2016.11.29

ついに待望のTASサントラが市場に舞い降りる!

うぉぁぁああぁぁぁあぁぁぁああああああああああ!

待てみんな落ち着け!

いいか、まず深呼吸だ。

(吸って 吐いて 吸って 吐いて)

どうだ落ち着いたか。落ち着いたらもう一度、ついさっきLa-La Land Recordsから届いたメールを読め。

うぉぁぁああぁぁぁあぁぁぁああああああああああ!

ダメか。

それも致し方あるまい。なぜならこのメールには、今世紀中は実現しないとわたいが勝手に思っていた驚愕の内容がさらっと記されているからだ。

La-La Land Recordsはみなさん先刻ご承知のとおり、ちょっとマイナーだったりとてもマイナーだったりやたらマイナーだったりする作品のさらにまたマイナーな音源を発掘し、こんなもの誰が買うんだよと言いながら買ってしまう我々のような輩の足元をピンポイントで狙ってがっすんがっすん商品を撃ち込んでくる財布泣かせのレコード会社だ。

スタートレックは早くからこのマイナー音源専門軍団の主要な資金源として君臨してきた。金の成る木が50周年を迎えるというこの商機を、彼らが見逃すわけがない。

発売のアナウンスがあったのは50周年記念3000箱限定のCD4枚組BOX。

20161129


ララランドレコードとCBSが贈る、スタートレック50周年記念:全作品横断稀少音源コレクション。50年の節目を迎える偉業を讃え、この間にわたるスタートレック音楽を祝う画期的なお祭りです。変化に富んだフランチャイズテレビシリーズ、映画、ゲームそしてテーマパークのアトラクションなどなどから選ばれた珍しくてワクワクする曲を通じ、聴く者を魅了するスタートレックの音楽史をワープ速度で旅しましょう

ここまで読んだくらいではみんなもまだ冷静だ。
あ、そう。で? 中身はこれまで出てたやつの使い回しの寄せ集めでしょ?
――くらいにしか思っていない。

DISC ONE 収録しているのは、TOS(ほとんどは以前出したBOXセットに入っているが、今回新しく見つかった要素も加味)、しばしばリクエストを受けるTMPの「Inner Workings(ウインドマシンがより顕著)」、そしてST2の「End Titles(既存サントラに入っているナレーションを省いたバージョン)」

ふむふむ。これでもまだ冷静だ。よほどのマニアでもなければ食指は動くまい。

DISC TWO 70年代に愛されたフィルメーションのテレビシリーズSTAR TREK: THE ANIMATED SERIES(TAS)の、TOSにインスピレーションを受けたロン・ジョーンズによる名曲を世界初公開――

うぉぁぁああぁぁぁあぁぁぁああああああああああ!

――あと、1996年発表のインタラクティブゲーム:STAR TREK BORGからデニス・マッカーシーの作った曲を収――

ぉぉおおおおあああおおぉぉああああああああああ!

――録していて、3枚目と4枚目にはTNGの未公開サントラだったり予告編の音楽だったりラスベガスの有名なアトラクション『ジ・エクスペリエンス』で使用されたDS9やVGRの音源だったりが入って、48ページの分厚いライナーノーツが付いてたり――

もういい! 今それどころじゃない!!


TASのサントラです!
TASのサントラですよ奥さん!

しゅ、収録曲は! 何曲入ってるんだ!

