2014.06.28

スペースヒーローズ 『分解地球人ライアン』

銀河の聖典『スペースヒーローズ SPACE-HEROES』。次はひとつ飛んで第14話での放映だと構えていたら、その第14話が第13話『謎のくノ一』として放映され虚を突かれた。

原語版の放映順では、第13話は「I, Monster」で、「New Girl in Town」は第14話だ。テレビ東京の公式サイトでは原題が添えられていないが、放映内容から申し上げて、『謎のくノ一』は「New Girl in Town」で間違いない。Wikiの「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ」2012年版シリーズサブタイトルは今のところ(2014.6.285現在)、日本放映順の入れ替えに気づいていないようだが、いずれ中の人たちが気づいて修正されることだろう。

さて、放映順などといった些細なことは実はどうでもいい。我々スペースヒーローズおたく(Spaceniks)はむしろ第7回目のスペースヒーローズを本来より1週早く観られたことを喜んでいるからだ。

作戦を巡ってラファエロと対立しリーダーの座を降りたレオナルドは、単独行動中に敵対するフット軍団のくノ一であるカライと接触する。家に帰ってきてもまだ仲間はずれにされたままのレオナルドが、傷心のままひとり観るテレビはもちろんスペースヒーローズだ。

20140628a


画面に映し出されるのはキャプテンライアンが青っぽいトンガリ耳の女性とキスしているところ。

20140628b


身をほどこうとする青尖耳女性を、若き日の財津一郎のような表情で見つめるキャプテンライアン。

20140628d

ああ、こんなことだめよライアン


宇宙に知れ渡る人道主義者キャプテンライアンは、異性の分野でも本家の船長と肩を並べる人道主義を発揮しているようだ。

20140628e

艦隊の規則に違反しちゃう


おお、艦隊。
前回のキャプテンライアンによる「旅をする」発言からただの宇宙観光船かと思ったのは早計だった。きちんと規則を持つなんらかの艦隊だったのだ。

20140628f

いや、セレスティアル(Celestial)、このドウントレス号(Dauntless)のキャプテンたる者


ついに“不屈”という船の名前を明らかにしたキャプテンライアンは、不敵な笑みを浮かべて今日もまた言い放った。

20140628g

規則など怖くはない


にやり


目を見開いてそれに応えるセレスティアルと呼ばれた青い異星人女性。

20140628h

そう


突然セレスティアルの表情が鋭さを増し、その態度も豹変して右手に小型火器を構える。

20140628i

じゃあ暗証コードを渡してもいいわよねぇ?


急展開に驚くキャプテンライアン。

20140628j

セレスティアル


声を震わせて嘆いてみせる。

20140628k

いやあ実に残念だ


そう言うが早いかキャプテンライアンはさっと右手を伸ばすと、どこの壁にあったのかわからないボタンを躊躇せずに素早く押した。

20140628l


セレスティアルの身体を包むまばゆい光線。右手に持っていた小型の火器はわずかなこの瞬間に手から離れて失われている。

壁の模様から見て、どうやらここは転送室のようだ。

20140628m

あああぁぁっ


小さな一瞬の叫びを残し、セレスティアルの姿は消えた。

20140628n


どこかに転送されたのだろうか。その答えをキャプテンライアンが力強く述べる。

20140628o

きみを分子分解するだなんて


またやっちまったのかキャプテンライアン

艦隊規則を恐れる恐れない以前の所業。いや、この艦隊はそういう艦隊なのか。

強い声音で言い切ったキャプテンライアンは、次の瞬間一転して辛そうに目を伏せる。

20140628p


転送台の上には、セレスティアルのブーツが残っている。ブーツだけは分解できない素材なのか、あるいはなにやら煙を上げている様子を鑑みるにまだ靴先に……。

20140628q


右手を伸ばし、ブーツを取り上げるキャプテンライアン。

20140628r

しかしわたしにはこれがある


両のブーツを胸の前に捧げながら震える声を絞り出す。

20140628s

きみとの思い出が……


一部始終を観ていたレオナルドが、ひと言感想を述べた。

20140628u

うわー、なんか女ってめんどくさいなー


待て、この流れからのきみの感想はそれか、レオ。都議に訴えられるぞ。


ちなみにこのくだり、原語では女性についてのみ語っているようには聞こえない。

Boy, relationships are complicated.
うわー、人間関係って複雑だね

本編のキャプテンライアンの台詞も原語ではこう語られている。

(声を震わせながら)
セレスティアル、いやあ実に残念だ
Celestial, you just broke my heart.
セレスティアル、きみは今わたしの心を引き裂いたよ

(セレスティアルを消滅させて)
きみを分子分解するだなんて
But my disintegrator still works!
それでもわたしの粉砕機はまだ機能する!

