダストレビュー根本氏のコンビは全国ネットの歌番組に出演し」て、ふたりだけやのうてSTARDUST REVUEの残りの3人も出てたやないの。

とにかく装いどころか、中身も新たに追加発売。メーカーの先着特典が「大泉洋 with STARDUST REVUE イラスト・ステッカー」。これはまあ、普通。新星堂が独自に付ける先着特典は「本日のスープ」のライブを収めたDVDだそうだ。大泉さんが「人前で歌ったのは2回め」と言っていた、その1回めの2004年元旦カウントダウンのときの映像が入っている。モノグローブでも初回予約特典にライブのなにかをおまけに付けていたが、あれはCDだった。今度はDVDだ。そして定価はわずかながら下がっている……そうとうたくさんプレスする気だな。大丈夫か。

いかん、注文しちまった

■本日のスープ(全国流通盤)
 大泉洋 with STARDUST REVUE
 サッポロサウンズ
 (番号不明)
 1143円+税
 2004年3月31日発売

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エースをねらえ! 第7話

あらすじ:なんとなく悶々とするひろみは藤堂家を訪ねて上がり込む。姉から藤堂さんが家でひろみについて熱く語っていると聞かされるが、結局本人は現れず。実は部屋に隠れて出てこなかったのだ。「女の成長を妨げない愛し方とはなにか」と尋ねられた藤堂姉は、それに直接答えず「そう言った人にあなたは信頼されているから、応えられるようになれ」と藤堂さんにはっぱをかける。
一方河川敷で子供にテニスを教える音羽さんは、なぜか一緒に下校してきたひろみに、子供たちは下手だが真剣にテニスを愛していて、わたしに勝ったときのあなたと同じ顔してると語る。
ちょっと張り切って練習する気になったひろみは、ラケットを装着できるリュックを新調して、体育館の前でダッシュと素振りを繰り返す。するとそこに緑川蘭子がまたも唐突に登場。そして尋ねられもしないのに「仁はもう一生プレイできない身体」と言い放つ。
コーチに吐いた暴言を思い出して反省したひろみは、夜の宗方家を訪れる。すると背後から宗方コーチが現れた。謝ることはない、むしろ岡に出逢えて感謝しているとしみじみ語る宗方は、「この一球は絶対無二の一球なり。されば身心をあげて一打すべし」とテニス観をひろみに伝えようとするがひろみに響いた様子が見受けられない。「あたしがんばります。コーチのためにも」というひろみに「おれのためになどというな。おまえのためにやれ。いいな。」と宗方。「はい」とひろみは答えるが、ほんとにわかってんのか、ひろみ。
さて、全日本テニス連盟による選考会が始まる。全日本ユース選抜に残るには4戦4勝を義務づけられる。まずは宝力冴子と対戦。その宝力さんは、選考会直前に彼氏にこっぴどく振られ、しかもその現場をひろみに目撃されるおまけ付き。かなり凹んだのか、プレイに冴えがなく、ひろみに惨敗。握手をせずにコートを出た宝力さんは追いかけてきたひろみに捨て台詞を残して走り去る。
それに怒る前に、恋に溺れた人間の心の弱さを恐れるひろみは、誰もいない競技場内で黙々と階段を走って上り下り。走り込み過ぎてぶっ倒れ、21時で閉まった競技場に取り残されたひろみ。替えのシューズを取りに戻っていた藤堂さんも一緒に閉じこめられる。汗をびっしょりとかいて寒い寒いというひろみを後ろから抱きかかえる藤堂さん。あれだけ寒い合宿地や、宗方家の寒い縁側で平気だったのになぜ今日に限ってそんなに寒がるのか岡ひろみ。駆けつけた宗方コーチに連れ去られるひろみは膝が笑っている。階段走り過ぎ。
やや体力が回復したひろみは宗方コーチに藤堂さん好き好き宣言。コーチは、これまでひろみが倒した敵と、声援してくれる友の存在を挙げ、彼らへの責務を果たせ、と音羽さんと同じことを言う。そして試練を避けて通らず、「藤堂さんを待たせるだけの女」になれと直言。
一方尾崎さんに慰められる藤堂さんは、相手の成長を妨げない愛し方がわかったが自分はまだまだだと自省。それを聞いた尾崎さんはのちにお蝶夫人相手に、「あなたにふさわしい男になるまで待ってください」と藤堂さんの決め台詞をパクって先取りの告白。
試合前に宗方コーチにからむ緑川蘭子。どっちに勝って欲しいのかと迫る蘭子に、宗方は「緑川」と名字で呼び、「プレイヤーとして上を目指すなら岡という選手の戦いざまを見ておけ」と話しかける。
なんとなく吹っ切れたひろみ対本気モードの蘭子。ここで初めて今日のお蝶夫人登場。ただ見てるだけ。いい試合をするひろみだが、試合の途中で蘭子は、妹ではなくプレイヤーとして宗方仁を魅了したいと念じ、辛勝する。よくぞ短期間でここまで、と感慨深げなお蝶夫人。意味深にひろみを見つめる理事長。崩れ落ちるひろみ。
これで選考からは漏れたと誰もが思ったが、選考会では竜崎理事がそもそも論を持ち出して選考基準を変え、全会一致で岡ひろみの全日本ユース入りを決定。ひとり残った会議室で感極まるコーチ、今日も涙目。
そのコーチから電話を受けたひろみは、ゴエモンを抱いてご満悦。同じくご満悦の宗方コーチは自室で毛筆を走らせているときに目眩で倒れる。筆はどうした。せっかく書いた文字が台無しになってないか。おや、紙が汚れないように置いているようだ。すごくってよ、コーチ。立って、お立ちなさいコーチ……。
ちゃんとしたあらすじ


雑感:
・「でも見てあの子たち。あんなに泥だらけになるまで夢中なって」と音羽さんは言うが、見たところ誰も泥だらけになってない。むしろおろしたてのぴかぴか
・音羽塾の怒られ役ヨシノリは、なぜひろみに握手を求めたのか。
・夜に宗方の家を訪れたひろみの後ろから突然登場の宗方コーチ。またか。いつぞやの夜のテニスコート同様、今回もまた張っていたのか。
張り込みが趣味ならそれはそれでかまわないが、夜に尋ねてきた客を家に上げず、縁側に座らせるのはどうなんだ、宗方コーチ。
・寒い縁側で「この一球は絶対無二の一球なり」と福田雅之助の言葉を引用してひろみ語りかけるコーチは、「人生において一日にも同じ日がないように、テニスにもまた、一球として同じ球はない。わかるか、岡」と話しかけるが、ぽかーんと聞いていたひろみが「お願いです、もう一度チャンスをください」と自分のことだけを訴えるのを聞き、全然聞いてないやんという笑みを浮かべる。
・全日本ユース育成プロジェクト(Aim For The Grand Slam)は日本テニス連盟主催、竜崎コーポレーション後援。そのどちらもトップは竜崎父だ。早く言えば竜崎父の道楽
・女子Dブロックの対戦表。宝力さんって聖スミス高校だったのか。
 戸張綾(秋陽) 松木祐子(市立金沢) 緑川蘭子(加賀東) 宝力冴子(聖スミス) 岡ひろみ(西)

戸張 緑川 松木 宝力
戸張 第1試合Cコート 第10試合Aコート 第3試合Bコート 第9試合Dコート
緑川 第1試合Cコート 第8試合Bコート 第6試合Aコート 第7試合Cコート
第10試合Aコート 第8試合Bコート 第4試合Aコート 第2試合Dコート
松木 第3試合Bコート 第6試合Aコート 第4試合Aコート 第5試合Bコート
宝力 第9試合Dコート 第7試合Cコート 第2試合Dコート 第5試合Bコート

・全日本テニス連盟は、まずユース選抜の段階をひとつ飛ばしに変更し、次に4戦全勝という基準を変更。さすが竜崎理事、なんでもありだ。
・完全自滅した宝力さん相手に、ひろみはラケットろくを振らずに勝利。それはともかく、屋内の試合で帽子やサンバイザーを被る必要があるのか、ふたりとも。
・競技場の鍵は21時で自動的に閉まる。画面に映るドアノブは、とても自動的に閉まる仕掛けが付いていそうにない地味な普通のノブ
・友人が閉じこめられたと訴えられた警備員、プロなのに一番の慌てぶり。
・替えのシューズを取りに戻って、電気の落ちたコートになにかを感じた藤堂さんも、閉じこめられた藤堂さんを探しに入ってきて、コートになにかを感じて立ち止まった宗方コーチも、ニュータイプか。
・助け出されたひろみは宗方コーチに「怒らないんですかさっきのこと」と尋ねる。そのひろみが座る謎の広い部屋には、いつの間にか太陽が差し込んでいる。21時に閉まって、見つかったのが「さっき」で、太陽燦々か。どうなっておるのかね。
・ひろみと戦った加賀のお蘭、試合終了直後、眼の下に隈
・蘭子との試合に負けたひろみが泣く洗面所の洗面台は、TOTO
・西高のコートで「あれからもう1年も経つのか、信じられない」とつぶやくひろみだが、1年も経ったのが信じられないのはこっちの台詞だ。原作も展開が早いが、この実写版もたいてい早いぞ。
・初めて優勝したときのメダルを「ぼくが君にふさわしい男になるまで、預かっていてくれないか」とひろみに渡す藤堂さんは「じゃ」と立ち去る。今日は「失敬」はなしか。失敬あってこその藤堂さんなのに。
・最後に宗方コーチが書いた「」。星野仙一の色紙か。
・千葉っちはどうにも影が薄かった。愛用の腕時計はVictorinoxのスイスアーミータイプ。多分、レネゲード
・ついに、ひろみの両親に出番なし。
・あ、そうそう、岡ひろみ。ひろみしか知らないはずの宝力事件なのに、尾崎さんがお蝶夫人への告白の前振りに「宝力さんの話を聞いて……」と使っていた。尾崎さんは地獄耳か。(岡ひろみも尾崎さんネタの前振りかい)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.02.25

新番組:ウルトラQ dark fantasy

「ウルトラQ」を作っているんだそうだ。

 日本初の特撮テレビドラマとして1966年にTBS系で放送され、人気を博した「ウルトラQ」の新シリーズが38年ぶりにテレビによみがえることが24日、分かった。テレビ東京系で4月6日からスタートする「ウルトラQ dark fantasy」(火曜・深夜1時)で、ガラモン、カネゴン、ケムール人などの人気怪獣も21世紀版として復活。スタッフも元祖「ウルトラQ」を手掛けた特撮の巨匠たちが結集して、撮影を開始している。スポーツ報知 2004/2/24

“21世紀版”の怪獣やら宇宙人を出す模様。あんまり凝りまくった変な造形にしないで欲しいが、特撮ファンが知りたい「誰が造形するのか」には記事中で触れられていない。ゲスト俳優は当面はどうでもいいから、制作陣をもっと詳しく書いてくれ、スポーツ報知。

ガラモンをモチーフにした新怪獣「ガラゴン」
なんやそれ。パチモンみたいな名前やなあ。 パチモン怪獣について詳しく知りたい向きはこちら。→パチモン怪獣図鑑
人間側の主人公は袴田吉彦、遠藤久美子、草刈正雄が演じる。
この並びだと戸川一平(西条康彦)、江戸川由利子(桜井浩子)、万城目淳(佐原健二)を想像するが……まあ、役名は一新されるのだろうなあ。一の谷博士(江川宇礼雄)は出てこないのだろうか。そもそも、設定がまったく違う新作なのか、リメイクなのかもわからんなあ。

■ウルトラQ dark fantasy
 ナレーション佐野史郎
 主人公その1袴田吉彦
 主人公その2遠藤久美子
 主人公その3草刈正雄
 制作円谷プロダクション
 演出・脚本上原正三実相寺昭雄金子修介高橋洋
 劇中曲宮内國郎
 エンディングテーマを歌う人kayoko
  曲名:「夕方に咲く花」

