« FSTREKの英断 | トップページ | ふとんサービス »

1999.06.15

深夜バスはやられる

「深夜バスはやられる」という風評が、北の大地から流れて来る。体力、精神力を大きく削がれるというのが大きな理由だ。実際にそうなのであろうか。やはりここは実地で体験してみなければならない。
そこで、去る4月とこの6月にドリーム神戸号を利用してみた。ドリーム神戸1号が下り、2号が上りだ。JRの2階建バスが、乗客数に応じて1~2台(両、と呼ばれている)で走っている。2Fは1席づつ独立の横3席、1Fは2席がつながっている横4席。2Fは景色がよいが、ずっとカーテンを閉めているし、開けても夜中の高速道路だから面白くはない。
また、この季節なぜか暖房がガンガン効いているので、汗だらだら、熱気がこもってダイエットにもいい。1Fは暖房の効きがそれほどよくないので痩身には不向きだが、快適に過ごせる。ただ席が狭いので、ふくよかな方が座ろうと試みると色々な意味でアウトだ。
全体を通してのおすすめは、独立していてなおかつ通路に出やすい2階の左窓側といえる。切符購入時に要求が通るなら、2FのA席を取るべし。1番Aが先頭で、足も伸ばし放題だ。追突時には真っ先に空中散歩も楽しめるぞ。
乗車してみて言えるのは、たかが8時間程度ではやられない、ということ。やられたい向きには、やはりキング・オブ・深夜バスへの乗車をすすめる。
それでも物足りない人は、アメリカオーストラリアに渡れば、よりどりみどりで嬉しい悲鳴をあげるだろう。

|

« FSTREKの英断 | トップページ | ふとんサービス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6416/90200

この記事へのトラックバック一覧です: 深夜バスはやられる:

« FSTREKの英断 | トップページ | ふとんサービス »