« 1997年10月 | トップページ | 1997年12月 »

1997.11.13

眼帯

眼帯デヴューである。かねてから様子がおかしかった左目がとうとう開けていられなくなったため、狙ったように仕事場の隣に開業していた眼科に出向いたところ、眼帯をかけられてしまった。傷がついている上に黴菌が繁殖して大変な有り様らしいが、わたいには見えないのでわからない。眼帯姿も慣れてくるとなかなか良いものだ。乞食と眼帯は3日やったら止められないと言われるが(言われん言われん)本当だ。タイガージョーになった気分で、意気揚々と外回りに出かけ、得意先に乗り込んでみた。応対に出てきた担当者は開口一番、「今流行の丹下段平ですね!」ときた。おいおい、折角悲運のヒーロー、タイガージョーの気分で盛り上がってたのに、段平のおっちゃんかい。お前ぇ、いいバネしてんじゃねぇか。しかもなんだ、流行ってるのか、それ? 確かに深夜に毎日放送で再放送しているとはいえ、バットと言い、段平と言い、深夜再放送即ブーム、という図式は信じられないものがある……。それならきっとスタートレックも大ブームと言えるだろうし、公式ファンクラブも安心して立ち上げることができるんだろうなあ。いや、再放送やないとあかんのか。ああ、なんだかわからなくなってきたが、とにかく左目に眼帯していると、左の視界が全くないので、人ごみでよくぶつかるのが難点だ。ミナミを歩いていたら、もう3度はボコボコにされて死んでいるだろう。まだ命があるだけでも幸いだ。そんなワケで、ほとんど全くキーボードを打てない状態なので、レスその他が遅くなります、と申しあげたかったのであるが、これだけ打った後では、そんなコトバも虚しく聞こえるだけなのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 1997年10月 | トップページ | 1997年12月 »