 ゲストその1宝生舞
 ゲストその2野村宏伸
 ゲストその3さとう珠緒

 4月6日(火)25:00~ 毎週火曜深夜 全26話

※ ブラウザの大きさを強制的に変えられるので注意

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北極圏突入 第3夜

TVKの「水曜どうでしょうリターンズ」。「アラスカ半島620マイル」第3夜は、氷河クルーズで一日潰した一行が、キャンピングカーを借りて北へ向かうところから。

風邪を引いて体調を崩した大泉さんが「具合悪いから病院行かしてくれませんか」と訴えてみるものの、「まあまあ、後ほど考えましょう」ととりつく島もなく藤村Dに押し切られ、一行はキャンピングカーを借りに行く。

22フィート(7m)のキャンピングカーを1日$110でレンタル。その車のフロントガラスは割れている。「あのねえ、寒暖の差で割れるらしいんですよ」「寒暖の差とかじゃなくて、割れてないの借りなさいよ」「(こっちの人は)気にしないみたい」。

しばらく走ると、タルキートナを起点に空からマッキンリーを見たいと個人的な観光モードに入る藤村D。「あなたたち(鈴井さんと大泉さん)がね、行きたくないって言っても、行きますから、ぼくは!」と、風邪で熱っぽい大泉さん相手に違う意味で熱っぽく語る藤村Dは、ベッドに倒れ込んで目を開けたまま眠る大泉さんを無視してタルキートナの飛行場に車を滑り込ませた。

寝ている大泉さんを叩き起こして飛行機に乗りに行くが、天候不順のために飛行機は飛ばず。なぜか「ほかにマッキンリーを見る方法はないのかい? 今日しかスケジュール的にはダメなの、明日待ってとか」と前向きな発言をする大泉さんに、藤村Dはディレクターらしく「あの、北極に行かないと。急がないといけないですから。我々昨日の氷河クルーズで一日食ってますから」とびしっと答える。時間がないと聞いて不機嫌な様子の鈴井さん。いつになったらコールドフットに着くのだろうと不満気だ。

とりあえずキャンピングカーのキッチンで昼食を作る料理長大泉。初めてのメニューは、「日清のカップヌードル」。

飛行機が飛ばないなら自力で山に近づくのみ、と、デナリ国立公園へ向けてぐいぐい車を走らせる藤村D。キャントウェルのキャンプ場に着くまでの間、鈴井さんと大泉さんは眠ってしまった。

キャンプ場でタレントが起きると、藤村Dが一応申し訳なさそうな様子を装って宣言する。「お二人が寝ている間に、誠に勝手ではありますが、明日一日ですね、我々にちょっとお時間をいただいて、なんとか、マッキンリーを、見たい、ということでですね、もう、明日の朝6時半出発のツアーを我々、今行って予約してきちゃいましたんで
40km先のホテルまで、往復100kmあまりを走って予約したとうそぶくD陣に、そんな時間があるならなぜコールドフットに少しでも近づく努力をしないのか、と鈴井さんが反発。「行けるならいいよ。行けなかった、って話になるとね。僕らも時間限られてるから」鈴井さんの反論ももっともだ。ついさっきまで「急いで北極へ行かないと」と藤村D自身も言っていたのだから。
しかし藤村Dは「ここでもオーロラ見れるんですよ」と軽くあしらうのみ。やがては「テメェだけ起きて見てればいい」と口汚く鈴井さんを罵る藤村Dに、なぜか大泉さんは「そうだそうだ」と同調してみたりしている。なんだかんだ言って、オーロラよりもとりあえずマッキンリーが見たいらしい。鈴井さんが押し切られる形で内輪もめ終了。

そして料理長大泉による「びすとろ大泉」。

今日はようこそ
うまくなければ
金いらぬ!

前菜は「トマトのオーロラ風」
本日のサラダ「ハリバットのサラダ オーロラ風」
メインはパスタ「えびとブロッコリーのスパゲッティー オーロラ風」
と、メニューが発表される。

制限時間は45分。しかし前菜を作るだけで45分を使い切るシェフ大泉。3品それぞれに45分かけるのかと残り3名が恐れたとおり、20時45分に始まった調理だが、結局メインのスパゲッティが食卓に並んだのが23時23分。調理時間がいくらなんでも長過ぎるぞ、大泉さん。

サラダの具になるハリバットはアルコールに火をつけてフランベ。火が大き過ぎて車内の火災警報機を鳴らすシェフ大泉。マヨネーズとケチャップを混ぜた“オーロラソース”で振る舞うが、オーロラソースは不評。自ら試食したシェフ大泉も、ハリバットは旨いがオーロラソースはないほうが、と断言。

メインのパスタは、ソースの段取りが終わる遙か前に茹で上がってしまい、慌てて湯を切り、ソースに注力するシェフ。藤村Dをあごで使いながら必死で作ったソースにからめようと、フライパンにパスタを入れたところ、すっかりふくれあがったパスタはフライパンに入りきらない。からめようとしても一向にからまないソース。
容積はフライパンの三倍はあろうかという有様。
こんなスパゲッティー初めて食べる」「食感的にはモチに近いね」などと品評しながら、それでも楽しげに食事する一行……。

そして次回、またもや寄り道、デナリ国立公園観光。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004.02.24

『明日に続く空』、届く

店頭で一向に見当たらないのに業を煮やし、結局通販で注文。

はっ。まさか、売れに売れて、店頭にも問屋にも流通在庫がないのか? 「音楽界に価格破壊を起こ」したのは功を奏しているのか?

書いたが、実際見当たらなかったのは、売れに売れていたかららしい。
発売日には「通常1~2週間以内に発送します」と表示されていたAmazon.co.jpも、現在は「通常24時間以内に発送します」に改まっている。

ほかに買いたいものがあったので、今回は新星堂で購入。注文から4日後に届いた。

ZUTTO.jpg 帯まで付いて315円(税込)。

で、肝心の歌について。
松本英子のことは知らないが、篠原ともえは当時100円で買ったレンタル落ちのシングル、『ウルトラ リラックス』のはじけっぷりに感動し、そのはじけっぷりが期待される『篠原ともえのクレクレタコラ』聞きたさに、アルバム『スーパー・モデル』を買ったのだった。想像を超えたはじけっぷりだった。

収録されていた曲は基本的に「ウッキー!」「ぐふふ」
だが篠原ともえ自身は、もっとシックで落ち着いた歌を歌いたいと思って芸能界に入ったらしく、セカンドアルバム『MEGAPHON SPEAKS』からは急速に「ウッキー!」が鳴りを潜めた。

「ウッキー!」抜きの篠原なんて牙を抜かれたマングースみたいなもん(なんやそれ)だと思ったが、実際聞いて見ると、悪くない。

ユニット“ZuTTO”の『明日に続く空』も、もちろん「ウッキー!」はナシ。全編篠原と松本がハモりまくっている。いっそのこと、打ち込みで作った伴奏をとっぱらってしまってアカペラ仕立てでもいいくらいのハモりぶりだ。多分、伴奏がなくても(特にちょっと強めに聞こえるドラムパートはもうちょっと抑えていいんじゃないか)、耳に心地好く響くだろう。

1月28日の発売前から、みそのコマーシャルソングにサビが使われている。みそ会社は愛知県岡崎市に本社があるマルサンアイ株式会社で、岩津天満宮のちょい北のあたりにあるらしい。岡崎市には合計12年ほど住んでいて、岩津のほうに行く度に味噌くさいなあ、と思っていたが、マルサンアイは知らなかった。すまん、マルサンアイ。

そのマルサンアイでは、顧客/未来の顧客向けに、キャンペーンを実施中 ※キャンペーン終了のため、URLは削除された

一般販売なし、キャンペーン招待のみのライブだそうだ。なぜか原田真二加川良まで出てくるらしい。すごい顔ぶれだ。どうなってんだ、ZuTTO

ちなみにアーティストご本人のサイトでの『明日に続く空』の話題はどう扱われているか。

篠原ともえのシノハラトモエ.コムでは、相変わらず「しーーーーん」としている。

松本英子のeiko matsumoto's official websiteでは、一応「information」にちょろっとマルサンアイでのライブのことが。

ZuTTOそのもののサイトはまだないらしい。そんなサイト立ち上げる予算はないか。

■明日に続く空
 ZuTTO(篠原ともえ、松本英子)
 コロムビアミュージックエンタテインメント 300円+税
 レーベル:DREAM ROBOT
 CD番号 :DJCA-10009
 発売日:2004年1月28日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.23

知覧特攻平和会館

ちょっと行ってきたので、簡単にご報告。

鹿児島県の知覧にある特攻平和会館には、帝国陸海軍の兵隊さんたちの、遺書、遺品の類が数多く展示されている。
彼らは大戦末期、昭和20年の4月頃から、沖縄本土への上陸部隊を運んできたアメリカ合衆国の海軍艦船に対し特攻を試みた。
きけわだつみのこえ」にも通じる遺書の類は、実物あるいはコピーが展示されていて、達筆で読めないものはワープロ打ちの“翻訳”も添えてある。
短時間ではとても全部見切れない。展示品をそれなりに解釈しながらきっちり見ようと思ったら、まあ、午後を全部使うくらいの勢いがいるだろう。

わたしの目的は零戦の実機を見ることだった。横200ピクセルだとわけわからんので、ちょっと画像が大きくなってすまん。

52C-1.JPG

前半分だけが飾られている。

52C-2.JPG

後ろに回ると、コクピットがよく見える。

零戦(52型丙)は、塗装がほとんど剥がれてジュラルミンむき出し。
かなり近くで見られるため細かい造形がよくわかる。沈頭鋲の沈頭っぷりや、翼端灯の様子なども手に取るように観察できる。触ってはダメと書いてあるが、触れるところにあるのが憎い。
腐食したジュラルミンがまるでスケルトンモデルのような様子を演出し、機銃がどのように翼に収まっているのかを眺めることも可能だ。

ちなみに館内は撮影禁止。上記写真は、館外からガラス越しに撮ったのでセーフ(一休さんか、あんた)

尾翼の一部とどこだかわからないパーツの山が、会館の外にある「三角兵舎(特攻隊員が出番待ちをしていた宿舎のレプリカ)」の中に無造作に立てかけてあった。

52C-3.JPG

ここにはほかにも、日本に現存するただ一機の「飛燕」と、以前京都の嵐山美術館(現在は店じまい)にあった「疾風」が展示されている。「隼」もあるが、それは模型だ。

半分しかないしぼろぼろだが、以前上野の国立科学博物館で見た零戦(21型複座練習機)よりも、眺めていて飽きのこない機体だった。

■知覧特攻平和会館
住所:〒897-0302
   鹿児島県川辺郡知覧町郡17881番地
電話:0993-83-2525
開業:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休み:原則年中無休。たまに休館することあり
料金:大人500円 小人300円
URL :
URL :http://www.town.chiran.kagoshima.jp/

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2004.02.22

まんが宇宙大作戦のオープニング

TASでは、オープニングテーマがTAS独自の曲に差し替えられている。 なにか権利関係でそうなったものと憶測するが、「まんが宇宙大作戦」は、「宇宙大作戦」のファンをすんなり取り込もうと考えたのか、オープニングテーマをTOSのそれにわざわざ差し替え直している。

さらに、オープニングナレーションに顕著に見られるように、設定変更と言ってもいいほどアレンジされているのが「まんが宇宙大作戦」の特徴だ。TASのオープニング ナレーションはTOSと同じ。第3シーズンで打ち切られたカークの指揮する《エンタープライズ》の5年間のミッション(TOS/「宇宙大作戦」)のうち、放映されなかった残り2年間を埋めるのがTASという見方もできる。
しかし「まんが宇宙大作戦」は違う。何がどう違うのか。 オープニングナレーションをご覧いただこう。

紀元3000年、幾多の苦難を克服した人類は、ついに銀河系を征服し、ここに巨大な銀河連盟を結成した。我が宇宙パトロール船 《エンタープライズ》号は、この 銀河連盟の平和と安全を守るため、今日も、果てしない宇宙を進んで行くのである。
第1~3話バージョン

紀元3000年、幾多の苦難を克服した人類は、ついに銀河系を征服し、ここに巨大な銀河連盟を結成した。我が宇宙パトロール船《エンタープライズ》号は、銀河連盟の平和と安全を守るため、今日も、果てしない宇宙を進んで行くのである。
第4~22話バージョン

※徳間書店刊「スーパービジュアルマガジン/スタートレック大研究3」掲載のオープニングナレーションにある「苦難を次々と克服」の“次々と”が含まれるバージョンは、少なくともLDでは確認できない。※