壊れた(broke)からの流れで正常に動作する(work)を持ってきているのだろうが、うまく訳すのは難しい。

(ブーツを手に)
しかしわたしにはこれがある。きみとの思い出が……
At least I'll have these to remember her by.
せめて彼女を思い出せるようこれを持っておこう


翻訳の力で新たな世界観を切り拓く手法は、まさにMUD(まんが宇宙大作戦)の真骨頂。吹替翻訳陣もわかってらっしゃるぞ!


スペースヒーローズ!


ミュータント タートルズ……それはまんが宇宙大作戦の新作を観られる最新のテレビシリーズである。そこには新しい船長、新しいキャラクターが待ち受けているに違いない。これは、人類最初の試みとして第1シーズンを通して放映された劇中番組『スペースヒーローズ』の、驚異に満ちた物語である。

声優
 Captain Ryan 原語:Brian Bloom 吹替:不明
 Celestial 原語:Anna Graves 吹替:不明

ミュータント タートルズ(ニコロデオン)

ミュータント タートルズ(テレビ東京)

※ 毎週金曜朝7時30分より放映中

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014.06.22

スペースヒーローズ 『謎の新兵器オープンレバー』

毎回深い教訓を残し感銘を与えてくれる宇宙の訓話『スペースヒーローズ SPACE-HEROES』。第12話『出現! ミュータント・ワニ It Came From The Depths』で第6回目の放送を迎え、ますます脂がのってきた。

レオナルドがリモコンでテレビをつけたときには、スペースヒーローズは佳境に入ったところだった。

馴染みの惑星軌道上にアプローチする船だが、いつも左から乗っていた軌道に、今回は右から入ろうとしている。

20140622a

今まで旅をしてきて――


キャプテンライアンの声だ。旅をしてきて、だと? ただの旅なのか。きみたちは軍人でもなければエクスプローラーでもなく、ただのツーリストなのかキャプテンライアン。

しかしそんな小さな疑問は、彼が腕に抱えているものからすれば取るに足らないものであることがすぐに理解できるだろう。

20140622b

トランベット(Trumplets)ほどかわいい生き物には出会ったことがない


トランベットと呼ばれる生命体は、ピンク色の毛並みを持つ小動物だ。漏斗状の口と思しき器官に鋭い歯らしきものが生えているかのように見える。

もちろん蛇足とわかっていて申し上げるのだが、これはピンキーの流れを汲む生き物だ。なおピンキーは、原語版や実写版ではトリブルと呼ばれている。

20140622c

だが同時にこの宇宙でこれほどうっとうしい生き物も見たことがない


直後に、トランベットのうっとうしさが炸裂。
彼らは一斉に鳴き出し、そのイカレた管楽器のような音色が、いや音色とは言えないブブゼラ的不協和音がブリッジに響き渡ったのだ。

20140622d

パァーッ! プパァーーッ!!


思わず耳を塞ぎ、頭を振り、身をよじる4人のブリッジクルーたち。

20140622e

パァーッ! プパパァーーーッッ!!


いやいや待て待て、4人? 4人だと?

20140622f


ドクター・マインドストロングがいるよ!

コーテックシコン星人の恐怖』でキャプテンライアンの手にかかり亡き者にされたと思われていたドクター・マインドストロングが、映画『スペースヒーローズ 3:マインドストロングの復活』でおもむろに生き返ると思われていたドクター・マインドストロングが、しれっとブリッジに座っておるではないか。

ちなみに第1回目の放映ではいわゆるアレックス(実写ではチェコフ)の座っているコンソールの位置にいたのだが、今回はカトー(実写では加藤)の座っていた位置に陣取っている。職種変更か。


20140622g

プパァーーッ! パパァーーップ!!