TRACK LISTING:
STAR TREK: THE ANIMATED SERIES
 Music by Yvette Blais & Jeff Michael
 Musical Direction: Ray Ellis
1. Title Theme (1:01)
2. Captain’s Log (1:19)
3. Something Ahead (0:54)
4. Evasive Maneuvers (1:07)
5. Sensor Data (1:07)
6. Intercept Course (0:14)
7. Fire Phasers (0:50)
8. Enterprise Attacked (1:32)
9. Illogical (0:13)
10. Briefing (0:43)
11. On the Viewscreen (1:02)
12. New Heading (0:19)
13. Scanning (0:54)
14. Deflector Shields (0:19)
15. Red Alert (0:33)
16. Battle Stations (0:41)
17. Surprise (0:07)
18. Supplemental Log (0:49)
19. Kirk’s Command (1:11)
20. Sickbay (0:28)
21. Library Computer (0:44)
22. Full Power (0:28)
23. Approaching Coordinates (0:08)
24. The Bigger Meaning (1:15)
25. Trouble in Engineering (0:29)
26. Spock’s Analysis (0:42)
27. Enterprise Wins the Space Race (0:43)
28. McCoy’s Summary (0:16)
29. Just Another Stardate (0:39)
30. Ongoing Mission (0:18)
31. Title Theme (alternate mix) (1:01)
32. Sensor Data (alternate mix) (1:02)
33. Enterprise Attacked (alternate opening) (1:42)
34. Scanning (alternate mix) (0:54)
35. Turbolift Music (0:29)
36. Mr. Arex Lends an Extra Hand (0:38)
37. Fascinating (0:17)
38. Don’t Mess With M’Ress (0:22)
39. Oh My (0:17)
40. Spock’s Quick Analysis (0:22)
41. Yellow Alert (0:26)
42. Off Duty (0:15)
43. Suite: Stingers and Act-Out Music (2:03)
Total Time (1-43): 32:05
 Music Assembly and Restoration by Neil S. Bulk and Mike Matessino

MUSIC INSPIRED BY STAR TREK
 Music Composed by Ron Jones
44. The Ascent (7:43)
45. Meaning (2:27)
46. Pathway to the Stars (3:17)
Total Time (44-46): 13:32

ちゃんといちいち曲名付いてんだ!(そらそうだろ)
全46曲! 45:37の聴き応え!

これぞまさに2016年を締めくくる逸品。
マストバイ!(←こればっかり)


STAR TREK 50TH ANNIVERSARY COLLECTION
  - MUSICAL RARITIES FROM ACROSS THE STAR TREK UNIVERSE:
 LIMITED EDITION(4-CD SET)
 型番:LLLCD 1410
 価格:$49.98
 3000箱限定
 http://www.lalalandrecords.com/
 商品ページ〈一部楽曲の試聴可能〉
 発送開始予定:2016年12月2日

注文受付は2016年11月29日12:00(日本時間11月30日5:00)。ララランドで購入すると、デニス・マッカーシーのサイン入りが届くかも(数量限定のため保証なし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.25

beyond BEYOND

本日2016年11月25日金曜日。訪問できる範囲にある映画館で『スター・トレック BEYOND』が終わった。

08:30~11:00 T・ジョイPRINCE品川(東京:品川)
19:10~21:25 イオンシネマ港北ニュータウン(神奈川:センター北)
20:35~22:50 TOHOシネマズ渋谷(東京:渋谷)
21:00~23:15 シネマイクスピアリ(千葉:舞浜)

大トリはシネマイクスピアリ。23時15分、ただいま上映終了。

前々作ST2009や前作STIDが、二番館、三番館へと箱を移しながら細々と上映し続けていたことを思うと、ほぼ1ヵ月で潔い往生となった。

銀座シネパトスやシネマート六本木など、上映終盤を引き受けて最後まで粘っていた映画館が閉館してしまったのも影響しているのかもしれない。

終わったものは仕方がない。吹替版を楽しみに、日本版Blu-ray/DVDの発売まで、海外輸入版で凌ごう!

20161125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.24

どこでもアルタミッド

標高8000メートルあたりで貯め込んだ位置エネルギーを真下に向けてどんどん使いながら、突然上向きの加速に丸ごと転換する23世紀の操船技術でおなじみのU.S.Sフランクリン。

その立体物が、合衆国にて発売されている4KフォーマットのBlu-rayにおまけでついている。

20161125a


おまけと言えばグリコの我々にはおまけとは思えない圧巻のクオリティ。

台座と船体下部との接続には磁石が用いられており、船体側には鉄板が備えられているので、今どきどのご家庭にもあるネオジム磁石の束を活用すれば、惑星アルタミッドで自由落下に臨むフランクリンの雄姿を再現できる。

ほら、断崖絶壁を落ちていくジオラマだって簡単だ。

20161125c


まさにST艦船模型展示のフロンティア。

20161125b


レンジフードでもアルタミッド。

20161125d


物干し竿だってアルタミッド。

20161125e


いいぞ、フランクリン! 100年野ざらしだったとは思えない良好な保存状態に、レストア業者もA++査定だ!

20161125f


さあ、あなたもご家庭で思うさま叫ぼう。

エニタイームミスタースールー!(Any time, Mister Sulu!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«ウフーラ・ザ・ドッペルゲンガー