いきなり「紀元3000年」だ。

TOSの時代は23世紀だが、大きく31世紀と出た。


臆面もなく「人類」が「銀河系を征服」 だ。

人類ではないスポックやアレックス、レスは、征服された星からの志願兵、あるいは徴兵という立場なのだろうか。
そして惑星連邦ならぬ「銀河連盟」。

さらにエピソード中には「宇宙軍」や「銀河連盟軍」、「我々は軍人」など ジーン・ロッデンベリーが聞いたら卒倒しそうな言葉がばんばん使われる。

挙げ句には翻訳者の都合なのかなんなのか、吹き替えでは設定やオチをまるで逆に変えてしまったエピソードまで存在する。やりたい放題だ。

スタートレックの設定を知っている人のなかには憤慨する人もいるだろう。あるいは「紀元3000年」だけでがっくりきてもう観ない、と言い出しかねない人もいるに違いない。というか現に、いる(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.02.21

今のカーク、もといシャトナー

いつまでもいつも元気なウィリアム・シャトナー氏の出演するコマーシャルフィルムをダウンロードして見てみよう。

アメリカで最近流れているオンライン航空券・ホテル予約販売会社のTVCMで、”スタトレ”のカーク艦長が登場しているものがあります。この俳優ウィリアム・シャトナーは、アメリカ版『料理の鉄人』で鹿賀丈史の役をやったり、色々と今でも他のテレビ番組にちょこちょこ出演しているので珍しくはないのですが、このCMの最後に出てくるアノ人が・・・。スポックゥ~!ABC振興会
D姐さんのABC振興会から拾わせていただいた。もとはイギリスの警察が「わしんとこもフェーザー使いたい」と語っているらしいという記事だ。

さてフェーザーは置くとして(置くのかよ)、シャトナー。

オンライン航空券・ホテル予約販売会社”priceline.comは逆オークション型(客が商品の値段を決める)オンラインショップの草分けとして鳴り物入りで登場したものの、あんまりうまくいかなくて事業規模を縮小(リストラ)していたという記憶があるのだが、今こんなCFを流しているということは、それなりにうまく行ってるんだろうなあ。

元記事からももちろんリンクがあるが、手っ取り早くここから「priceline.com」へ。

左下あたりに「Shatner's Back!」と書かれ、シャトナーの顔写真の添えられたダウンロードページへの入口がある。

今落とせるのはオンエアされている30秒バージョン。Windows Media Player形式とQuicktime形式が選べ、それぞれ回線の状態に応じてサイズも選択できる。
そのうちこのサイト用特製の60秒バージョンも公開されるらしい。60秒バージョンには、30秒バージョンの最後に現れた彼とふたりで漫才でもしてくれるのか? TOSファンは(TASファンも)見逃すな!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.02.20

吹替声優:まんが宇宙大作戦

TASを吹き替えた作品が「まんが宇宙大作戦」である。「宇宙大作戦」のCARTOONだから「まんが宇宙大作戦」。実にすっきりした命名だ。「アニメ宇宙大作戦」じゃないところに妙な味がある。

TASは、TOSのオリジナル俳優をそのまま声優に迎え、「SATURDAY MORNING CARTOON(土曜日の朝に放映されていたまんが映画。転じてお手軽な作風の子供向けまんが映画を指す)」にそんな贅沢なことするの?と業界を驚かせた。
まんが宇宙大作戦」では「宇宙大作戦」の声優を一新し、新たにキャスティングし直した。この辺の事情は知らないが、推測するに制作会社の違いと、アニメ畑と実写畑で住み分けをしていた声優側の意向などもあるのではないだろうか。

レギュラークルーの声優は以下の通り(TASまんが宇宙大作戦)。

 ジェイムズ・T・カーク(佐々木功
  William Shatner as James T. Kirk
 ミスター・スポック(阪 脩
  Leonard Nimoy as Spock
 レオナード・H・マッコイ(村越伊知郎
  DeForest Kelley as Leonard H. McCoy
 モンゴメリー・スコット(石丸博也
  James Doohan as Montgomery Scott
 加藤(村上 明
  George Takei as Lieutenent Sulu
 ウーラ(高島雅羅
  Nichelle Nichols as Uhura
 チャペル(吉田理保子
  Majel Barrett as Christine Chapel
 アレックス(大泉 滉
  James Doohan as Lieutenent Arex
 レス(小宮和枝
  Majel Barrett as Lieutenent M'Ress

「宇宙大作戦」でチャーリーに名を変えられたスコッティことスコット(スポックと音が似てるから)は、本来の名前での登場を許された。映画吹替ではチャーリー・スコットと“和洋折衷”の命名をされているので、モンゴメリー・スコットとして存在している吹き替えは「まんが宇宙大作戦」だけだ。
一方でスールーは「宇宙大作戦」で付けられた加藤の名で登場。
チェコフは出て来ない(この件についてはいずれ別の機会に触れる)が、その代わりに3本手3本足のアレックスと、猫のようなレスというアニメならではの異星人がブリッジ・クルーに加わった。

声の出演には個性的な顔ぶれがあたっている。
アニメソングのイメージが強いが、声優や俳優としても活躍されていた佐々木功氏がカーク。
スポックはアニメよりシー・クエストのネイサン・ブリッジャーなどドラマの声をアテることの多い阪脩氏。
マッコイには黄金バットのヤマトネ博士や超人バロム1のバロム1でレギュラーを張り、イナズマンではナレーターをやっていた村越伊知郎氏。
スコットにはマジンガーZの兜甲児ジャッキー・チェンで耳染みの石丸博也氏。
映画版サンダーバードのバージルの声をアテた以外はちょっと思いつかない村上明氏がフランクでフレンドリーな雰囲気満点の加藤。
後にTNGで物腰柔らかなディアナ・トロイを担当する高島雅羅さんがちょっと硬質な感じでウーラをアテる。
チャペルは微妙なキャラが多くてどれを挙げていいやら見当つかないが、未来少年コナンのモンスリー、新・エースをねらえ!の宝刀冴子、ゲッターロボのミチル、うる星やつらのクラマ姫などをアテた吉田理保子さん。
新キャラのアレックスは何をやらせても独特の怪演が光る故・大泉晃さんで、印象深いのは仮面の忍者赤影の宣教師ペドロ兄弟(一人二役)。
同じく新キャラだがあまり出番のないレスは、これも後にDS9でキラ・ネリスをアテた小宮和枝さん。

それぞれに持ち味を発揮して、「宇宙大作戦」とは違う魅力を醸し出している。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.02.19

エースをねらえ! 第6話

あらすじ:ついにやっちまって先週の予約設定のままだったために録画失敗した今回の「エースをねらえ!」は、前半に流れた庭球戦隊の旗揚げ式(推測)や、アバンギャルド(推定)な美咲優子のぶち切れテニス(推定)が観られず残念無念。突然岡造園に現れた宝力さんを案内して、横浜中華街の景徳鎮前やマリンタワーを徘徊するひろみ。宝力さんには彼氏がいるわ、みなとみらいにはラブラブカップルの群れが集まっているわで、すっかり意気消沈したひろみは、学校で尾崎さんと千葉さんが「藤堂は岡くんを好き」「でも宗方コーチに止められているんだそうだ」と話しているのを立ち聞き。持っていた青いバケツを放り出してなぜか逃げ出し、角を曲がったところになぜか再び隠れる。ますます鬱になったひろみはバケツに続いて練習も放り出す。選手はコーチの操り人形じゃないという宝力さんの台詞に踊らされたのか、コーチに反旗を翻し、世界なんて本意じゃない、そんなに世界に行きたければコーチが自分でやればいい、とダダを捏ねて河川敷に逃げる。と、そこに現れたいやにフレンドリー音羽さんがひろみを諭すが、聞き分けのないひろみに愛想を尽かして「今のあなたにラケットを持つ資格なんてない」と突き放す。一方、適当な理由でコーチを呼び出した緑川蘭子は飛躍した論理を駆使して勝手に怒りを募らせる。ひろみにも蘭子にも当たられた宗方コーチは、自宅でよろめきながら脂汗。気持ちの整理がつかないまま岩手の中尾公佳と対戦するひろみは、目もフォームも泳ぎっぱなし。機嫌よく勝った藤堂さんも一気に不機嫌に。怒りのお蝶夫人に「何かにとらわれた心のままコートに立つなんてテニスへの冒涜よ」叱責されたひろみは、待ち伏せする加賀のお蘭に「今度あんなプレイをしたら絶対許さん」とハリ倒される。さらに待ち伏せしていた宗方コーチにはガンを飛ばすだけ飛ばして黙って立ち去られ、ひとり残された岡ひろみ、目も虚ろでどうなることやら、心配で夜も寝られなくってよ……。ちゃんとしたあらすじ


雑感:
・岡家に上がりこんだ宝力さんはコートも脱がず、マフラーも巻いたままでコタツに入っていた。ガマン大会か。
・宝力さんとひろみが歩いていた道はここ
・彼氏がいると公言する宝力さんは、宗方コーチから恋愛を止められていると話すひろみをコーチコンプレックス扱い
・いつも立ち聞き組だった尾崎さんと千葉っち、今回は聞かれるほうに回り、無防備さをさらけ出す。
・運動神経抜群の尾崎さんと千葉っちともあろう方々が、バケツを足下に落としてから開いている扉の前を通って走り出したひろみの尻尾も掴まえられず。
・「その背の高さをテニスに活かせ」とバレーでもバスケでもなくテニスを勧めた宗方コーチに、ある意味人生を狂わされた緑川蘭子。
・宗方さん、当時から同じ服。物持ちがいい人だ。
・蘭子の母、見事なまでのカップの落としっぷり。破片に向けてニードロップ
・宗方仁との出会った頃の蘭子、セーラージュピターこと木野まこととキャラが被ってないか。
・屈折した胸の内を披露する蘭子、「あなたがそのすべてを注いだ岡ひろみを叩き潰す。彼女を倒すことで、あなたへの思いを証明してみせるわ」……略奪婚の母親のDNA、娘もしっかり受け継いだ。
・河川敷で子供にテニスを教える音羽さん登場。子供たちの間でいじめがあったら、どう対処するのか見てみたい。
・フェルト人形は牧からもらったようだが、そのシーンは見逃した。
・お怒りのお蝶夫人、第2話の音羽さんに続いてひろみにも「恥を知りなさい」の決め台詞。
公式サイトのあらすじが、「茫然と佇むひろみで……。」と終わっている。その「で」はなんだ、「」は。「ひろみ……」 あーっ、気になるっ、「」っ!
・あ、そうそう、岡ひろみ。ひろみをよくいじめていた音羽さんが原作とは違う形で登場してきて、妙に親しげな様子で話していたが、わざわざ通学路の途中でテニス教室を開かなくてもいいんじゃないか、音羽さん。(岡ひろみのネタはないんかい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北極圏突入 第2夜

TVKの「水曜どうでしょうリターンズ」。「アラスカ半島620マイル」第2夜は、オーロラを見たいと主張する鈴井さんの企画でアラスカくんだりまで行ったにもかかわらず、なぜか崩れ落ちる氷河を見たいというディレクター陣のわがままに引きずられて氷河クルーズへ行っている。

一日氷河クルーズで潰して、すっかりご満悦で戻ってきた一行だが、宿に戻った鈴井さんが「氷河なんてどうでもいいよ。オーロラなのよ」と言い放ち、そもそもの旅の目的をみんなに思い出させた。

ここでまた、「大泉さんに言ってないことをひとつ」発表。「ひとつだけだね、ボクに言ってないことは」と凄む大泉さんに、藤村Dが説明するには、今のアラスカは観光シーズンで、どこへ行くのもホテルを取らずふらふらするどうでしょう班の手が、アラスカでは通用しないのだ、と。だからキャンピングカーを借りてコールド・フットを目指すのだ、と。