ドクター・マインドストロングの密かな復帰を祝うわけでもなく、ただひたすら船内のそこかしこで鳴き続けるトランベットたち。

20140622h

プーーーァッ! パッパァーーッ!!


どこからどうやってこの船に来たのかわからないが、あらゆる所に入り込んでいるようだ。

20140622i

パプーーッ! ププパァーーープッ!!!


たまらずクランクショウが、キャプテンライアンへ提言する。パニックを起こしていないのは成長した証だろうか。

20140622j

キャプテン、彼らを人道的に追っ払う方法を考えなくては!


提言を受けたキャプテンライアンは、何を当たり前のことを言っているのか、という目でクランクショウを見ると、自らをこう評した。

20140622k

わたしの何が有名って、人道主義者であることだろう?


表情を緩めて自分の席に戻ると、キャプテンライアンはしっかりとシートベルトを着用。

20140622l


身体を椅子に固定すると、得意の決めポーズを繰り出すキャプテンライアン。

その決めポーズは、いつもと違って右手だ。

……待てよ。惑星へのアプローチ、ドクター・マインドストロングの着座位置、キャプテンライアンの決めポーズ……いずれもこれまで見てきたものとは逆……。もしやこれはミラーユニバース(鏡像世界)なのではないかッ!? ならばドクター・マインドストロングがご存命であってもおかしくはない。

我々が物語の背景を類推している間にも、キャプテンライアンははっきりとした口調でクランクショウに命じる。

20140622m

エアロックを開けろ!


たとえ鏡のこちらであろうとあちらであろうと、キャプテンライアンの人道主義はぴくりとも揺るぎはしないのだ。

ピンキー(実写ではトリブル)とミラーユニバースという二大人気設定をこの短い時間で一度に盛り込もうとは……スペースヒーローズ、恐ろしい子!

命令を受けたクランクショウはシートベルトを着用することもなく、無造作にコンソールへ近寄ると、躊躇せず一気にレバーを引いた。

20140622n


たちまち激しく流動する船内空気。

その空気の流れに翻弄されるトランベット。

20140622o


身体をシートにぬかりなく固定しているキャプテンライアンの横を、なす術もなく飛び去っていくトランベットたち。

20140622p


エアロックの向こうへと消えていったのだろう。

まだ空気がどんどん吸い出されているなか、カメラはキャプテンライアンにぐぐっと寄る。

20140622q


にやり

20140622r



いつものごとく醒めた目でレオナルドを見ながらラファエロが尋ねた。

世界中でこの番組のファンって、お前だけだろ?
まさか! スペースヒーローズおたくは世界中にいるよ

へぇ、そうかい、という表情でリモコンを奪ってチャンネルを変えるラファエロ。

20140622s


ニュース番組に切り替わる直前のブリッジに、トランベットはもういない。
宇宙観光船に平和が戻ったのだ。


スペースヒーローズ!


ミュータント タートルズ……それはまんが宇宙大作戦の新作を観られる最新のテレビシリーズである。そこには新しい船長、新しいキャラクターが待ち受けているに違いない。これは、人類最初の試みとして第1シーズンを通して放映された劇中番組『スペースヒーローズ』の、驚異に満ちた物語である。

声優
 Captain Ryan 原語:Brian Bloom 吹替:不明
 Crankshaw 原語:Scott Menville 吹替:不明
 Trumplets 原語:多分いない 吹替:きっといない

ミュータント タートルズ(ニコロデオン)

ミュータント タートルズ(テレビ東京)

※ 毎週金曜朝7時30分より放映中

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014.06.16

スペースヒーローズ 『Bと真実』

スペースヒーローズはアホ過ぎる」と主張するラファエロほどは醒めていないまでも、またアニメ版か、どっちかというと実写版のほうが好きなんだよね、ていうか実写版最高!と密かに思ってらっしゃる向きは、世の中に少なからずいらっしゃるのではないだろうか。

だが今回の第11話『Bチームをなめるな! Mousers Attack!』で放映された5回目の『スペースヒーローズ SPACE-HEROES』は、そんな実写版好きのあなたにもきっと共感していただける内容だ。

