« 1999年6月 | トップページ | 1999年9月 »

1999.08.30

辰吉対ウィラポン

新大阪発最終の東京行きひかり号の指定席を押さえていた。
しかし辰吉が王者ウィラポンに挑むリターンマッチが始まり、予想を覆して健闘……というか打たれまくったにもかかわらず何故か倒れなかった辰吉が7Rまで持ちこたえたために駅へ向かうタイミングが数分遅れた。その数分の差を取り戻すことができず、結局3分の差でひかり号は新大阪駅を出てしまい、わたいはTKOを食らってしまった。
辰吉がもう1R早く倒れていれば、と思いつつも、のぞみ号の切符を買い、10分遅れでひかり号を追いかける。名古屋でひかりを抜き去り、東京着も当初の予定より10分早くなるはずであった。
ところが静岡を越えたところで不穏な車内放送が入る。本夕東京~品川間で降った1時間に110ミリを超える雷雨が、山手線と東海道新幹線を不通にしたというのだ。現在は運転を再開しているものの、線路上に新幹線が数多く溜まった状態で、1時間半の遅れが見込まれるらしい。
その後遅れは100分前後と訂正され、終電がなくなった客は18番ホームに用意した列車で仮眠せよと言う。いや18番ではなく19番だ、と忙しく訂正する様に、JRの混乱ぶりも伺えよう。最終的に40分遅れで東京駅着。地下鉄丸の内線もタッチの差で終電が出、とって返してなんとか山手線最終に乗ることができた。
もし予定通りのひかり号に乗っていれば、東京駅に着いたところで公共交通機関は終わっていただろう。結果オーライだ。いや辰吉のお陰とも言えよう。
ありがとう辰吉、さすがだぞ辰吉。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1999.08.11

ふとんサービス

大阪ふとんサービスというサービスがある。
読んで字のごとく、大阪がふとんでサービスだ。大阪のふとんにサービスではない。
これは必要なときに1組からふとんを貸し出してくれる便利なサービスである。もっと早く知っていれば、これまで家族が来た際に畳部屋と布団を譲って板の間で寝、朝、腰の痛い思いをせずに済んだといえるだろう。
さて、縁があってこのサービスを利用することになり、8月10日に発注した。12日から15日の3泊で頼んだのだが、今日 11日の午前中にもう届いてしまった。話によれば、12日から16日までお盆休みなので配送も回収もできないため、早目に持ってきたということだ。もちろんお代はそのまま3泊分である。これはラッキーだ! ふとんはお盆に限るぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 1999年6月 | トップページ | 1999年9月 »