レンタカーを借りるにあたり、これまで地図も読めないバカと言われてきた大泉さんに、使命が言い渡された。

料理長

なんで君たちの料理を作らなきゃならないんだとぼやきつつも、ここから大泉さんのバカトークが炸裂する。

鈴井さんの奥さんより美味しいものつくる自信あるよ。
ボクはなんだかんだ言ってもシェフだよ。
でもある程度の食材がないと。
まぐろかなんか買い込みたいね。がーっとスプーンですくって。
ちゃんと調理器具も揃ってるかい。マックの包丁以外ではボクは切らないよ。弾力性のあるやつ、こう、ぶりんぶりんぶりんっと。
トンと立てかけておいてそこへトマトをストーン、そしたらスパーッと切れるようになってる。
もう何十枚重ねようとぉ、トーストがばーっと切れるようなやつだよ。ボクはそれじゃなきゃやらないよぉ。
(刃には丸い)穴空いてる。刃こぼれしたらすぐ換えてもらうから、ボクは。換えてくれ、と。永久に換えてもらうよ。
フライパンもあれだよ、絶対焦げたらやだよ。油垂れて、ばーっとバーナーで焦げ焦げにしたやつが、水に入れたらストーンとこう落ちるようなやつじゃないとボクは使わないよ。アップで見たら実はこう波形になっていて、絶対に焦げないやつだから。
どれだけこすってもこすっても、波の頂点だけが削れるから焦げないってタイプのやつだよ。
キッチン周り汚れたから必ずボクはオーリで磨くよ。どんどん取れないとやだよ。しつこい油汚れも取れるようなオーリを。

そのかわりボクはあれだよ、料理はボケないよ。いいね。
ちなみにどんなもの好きか、ちょっとだけ軽く聞きたいね。
サーモンね。ルイベね。塩焼きだぁ、つまりは。
サーモンと聞いただけで百通りくらい(レシピが)浮かぶよ。
ヒズナマスかなんか食べたい? うん、鼻の頭ザーッと切ってね。
ヒズナマス知らないの? メフンかなんか食べるかい?
イクラの醤油漬けでも漬けようか。ねえ?
なんだったらそのまま孵化させてもいいよ、ボカァ。稚魚にしようか。
なんでもできるよ。
だけど鮭だったら藤村くん、捕ってもらうぞ
そのへんのあれだよ、グリズリーと共にねぇ。
うんがーっと、こう、こう見て、いやぁーっと。
まな板に載せてもらうから。
まず腹をえぐって、ぶるぶるぶるっとイクラを取って。
暖かいところに入れて孵化させるから。
それをずるずるずるっと躍り食いで。
孵化させるって手もあるってことだよ。
なんでもできるんだよボクは
いいじゃないかいいじゃないか。
おお、なんだったら皮を剥いで服でも作ろうか、鮭皮の
ねえ、靴かなんかボク作ろうか、器用だからボクは。縫うよ。
鮭は捨てるとこないから。
鈴井さんなんか案外レザー好きだから。鮭持ってないでしょう。
鮭のズボンかなんか履きなさいよ
みんなに作ろうか、みんなの分。
スタッフジャンパーにサーモンジャンパー。鮭のやつ。いいじゃないの。

毎朝自分で作ってるんだから。
食べたくなくても作りたいときがあるくらいだから。
ある意味芸術と言っていい。
大体ボクが作ったもん、みんな食べないもん

そして「エビチリを超えたなにかができた」と力説する大泉さんを受けて、「では明日から自炊生活ですから」とトークの収拾を図る藤村D。

料理長として、スタッフロールに出る名前を目立つものにしてほしいと要求する大泉さんは、フランベかなんかした途端に、ばーっと火が上がる様子を自分の名前のバックに入れてほしいと言う。「いいですよ、5秒くらいでいいですか」と軽く請け合う藤村D。「いいよ。5秒もあれば充分だよ。うれしいじゃないか」喜ぶ大泉さん。

いよいよオーロラへ」まとめにかかる鈴井さん。
自分がまとめるつもりの大泉さん、「オーロラが食べれるような喝の入った料理を作りますよぉ」と述べるが、「オーロラを食べれる」ってなんだ、「喝の入った料理」ってなんだと、口々にツッコまれ、めろめろのままエンディング。

どうでもいいが、2回の放映で、まだアンカレッジに着いたときと全然変わらない場所でトークしている彼らって、何。

そして次回、ようやく北へ。

 ※投稿時はわたしの聞き取りで「塩漬け」としていましたが、複数の道民の友人より「醤油と聞こえます」とご指摘をいただき、修正させていただきました。毎度どうもありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.02.18

まんが宇宙大作戦の略称

スタートレックのアニメ版は「STAR TREK THE ANIMATED SERIES」と書き表わされている。略称は「THE ANIMATED SERIES」の頭文字を取って「TAS」。
「STAR TREK THE ANIMATED ADVENTURE」という表記を見たこともある。今のスタートレック公式サイトは、いつの間にかこれを採用しているのだが、最近の話だ。「TAA」という略はわたしは知らない。
UNCUTから送られてきたメールには「STAR TREK ANIMATED」と書かれているが、これは初見。このために「STA」という略を試みる人が出ないとも限らないが、「TAS」ということでよろしくお願いしたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.02.17

フルタ:エンタープライズBを無償交換

フルタ:エンタープライズBを無償交換
フルタ製菓スタートレック・フィギュア2のラインナップのうち我らがハリマン艦長の指揮する《エンタープライズ》B型。

ENT-B.JPG

大きいのがフルタ。小さいのは浪漫堂。小さいほうは今回の話には無関係。

こいつのナセル(水平に配置されている2本の棒。ワープ推進を行なうのに使われる)が、左舷の分しか入っていないというのは、購入者のなかでは有名な話だ。

ENT-B2.JPGナセル部分を拡大。

ちょっとわかりにくいが、の中にうっすら見えているフィンに注目。左舷のナセル(写真では右)は外側に、右舷のナセルは内側にフィンが付いている。本来ならどちらも外側にあるのが正しい。

塗装は左右をきちんと塗り分けているので、封入のときに左右を間違えたのではない。そもそも金型を作るときから間違えちゃったのだ。

この左ナセルについて、友人より貴重な情報をいただいた。

先日発売されたフルタのスタートレックフィギュア2にて金型ミスがありました。
No.2のエンタープライズBのパーツで左右別の形のはずが、同じ方向のものが2点はいっております。
本日1/22、フルタより電話連絡があり、現在修正中の新金型と交換するそうです。
ただし、修正版がでるまでまだ3~4週間(当店への電話説明では3~4週間、別情報では3~4ヶ月)かかるため、発送はそれ以降となるそうです。
皆さんも箱に書いてあるフルタへ送付すれば新金型B型と交換するそうです。
模型と関連書籍のリサイクル ピンクタイガー
というわけで念のため、2004年2月16日夕方、フルタ製菓のお客様相談室(箱の横に書かれている)に電話したところ、
・無償交換する
・着払いで送ってほしい
・代替品の発送は1~2週間後の予定
とのことだ。

ピンクタイガーのご担当者はずいぶん失望されているが、まあなんにしろ、金型改修までして対応しようというのは一応評価したい。ただし自社ウェブサイトに載せないのは、やや潔さに欠けると思う。

修正した品の配布が1~2週間後になる……ということは、関東圏での3月9日発売に間に合わせるつもりなのだろうか。無償交換の手間とコストを思えば、わざわざバラ撒くのは無意味だ。なんとしてでも間に合わせるよう作業しているのだろう。

さて、金型改修を行なうということは、現状のナセルパーツは今後作られない、ということだ。もちろん間違っているのだから作り続ける理由はないし、直すならとっとと直してもらったほうがいいのだが、逆に言えば、現在流通しているB型はこれっきり。となると逆にわたいは、別に交換せずにこのまま持っててもいいか、とも思う。

完璧を期すコレクターな方々は、正誤ともに揃えたくなるかもしれない。そういう意味では、これがノーマルのB型でよかった。シークレットでミスがあって交換だなんて日には……。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.02.16

大丈夫か、緑川蘭子

テレビ朝日「エースをねらえ!」で緑川蘭子を演じている酒井彩名さんが、事故ったそうだ。

酒井彩名さん、バイクと接触=3週間のけが-東京
 タレントの酒井彩名さん(18)が東京都世田谷区を自転車で通行中、バイクと接触し、首などに3週間のけがを負っていたことが16日、分かった。玉川署が詳しい原因を調べている。 時事通信

これではどっちがぶつけたんだかぶつけられたんだかわからないが、「首に3週間の怪我」というのは心配だ。

ドラマでは第5話ラストで、全治2週間の負傷から復活したばかりだというのに、本体が3週間の怪我を負っては洒落にならない。いよいよ今週から弾丸サーブで世界征服を目指して大暴れする予定なだけに、これから撮影されるであろうクライマックスに向けて影響の出るほどきつい怪我じゃなければよいのだが。

お大事に。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

続・CSで、まんが宇宙大作戦(TAS)

STAR TREK Official CARD会員向けメールサービスにて、スーパーチャンネルの「まんが宇宙大作戦」放映予定リストが流れてきた。

放映話順は「日本(東京12チャンネル)での放映順」。1日2話放映で11日分(全22話)だったのに放映期間が12日間あったのは、期待していた特番ではなく、3/22が1日休みだった。

3/11 第1話「謎の新兵器パラライズ光線」
3/11 第2話「惑星ファイロスの巨人」
3/12 第3話「惑星を喰う黒雲」
3/12 第4話「宇宙幽霊船の謎」

3/15 第5話「惑星メーガスの半獣人」
3/15 第6話「変身!ベンドリア人の怪」
3/16 第7話「魔のスペーストライアングル」
3/16 第8話「過去から来た新兵器」
3/17 第9話「タイムトラベルの驚異」
3/17 第10話「ミクロ人間の恐怖」
3/18 第11話「惑星マッドの冒険」
3/18 第12話「惑星アルゴの海底人」
3/19 第13話「女だけの星」
3/19 第14話「人間動物園」

3/22 (休止)
3/23 第15話「不思議の星のアリス」
3/23 第16話「分解宇宙人ベム」
3/24 第17話「死の疫病」
3/24 第18話「宇宙海賊オリオン群」
3/25 第19話「宇宙のいたずら」
3/25 第20話「宇宙の神ククルカン」
3/26 第21話「侵入した愛の妙薬」
3/26 第22話「逆流する時間」最終回

原文ママ


2/16 12:00現在、スーパーチャンネルの公式サイトにはいまだ掲載なし。宣伝する気ないのか、スーパーチャンネル。恥ずかしいのか、流すのが(笑)。

さて、先に書いた記事と邦題が違う作品がある。
先に書いた記事で採用している邦題は“日本で初めて放映されたときのタイトル”、今回発表された邦題は“レーザーディスクに収められているタイトル”だ。

第3話「惑星を喰う黒雲
 ← アメーバ星雲ネブラの恐怖
第7話「魔のスペーストライアングル
 ← 魔のスペース・トライアングル
第9話「タイムトラベルの驚異
 ← タイム・トラベルの驚異
第16話「分解宇宙人ベム
 ← 分解宇宙人間ベム
第19話「宇宙のいたずらイタズラ
 ← 宇宙のイタズラ魔

ちなみにこれは単なる打ち間違いだろう。
第18話「宇宙海賊オリオン軍団
オリオン群というのもちょっと見てみたい気がする。

さあ、いよいよ本当に放映されそうな様子になってきた「まんが宇宙大作戦」。3月11日を刮目して(以下同文)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.02.15

蘇るPC-9801伝説

初めてPC-9801を使ったのは仕事場だった。それまで使われていたN5200をリプレースして、PC-9801UX21とUX41が各1台購入されたのだった。UX41は、当時としては破格の20MBのHDDを積み、20万円くらいしたと記憶している。

同時に、N5200時代のデータをPC-98でも使いたいという古参社員の要望を汲んで、ファイルコンバータなぞも購入した。
N5200は8inchフロッピーを積んでいたので、PC-98に繋ぐ外付け8inchドライブみたいなもんまで同時購入した。
今思えばアホである。既に時代は5inchが主流で、さらに3.5inchに移行しつつあった。だから3.5inchFDDのモデルであるUXを選んだにもかかわらず、外付けで8inchドライブである。
需要がないので機器も高く、20万円した。こんなの買わなきゃ、もう1台UX41が買えていたわけだが、なにを舞い上がっていたのか8inchドライブを買ってしまったのである。