お互いへのライバル心が強いレオナルドとラファエロは、スプリンター先生の指導でチームを組むことになった。必然的にもうひとつのチームを組むのはドナテロとミケランジェロ。このふたりはレオナルドとラファエロに比べると格闘能力で遅れを取る。「それは事実だが気にするな、それでもきみらは大事なチームの一員だ、ただリンゴとミカンを比べても意味はないだけさ」と述べるレオナルドに、「リンゴのほうが段違いにいいけど」と付け加えるラファエロ。これを聞いて「本音が出たよ」「ふたりはぼくたちのことBチームだってなめてんだよ」と抗議するドナテロとミケランジェロ。

やりとりの間、レオナルドの前にあるテレビでは既にスペースヒーローズが始まっている。画面では第1回目とそっくりのカット割りが続いていたが、まったく同じではない。いつもの惑星軌道上で、船が攻撃されているという状況だ。

レオナルドはテレビ画面を指して言う。

20140616a

役割の違いだよ。見ろ。ここにもBチームがいる


レオナルドからBチーム扱いされたいかにもうだつの上がらなさそうに描かれたふたりが、キャプテンライアンの背後に並んで立っている。

20140616b

援護が必要だ


キャプテンライアンは、陥っている事態を打開するために上陸を試みるようだ。

20140616c

おい、そこのふたり! 一緒に来い


指名を受けた橙色の制服を着た小太りの白人男性と、紫色の制服を着てやや背が高く、アンドリア風触覚を生やし白髪で肌は緑色の男性が、無言のまま敬礼で応える。

一緒に来いとい言われたふたりが手回しよく立っていた転送台に、キャプテンライアンとクランクショウが並んで立った。

20140616d


転送光線の効果で光輝く4人。

20140616e


惑星の地表で揃って実体化――

20140616f


すると同時に、間髪を入れず黙ったままで身を屈めるキャプテンライアンとクランクショウ。

20140616g


一方同行したふたりは間髪を入れずなんらかの光線を浴びる。

20140616h

わぁ~」  「わぁ~


静止状態からの華麗な前方宙返りで高い身体能力を証明するキャプテンライアン。

20140616i

~~ぁ」  「~~ぁ


キャプテンライアンが回転し終えないうちに……

20140616j

……」  「……


同行ふたりは跡形もなく消えた。

20140616k


さほどパニックに陥るわけでもなく、しかし一応声を高めて、クランクショウがキャプテンライアンへ報告する。

20140616l

ロドリゲス! それに、もうひとりが、消えました!


部下を同時にふたり、上陸するやいなや失うというこの非常事態に毛ほども動じないキャプテンライアン。

20140616m

まあ――


片方の眉を上げてぴしゃりと言った。

20140616n

そのためにつれてきたのだ


あいつらといっしょかよ!」とドナテロ反駁。

はは、消えたふたりにも大事な役目があった」と軽く流すレオナルドは、敬愛してやまないキャプテンライアンの精神構造に近づきつつあるようだ。

消えた今となってはどうでもいいが、ロドリゲスとは橙シャツのほう。右の紫シャツは名前さえないまま殉職した。

なお原語ではBチームの断末魔を、橙のロドリゲスはミケランジェロ役のグレッグ・サイプス氏、紫のもうひとりはドナテロ役のロブ・ポールセン氏と、やはりBチームがアテている(吹替でも山口勝平氏、土田大氏なのかどうかは不明)


特攻野郎 Bチーム!


ミュータント タートルズ……それはまんが宇宙大作戦の新作を観られる最新のテレビシリーズである。そこには新しい船長、新しいキャラクターが待ち受けているに違いない。これは、人類最初の試みとして第1シーズンを通して放映された劇中番組『スペースヒーローズ』の、驚異に満ちた物語である。

声優
 Captain Ryan 原語:Brian Bloom 吹替:不明
 Crankshaw 原語:Scott Menville 吹替:不明
 Rodriguez 原語:Greg Cipes 吹替:不明
 That Other Guy 原語:Rob Paulsen 吹替:不明

ミュータント タートルズ(ニコロデオン)

ミュータント タートルズ(テレビ東京)

※ 毎週金曜朝7時30分より放映中

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«スペースヒーローズ 『惑星パニコンの不安光線』