さらにアホなことに、PCと一緒に買った一太郎ver.3が、8inch版だった。なぜだ。なぜ3.5inch版を買わない。MS-DOSは3.5inchなのに、なぜ一太郎は……。
その後一太郎はバージョンアップの度に8inchのメディアで届けられた。Ver.5なんか8inchでもらってどうすんの。わざわざラベルまで8inch用だった。ある意味レアである。

さて、仕事場で使っていたのが縁で、自分で買って遊んだのはPC-9801DX/U2だった。

購入当初は「プリンス・オブ・ペルシャ」ばかりやっていたような気がする。「Life and Death」で外科医を目指したものの、盲腸の手術すら満足にこなせず、何人もの患者さんをモルグ送りにしてしまったのもPC-9801DX/U2でのことだった。

結局このPCは、LC575を購入したあとも、MS-DOS3.3DをOSとしながら、パソコン通信のメインマシンとして1997年7月まで現役を貫き通した。今もまだあるが、電源が入らなくなった(100回くらいがちゃがちゃやっていると、たまに入る)ので、静かな眠りについてもらっている。

仕事場でも1996年くらいまでおよそ10年近く使っていた。それ以外にもPC-9801NTやら、エプソン互換機などにもお世話になった。

10年も使っていたのだから、その間に溜まった資産も大変なものだ。わたいの場合はほとんどがダウンロードしてきたフリーウェアなのだが、使いやすいツールやら傑作なゲームまで、世の中すごい人がたくさんいるもんだと思いながら、ありがたく使わせていただいたものだ。この場を借りてありがとう(読んでないって)

前置きが長くなったが(前置きやったんか!)、そのPC-9801をWindows上でエミュレートするための本が発売される。これで昔の資産でまた楽しめるかも!? ……と思ったのだが、そんな単純な話ではないらしい。

さて、昔のフロッピーからデータを引っ張り出さないと。スラッシュドット ジャパン

この方のように、自分のPCが98になると思ってる人は多いだろう。わたいもそうだった。しかし、だ。
※エミュレータではBASICインタプリタは動作しません。また、お手持ちのPC-9801対応ソフトウェアを動作させることはできません。ことわざワールド 楽天ブックス

ええっ。「お手持ちのPC-9801対応ソフトウェアを動作させることはできません」ってことはアカンやん

考えてみれば完全なエミュレータを書籍のおまけにつけてしまうのは、NECにとってうまくないことなんだろう。機能限定版が添付されていておかしくはない。

しかしそれならそれで、情報をきちんと出しておかないと、勘違いする人も出てくるのではなかろうか。

あちこちの販売サイトで予約を受け付けているが、こんな大事なことをちゃんと明記してあるところは少ない。いいのかそれで。

高千穂氏
「PC-9801用の日本語入力環境『WXG』には起動時のオプションに隠しコマンドの「/HT」があります。これは私のイニシャルを付けた専用のコマンドです。
アイテムシティ

PC-9801対応ソフトウェアが動作しなけりゃ、その隠しコマンドを試すこともできんのよ、遙ちゃん。そんなことはいいから、仕様をちゃんと書こうや。頼むぞ、全国の予約サイトのウェブマスターのみなさん。

■蘇るPC-9801伝説
 月刊アスキー別冊
 アスキー
 2004年03月18日(予定)
 2800円+税
 ISBN:4756144195

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.14

大泉さんのミュージックステーション

北海道の大スターとして『PAPAPAPA PUFFY』でお馴染みだった大泉洋さんが、『ミュージックステーション』に出演した。

まずは番組冒頭の登場場面。

武内絵美アナ「大泉 洋 with STARDUST REVUE。北海道で絶大な人気を誇るスーパーユニット。今夜注目の初登場です」

PUFFYが2年ぶりにこの番組に出ているのは偶然ではないだろう。大泉さんのフォローにわざわざ呼ばれたものと思われる。

タモリ「初登場、“大泉 洋 with STARDUST REVUE”です」
大泉「どうもこんにちは(礼)。ありがとうございます(礼)。どうもこんにちは(礼)」

声、高いぞ、大泉さん。目ぇ笑ってない。

武内絵美アナ「大泉さんは北海道で絶大な人気を誇る、北海道在住のタレントさんで、今回STARDUST REVUEのみなさんとのコラボレーションCDが、全国的に話題沸騰となっているということなんですねえ」

PUFFYの吉村由美がおもしろそうに大泉さんを見ているが、天敵の大貫亜美はすぐ横に居ながら妙に落ち着いていて、しかもそっぽ向いてる時間が長いぞ。

大泉「ありがとうございます」
タモリ「大泉くんは初登場なんだよね」
大泉「はい! 初めてです。初めて出ます。ミュージックステーションに初めて出ます」
タモリ「のびのび……のびのびやってるよねしかし」
武内アナ「ねえ」
大泉「ありがとうございます」

後ろでSTARDUST REVUEにやにや笑いっぱなし。リハーサルで何かあったのか。

タモリ/武内アナ「よろしくお願いします」
大泉「よろしくお願いします」

続く平原綾香のトークを、にこやかに微笑みながら、必要以上にうなづきつつ聞き惚れる様子の大泉さん。

スタンバイする平原を拍手で送るみなさんだが、大泉さん、あなたマイク入ってるよ。あなたの手の動きと同じリズムで籠もった「ぼっぼっぼっぼっ」という音がはっきりオンエアされている。歌終わったところの拍手でも、あなたまだマイク入ってます、大泉さん!

バレンタインSP企画だとかで、ゲストの思い出のラブソングが紹介される。
大泉さんの思い出の曲はサザンオールスターズの「逢いたくなった時に君はここにいない」。コメントは“この曲を聴いている内に身近な女の子を好きになってしまった”。

だから拍手を全部マイクが拾ってますがな、大泉さん! 一青 窈のトークの間も、拍手の度に「ぼっぼっぼっぼっ」だ。どうなんだ、大泉さん

嵐の松本が「クラス全員から(チョコを)いただいたことがあります」と披露し、みなさんから口々に「すごいすごい」と囃し立てられているとき、さっきまで必要以上に朗らかにトークを聞いていた大泉さん、あなた急に険しい顔で背筋を伸ばしてなにやら無言の主張をされていますな。「おれにも聞け」と。「おれにもあるんだそのくらいのことは」と。横で笑っているSTARDUST REVUEの方々と好対照。

さらに「チョコ100個もらった」と言う嵐の松本に挑むような表情の大泉さん。

タモリ「まっつん、小学校のときモテたねぇ……大泉くんはどうだったんすか」
大泉「は、はいっ。ボクですか?」

そんなびっくりした顔しなくても、待ってたんだろ、大泉さん

大泉「あ、ボクもですねえ、小学校のときですけど、ボクあの学年の半分がボクのことを好きだった時代があります」
全員「ええっ(笑)」
タモリ「学年が?」
大泉「ああ、学年の、学年の女子の半分がボクのことを好きだった、というボクには記憶があります」

 STARDUST REVUEの要さん、笑い過ぎなほど大笑い。
 亜美、大呆れ
 hitomi、物静か
 Tommy february6、失笑
 一青 窈、なぜか大ウケ

タモリ「それ、自分の記憶でしょ、それ」
大泉「ボク、でもボクには確固たる記憶があります」
タモリ「チョコレートはもらったんすか、いっぱい」
大泉「……チョコレート……もらいました、もらいました……ああ、チョコレートももらいました」
由美「怪しいよね」
大泉「並んでました、ボクの前に」
タモリ「怪しいね」
大泉「いや、ほんとですよ」
タモリ「ではスタンバイお願いしまーす」
武内アナ「お願いしまーす」

トークを切られた大泉さん、「全国のお茶の間に響いただろうか、おれのトーク」と思いつつ拍手で一青 窈を送り出す。「ぼっぼっぼっぼっ」。まだ、マイク入ったままです、大泉さん。

一青 窈が「ハナミズキ」を歌い終わったところでコマーシャル。そして後半開始。「ぼっぼっぼっぼっ」。マイク切りなさいよ、あなた
hitomiがスタンバイ、「ぼっぼっぼっぼっ」。……。

hitomi、Tommy february6、PUFFYの新婚組(一部離婚)が3曲続けて歌ったところでコマーシャル。

コマーシャルが明けて、いよいよ登場。トリではないですか、大泉さん。

タモリ「続いては初登場、“大泉 洋 with STARDUST REVUE”です」
大泉「どうも。こんにちは」

PUFFYに「ひょーひょー」と冷やかされる大泉さん。

武内アナ「お願いします」
大泉「よろしくお願いします」
武内アナ「今回のユニットはですね、北海道在住の人気タレント大泉さんのラジオ番組に、STARDUST REVUEのみなさんが、出演されたことをきっかけに始まりまして、北海道地区だけでの発売にもかかわらず、北海道では初日なんと1位を記録しまして、そして全国でも大ヒットして大変話題を呼んでいるということなんですねぇ。はい、おめでとうございます」
大泉「ありがとうございます」

なにやら嬉しそうなPUFFY。彼らの初めての出会いが、大泉さんによるメロメロなインタヴューだったとは思えない。

武内アナによる紹介の間、流されたテロップ。

『千と千尋の神隠し』の声優や北海道地区で約20%の高視聴率を取った人気番組に出演するタレント・俳優・DJなどマルチな顔を持つ大泉 洋とSTARDUST REVUEによるユニット。北海道限定発売のデビュー曲が異例の大ヒットを記録し、現在人気急上昇中。

武内アナ「そして」
「(遮るように)全国で大ヒットってことはないですよね。売ってないんだものだって」
大泉「あのー、あのへんかなりちょっと怪しいもんなんですけど」
武内アナ「いえいえ」
タモリ「ああ、そうなの」

“あのへん”って、カンペ指して言うなよ、大泉さん。

武内アナ「話題を呼んでいる……」
大泉「(根本 要に)全国でヒットしてるん……ですかね?」
「(大泉に)かなりJAROもんですね、今のはね」※2005年5月10日、Nさんのご指摘により判明
武内アナ「話題沸騰になっているんですよねぇ……」
大泉「(タモリに)北海道では、ちょこっと、いっているんですよ」

武内アナ必死のフォローに、少しは気づいてやりなさいよ。

タモリ「北海道、一応限定発売、だったわけですか」
「そうです、札幌の曲作ろうというとこから始まったんで」
タモリ「あ、そうなんすか」
「そう」
タモリ「へぇ~」
「それがいつの間にか」
タモリ「いつの間にか」
ここまで出てきてしまって、ありがとうございます」
大泉「ありがとうございますぅ、ほんとにどうもすみません

なぜ謝る。

武内「そしてあの大泉さんは以前PUFFYのお二人の番組にもご出演されていたということなんですね」
大泉「あっ、一緒に番組やってました」
タモリ「ああそうなんすか」
由美「や、や、やってましたぁ?」
亜美「あれ、そうでしったけ
由美「一緒にやってない……」
タモリ「一緒にやってたの」
大泉「はい、一緒にやってました」
由美「あ、じゃあ、や、やっ……」
タモリ「長い間?」
大泉「3年くらいやったかなぁ?」
由美「う」
亜美「いや、一緒にはやってないですよ……なんか、ちょい、ちょいっと出られた
大泉「(タモリに)PAPAPAPA PUFFYっていう……」
タモリ「PAPAPAPA PUFFYに」
大泉「はい」
タモリ「あーぁ、そうですかぁ」
大泉「出さしていただいてました」
由美「あはは」
タモリ「久しぶりですか、それでは」
大泉「PUFFYに会うの、久しぶりだよねー」
亜美「あのね前向いたほうがいいですよ」
由美「うん」
大泉「え?」
亜美「前向いて」
由美「前向いてください、はい」
大泉「ああ、前向いて、あ、そうか」
タモリ「あっそう、ふっふ」
大泉「すごく久しぶりで、よくしてもらってます、PUFFYには」

また後ろ振り向いてますよ、大泉さん。

タモリ「あそう。今日これ歌う、人前で歌うのは」
大泉「……2回目です」
タモリ「に、2回目って言うんだからね……」
大泉「(根本 要に)この前あれですよね、カウントダウンで」
タモリ「1回目どこで」
「年越しのときに、札幌、大通り公園で、そんときは2万人くらいの方がいらっしゃったんですけどもね。へっ」
大泉「んっふふふ」
「それでそのときにお客さんの声録音して、限定版みたいにしてライブ盤、ああ、ライブ盤、ライブバージョンも作ったんですよ」
大泉「作りましたよね」
「今日のコーラスはだからその、札幌の人たちの声、入りの、えーコーラスが入ってます」
タモリ「が入ってるわけ」
「入ってます」
タモリ「で今日は二度目」
「そうです」
大泉「二度目……がここでしたねぇ」
タモリ「すごいね」
「すごいね」
タモリ「ミュージックステーションってのがねえ」
大泉「そうですね。ボクよく帰らないでここにいたな、と思いました」
タモリ「へっへっへっ」
大泉「よっぽど帰りたかったです……」
タモリ「(根本 要に)一緒にやってみて、どうですか」
「え、楽しかったですね、ほんとに。あの、すっごいでかいんですよ、態度も、身長も
大泉「なにが態度」
「いやいやいや」
大泉「(タモリに)いや、背が、大きくて」
「えぇ、ほんとにね、頼……もしいですよ、ぼくら一緒にいて」
タモリ「えー……じゃあ、そろそろ時間ということで」
武内アナ「準備ですね」
大泉「え、もうですか
タモリ「もうですよ」

目を丸くしてADから出ているらしい指示を見る大泉さん。

由美「がんばってがんばってがんばってがんばって……」
大泉「じゃ、行ってきます!」
亜美「がんばれ」
由美「がんばれ」

武内アナ「いい感じで緊張されてるんですねえ、はい」
タモリ緊張してない、みたい、ですよ」
武内アナ「でもなんか先ほどは、ずっと、どうしようどうしようなんておっしゃっていたんですが」
タモリ「はあ……」
武内アナ「うん」
タモリ「(PUFFYに)当時は大泉くん、ど、どうだったの。どんな感じだったの……」
由美「……」
亜美「……いや、あのいつもジャージ上下だったのでぇ……」

ジャージは勝負服ですな、大泉さんの。

由美「ああ、今日パリっとしてんなーっと思って」
亜美「なんかすごいオシャレづいて……」
武内アナ「今日は素敵ですよ」

今日はって、今日だけかい。

タモリ「ああ、そう、ふっふっふっ」
武内アナ「……ねえ」
PUFFY「……」

タモリ「……さあそれでは」
武内アナ「はい、いきましょうか。はい、それでは大泉 洋 with STARDUST REVUEで、『本日のスープ』です。どうぞ」

大泉 洋 with STARDUST REVUE
本日のスープ

おおっ、大泉さん、かっこいいじゃないですか。「ぼっぼっぼっぼっ」も許す。
あら、1番だけなのか、この歌。トリなのに。

武内アナ「さて、PUFFYのお二人、大泉さんの歌、どうでしたか?」
由美「いやあ、こんな洋ちゃん初めて見ましたよ
亜美「すばらしかったです」
由美「ピンク、ピンク(ジャケットのことを言っている)」
大泉「いやあ、あのまったくおもしろいことなんかできませんね!
PUFFY「あはは」
大泉「全然真剣にやらないと歌詞全部飛びますから。すごく一生懸命やりました。北海道のみなさんボクが帰っても無視しないでください。一生懸命やりました、ボクは。ありがとうございます」
タモリ「ありがとうございました」
武内アナ「ということでぇ、みなさん今夜はぁ、ありがとうございました。でもタモリさん、ねえ、素敵でしたよね、大泉さん、ねえ?」
タモリ落ち着いてたじゃん
大泉「あ、ありがとうございます。すい、ほんとにありがとうございます、嬉しいです」
タモリ「今急にあがってきたでしょ」
大泉「ああ、はいはい(激しく頷く)」

大泉さん、最後のひと花を咲かすべく、カメラに向かって猪木顔

余計なことせんでよろし。横で吉村由美が付き合って同じような顔して見せてるあたり、いちびりの関西人。

というわけで、今日(2004/2/13)のミュージックステーションは、大泉さんをとても大事に扱っていた。前座と話題のネタ振りに使われた嵐をはじめ、ほかの出演者たちもすっかり食われてしまった。STARDUST REVUEでさえ、要さん以外は一言もしゃべっていない。3人は一応マイクを持たされていたけど、口に近づけることもなかった。

さて大泉さん、これを機会にほかの歌番組からもお座敷がかかるだろうか。いい歌だ。ぜひ、かかってほしい。

■「本日のスープ」
 大泉 洋 with STARDUST REVUE
 サッポロサウンズ
 RR0401
 1200円+税

| | コメント (12) | トラックバック (2)

2004.02.13

CSで、まんが宇宙大作戦(TAS)

あ、まんが宇宙大作戦は楽しみにしてるぞ~、ってあら?Super Channelのページ内に告知がないが、放送予定じゃなかったっけ? blog "quark's"

さあさあ、みんなが心待ちにしている「まんが宇宙大作戦」! スーパーチャンネルでの放映予定が出た模様。

CS/TASは3月11日からベルト放送 U.S.S. Kyushu; Nine Forward

月から金のベルト放送で、17:00~18:00に一挙2話ずつ放映。同日の深夜1:00~2:00に再放送。
全22話しかないので、26日(金) には早くも完結するそうです。 U.S.S. Kyushu; Nine Forward

3月11日(木)から始まって、26日(金)に終了。全22話。2話ずつ放映。11日分。……あれ? ネタは11日分しかないのに、放映は12日間ないか? なにか特番でもあるんかいな。

スーパーチャンネルの公式サイトには未掲載。
まあ、いい。いずれわかるだろう。そしてどっちにしろわたいはCS視聴環境にない。LDをHDDレコーダーに落としてあるので、いつでもボタンひとつでどれでも観られるのである。

ちなみに、日本での放映順に流れるとすれば、以下のようになるだろう(予測)。
(※椎名まおさんのご指摘により、2/15に修正しています)

1日目
#01 #05 #01 謎の新兵器パラライズ光線 More Tribbles, More Troubles
#02 #07 #02 惑星ファイロスの巨人 The Infinite Vulcan

2日目
#03 #03 #07 アメーバ星雲ネブラの恐怖 One of Our Planets is Missing
#04 #01 #04 宇宙幽霊船の謎 Beyond the Farthest Star

3日目
#05 #08 #09 魔星メーガスの半獣人 The Magicks of Megus-Tu
#06 #06 #05 変身!ベンドリア人の怪 The Survivor

4日目
#07 #12 #10 魔のスペース・トライアングル The Time Trap
#08 #14 #11 過去から来た新兵器 The Slaver Weapon

5日目
#09 #02 #03 タイム・トラベルの驚異 Yesteryear
#10 #11 #15 ミクロ人間の恐怖 The Terratin Incident

6日目
#11 #16 #14 惑星マッドの冒険 The Jihad
#12 #13 #13 惑星アルゴの海底人 The Ambergris Element

7日目
#13 #04 #06 女だけの星 The Lorelei Signal
#14 #15 #16 人間動物園 The Eye of the Beholder

8日目
#15 #09 #17 不思議の星のアリス Once Upon A Planet
#16 #18 #18 分解宇宙人間ベム Bem

9日目
#17 #20 #19 死の疫病 Albatross
#18 #17 #20 宇宙海賊オリオン軍団 The Pirates of Orion

10日目
#19 #19 #21 宇宙のイタズラ魔 The Practical Joker
#20 #21 #22 宇宙の神ククルカン How Sharper Than A Serpent's Tooth

11日目
#21 #10 #08 侵入した愛の妙薬 Mudd's Passion
#22 #22 #23 逆流する時間 The Counter-Clock Incident

緑字=日本での放映順 黒字=www.startrek.comでの並び順 赤字=レーザーディスク収録順、
※12話がないのは、仕様。失われたりウルトラセブンのように放送禁止だったりするわけじゃなく、ただ単なる欠番だとか

全国のまんが宇宙大作戦ファン諸君! 3月11日を刮目して待て!

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2004.02.12

エースをねらえ! 第5話

あらすじ:男子プレイヤーのテニススタイルをひろみに見せつつ、自分の過去に思いを馳せる宗方コーチ。合宿先では早速いじめ発動。今は亡き音羽さんをダシに新しいいじめの型を創造しようと張り切る島さんと若槻さんだが、お蝶夫人に一喝されギャフン(死語)。男子と一緒のメニューを与えられたが、合宿2日目からぼんやり度爆発のひろみに、宗方怒髪天。薄暗い大広間にひろみを正座させ「一気に燃え上がり燃え尽きるような恋は決してするな」と説教。「もう放さない」と蜘蛛の巣模様の着物をまといながら言い募る姿は視覚効果抜群の脅迫。恋患いがバレたひろみは練習に没頭し遂に倒れ伏す。それを見て、部外者なのに帯同してきてビデオ小僧と化していた千葉さんが爆発。駆けつけた藤堂さんに諭されるも、捨てぜりふを残して去る。千葉さんの攻撃から庇ってもらった御礼なのか、宗方コーチは自ら藤堂さんに接触。「男なら女の成長を妨げるような愛し方はするな」と述べ、藤堂さんに感銘を与える。同じ頃、牧の運んできたおじやをすすりながら藤堂さん好き好き宣言をするひろみ。合宿後、男子一年の香月くんと練習試合を行なうひろみは、「こんな重いボール受けたことない」と、連日ボールを打ち込んでくる宗方コーチの力量が疑われるような暴言を吐きつつライジングショットで応戦。試合中に藤堂さんよりテニスを選んだひろみ、それに気づいた藤堂さん。静かに危機感を募らせるお蝶夫人。加賀のお蘭、復活。宗方コーチにかかる怪しい電話。そして庭球戦隊ケンダイヒョウが5人揃ったところで、宗方司令官より指令が下る。さあ、来週は世界征服ですってよ……。ちゃんとしたあらすじ


雑感:
・島さん、ソースをかけるときはおかずから目を離さないほうがいい。ていうか、最初ソース出てないぞ、島さん。次のカットじゃどぼどぼ出てるから、トンカツは相当エキサイティングな状態になっておろうぞ。
・牧と千葉さんは同級生か? 「千葉っち」扱いだ。どうやら告られた上田くんより千葉っちは下位のヒエラルキーらしい。
・藤堂さんと嫁入り前の娘、雪の積もるようなコートで地面直座りはいかがなものか。
・さすがに合宿所の夜は、豪華な巻き毛もリボンもなしですな、お蝶夫人。湯上がりに外に出ていたら風邪引くぞ。
・それにしても徹底的に寒そうな合宿先だ。なぜ冬にそこを選ぶ、西高テニス部。学校にいたほうが気候がよいのでは。
・今回の尾崎さんは立ち聞きしたり説教したりお蝶夫人にタメ口叩いたりと忙しいが、結局相手にされず、同じく立ち聞き組の千葉っちと寂しく缶コーヒーをすする始末。
・またも緑川蘭子、理由もなく登場。他人様の合宿所だぞ。どうやって来たんだ。バスの荷物室に密航か? しかも帰りは徒歩だった。すごいぞ加賀のお蘭。
・初恋の思ひ出を熱く語るひろみの母。下で飯を食らう父は呑気者。
・大原高校の太田コーチ、毎晩宗方家に飲みに来ている模様。
・合宿後の練習開始前に尾崎さんが講話を垂れるが、全員が「はいっ」と返事をしているとき、口動いてないぞ、牧
・原作では下級生だったが、同級生に昇格している香月くん、人相よくないな。
・オープニングテーマのバックから消えていないので、まだ準レギュラーの座は剥奪されていないらしい音羽さん、観戦に現れるが、それだけ。
・「一緒に行こう、ずっと」と感動的な台詞を吐いた藤堂さん、とりあえず今日は別々に帰る。あんた家はひろみと同じ方角じゃなかったのか。
・おや、次回登場の宝力冴子はベッキーか。なるほどね。
・あ、そうそう、岡ひろみ。その向上ぶりに触発されたお蝶夫人が自宅のマイテニスコートで特訓を開始していたが、壁に掲げられた“緑地に黄色いR(しかも巻き毛風のくるりんR)”は竜崎家の紋章か?(だから岡ひろみについて言うたらんかい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝生誕 山口淑子(李香蘭)

本日2月12日は、李香蘭、あるいはシャーリー・ヤマグチ、それとも山口淑子、はたまた大鷹淑子さんの誕生日。

祝生誕

女性の年齢なので具体的な数字は避けるが、淑子ちゃんは年女でいらっしゃる。ぜひ次回の年女も元気に迎えていただきたい。

李香蘭関連の本 以下、参考書籍。

《李香蘭/山口淑子》
■誰も書かなかったアラブ “ゲリラの民”の詩と真実
 山口淑子
 サンケイ新聞社出版局
 680円
 1974/04/01
 ISBN:なし ▲絶版

■李香蘭 私の半生
 山口淑子/藤原作弥
 新潮社
 1650円(本体1602円)※現行は1800円+税
 1987/07/20
 ISBN:410366701X
 amazon.comで買う

■李香蘭 私の半生
 山口淑子/藤原作弥
 新潮文庫
 560円(本体544円)※最終版は621円+税
 1990/12/20
 ISBN:4101186111 ▲絶版

■戦争と平和と歌
 李香蘭 心の道
 山口淑子
 東京新聞出版局
 1650円(本体1602円)※現行は1602円+税
 1993/09/19
 ISBN:4808304643
 amazon.comで買う

■次代に伝えたいこと ――歴史の語り部 李香蘭の半生
 道友社ブックレット
 山口淑子
 天理教道友社
 450円+税
 1997/08
 ISBN:4807304097
 amazon.comで買う

■李香蘭 二つの祖国に揺れた青春
 毎日グラフ別冊
 毎日新聞社
 2000円
 1991/06/30
 ISBN:なし ▲絶版

■李香蘭
 あすかコミックスDX
 藤田あつ子
 角川書店
 1000円(本体971円)※現行は971円+税
 1996/08/01
 ISBN:4048525654 △版元品切れ
 amazon.comで買う

《満州映画協会》
■幻のキネマ満映 ――甘粕正彦と活動屋群像――
 山口猛
 平凡社
 2893円+税
 1989/08/25
 ISBN:4582282202
 amazon.comで買う

■哀愁の満州映画
 山口猛
 三天書房
 2000円+税
 2000/03/01
 ISBN:4883460541
 amazon.comで買う

■満映 ――国策映画の諸相
 胡昶/古泉
 横地剛(訳)/間ふさ子(訳)
 パンドラ
 3200円+税
 1999/09
 ISBN:4768478077
 amazon.comで買う

■李香蘭と東アジア
 四方田犬彦(編)
 東京大学出版会
 4400円+税
 2001/12/20
 ISBN:4130800949
 amazon.comで買う

■日本の女優
 四方田犬彦
 岩波書店
 2800円+税
 2000/06/28
 ISBN:4000263196
 amazon.comで買う

■上海租界映画私史
 清水晶
 新潮社
 1748円+税
 1995/11/20
 ISBN:4104082015
 amazon.comで買う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.11

水曜天幕團「蟹頭十郎太」

ここしばらくプロフィール画像に使っていたのは水曜天幕團「蟹頭十郎太」より鷲尾十郎太その人(似てないけど)だった。

kaniatama.jpg 演じるは大泉洋(似てないけど)

まあ、あれだ、まっとうな芝居だった。戦国侍のいる時代を借景にしたまともな芝居。内容は可もなく不可もなく。諸手を挙げておもしろい!と叫ぶようなものではない。おそらくこの公演そのものが、どうでしょうファンと出演陣のふれあいの場だったのだろう。その場にいれば、また評価は違うかもしれない。しかしDVDでは――いかに藤村Dが編集で雰囲気を伝えんと努力をしてくれているとはいえ――一歩引いて観てしまう。

この人たち、水曜どうでしょうの枠で放映された『四国R-14』(どうでしょう班の四国八十八箇所巡礼をモチーフにしたホラー)でもそうだったが、わりとまじめだ。バラエティ系のドラマだったはずの『雅楽戦隊ホワイトストーンズ』でさえ、まじめだ。

なので『雅楽戦隊ホワイトストーンズ』なんかはわたいが見る限り、本編よりメイキングのほうがずっとおもしろい。ご本人たちにとってうれしいんだか悲しいんだかわからない感想だが、すまん、わたいの飾らない心境を述べさせていただいた。

「蟹頭十郎太」に話を戻せば、狂言回しに主役にと活躍する大泉を抑え、安藤源八を演じる音尾琢真がいい。演技力で頭ひとつ抜け出ている。この男、目と目の間が広いヒラメ顔のため、劇中では魚類に因んだ繰り返しギャグで(くどいほど)遊ばれているが、それでもやがて「かっこええ」武士に見えてくるので困ったものだ。熱演する音尾くんを観られたのは収穫。

どうでしょう班のみなさんが(肩に掛かる期待もかなり大きなものだろうに)楽しげにいろいろやっている姿を微笑ましく見守る……そんな気持ちになるDVDだった。

■水曜天幕團「蟹頭十郎太」
 HTB0009
 北海道テレビ放送株式会社
 税込\4,179(本体\3,980)
 ※品切れ間近。ただし再販の予定あり

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.02.10

北極圏突入 第1夜

TVKの「水曜どうでしょうリターンズ」。今晩からは海外シリーズ第6弾の「アラスカ半島620マイル」だ。

第1夜の今回は、どこに行くのか知らされていない大泉くんが、出発前日に藤本Dからオリエンテーションを受けるところから始まる。

あらかじめ海外に行くということだけが伝えられている。「それは家族含めてわかっている」と言う大泉くん。しかし行き先を聞かないと持ち物や服装などが用意できないとぼやく。

藤村D曰く、3年もやってるわけですから大泉さんなりに

決め打ちで

スタンバイの方をしていただくということでお願いしたい、と。

なんで僕は決め打ちしなきゃいけないんだよ。決め打ちにしたって、早く言ってくれよ」とぶうたれるものの、結局は「じゃ、あした」と藤村Dに押し切られる大泉くん。

千歳へ向かう車の中で、行き先が発表された。大泉くんは決め打ちしてきた服装を隠すための黒マントを来て、まずは予想した行き先を述べる。

アカプルコ

大泉さんいいですか。ハズレたら死にますよ」と口々に諭す鈴井さんと藤村D。「アカプルコだと思ってる服だぞ。やめろよ。文明のあるところにしろよ」と叫ぶ大泉くんに無情の発表が。

北極圏

アラスカ

大泉さん、凍死

大泉さん、肌出してちゃ危険です」藤村Dの言葉に返して曰く、
アラスカなんてカマボコでしか聞いたことないところに行くの危ないよ

はい、ここで出ました、カマボコのアラスカ。

ALASKA.JPG これ。

カマボコのアラスカなんてこれで初めて知った。カニカマだ。知らずに食べていたかもしれない。
当時、エゾフクロウさんから「これだぞ」と実物が送られてきたのが懐かしい。

アラスカ
 食物繊維カルシウム入り/天日塩使用
 保存料は使用しておりません/要冷蔵
 ●本品はカニではありません。主原料:魚肉100%
 名称:風味かまぼこ(かに風味)
 原材料名:魚肉(たら、いとより鯛)、でん粉(馬鈴薯、小麦)、卵白、食物繊維、食塩、風味原料(かにエキス、香料)、佐藤、調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、紅麹色素
 でん粉含有率:5%
 内量量:144g(12本入り)
 保存方法:冷蔵庫(1℃~10℃)で保存してください。
 製造者:株式会社 堀川
 〒967-0196
 新潟県聖籠町位守町160番地19
 参考価格 198円+税(赤坂 吉池

あ、書き忘れたが、大泉くんが決め打ちして着てきた服は、海パン一丁だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.02.09

毎日の点取り占い

生命保険のおばちゃんが、昼休みになると宣伝ペーパーを配って歩いている。明治生命の「元気das」、第一生命の「新聞各社コラム一覧」、住友生命の「Sumitomo Weekly」などなど。たいていは即リサイクルボックス行きだが、「Sumitomo Weekly」の裏にぴょろっと載っている「山内雅夫の毎日の星占い」はちょっと気になる。

例えば天秤座。

2月4日 敗者に情けをかける者は少なくひとり泣く
2月5日 財布を先に出した者が勘定を払う
2月6日 社交費用がかさんで限界状態

給料もらった翌月頭にもかかわらず、もう限界状態になってしまったのはともかくとして、なんとなく“点取り占い”の匂いがする。

例えば乙女座。

 2月5日 他人の言動のあらを探して問い詰める

「2点 ●」とか添えたら、いよいよ“点取り占い”だ。

例えば魚座。

2月4日 うわの空で恋人の話を聞き流す
2月5日 異性に注目されるには人知れぬ努力が必要

5日は占いではなく訓話だろう。

妙なことが書かれているのに気づいてからは、毎週届けられる「Sumitomo Weekly」の山内コーナーをついつい熟読してしまうようになった。ゴミ直行の「元気das」らも負けるな。

「山内雅夫の毎日の星占い」は、「Web-さんいん」の占いコーナーで触れることができる。文字数の制限があるのか表現がちょっとわかりにくいが、「Sumitomo Weekly」と書かれていることは同じ。

2月18日の天秤座。

怒りに煮えたぎって冷静を失なう
愛情運=吉

いいのか、悪いのか。どっちなんだ、山内先生
「3点 ●」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.02.08

「ムクデン満鉄ホテル」訪問

土曜から日曜にかけて、熱海からやや西の網代にある「ムクデン満鉄ホテル」に滞在した。
もともとはずんころ氏が深夜ドライブ中に見つけて教えてくれたホテルで、話が盛り上がって一緒に泊まりに行くことになったのだった。

事前にGoogleってみたが、ほとんど情報がない。ダイビング関係の「南西極楽公司」にある訪問記がほとんど唯一の情報源だった。

ずんころ氏が探した連絡先に電話で予約を入れてみると、上品な女性の声が応対してくれた。わたいらがどこでどうやって予約を入れてきたのかが気になるらしく、「満鉄関係の人ですか?」と尋ねられた。満鉄に興味はあるが関係者ではないと答えると、まだ得心がいかない様子ではあったが、希望の予約を取ってもらえた。

さて、土曜の渋滞をなんとか抜けて実際に着いてみると、なるほど確かに満州の奉天を彷彿とさせる建築物がどでん、どでんと建っている。

MKD-01.JPG 奉天忠霊塔


MKD-02.JPG ホテル正面


MKD-03.JPG 道路に面して掲げられた看板

玄関にも満州と満鉄関連の資料が積まれ、階段の踊り場に設えられた本棚には、おそよ日本で出版された満州がらみの書籍が網羅されている。さらに、宿泊者らから寄贈された南満州鉄道株式会社の旗や角2封筒、満鉄関連会社の社員証などがあちこちに貼ったり積まれたりしている。2階廊下には五色国旗が飾られていた。

通された部屋は、2Fに2部屋ある角部屋で、バスとトイレに応接までついたツインルーム。窓から眺めは抜群で、初島が見えている。

どのフロアも天井が高いのは、当時の満州の建物を模して造ったからだそうだ。普通に手に入る建材とは規格が違うだろうから、建てるときには苦労があったことだろう。

3階から屋上に出て、さらに橋を渡って裏山にある“千代田公園”に足を運ぶと、満州に建てられていた小、中、大学の校歌を記した石碑が林立している。表の看板には88校とあるが、徐々に増え続けて106校となっていた。近いうちに4校増え、110校になるそうだ。当時全部で120余の学校があったとのことだから、ほとんど網羅されていることになる。山は結構急な坂なのでいい運動になるが、碑を読みながら足を運ぶと足下が留守になって、階段に躓いたり坂を転げ落ちそうになったりするので充分注意したい。

MKD-04.JPG これは満州国国歌

支配人の酒井氏とその奥さんがお二人で切り盛りされているこのホテルは、特に宣伝をしていないため、訪れる人はほとんどが口コミだそうだ。主な宿泊者は、校碑を見学に来る卒業生の方々で、9割を占める。残り1割は網代の海で釣りやダイビングを楽しむ趣味の方々や家族連れ。わたいらはやや特殊な部類に入るようだ。

食事は美味しく、風呂は24時間入り放題、部屋も清潔。
普通の宿泊施設としても及第点だが、満州方面に興味がある人には堪えられない文献の山に加え、なんといっても支配人である酒井氏の経験談に値打ちがある(細かくここに書けないのが惜しい)。7日の4時頃から8日の10時過ぎまで、ずっとここにいただけなのに、退屈するどころか時間が足りないくらいだった。

わたいらにとっては、期待以上の収穫があったムクデン満鉄ホテル訪問だった。ぜひ定期的に訪問したい。

ムクデン満鉄ホテル
〒413-0135
熱海市網代546-17
Tel.(0557)68-2657
宿泊代: 8000~(1泊2食付/1人)
チェックイン:15時
チェックアウト:11時
交通アクセス:
・新幹線「熱海」駅でJR伊東線乗換「網代」駅下車
・(東京より)特急踊り子号「網代」駅下車
 網代駅よりタクシーで7分、約1000円
 網代駅そば「水神橋際」バス停より「弘法滝」行きスで5分「長谷観音前」下車
・自動車=国道135号線「長谷観音前」

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2004.02.07

オラウータン派の共感

世の中にはオラウータン派がいる。断固として存在する。
弊社のオラウータン派は、“ジェネレーションギャップ”だとまで言い切った。
オランウータン派は問う。
なぜ、言葉の間にある“ン”を無視するのか」と。
じゃあ、
チンパンジーはチンパジーなのか」と。

さすがのオラウータン派も、「チンパジーはありえない」と弱気になった。

さて、チンパジー。果たしてそんなことをのたまう日本人はいるのか。

いた

そこらへんの馬の骨が言うのではない。社会の木鐸が堂々と胸を張ってチンパジーであるのだ、と。

俄然勢いづいたオラウータン派は、チンパジー派にチンパジーを感じるのだった。

参考:チパンジー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.02.06

エースをねらえ! 第4話

あらすじ:ダブルスの選手からも漏れて悔しさの収まらない音羽さん、練習でひろみを潰そうと画策するが、結局は自分が撃破される。今週も突然現れた加賀のお蘭はひろみに貴重な忠告……かと思いきや、2ヵ月もテニスができないと愚痴。藤堂さんはダブルスの心得をひろみに伝授、釈然としないお蝶夫人こと竜崎麗香はひろみを無視し続けていたものの、とうとう辛抱たまらずひろみをパートナーと認める。すっかりやる気になったひろみと、一人ほくそ笑む宗方コーチ。豹変した竜崎・岡組は、決勝ではひろみ右膝負傷のアクシデントを乗り越え大原高校の田所・辻組を下す。翌日、限界を知った音羽さんの退部と、唐突に出現した緑川の爆弾発言を受けて、ひろみはコーチに「あたしのテニスを教えろ」と迫る。してやったりの宗方コーチ。さあ、来週は合宿ですってよ……。ちゃんとしたあらすじ


雑感:
・松本莉緒のお蝶夫人、だんだん慣れてきて竜崎麗香に見えてくるから不思議。
・牧は千葉さんにほとんどタメ口
・試合後大原高校のコーチ太田と飲んだ宗方コーチ、不遇の子供時代を思い出して涙目。
・若槻さんと島さん、リーダー格の音羽さんが辞めてしまい、来週からのひろみいじめフォーメーションをどう立て直すのか。
・準決勝、決勝とも、審判の男子が実に素人素人していて初々しい。
・ひろみの優勝を祝う岡家、平日の朝からむちゃくちゃなご馳走。
・今週は要所要所に現れた緑川蘭子、ひろみを掴まえて自分の怪我を愚痴るわ、宗方を呼び出してなんとかしろと愚痴るわ、最後には他校である西高の敷地内にまで侵入し、遠い目で生い立ちを語り出した挙げ句に、「兄は宗方仁」と一方的なカミングアウト
・あ、そうそう、岡ひろみ。岡とお蘭とお蝶夫人ついでに音羽さんといった主役級だけが明るい茶髪で、その他大勢は髪を染めていないのはなぜ?(岡ひろみだけの話題はないんかい)

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2004.02.05

屈指あるいは指折り

屈指」という言葉がある。

くっし【屈指】 [名](1)指おりかぞえること。(2)多くの中で、指おりかぞえられるほどにすぐれていること。ゆびおり。  テグレット技術開発光の辞典Ver.3

言い換えれば「指折り」。
ゆびおり【指折り】 ―をり[名](1)指を一本ずつ折ってかぞえること。(2)多くのなかで、とくにすぐれていること。また、そのもの。屈指(くつし)。  同上

その名のとおり、指を折りながら数えているわけだ。
母数が百人だろうと千人だろうと1万人だろうと、指折り数えられるほどの位置を誇る、ということだ。
五指に入る」という表現は「屈指」の上位互換バージョンだろう。

さて、蒲田の駅前で毎日配られているティッシュのチラシ。究極のサロンとやらの謳い文句。

kussi.jpg

蒲田屈指の美形GIRLが60名以上在籍!

60!

指足りひんっちゅうねん!


手も足も使て

3人がかりやっちゅうねん!


チラシ相手に

ムキなんなっちゅうねん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.04

エンプラE、来たーーーっ

10数個でシークレットを引き当てた日には爆矢云々と申し上げたフルタのスタートレックフィギュア2。
今日、秋葉原へ出たついでに前回同様ラジオ会館に入っているイエローサブマリンで1箱購入した。
前回からしばらく経っているし、商品が回転していたらシークレット入りの箱が表に出てきているかもしれないと思ったからだ。

いや実のところ、これに入っているに違いないと、こういうものを買う人にありがちな根拠のない確信を抱きながら、しかし棚に置かれた3つの箱の配置を見て、ダンボール箱から順番に出したとしたら、一番底に入っているシークレット入りの箱は棚の奥ではなく手前に来ているはず、と妙に冷静な分析もしつつ、本命は未開封の1箱、保険に開封されている箱の一番前の1個を手にとってレジに持っていった。

ところが、わたいが精算している横で、店員がレジの裏からすぐに1箱出して棚を補充しているではないか。しかもそこには5箱ほど積んである。しまった、まだあったか。じゃあ、これが一番底だった可能性がぐぐっと下がったぞ。いやいや待て待て、ダンボールから順に出してまずレジ裏に置いたとしたら、ダンボールの底にあった箱が一番上になる。それを上から店頭に出しているとしたら……。いける、まだいけるぞっと一喜一憂しながら帰途についた。

で、おもむろに開けてみたわけだ。

FEP-E1.JPG 一番前が怪しい。

FEP-E2.JPG で、で、出た……

FEP-E3.JPG く、く、組んだ……。

結局箱買い×3(18個)+バラ買い×4個の計22個で、10種+シークレットが揃ったことになる。

ラッキーだった

これで3月の関東圏発売時には、穏やかな気持ちでツモることができるだろう(まだ買うんかい)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

井上陽水vsジェーン・バーキン

ジェーン・バーキン。って、すみません、わたいは誰だか存じ上げないが有名な歌手だそうだ。
その有名な歌手が、世界のあちこちの有名な歌手のみなさんと“コラボレイト”するそうだ。知らんから全部伝聞調。

世界中の有名な歌手のひとりとして、日本からは井上陽水がご指名を受けた、というハナシ。

井上陽水、麻雀の合間に仕事をしていた人。最近は新作よりベスト盤のリリース量のほうが圧倒的に多い。わたいは20枚前後ある手持ちのアルバムを長いこと聞いてない。

シンガー・ソングライターの井上陽水(55)が、フランスの人気歌手ジェーン・バーキン(58)のデュエットアルバム「ランデ・ヴー」に“日本代表”として参加することが2日、分かった。陽水が海外歌手と共演するのは初めて。同アルバムは全世界で発売されることが決まっており、日本の“YOSUI”の歌声が初めて海を渡ることになる。Yomiuri On Line

曲目に選ばれた「カナリア(クリックすると公式サイトのデータを視聴:WMT)」は、もともと『LION & PELICAN』(1984年)に入っていて、わたいは大学受験前に聞いていた記憶がある。今は『GOLDEN BEST SUPER』Disk 2、『Blue Selection』、『GOLDEN BEST』Disk 2、とリマスタリングで再発売された『LION & PELICAN』(FLCF-3853 \2,200税込)に収録されている。

久々にちょっと聞いてみようかという気になった。発売日まで覚えていれば。

ランデ・ヴー
 ジェーン・バーキン Jane Birkin
 TOCP-66272
 東芝EMI 2,427円+税
 2004年3月10日発売予定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.03

TVK:水曜どうでしょうリターンズ

帰宅して、ビデオで水曜どうでしょうの「日本全国絵はがきの旅2」を観ていたら、突然RD-X2が録画待機状態になった。
ああ、そうか。映った映ったと喜んでいたTVKテレビ。今日火曜日は23時から「水曜どうでしょうリターンズ」か。
先週設定していた予約録画が起動したんだな。さすが文明の利器。わたいはすっかり忘れていたが、気の利くやつだ。
じゃあちょっとお茶でもいれてほっこりしながら観るか。

湯を沸かし、お茶菓子など物色しつつ、ちょっとトイレに行ったり床に落ちてるゴミを拾ってコロコロをかけたりして、湯を湛えた急須を持ってテレビの前に戻ってきたら、23時10分だった。

始まって10分経ってるけど、いいのだ、録画してるんだから。

……あれ? なんでニュースなんか流れてるんだ?

……。

12チャンネルやん。


42チャンネルを

録らなあかんやろ。


12と42、似てるか?

誰や、韻を踏んでるとか言うたはんのんは。

……まあ、いいや、ビデオあるから(ほな騒ぎないな)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.02.02

フルタ スタートレックフィギュア2

西日本では1月19日から売り出され、各方面で「シークレットが72分の1ってあこぎだなあ(前作は36分の1だった)」と怨嗟の声が上がっているフルタ製菓スタートレックフィギュア2

東日本の発売はblog "quark's"のquarkさんが、

おれは東日本在住だから3月まで待たなくては。 (;´Д`) ハァハァ。

とおっしゃるとおり、2004年3月8日。遠い未来のようでいて、多分すぐ来るんだろうが、それを待てずに1月24日に秋葉原のイエローサブマリンで13個購入した。ノーマル10種中、《エンタープライズB》を除く9種を引き当てるが、シークレット《エンタープライズE》は出ず。まあ、13個くらいで出した日には3ダースも4ダースも買ってハズした人から爆矢を放たれかねない。

さて、一つひとつ全部を解説するのは今さらの感があるので、わたいが期待していたオリジナルシリーズ(TOS)の《エンタープライズ》だけを紹介しておこう。

FURUTA-EP.jpg
箱を開けると黒いビニール袋に入ったパーツが現れる。一緒に組み立て説明図と当該艦船のカラーカード、そしてプレゼント応募方法と公式ファンクラブ入会案内も入っている。

EP-UP-L.jpg
組んだところ。はめ込み式で接着剤は不要。パーツの合いもそこそこよい。ワープナセル(先の赤い棒みたいなやつね。この宇宙船のメイン推進エンジン)とパイロン(支柱)の左右を間違えないよう凹凸の形状に工夫もしてある。

全体的には満足しているが、一ヵ所だけ問いたい。パイロンが湾曲しているのはなぜだ湾曲してないやろ。

EP-F-L.jpg
湾曲がよくわかるアングルで。
ナセルが重たくてたわんでいるのか?

EP-ZU.jpg
組み立て図でも既に湾曲している。確信犯だ。

まあ、フルタ版《エンプラ》の解釈が湾曲ならば、それもよし。
湾プラ》と命名して末永く親しんでいこう。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2004.02.01

ヤマハ → カワサキ

中野真矢がカワサキに移籍したハナシの続き。朝日新聞にも記事が載っていた。

日本人選手が日本のメーカー内で移籍するというのは、あんまり例がないんです。野球で言ったら、巨人の生え抜きが阪神へ行くという感じで。asahi.com 2004/1/28

巨人 → 阪神」ちゃうやろう。
ヤクルト → 広島」ちゃうか?

MotoGP好きの友人は
中日 → 横浜」だろう
と言った。

え、“生え抜きの移籍は滅多にない”という例に挙げてるんだろうって? それはわかっているのだが、巨人(=ヤマハ)、阪神(=カワサキ)というところにピンポイントで反応。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »